2019年06月24日

今日のしんざきのFF14進捗 19/06/24

あの風脈配置考えた人絶対に許さない(導入)

ffxiv_20190620_002724_658.png

ということで、今回の展開の中で一番達成感があったのは実は自力でどうにかギラバニア湖畔の風脈を解放したことなんですけど、ただ単に時間がかかって面倒くさいだけで実際はそこまで難易度があって遣り甲斐があるというコンテンツでもなく、既に解放済の人にお願いしてタクってもらうというのが完全に最適解であることはよく理解出来るし納得も出来る、それでも半分意地になって俺なんでこんなことやってるんだろうと思いつつあっちで崖から落ちこっちでジャンプの目測を誤り、コンパスに従って多分こっちかなーと移動していたら巨大な袋小路に突き当たったりして、ルートを探している間に背後から襲ってきたモブにブチ切れて八つ当たり乱れ雪月花をお見舞いするなどし、2時間くらいかかってようやく上の画面を拝んだ時には謎の達成感と一抹の虚無感がありつつ近くの人が拍手をしてくれたのが無性に嬉しかったりしましたこの風脈配置考えた人お腹こわせ。

ということで一応攻略サイトをみないで自力で風脈解放しました。合言葉は「La Mulanaよりずっとマシ」です。

恒例の現在のレベル状況です。

ff14_0624.png

ナイト:70
侍:70
赤魔導士:50
幻術士:14
暗黒騎士:30
木工師:66
鍛冶師:67
甲冑師:65
彫金師:66
革細工師:66
裁縫師:67
錬金術師:65
調理師:66
採掘師:70
園芸師:70


採掘・園芸も70になりました。クラフター全職70は、漆黒までに達成するのは厳しいかなーと思いつつありますが、まあナマズオも終わってないしそれは後からのんびりでいいかなーと思いつつあります。70になると一気に装備の選択肢が広がりますねえ。

装備更新、可能な限りお金をかけない方針ではあったんですが、結局4.5を完走するまでのidでもIL制限があり、360まではどうしても上げないといけないので、最低限の羅刹買って夜摩にはしてしまいました。もうちょっと時間あったらゆっくりレイド行って装備集めてたんだけどなー。

一方、ギャザラーについては、赤貨での伝承録集めが一応終わり、キングランド装備を目標に黄貨を集め始めました。こちらは事実上元手ほぼゼロで装備を整えられるので、左装備と主道具・副道具くらいはキングランドにしようと頑張っています。ただで強い装備が手に入るの素晴らしい。

ということで、まずはメインクエストの話です。


〇メインクエストの進捗状況

例によって周回遅れも周回遅れですが、一応ネタバレご注意ください。

ザ・バーンが終わり、ツクヨミ戦も終わり、これから帝国と開戦だー!というところでギムリトダークに突っ込むところです。進捗的にはそろそろ4.5も終わりな感じですかね?

相変わらず、帝国絡みのストーリーにはいまひとつ乗り切れないところはあり、やっぱり帝国の人たちの行動にいまいち納得感を感じられないのと、あと帝国側のキャラクターにあまり好感を抱けないこと、あとアシエンの格好が中二臭いことが主な原因だと思うんですが、今回はナナモ様・オンステージという感じでナナモ様は全体的に大活躍でした。

ffxiv_20190620_083651_782.png

お忍び私服のナナモ様は大変可愛かったと思います。アラミゴ難民救済の道筋をつける為に奔走するナナモ様なんですが、当初「公費で救済する」という考えしかなかったところ、ゴッドベルトに問題点を指摘されて素直に受け入れるところとか、ナナモ様のスタンスと器の大きさに大変好感が持てました。

それと例によってロロリトの大物感がものすごい。

ffxiv_20190620_085314_237.png

まあ2.Xでは色々ありましたが、この人若干陰謀脳なところがあるとはいえ、政商としての立ち回りについては物凄く真っ当だし筋が通っていると思うんですよねー。で、かつては自分の政敵に近かったロロリトに、正面切って交渉を挑み、プレイヤーの助言があったとはいえきちんと現実的な着地点を見出したナナモ様の立ち回りも素晴らしかったと思うわけです。

で、タイトルの「英雄の帰還」が、最初は英雄英雄っていうと大体光の戦士のことだったんですが、実はラウバーンのことでもあったんだ、という多分ダブルミーニングにも素直に感心しました。これ系のでもう一つ好きなのが、「ストーンヴィジルに眠る翼」でエンタープライズとイスケビンドのダブルミーニングになっていることなんですが、こういうの好き。

ffxiv_20190620_095929_791.png

ということで、全般的にナナモ様がお美しいストーリーだったと思った次第です。

あと、例によってアジムステップ勢との絡みは非常に楽しく、相談ごとをしにいくと取り敢えず「よっしゃ戦おうぜ!」になるサドゥさんのサイヤ人脳もさることながら、今度はヤ・シュトラに迫ってあっさり袖にされるマグナイさんが大変不憫で楽しかったです。

彼、女性に断られても激昂しないで単に落ち込むだけ、という点は非常に好感が持てますね。

イベントバトル、後半のマグナイ戦は一発でクリアできたんだけど、サドゥ戦の方は結構苦労して何回かやり直しました。メテオ体制に入ってからいちいちギミック避けてたらこれ間に合わんな、というところに気づくまでがちょっとかかった。

というか、あのヴァリス帝との会談とか、当然FF6のオマージュだとは思うんですが、あそこに黒薔薇とか突っ込まれた場合の対策ってあったんでしょうか。。。まあ帝国側からすれば明らかに戦力優越してるんだしその必要もないってことなんですかね?

まあなんにせよ、ギムリトダークをクリアすればひと段落っぽいので、今夜あたりいってきます。よろしくお願いします。


〇次元の狭間・オメガにちょっとだけ行ってきました

なんか思ってた展開とちょっと違った。

ffxiv_20190620_162758_188.png


てっきりオメガとの戦闘があるのかとばかり思っていたら、出てきたのはチョコボの不思議なダンジョン。なんだこれ?と思っていたらウェッジとヒッグズもしっかり戸惑っていたので、作中世界内でも異様な風体なんだと納得できました。

関係ないけど、ガーロンド社の大型新人ネロさンは大変いい味を出していると思います。SS取り損ねたんですが、「俺は新人だぜ?それも…褒められて伸びるタイプのなぁ!!!」はトップクラスの名言だと思います。態度は毎回毎回思わせぶりな悪役っぷりなのに、やってることは割と真面目というかミッションに忠実で、自分の知的好奇心の充足より仕事を優先する辺り、彼絶対根は生真面目だと思います。

ffxiv_20190620_161652_912.png

あと、ネロ絡みだといきなり苦労人テイストになるシドさんが気の毒でした。まあ彼、経営者としてはどう考えてもやってること破綻してるんで、あまり弁護出来ないような気はしますが…。

ffxiv_20190620_163444_166.png

で、次元の狭間での例のあのBGMには、無暗やたらとテンションが爆上がりしました。いいなあ!!やっぱFF5BGM超いいな!!!!!

本来はゆっくり攻略して装備とか集めたいところなんですが、目下は漆黒前準備が優先なので、仕方なく続きをいったんスルーしてます。後からでもちゃんといきたい、というか後からちゃんとやりたいコンテンツが多過ぎる。


〇ラールガーズリーチでデブチョコボの集団を見かけました

なんかのユーザーイベントだったんですかね?デブチョコボが延々行列になってて楽しそうでした。

ffxiv_20190622_233117_211.png

ということで、以下は漆黒までにやっておきたいこと。

・メインクエストを最後まで終わらせる
・ギャザラー黄貨を集めてキングランド装備を入手する
・レイドやIDでなるべく装備の更新をしてILを上げておく
・クラフターは無理をしない範囲でレベル上げ、クラフターのジョブクエをぼちぼちこなしておく

そんな感じです。よろしくお願いします。

今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 07:00 | Comment(2) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加