2015年08月31日

野菜を食べた長女を「偉いねー」と夫婦そろって褒めていたところ、


「長女ちゃんは簡単なことで褒めてもらっていいなー」と長男が言ったので、「長男くんはだいぶレベル上がったでしょ?レベル低い内はスライムだけ倒しててもレベル上がるけど、レベルが上がるともうちょっと強い敵倒さないと、なかなかレベル上がらなくなるんだよー」と説明したところ、取り敢えず「そっかー」と納得してくれました。こういう時、ゲーム用語が不自由なく通じるというのは、ゲーマーとして何かと助かります。


ただ、これ、意外と重要な話なんじゃないかなー、と思いまして。大体二つくらいのテーマがあるんじゃないかと思ったわけなのです。


1.長男の弟妹に対する不公平感をどうフォローするか
2.「褒めてもらえる」ということに対するハードルに関して



長男8歳。小学二年生。長女次女、3歳。幼稚園年少。

まず一点目として、長男の「下の子に対する不公平感」というものは、本当に様々なところから発生します。


例えば、何かいたずらをしても、下の子だけ大目に見てもらえて自分は叱られたり、であるとか。

例えば、自分は抱っこしてもらえないのに下の子は泣いたら抱っこしてもらえる、であるとか。

例えば、おもちゃで遊んでいる時、下の子が欲しがって譲らされたりとか。


もちろん子どもにもよるとは思うんですが、上の子だって小学生中学年くらいまではまだまだ甘えたい年頃です。この辺で不公平感を強く感じて、日々の生活がストレスになったりすると、色々よろしくないよなあと。


しんざき家なんか、長男と長女次女双子の年齢差が4歳くらいあるのでまだなんぼかマシかとは思うのですが、下の子との歳の差が小さいご家庭なんか、より一層この辺について頭を悩ましていらっしゃるのではないかと思うわけです。


一応のところ、現在しんざき家では、

・いたずら・おもちゃの配分などについては、下の子が泣こうがどうしようが可能な限り公平に裁定する
・長男に譲歩を求める時にも、必ず長男の意思は確認して、最終的に「自分から譲った」という形にする(どうしても嫌がったら下の子を諦めさせる)
・長男を「こどもリーダー」に任命して特別扱いしており、時には長男だけ楽しいことをさせてあげる


といった対策をとって、不公平感の分散を図ってはおります。


結局感情なんですよね。上の子も、ある程度理性が育ってくれば、「下の子がまだ小さい内は全然制御が効かないので、親はある程度下の子を優先しないと色々立ち行かない」みたいなことは既に分かっている訳なんです。

けど、頭でわかってるだけで全部納得出来れば苦労はないわけで、感情的に不公平感を感じるところは感情的に対処しなくてはいけません。


多分これは男の子だけに効く手だと思うんですが、しんざき家の場合、「こどもリーダー」という役職に任命書まで作って、長男を「パパがいない間、ママや長女ちゃんや次女ちゃんを守る役目」と言っており、時には「いつもこどもリーダーやってくれてるから」と何かしら優遇したり、というようなことをやっておりまして、今のところこれが一番長男には響いているような気がします。男の子、やはりなんだかんだで「役割」というものに弱いです。

あとは、先日も書きましたが、彼の場合祖父母の家が「ぼくだけのばしょ」になっているのも非常に大きいようで、そんなところでも祖父母には感謝することしきりです。


一方。タイトルでも出しましたが、「褒め方」「褒める頻度」という点では、正直そこまで気をつかってこれなかったなー、と今回気付いた次第なのです。


以前、こんな記事を書きました。


不倒城:「最近ぼくあんまり褒めてもらってないよ?」


やっぱり、「親に褒めてもらえる」っていうのは、子どもにとって凄く大きいんですよね。多分、自己承認感に直結する問題だと思います。

とはいえ、親としても「なんでもかんでも褒めりゃいい」というもんではない訳で、やはり褒める時にも真剣に考えて、真剣に褒めないといけない、とは思うのです。

手前味噌なんですが、これも昔書いてました。以下です。

不倒城:子育てにおいて、「真剣に考えて、真剣に褒めること」が大事なんじゃないか、と思った。


この辺考えると、やはり長女次女が出来る程度のことで長男を褒めるのはちょっと違う。大人になっても、メンバーと、リーダーと、マネージャーでは、それぞれ褒められる内容も褒められるタイミングも違いますしね。

