2017年02月27日

長男が三国志を読み始めてなんか妙に程遠志に同情的になってる

どうもしんざきです。三国志大戦では相変わらず四上〜五上ルーパーをやっています。三品に上がれぬ。


それはそうと、長男9歳が三国志に興味を持ちまして、なにやら学校からハードカバーの三国志を借りてきて読み始めました。渡辺仙洲という人が書いたバージョンのようです。



ざっと見てみると、基本は演義ベースだけど正史のエピソードもちょこちょこ入っているという感じで、児童向けに若干アレンジされた三国志という感じでした。自分で読みたい本を見つけてきて読むというのは大変良いことだと思います。

元々は、長男が私の三国志大戦のデッキを見て、「パパこのカード何?」と聞いてきたことが発端でして。説明したらゲームプレイも観たがりまして、ポケモンガオーレをやらせてあげるついでに私の大戦プレーも見せてあげるなどする内に、三国志それ自体にふつふつと興味が沸いてきた由。

で、本を読んでいる長男に「面白い?」と聞いてみたところ「面白い!!」と即答。文章自体読みやすくアレンジはされているものの、序盤の三国志って割と落ち着いた展開なので、そこまで面白がって読むのはちょっと意外でした。武将同士の戦いや、軍師の作戦やらが非常に興味深い様子。

で、以前から書いている通り、私は呂布ワラを使っていまして。まだ長男が三国志を読む前から、「ねえパパ、呂布ってどんな人?」とか聞かれまして、あまり幻想持たせるのもなーと思って「物凄く強いけどお話的には何回も裏切る悪役寄りの人」と教えていたので、呂布の顛末にも納得感があったようなのですが。

意外なところで、同じ呂布ワラに入っている程遠志が妙に心に残っていたようで、「ねえパパ、程遠志ってすぐ死んじゃって可哀想だね…」とか、「程遠志もっと活躍出来るといいのにね…」とかやたら程遠志に同情的になっています。なんでしょう、今日本で程遠志に思い入れがある小学三年生ランキングとか作ったら、かなりの上位にランクインするんじゃないでしょうか。

程遠志は、勿論三国志大戦的には、群雄の数少ない1コス槍、しかも武力的に足を引っ張らない上活持ちなので、そりゃ大変重要なカードなのですが。皆さんご存知の通り、三国志演義のストーリー的には「最序盤の中ボス」という程度の扱いであって、FF3で言うとランドタートル、FF5で言うとウィングラプター程度の立ち位置しかありません。即忘却されるほどではないが、まあまず知らなくても人生において1ミリグラムの損もしないよね、という程度の存在。正史ではそもそも出てきません。

そんな程遠志の名前が、現代日本の小3の夕飯食卓でこんなに頻繁に口にされることになるとは、果たして羅貫中は予想したでしょうか。ああ程遠志、関羽の偉大なる引き立て役。

あと、これも良く知られている通り、三国志序盤では賈クの献策が割とチートでして、賈クが言うこと為すこと全部当たりまくることが著名なのですが、彼そこにも感動したらしく、「賈ク凄いねーー!!」とベタ褒めしてました。うん賈ク凄いよね。それは認める。けど離間の計はもうちょっと範囲狭くして欲しい。

ということで、呂布が死ぬ辺りまでの三国志を読んで、現在の長男のお気に入りキャラは程遠志と賈クです。今後の彼の三国志遍歴に期待したいところです。


以下はただの日記です。


〇日曜日のしんざき


日曜は、奥様が所用で午後から夜まで外出していたので、がっつり子どもと遊んでました。

奥様が用意してくれたお昼ご飯を食べさせた後、たまプラーザは「美しが丘公園こどもログハウス」へ、私・長男9歳・長女次女5歳のパーティで出撃。窓が基本開放されているので、前回いった時はかなり寒かったのですが、今回はだいぶいい陽気だったこともあり、快適に遊べました。ただ子どもの人数が凄かった。


例によってアスレチックやら滑り台やら、ログハウス中を遊びまわった他、長男は「どうぶつしょうぎ」をいたく気に入った由。

どうぶつしょうぎは私も殆どセオリーを知らないので、何回か長男と指すうちに長男が勝ちになる回もありまして、「普通の将棋では勝てないけど、どうぶつしょうぎならパパにも勝てる!」と思ったらしく、「パパどうぶつしょうぎ買って!」とリクエストされています。どうしようかな。長女次女も出来そうだし、買うのも良さそうでしょうか。

その後、長女次女の「ピザ!」「ピザたべたい!!」という強烈なリクエストの元、地元のサイゼリヤで夕食を食べて、3人まとめてお風呂に叩き込んで、奥様が帰ってくるまでに首尾よく寝付かせに成功。奥様とデザート食べてフォーオナー、という感じの1日でした。充実していた。


今日書きたいことはそれくらいです。
posted by しんざき at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする