2019年05月29日

ただ、悲しむのみ

ふわっとした話をします。

何か、痛ましい事件があったとします。世界のどこかで、胸に刺さる出来事があったとします。

その事件を受けて、色んな人が色んな話をし始めます。中でも注目を集めやすいのは、「分析」や「提言」です。

例えば、その事件の原因はなんだったのか。その事件の犯人にはどんな背景があって、そんな動機でそんなことをしたのか。社会の問題か。個人の問題か。どんなことをすれば防げたのか?

勿論、そういった分析や提言は視座も粒度も様々であって、妥当だなーと思うこともあれば、それ程傾聴しなくてもいいかもな、と思うこともあります。言ってしまえば玉石混交なのであって、それがどうこうというわけではないのですが。

ただ、なんだか時々、そういった「理由付け」や「分析」それ自体が腑に落ちないというか、なんとなくそっちに立ち入りたくないな、と思うことがあるのです。これは、私自身理由をあまり明確に出来ない、もやっとした気持ちです。

「分からない」ということは恐ろしいです。「原因がない」ということは不安ですし、「防ぎようがなかった」というのはもっと不安です。

だから、我々は、痛ましい事件になんとか理由づけをしようとします。どうすれば防げたのかとか、こういうところに原因があったからこれを何とかしようとか。そういう、言ってみれば「答え」があれば、我々の気持ちは多少は落ち着くから。その答えが妥当なのかどうか、その提言が実行可能なのかどうか、そういう話は時折置いてけぼりにされます。

例えば、その惨劇を引き起こした人についての情報なんて何も確たるものはないのに、色んな人がてんでばらばらにその人を「分析」しているのを見ると、私はよく分からない居心地の悪さを覚えます。それは、今話すべきことなのかな、と。なんとなく理由づけをして聴く人を安心させることで、逆に見えなくなっていることはないのかな、と。それに巻き込まれるご遺族の気持ちを考えている人はいるのかな、と。

「どうしようもないこと」というのは実際のところあって、現実的には防ぎようがない、ただリスクとしてそこに存在することだけが確かである、そんな話は勿論居心地が悪いです。ただ、無理やり落としどころとしての「対策」を考えて、その「対策」を実施する為に多大なコストをつぎ込まなくてはいけない人を観測すると、それはそれで、同じような居心地の悪さの一因になります。それ、意味あるのかな、と。それで本当に「防げた」と思っているのかな、と。

自分の気持ちに向き合ってみると、私はエゴイストなので、やはり私の考え方は自分中心になってしまうのです。犠牲者のご家族と自分を重ね合わせてみると、そこにはただただ、無限大の悲しさだけがたゆたっています。一方で、この惨劇を受け止めなくてはいけないのが自分でなくて良かった、という、否定のしようのない安堵もあります。勿論のこと、こういうことを本当に防ぐことが出来るのか、この先もこういうことは起きるんじゃないか、という恐怖感もあります。

ただ、そういうことを全部飲み込んだ上で、今はただただ、分析も提言もせず「悲しい」とだけ言いたいのです。


何の役にも立てないけれど、ただ、悲しい。


そういう表明、そういう事件への寄り添い方があってもいいような、そんな気がします。
posted by しんざき at 23:29 | Comment(8) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加