ここについては、引き続き、色々考えて「なるべくいい褒め方」をしていきたいなー、と思うわけです。




まあ、何はともあれ、長男、長女、次女、いずれにとっても完全に不公平感をなくすのは難しいかも知れないですが、出来る限りフォローしていきたいなーと思う次第なのです。


今日書きたいことはそれくらい。
posted by しんざき at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て・子どもたち観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

殺人事件の「被害者」の実名や個人情報が報道されることでどんな社会的メリットがあるのか、本当にさっぱり理解出来ない


タイトルで完結しているんですが。

今回の大阪の件でもそうなんですが、殺人事件の加害者についての実名報道の是是非非が議論される中、何故か被害者については、昔から一貫して実名報道が貫かれております。

加害者、ないし加害容疑者の実名報道について、社会的なメリットが存在し得ることはまだ理解出来ないでもないです。まあ、こちらについても議論の余地は色々とあると思うんですが。


それに対して、被害者の実名やら個人情報やら遺族の情報やらがガンガン報道される件については、もう本当に、社会的にはどんなメリットがあるのかさっぱり分かりません。実際のところ、「興味を引いてメディアが視聴率を稼げる」以外のメリットってあるんでしょうか。


デメリットなら色々と思いつきます。

・単純に、被害者、及び被害者遺族のプライバシーが侵害される
・被害者遺族に対する嫌がらせ、誹謗中傷などが行われるリスクが上がる
・被害者遺族の情報がコントロール出来なくなり、遺族の人間関係に影響が出るリスクが上がる


それに対して、例えば「今後の犯罪防止に詳細な情報が必要!」とかおっしゃる方もいないではありませんが、「被害者の氏名の公開」が防犯にどう結び付くのか、その辺も良く分からないところです。別に実名や個人情報が報道されなくても防犯対策は出来ると思うんですが。


もちろん、被害者遺族が「具体的に、自分たちの事情を広く広めたい」と言われるなら話は別かも知れませんが、遺族が明確に「そっとしておいてほしい」という意思を表明している場合ですら、実名報道されることがままあります。アルジェリア人質事件の時とか、そんな感じでしたよね。

アルジェリア人質拘束事件 実名報道 朝日新聞記者と私のやりとり


今回の大阪の件でも、もう既に出てますよね色々と。被害者、及び被害者遺族に対する責任論と、それに端を発する諸々の誹謗中傷。被害者の事情や個人情報がどんどん表に出てきて、それに対してヒートアップするネット文言。

子どもを失ったばかりの家庭に対して、「被害に遭ったのはお前らが悪い」という声を浴びせかける意味って、一対地球上のどこに存在するんでしょうか。殺人被害を受けて、それ以上に責任を追及される必然性が何故あるんでしょうか。


以前からあった話だとは思いますが、「被害者遺族に対する報道被害」というものは、ネットで可視化されているのをしばしば観測できます。

事故遺族をネット中傷 書類送検
グアム無差別殺傷事件、心から皆さまにお願い


ぱっとリンクが出てきませんが、先日の川崎市のいじめ殺人や、2011年の大津市のいじめ殺人ですら、被害者側に対して「自己責任」の罵倒があびせかけられていた記憶があります。

