2018年11月20日

「〇〇はあるのに××がないのは何故なのか」系の考察に「いやお前が知らないだけでたくさんあるやん」というカウンターが一瞬で返される現象


に名前をつけたい。なんかもう名前あるんですかね?どなたか知りませんか?

仮にここで、当該現象に「知ったかぶり非存在考察」という名称をつけてみるとしましょう。ネーミングは適当なので気にしないでください。

知ったかぶり非存在考察は、大体以下のような要件を持っています。

・「××がない」という、非存在を考察の核にしている
・その上で、その「ない理由」をあれこれ考えている、あるいは「ない」ことを批判的に指摘している
・けど実際には「××がない」ということ自体が当人の観測不足、ないし単なる事実誤認であって、実際には××は幾らでもある
・「お前が知らんだけでいっぱいあるやん」という突っ込みが山ほどくる
・場合によっては炎上する

皆さん、こういう現象見たことないですか?結構webでは頻繁に観測されますよね。

そもそも、「ない」ことを考察の核にすることはかなりリスキーなんです。何故かというと、「反例一個で考察がおじゃんになるから」です。かつ、その「おじゃんになる」には、当人の観察力不足、観測範囲の不備指摘もワンセットになっている訳であって、論客としての信頼性にかなりのケチがつくことは避けられません。「何故××がないのか」ということを論じる際には、かなり入念な事前観測、ないし理論武装が必要になるでしょう。

まず第一に、「××は本当にないの?」ということを自分に問いかけることが重要なのです。「××がない」と感じた場合、それはかなりの確率で「単なる観測不足」なのです。

ちなみに、「××は何故少ないのか」だと多少緩和はされますが、これもリスキー度合はあまり変わりません。「少ない」ということ自体を証明する、ないし定義することが困難だからです。この場合、「少ないって具体的にはどう少ないんだよ?」という突っ込みが避けられないものとなってしまうでしょう。

それでも、人は「何故××はないのか」という考察に度々突っ込んでしまう。これは、一つには「あ、××ってないやん」という発見の衝撃が、当人にとってはそれなりに重く、また大きいものだから、ということもあるのでしょう。誤った発見であっても、それが発見であるというだけで一定の価値を持ってしまう、という話ですね。

ただ、「何故××はないのか」考察には、結構「釣り」も含まれているように思っておりまして。つまり、「実際には××が存在することを承知の上で、敢えて「何故××はないのか」を論じることによって突っ込みを誘引する」という手法ですね。

つまり、「知ったかぶり非存在考察」には「知ったかぶり非存在考察(真)」と「知ったかぶり非存在考察(偽)」の二種類がある

この二種類を見分けることはそこそこの困難事でして、基本的には推測するしかありません。「実際に知らないのかどうか」を確認することは普通出来ないからです。

例えば、私はこの記事を「知ったかぶり非存在考察(偽)」ではないか、と推測しています。

何故かというと、プロレスゲームはそもそもゲームのメジャーなシーンとは言い難く、どちらかというとマイナーなジャンルであって、そんなプロレスゲームを「たくさん」知っている元増田が、コナミの「日本大相撲」やボトムアップの「64大相撲」、あるいは「ああ播磨灘」「SDバトル大相撲」などの有名相撲ゲームをまるっと知らないというのも、ちょっとおかしな話だなーと感じるからです。この辺のタイトルは検索すれば一瞬で引っかかるわけでして、「××ってないよなー?」というのを全く調べていないというのも脇が甘い話です。

もっとも、これは所詮ただの推測であって、実際に元増田が相撲ゲームを二作しか知らなかった、という可能性を否定することはできません。

一方、こちらはちょっとガチっぽいかな、と感じました。


このまとめ自体は、非存在考察をスタート地点に、ちゃんと有益な考察にまで着地しているのですが、それはそうとスタート地点については「知ったかぶり非存在考察」と言ってよいのではないかと感じます。

これは飽くまで私の感覚なのですが、

「何かしらの思想バイアスが絡む」

かつ

「たくさんあるやん、という指摘を受けると、最初の非存在考察をなかったことにして「けど少ないし」とか「ちゃんと調べないと見えない程度だし」といったスタンスのスライドをする」

場合、ガチである可能性が高まるように感じています。


突っ込む側から見ると、「××は何故ないのか」という誤謬は非常に「ツッコミ誘因力」が高いです。つまり、「いやいっぱいあるやん」とついつい突っ込みたくなってしまう。これは何故かというに、

・考察を瓦解させるのが非常に容易だから(反例一つで瓦解させることが出来る)
・知識量的にマウンティングをとることが出来るから
・同時に「あれもある、これもある」的な、大喜利的な面白さに発展させやすいから

ではないかなーと考えています。元々炎上しやすいステージ立てなんですね。

勿論のこと、釣る・釣られるはネットの華ですので、これが悪いとは言いませんが、場合によっては「知ったかぶり非存在考察(偽)」にあっさり釣られるピチピチフィッシュ、的な立ち位置に置かれてしまうかも知れません。炎上PV稼ぎに易々利用されてしまうというのも面白くない話です。

皆さまには、「知ったかぶり非存在考察(真)」「知ったかぶり非存在考察(偽)」の存在については一応念頭に置いて頂き、快適なツッコミライフをエンジョイ&エキサイティングして頂きたいなーと考える次第なのです。

今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 07:15 | Comment(1) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のしんざきがりんご狩りに行った後熱出してぶっ倒れてました 18/11/20

ただの日記です。

・りんご狩りに行きました

毎年恒例なのですが、信州は戸倉にりんご狩りに行っていました。

りんご狩りにきた!!

奥様ご実家が毎年2本リンゴの木を借りておられまして、毎年この時期に旅行を兼ねて狩りにいきます。いやこのリンゴ滅茶苦茶美味いんですよ実際。

今回は、私・奥様・子ども3人、あと奥様方父母と奥様の妹さんというパーティ。流石に義父義母は結構いいお年なので、若者ズがもっぱら収穫することになります。割と重労働です。

それに加えて、当然子どもたちもきゃいきゃい言いながらリンゴを取りたがりまして、写真は喜び勇んで脚立に登る次女。なんか、この「高いところに脚立で登ってリンゴを取る」というのが物凄い楽しいらしくって、子どもたち皆こぞって脚立に登りたがるんですよ。危ないから結構神経使うんですけどね。まあ喜んでくれたのはよしよし。

リンゴの木2本分となると最終的には結構な分量になりまして、これくらい取れます。

めっちゃ収穫出来た

これでも全体の一部なんですが、今回は200kg超取れたらしいです。出荷か。

これを全国各地の縁者にお歳暮としてお送りして、この日のミッションは終了。上山田温泉に湯伯しました。流石に結構くたびれていたんですが、長男が「卓球やってみたい」と言い出して、初めての卓球経験。面白かったみたいです。折角なので東京に戻ってもやらせてあげたい。

体力ゲージが付きかけたところで翌日。

18日は、私が所属している「キャラゲーオンリーゲーム音楽演奏集団」であるところの「関東豪楽連」の練習があったので、東京に戻った後皆と別行動になって練習してきました。

こちらは、多分12/23に演奏をお見せ出来ると思いますのでまた改めて告知します。今回は過去曲も含めながらですが、おそらくかなり面白い選曲になっていると思いますのでご期待ください。

で、練習が終わって打ち上げをやっている最中に何やら悪寒を感じまして、ちょっと早めに退散。うちに帰ったら8度3分熱が出てました。

その日は早々に就寝して、一晩経っても熱が下がらなかったので病院へGO。幸いインフルエンザではなかったのですが、熱が9度まで上がりまして、この日は会社を休んで一日寝てました。いやー風邪で会社休むなんて久しぶりですよ。

で、薬飲んで寝てたのが効いたらしく、今日はかろうじて復活して無事に出社しているという次第であります。大変でしたね。

取り急ぎ、土日の日記的なものはこれくらいです。
posted by しんざき at 07:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加