2019年03月15日

私は子どもたちに、どんな言葉を持たせてあげられるだろう

子どもに何を伝えよう。

子どもに何を伝えれば、彼が、あるいは彼女が、いつか幸せを自分でつかみ取る為の握力になってくれるだろう。

子どもを幸せにすること、それ自体は多分、親のメインタスクではないのだと思う。勿論、子どもが幸せに暮らすことが出来ればそれに越したことはないし、その結果子どもの精神の筋肉が豊穣に育てばそれに越したことはないのだが、最重要課題は多分別にある。

それは、子ども達が将来、自分で自分の幸せを定義し、その定義した幸せに向かって歩んでいき、出来ればその幸せに到着することが出来るようにする、その力を育てることなのだろうと思う。

つまり、

親の一番の仕事は「子どもを幸せにする」ことではない。

親の一番の仕事は「子どもに、将来自分で幸せをつかむ為の方法を教えてあげる」ことだ。少なくとも私の中ではそうだ。


その為の方法論は、多分無数にある。そして私は、その無数にある中で、最も私の家庭に適したものはどれかなーと模索する。試行錯誤する。たまには成功して、またたまには失敗して、奥様と相談しつつ違う方法論を手にとる。子育てというのは、多分その繰り返しなのだろうと思う。

親が子どもに伝えた言葉が、子どもの中にずっと残る確率は何%だろう。自分のことも併せて考えれば、多分それはかなり低い確率なのだろうが、それでもそれはゼロではない。私の中の何%かはきっと親の言葉で出来ているし、親の言葉が埋まっている土壌、そこから生えてきた草花もおそらくあるのだろう。


だから私は、出来るだけたくさんの言葉を子ども達と取り交わす。公園に連れていく為、補助座席に子どもを座らせた自転車の上で。夕飯を食べ終わった後、風呂に入る前の脱衣所で。朝起きて、子どもたちにご飯を食べさせて、学校に送り出す前のほんの数分で。

幸せのかたちというものは多分いくらでもあるものであって、自分自身にとって「それが幸せだ」と認識出来ればそれでいいのだろうとは思う。ただ、「こういう幸せもあるんだ」というモデルケースをいくつか提示してあげるのは多分悪いことではなく、少なくとも私と奥様は今幸せなので、「数ある幸せのひとつ」として自分たちの足跡を伝えることは、恐らく全くの無益ではないだろう。勿論、その幸せの中には、いつも変わらず子どもたち自身の姿もある。


こういう一つの幸せにたどり着く為に、自分が辿ってきたすべての足跡。

結局のところ、自分が通ってこなかった道のことは、私には分からないのだから、全てはそこに集約されるのだろう。

かつての自分と、今の自分。それが子どもたちに渡すことが出来る、私のすべてだ。



posted by しんざき at 16:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のしんざきのFF14進捗 19/03/15

どうも光の雀士です。最近、子どもを寝かしつけた後は大体エオルゼアに行っています。周回遅れはいつものことなのでのんびり気楽にやっています。

やってることはドマ式麻雀の傍ら、メインストーリーを進めたりちまちま採掘したりクラフターのレベル上げをしたりという感じで、今のレベル状況がこんな感じです。


FF14_190315.png


ロードストーンというものの使い方を最近知りました。便利ですねーこれ。

ナイト:37
採掘師:38
木工師:16
鍛冶師:17
甲冑師:17
調理師:30
彫金師:16
裁縫師:21
革細工師:16
錬金術師:17


アイコンとの対照これであってるのかな。まあいいや。クラフターは均等に上げていくのがいいと聞いたのでなんとなく均等に上げています。アディショナルスキルをあれこれ試すのが楽しいですね。一方、どういう訳か採掘師のレベルがナイトのレベルを抜いてしまいまして、現在は光の採掘師と化してあちこちの採掘ポイントを漁っています。掘ってきた鉱石をマーケットに出しておくと結構売れるのが大変良いですね。

メインクエストは当然ナイトでやっているのですが、何故そちらを放置気味なのかというと、ことあるごとに「砂の家すぐ来い。三秒な」と呼び出してくるミンフィリアさん対応の為です。砂の家はもうちょっとアクセスいい場所にならないんでしょうか。

ただ、それでもちょこちょことはメインクエストを進めておりまして、先日は@noyshimaさんにお付き合いいただいてトトラク千獄というところに遊びにいってきました。丁度タンクの動き方もうちょい練習しないとなーと思っていたところなので、色々アドバイス頂いて勉強になりました。なんかダンジョンにも色々潜れるようになっているようなので、雀士活動の傍らダンジョンもやっていきたいと思います。

今回覚えたナイトの立ち回りのポイント。

・基本的にはちょくちょくフラッシュでヘイトを稼ぎながらファストブレード→サベッジのコンボを繰り返す、以前からの立ち回りで問題ない
・敵の数が多かったら早めにランパートを使っていく
・モンスターは味方に対して背中を向けるように誘導する(自分と味方で敵を挟むようにする)
・範囲に入り次第シールドロブを使って敵をひきつける
・スキルはXHBに入れて手元で使えるようにする(やり方はこれから調べる)

ダンジョンで戦ってると結構忙しいので、仲間にタゲが漏れてないかどうかとか確認し切れてないのでそこは慣れないといけないですねー。

ナイトの装備更新はキモでありそうなところ、鍛冶師や甲冑師を上げれば装備も自作できそうなので、当面クラフター上げは続けていきたいと思います。

取り敢えず直近でやりたいこととしては

・ドマ式麻雀でレート1800を達成・維持する(現在二段・レート1767)
・アディショナルスキルを集めながらクラフター上げをする
・採掘で売れそうなものを調べてたくさん掘ってきて売る
・行ったことがないダンジョンに行ってみる
・気が向いたらメインクエストも進める

という感じでいこうと思います。

そういえばグランドカンパニーは不滅隊に入りました。他のカンパニーは指揮官の演説だけであるところ、不滅隊だけナナモ様もおまけでついてくるのずるくないですか?ナナモ様は大変お美しいと思います。

あと、全然関係ないんですが、ギルマスの中では錬金術師ギルドのセヴェリアンさんが大変お気に入りです。「私にギルドマスターらしさを求めるなど愚の骨頂!!」は大変名言だと思います。
結構キャラクターもいい味出してて良いですよね。ララフェルのロリババア好きホイホイ感は異常。

取り敢えず今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 07:00 | Comment(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加