これら、被害者や被害者遺族のリスクやダメージに対して、引き換えになり得る程の「メリット」って本当にあるんでしょうか。



以前も、似たようなテーマの記事を二つばかり書きました。

正義感で個人情報を晒すことを許容していると、またスマイリーキクチ氏の中傷被害事件と同じようなことが起きると思います

上記は、どちらかというと容疑者の情報に関しての話です。


それに対してもう一方、上でも出しましたアルジェリア人質事件の報道に対して、こんな記事も書きました。

アルジェリア人質事件に関するBLOGOSの記事は、議論のすり替えしかしていない

これについては被害者側の実名報道寄りの話だったと思うのですが、ここでの「メディア側の論理」と思われる内容は、正直本当にわけが分かりませんでした。手前味噌になりますが、そのまんま引用します。


毎日起きている交通死亡事故の中にも、思わぬ社会の不備が隠されていることがある。遺族への取材が社会を突き動かし、事故対策が進むことは決して少なくない。

その一方で「Aさん」という匿名に社会を動かす力はない。
僕は「個人情報の保護」「匿名報道」という綺麗ごとや事なかれ主義よりも「実名報道」という疼きを伴う地道な作業が社会をつなぐ力を信じたい。

みんなで泣き叫んだり、怒ったり、笑ったりする記憶を共有する社会は「匿名」の中からは生まれてこない。語り、言葉を紡いで、つないでいくという作業から社会に連帯感が生まれてくると信じている。
僕が犠牲者なら事件の背景を徹底的に調べて、何か問題がなかったか報じてほしいと願うだろう。

僕は「実名」で死にたい。それは、僕が社会で生きていく上での誓約でもあり、権利でもある。
といった部分だろうと思う。

ここでは何点かの錯誤が発生している。

・首題で提示されている「個人や遺族の了解」という問題が(恐らく意識的に)無視されている。
・個人情報の保護という問題を、「綺麗ごと」「事なかれ主義」と無根拠にレッテリングしている。
・上記に付随して、個人情報の保護という問題を実名/匿名だけの問題にすり替え、矮小化している。
・「「Aさん」という匿名に社会を動かす力はない」という主張が無根拠。「連帯感」などの曖昧な言葉にすり替えられている。
・最終的に、首題に対する回答として、「僕は「実名」で死にたい。」という、いわば自分の意志しか提示していない。



他にも色々あるんですが。結局のところ、「殺された人の個人情報が暴かれる」ことで、一体どのように「社会に連帯感が生まれる」のか、私には今でもさっぱり分からないままなのです。


被害者や被害者遺族の人権についても、最近はようやく議論になってきたようではありますが。

より一層、「被害者のプライバシー保護」に対する機運が盛り上がり、最終的には「そっとしておいてほしい」と願う被害者遺族の感情こそ、最も大事にされるようになればいいなあ、と。

そんな風に思う次第なのです。
posted by しんざき at 18:48 | Comment(13) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

大航海時代オンラインで発見物総数2000達成したお話

10年近く(間であちこち休止してますが)このゲームやっててようやく2000ですよ!

大航海時代発見物2000.png

なお、現在の発見物総数は2500近くあるそうです。コンプリートするのにあと5年くらいかかりそうですね。

ちなみに、8月中は死ぬ程忙しくてあまりログイン自体出来ませんでしたが、一応細々と続けております。
現在のやりたいことリストは

・沈没船探しをもうちょっと頑張る
・トレジャーハンティングをもうちょっと頑張る
・模擬イベントに参加させていただく
・大型BCに混ざる機会を伺う
・大安宅船を造船
・ガナドールで海事レベル上げ
・海域調査がまだ全然残ってるので片付ける

ざっとこれくらいになっております。アップデート?新要素?何の話でしたっけ?
posted by しんざき at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代ONLINE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

自分には理解できない時間の使い方でも尊重できる人になりたい

いや、早い話、「一晩ゲームする」っていう時間の使い方が暇つぶし認知されるのが気に食わない、って話なんですが。

twitterでこんなツイートを拝見しました。


はい。

私にもそういう記憶、あります。例えば学生時代に交わした、「飲みにいこうぜ」「すまんゲームやってる」「暇なんじゃん」という会話。自分にとっての大事な時間が、「暇な時間」とみなされることの理不尽さには結構悲痛なものがあります。

確かに、ゲームを「暇つぶし」と考えている側と、ゲームをやる時間を必死にひねり出している側とでは、根本的に時間間隔は合わないでしょうね、と思うわけです。我々ゲーマーにとって、ゲームとは「時間を作ってやるもの」なのであり、「その時間はゲームやるから」というのは「その時間は仕事するから」とか「その時間は子どもと遊ぶから」というのと少しも変わらず、大事な行動計画なのです。


「ゲームをする時間」というものは、ゲーマーにとって、必死に作った大事な時間なのです。


ただこれ、ゲームでよく聞く話ではありますが、考えてみるとゲームだけの話ではないなあ、と。自分にとって理解出来ない時間の使い方を耳にした時、結構同じような反応しちゃってないかなあ、と。


例えば、音楽を「電車の中の退屈な時間を埋めるもの」としか考えていない人にとっては、「自宅で音楽を聴いている」と聞いたとき、「暇なんだなあ」としか感じられないかも知れません。

例えば、漫画を「空いた時間に退屈しのぎとして読むもの」としか受け取れない人にとっては、「漫画読んでる」と聞いたとき、「じゃあ俺につきあえや」と思ってしまうかも知れません。


時間の使い方というのは人それぞれですし、何かをしている時の時間の価値というのも人それぞれです。当たり前のことのようですが、他人の時間の価値というものを、他人が推し量ることは簡単なことではありません。

これは、例えば夫婦間でも、親子間でも、同じようにいえることだと思うのです。

例えば、子どもが夢中になってやっていることが、親にとっては余計な手遊びに見えるかも知れません。それを「そんなことやってないで勉強しなさい」とぶった斬ってしまうのも、勿論TPOにもよるのですが、慎重に考えないといけないなあ、と。時にはじっくり待ってあげることも必要だよなあ、と。


自分には理解できない時間の使い方でも尊重できる人になりたいなあ、と。また、そういう人が増えるといいなあ、と。

そんな風に考えたわけなのです。
posted by しんざき at 23:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

あなたが好きなものを、あなた以外の誰が支えるんですか、というお話

早い話、好きなものにはちゃんとお金使いましょうよ、と。


最近気付いたことなんですけど、どうも世の中には、

・何かにお金を使うというのは、単に「自分のお金が減る」ということではなく、「それを作っている人にお金が渡る」ということでもある、ということをいまいち理解していない人

ないし、

・何かを作るということは、それがゲームであれ、漫画であれ、小説であれ、動画であれ、音楽であれ、手間もかかれば費用もかかるのだ、ということをいまいち理解していない人

という方々が時折いらっしゃるようなのです。直近で何例か観測しました。

なので、上記に該当しない方には、以下の話は「当たり前じゃねーか」としか思えない内容になると思います。ご容赦ください。


特に創作の世界というものはシビアなもので、食えないアーティストはあっという間に行き詰まります。お金を稼ぐ手段がなくなるか、お金を稼ぐことによって創作の時間がなくなると、そのアーティストさんは観測出来なくなります。たとえメジャーシーンで勝負している人であろうとも、お金の周りが良くなければ、活動出来なくなるまでの期間は驚く程短いです。

これは、アーティストに限った話ではなく、あらゆるジャンル、あらゆる分野において同じことです。行き着けの店は、客があまり来なくなるとつぶれます。良く使うWebサービスは、採算がとれなくなると停止されます。そして、その「立ち行かなくなるまでの期間」というものは、部外者が想像するよりも、一般にだいぶ短い傾向があります。

非常に基本的なことではあるのですが、霞を食うだけで生きていける人間はいないので、あらゆる活動には資金が必要です。そして、その資金を提供するのは、顧客であり、ファンであり、要するに「それが好きなあなた」です。直接的、間接的(広告クリックとか)の違いこそありますが、これはどんなものでも同じです。

つまり、「それが好きなあなた」がお金を使わないのであれば、「それを作っている人」にお金は回りません。単純な話です。


なので、非常に、ひっじょーーーに基本的なことではあるのですが、

「あなたが好きな何か」に対してあなたがお金を払わないと、それを作っている人は食っていけないのだ

ということは、たまに確認しておいてもいいように思いました。


勿論、言うまでもなく、お財布事情というのは人それぞれですし、自由に出来るお金というのも人それぞれです。自分が好きなものにお金を使い込む余り、自分が餓死してしまっては流石に本末転倒ですので、適切な範囲というのは合って然るべきでしょう。

とはいえ、「「自分が好きな何か」を作ってくれる人にどうやってお金を回せばいいのか」というのは、どんな時でも考えていいテーマだと私は思います。出来る範囲でお金を使わないと、「自分が好きな何か」を支えることは出来ないんですよ、ということは、何度繰り返しても無益ではないと思うわけなのです。


私は我田引水が好きなので、「私が好きな何か」について、自分だけでなく、色んな人がお金を使ってくれるといいなあ、と思います。「私が好きな何か」を私がたくさん褒めるのは、そういう目的です。

ということなので、皆さんダライアスシリーズとメタルマックスシリーズ遊びましょう。手始めにメタルマックス2:リローデッド辺りから。損はさせません。

メタルマックス2:リローデッドが余りにも面白いのでベタ褒めする

今日書きたいことはそれくらい。
posted by しんざき at 23:46 | Comment(14) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

長男が初めて電車一人旅をしてちょっとしみじみした

長男8歳。小学二年生。

祖父祖母の家は某近隣県に所在しており、長男が一人で祖父母の家に泊まることはかなり前からあった。

祖父母は、長男が産まれた直後から長男にベタ惚れで、一時は毎週の様に車を飛ばして遊びに来てくれていた。長男がもうちょっと大きくなって、下に双子が産まれた後は、長男を預かるところから、やがて長男一人で祖父母の家に泊まれるようになり、祖父母の家は「ぼくのきゅうけいじょ」になっていたらしい(長男曰く)


元々大の甘えん坊だった長男だが、長女次女が産まれてからは色んなところで甘えたい欲求を我慢することになっている筈だ。そこから考えると、好きなように甘えさせてくれる祖父母がいることは、本当にありがたいことだ。好きなだけ甘えたい欲求を満足させられるというのは、きちんとしたメリハリさえあれば、成長の為にとても重要な栄養素なのではなかろうか。

長男がきちんと「我慢」出来ているのも、長女次女に対してちゃんと「こどもリーダー」をやってくれているのも、祖父母の家が「ぼくだけのばしょ」であり続けていることが一因だと思う。


で、今回初めて、長男が一人で電車に乗って、祖父母の最寄駅まで行った。

一人で、といっても、路線としては一本だ。出発駅までは私が送った。特急と急行を乗りついで、40分くらいというところだと思う。それでも、出発駅まで一緒に山手線に乗っている時、長男はやけにテンションが高かったし、傍目にもわくわくしていることが分かった。「ちいさな大冒険だね!!」と言っている時の笑顔が少しまぶしかった。

ただ、彼のわくわく感は、私にも伝わった。昔、私にも同じようなことがあったから。一人で電車に乗るというのは、まさしく「小さな大冒険」だったから。

特急に乗せて、窓から手を振った後、なんだか軽く虚脱してしまった。当たり前だが、もう小学校に通っている訳で、親の手の届かない所に一人で行くことが初めてなわけでもない。ただ、「親の手の届かない場所」のスケールが、こうして徐々に徐々に広がっていって、最後には完全に親の懐から飛び出していくんだろうなー、と、ちょっとしみじみした次第なのである。


ちなみに、長男はその二時間後くらいに、祖母の携帯を使って私に電話をかけてきた。「この謎の答えなに!?」とhttp://www.takarush.jp/の問題を提示してくるからには、恐らくもうしばらくは親の懐にいてくれるつもりなのだろう。とことん付き合いたいと思う。


今日書きたいことはそれくらい。



posted by しんざき at 19:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子どもたち観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

ここ最近のしんざきと、最近の漫画とかゲームとか 15/08/05


ただの日記です。

○沖縄いってました

夏休みをとって、7/28から4泊5日で沖縄は恩納村にいってました。ルネサンスリゾートオキナワってところです。

・出発前に、空港の格納庫見学イベントで普段見られないアングルでの飛行機見学。
・「フリッパーズルーム」という子ども向けの部屋で息子さん長女次女超大喜び
・「にだんべっどさいこぉう!!!」と言いながらダイブしまくってました
・ホテルは滅茶苦茶遊べる施設・イベント満載で、海の中が見える船でクルージングしたり、プールで泳ぎまくったり。
・トレジャーハンティングという宝探しイベントで、息子さん海賊退治ごっこをして楽しんでました
・4日目、海洋博公園へ。熱帯ドームでのリアル宝探しイベントに参加してました。滅茶苦茶凝ってて楽しめた。
・定番の美ら海水族館にも寄って帰還。

おおむねこんな感じの沖縄行でした。いやー楽しかった。
次回は北の方にいきたいなーとたくらんでいます。


○発売即購入予定・及び直近で遊ぶゲームメモ

ダライアスバーストCS

これを買わないで!!!!!!他に!!!!!!!何を買うのか!!!!!!!!!!!!!!!!

オーディンスフィア レイヴスラシル

ドラゴンズクラウン大好きなので。

モンスターハンタークロス

多分またソロ廃人になると思います。

他、以下のようなタイトルを直近で遊ぶ予定(既に遊んだことあるタイトルも含む)。

・トトリのアトリエ、ロロナのアトリエ(PS VITA)
・エースコンバット5(VITAで出てほしい)
・エースコンバットZERO(同じく)
・イーアルカンフー
・大航海時代オンライン

こんな感じです。


○最近のジャンプがブチ熱い件

完全に世代交代に成功した感があります。「まさか」(逆転のカタルシス)と「さすが」の使い分けがどの作品もすばらしい。特に、食檄のソーマと火ノ丸相撲が超楽しみです。


・食檄のソーマ

ここに来て、まさかの美作再登場。過去キャラを生かす展開もさることながら、過去の敵をなんの衒いもなく取り込むことが出来る創真のキャラクター掘り下げ素晴らしいですね。ここまで散々ピンチ描写をしてきたので、ここからの反撃も熱い。最終的には、「売り上げでは負けるけど、費用をさっぴいた利益では勝つ」みたいな展開になるのかなあ?


・火ノ丸相撲

展開が超スピーディ。どの試合も引っ張らないことで、相撲の一瞬の展開が縦横に表現されてて超絶迫力ですね。ユーマはやっぱり勝てなかったかー。となると、2勝2敗で潮登場の展開ですかね?


最近はトリコもまた面白くなってきているし、自分の中の注目漫画ランキングが変動しそうです。



今日書きたいことはこれくらい。

posted by しんざき at 00:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

ダライアスバーストAC家庭用移植がきた!!!!!!!!!!!!!

ふううおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」をPS4、PS Vita、Windowsで発売!

多分PC版とVita版両方買うと思います。

あとはもう19XXの家庭用移植とニューマンアスレチックスの家庭用移植と銀河英雄伝説IV EXのリメイクと大航海時代IIの完全移植が実現すればもう思い残すことはいっぱいあります。
posted by しんざき at 07:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする