2018年09月25日

「世界大学ランキングに日本の大学はたった〇校」系のネタで教育を語る意味はあるのか


いや、大した話じゃないんですけど。

たまーに、ビジネス系の記事で、日本の大学のレベルの低さを持ち出すネタの一つとして「世界大学ランキング」の話が枕に使われることがあります。世界から見ると、日本の大学はたったこれだけしかランクインしていない!!レベルが低い!!世界に目を向けろ!!的なアレですよね。

最近だと、「世界大学ランキングで、100位以内にランキングしている日本の大学はたった2校」という話を聞くことがあります。たった2校、と言われると、確かに問題な気がしますね?

ところで、当たり前の話なんですが、ランキングには当然集計している組織があって、そのランキングそれぞれの基準、傾向、性質を持っている筈です。

そして、「世界大学ランキング」というものは、実際には色んな組織が色んな基準でやっていまして、有名なものもあれば無名なものもあります。「これは有名だろう」と言い切っても誰からも文句が出なさそうなものに限っても、多分4つか5つくらいはあります。

例えば、イギリスの高等教育専門誌である「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」が行っている、「THE世界大学ランキング」。2018年分が先日発表されまして、このランキングで100位以内にランクインしている日本の大学は東大と京大だけですね。各国学者のレビュー、学生一人あたりの教員数、教員一人あたりの論文引用数なんかが重視されているランキングです。


次に、同じくイギリスの大学評価機関であるクアクアレリ・シモンズが発表している、世界大学ランキング。ちょっとややこしいんですが、上記の「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」も、2010年頃まではクアクアレリ・シモンズと共同でランキングを作っていたんですよ。集計方法とか、いろいろ批判があって分裂したんですけど。


ちなみに、このQSランキングでは、東大京大に加えて東工大、大阪大学、東北大学の3つが100位以内にランクインしています。計5つです。評価指標の内訳なんかはTHEの方とあんまり変わらないんですけどね。

The Center for World University Rankings (CWUR)がやっている「CWUR世界大学ランキング」。これは、学術研究や教育の質、卒業生の質なんかも考慮に入ったランキングでして、日本の大学がかなり高めに評価されています。東大は12位。他、京大と阪大が100位以内にランクインしています。


トムソン・ロイターがやっている「Top 100 ranking of the most innovative universities」。これ、2017年集計なんで他のランキングよりちょっと古いんですが、「科学技術への貢献度と世界経済への影響力を算出し、ランキングしたもの」だそうで、なんとトップ100内に日本の大学が8つもランクインしています。つっても、ランキング自体が相当北米に偏ったものなんですけど。日本の大学はレベルが低い!情けない!!って言いたい人たちからはあんまり引用されないですね。




ちなみに先日は、「東大がQSランキングで過去最高ランクを更新」なんて話が一部で話題になってましたね。


一方、ロイターのランキングで日本勢が軒並み後退、なんて記事もありましたけど。


いや別に、「日本の大学は言われている程レベルが低くない」なんて言いたい訳じゃないですよ。

「世界大学ランキング」に〇校しかランクインしていないから問題、みたいな論調はちょっとアホらしいなあ、というか。ランキング自体、基準もバラバラなら立ち位置もバラバラであって、場合によってはその機関の立ち位置、思想までランキングに影響したりします。一つ一つの指標を参考にするならともかくとして、総括して「日本の教育レベルの低さ、高さ」を論じるネタとしてはあんまり適してないんじゃないですかってことが言いたいんです。

要は、「世界大学ランキング」を、元ネタの明示もなしに引き合いに出して、単純に危機感を煽ったり既存の体制を批判したりする向きには、ちょっとばかり眉に唾つけて聞いた方がいいんじゃないかと。

勿論、教育の質、大学のレベルというのは大変重要な問題であって、憂慮すべき問題でもあります。基礎研究の重要性とか、大学の予算の問題とか、研究者が研究に集中できない環境だとか、大学について議論すべき課題、改善すべき問題点なんてものは山ほどあるでしょう。

ただ、それを語る時に重視するべきなのは、多分「グローバル」だとか「世界に目を向けているかどうか」とか、そういう言葉では多分ない。世界大学ランキングなんて、教育問題を語る上では正直単なるノイズであって、極論どうでもいい。

私自身は、一方では大学の教育レベルについて憂慮げな話をするくせに、もう一方では「1年から就活の許可を」とか「オリンピックボランティアの為に大学も配慮を」とか、大学の講義や研究にひとかけらの敬意も持たない要請ばかりして、くだらないノイズでますます研究者から研究の時間を奪っているあの辺の界隈をどうにかすることが、大学教育を改善する上で割と重要な一歩だったりするんじゃねえかと思っているんですが、皆さんいかがお考えでしょうか。

今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 07:07 | Comment(2) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児に「リアル宝探し」が非常にお勧めであるという話

日曜、しんざき一家と、長男が仲良しでよく一緒に遊んでもらっている友達のご家族とで「こどもの国」に行ってきました。


もう何回目になるかよく覚えていないんですが、こどもの国にはちょくちょく遊びにいっておりまして、まあ毎度子どもたちと一緒に遊び倒しているんです。

ちょっと歩いていると大き目の公園かってくらいの遊び場がそこら中に配置されているし、ボートはあるしプールはあるし水遊び場はあるし、牧場もあれば遊園地っぽいスペースもあると、なんかもういたれり尽くせり子ども遊びのフルコースって感じで、長男も長女次女も散々遊びまわりまして、帰りの電車では一瞬で電池切れになっていたわけですが。

勿論そういった遊びも重要な要素ではあるんですが、実は今回の最大の目的は別にありました。そう、長女次女にほぼ初めての「リアル宝探し」をさせてあげようと思ったんです。


「トレジャーキングダム」はタカラッシュ謹製のリアル宝探しでして、所定のスタート地点で「宝の地図」を購入して、そこに書いてある謎を解きながら宝箱とその中のキーワードを探していく、というシステムの遊びです。

昔、長男と私が初めてやった宝探しがこのトレジャーキングダムで、それ依頼長男もめっきりリアル宝探し、ないしリアル謎解きにハマったんですよ。

トレジャーキングダムは初級・中級・上級に分かれていて、初級は小学校低学年でもちょっと頑張れば自分たちで解ける程度の低難度である一方、上級は捜索範囲も相当に広く、謎解きの内容は大人でもそこそこマジにならないといけないような難度です。

今回は、長女と次女がまだ6歳ということもあって初級だけにしておいたんですが、それでも真剣な顔で地図とにらめっこして、二人で議論しては「あれかも!!」と走り回って、最後に宝箱を見つけた時は大はしゃぎ、大変に楽しめたようで良かったです。

で、勿論家庭によって、子どもによって向き不向き、好みはあると思うんですが、私自身はこの「リアル宝探し」ってゲーム、育児にすげー向いてるんじゃないかなーと思っておりまして。

・単純に頭の体操になる
・大抵の場合めっちゃ歩くので運動にもなる
・謎が解けた時の達成感を親子で共有出来る
・親や兄弟と話し合いながら解いていくとコミュニケーションの題材にもなる
・共通の趣味になれば一緒に遊びに行く時のテーマにもなる

これ凄いいい趣味じゃないかなーと考える次第なんですよ。勿論「解けなかったときはめっちゃ悔しい」とかそういうのもあるんですが…

長男は小5になりまして、当然同年代の友人たちとそれぞれの人間関係を築いているんですが、今でも「お父さんと謎解き」というのは彼の重要な楽しみの一つになってくれているようでして、ちょくちょく一緒に謎解き旅に行っています。泊まりで相模湖プレジャーフォレストに行ったこともありますし、来月は地下謎2018が始まるので今から張り切っています。

「子どもとの共通の趣味」というのは親にとっては凄く貴重でして、段々親離れをしていく時期でも、親子というよりは一人の趣味仲間として、適度な距離感でのコミュニケーションを継続出来るんですよね。

勿論、コミュニケーションを抜きにしても、単純に私も謎解きが好きですし、近しい仲間と一緒に手がかりを探して、うんうん考えて謎を解くのはとても楽しいです。

そういう意味で、今後とも長男とは色んな謎を解いてみたいですし、長女や次女も謎解きを一つの趣味として楽しんでくれると嬉しいなあと思っているわけなんです。

ちなみに、トレジャーキングダムは、難易度的には小学校低学年の子の「謎解きの入り口」にぴったりだと思いますし、それ以外でも子どもの国で遊び倒せるので大変お勧めです。


長男とは来月地下謎2018をやるとして、長女次女は次に浅草花やしきの謎解きにつれていってあげようかなーと思う次第です。


今日書きたいことはそれくらいです。







posted by しんざき at 07:01 | Comment(0) | アナログゲームいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加