2019年09月23日

「麻衣の虫ぐらし」がゆるふわ日常百合漫画かと見せておいて本気百合漫画だった

すいません、これも周回遅れの話かも知れないんですが、周回遅れはいつものことなので気にせず書かせて頂きます。

「麻衣の虫ぐらし」の2巻が出ていたので読みました。で、軽く衝撃を受けました。



その衝撃は、一言でいうと、「ゆるふわ農業日常 + 虫についてのうんちくメインのソフト百合漫画」かと思っていたら、あるタイミングから「虫の知識をアクセントにした本気百合漫画」へと怒涛の方向転換を見せたことへの衝撃です。なんというか、フライングバルセロナアタックを警戒してガードを固めていたらローリングイズナドロップを喰らったかのような、そんな衝撃を受けました。

まあ勿論雨がっぱ少女群先生の描く女の子は大変かわいいのですが、話はそれだけではありません。

「麻衣の虫ぐらし」は、少なくとも当初の漫画ジャンルとしては、「農業日常漫画」と言って良いと思います。主人公の桜乃麻衣(さくらのまい)は、入社一年目でリストラされて、ただいま求職中の女の子。友人の奈々子(通称奈々ちゃん)が祖父の跡を継いで営んでいるトマト畑をちょくちょく手伝いに来ています。

ここでは、「農作業の手伝いをする麻衣が色んな虫に出会って、それについて職業柄虫に詳しい奈々子が解説する」という展開が話のメインになります。三話まではニコニコで無料で読めるので読んでみてください。


お読み頂ければ分かる通り、奈々は「ちょっとヤンデレ入ってる、麻衣大好きな農業少女」であって、その奈々の虫知識とそれに対する麻衣の反応、及び奈々の好意に若干振り回されがちになる麻衣、というのが物語前半の定型パターンになります。地元の名士の娘である来夏も登場して、農業とそれにまつわるゆるふわ日常。ここまでなら、割とよくある、百合な雰囲気だけど実際にくっつくわけではない、あと非常に頻繁に入浴シーンが描写される、ほんわかした日常虫知識漫画と言っても大きく問題ないのではないかと思います。

で、ここからはちょっと作品のネタバレが入るので、軽く折りたたみさせて頂ければと思うんですが。





続きを読む
posted by しんざき at 16:47 | Comment(0) | 書籍・漫画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加