2008年06月10日

漫画家さんと編集さんの関係について、ちょっと思ったこと。

色々と考えるところがあった。あったんだけど、大部分は言葉にならない。

言葉にならないから、知っていることだけを書こうと思う。

思うこと。


実際のところ、漫画家さんを見下している編集者さんってのは、いた。多分少なからずいた。先生先生といいつつ内心は見下している、という人もいたし、もうちょっとストレートにデカい態度に出ている人もいた。昔、私も、何でなんだろうなあと思ったことがある。漫画家さんあっての漫画雑誌だろうに、と思ったこともある。


私が昔お世話になっていたのは、例えば小学館などとは比べ物にならない程小さな出版社だった。だからかどうか、雷句先生が憤っている程に「うーん」な編集者さんは、幸いというべきなのかどうか、一人も知らない。


その上で、敢えて単純に、私が聞いた限りの話をする。いい悪いの話ではなく、一切一般化されるべき話でもない、ということは断っておきたい。


私が実際にこの耳で聞いたことがあるのは、「見下さないと心理的にやってられないから」という理由と、「強く出ないと描いてくれない人が多くって、それを続ける内についつい」という理由の二つ。


後者については語るべきものがない。そういう人もいる、ということだ。

前者は、というと。多分まあ色々な心理的な理由があるんだろう。

以下、羅列。憶測も混じる。


・編集者さんから見ると、漫画家さんの仕事のやり方や普段の生活はイレギュラーに見える場合が多い。

・つまり、自分の方が「きっちりと(会社員として)」仕事をしている様に思えてしまうことが往々にしてある。

・漫画家さんの収入は振れ幅がデカい。売れている人の場合は、普通のサラリーマンである所の編集さんより遥かにたくさんの収入を得ている場合もある。それ程でもない人は、それこそ食うや食わずの生活をしている場合もある。

・つまり、自分の方が「きっちりと」稼いでいる様に思えてしまうことも往々にしてある(漫画家さんの収入問題は出版社に負う部分が大きいのだが、多分心理的にはあんまり関係ない)

・編集さんには、「作品を実際に売っているのは自分」という意識がある場合が多い(これは見下す見下さないと関係なく、そういうプライドをもって仕事をしている編集さんはたくさんいると思う)。

・それが嵩じて、「売ってあげている」という意識になる場合も往々にしてある。これは多分、プライドの持ち方の問題。

・上記諸々の理由から、心理的に「社会人としての」漫画家さんを自分より上におくことが出来ないことがある。(これは憶測。ただ、私は、「漫画家って社会人じゃないから」という台詞をこの耳で聞いたことがある)

・もしかすると、「売ってあげてる」漫画家さんが、自分より稼いでいる(場合もある)ことに対する鬱屈、というのもあるかも知れない。

・「仕事を完成させる」キーを自分はもっていない、ということにストレスを感じる編集さんもいた。(ライター出身だったと思う)


などなど。

「飽くまで会社員」である編集さんと、ちょっと特殊な労働形態である漫画家さんが、密接な関係をもって仕事をしなくてはいけないという時点で、まあ心理的なぎくしゃくは色々発生すると思うのだ。そのぎくしゃくを吸収することが苦手な人、というのは、編集者さんにも漫画家さんにも当然いる。

今回の事件というのは、そういった「ぎくしゃく」も内包した話なんだろうなあ、と私は思う。いい悪いはともかくとして。


繰り返しになるが、これは「一般的な話」ではない。断じてない。「こういう編集さんもいる」という話であり、「こういう漫画家さんもいる」という話でもある。当たり前だが、お互いにお互いを信頼して、公私にわたっていい関係を気付いている漫画家さん・編集者さんだって中にはいた。

ただ、そういった「仲のいい」関係と同じくらいの比率で、あまりうまくいっていない関係が存在したことも、多分事実だ。



以上のお話を全てひっくるめて、敢えて無難な結論を出すとするならば、「漫画家さんと編集者さん」という、ちょっと特殊で、時に歪な関係について、じっくり考えてみる機会なのかもね、ということは取り敢えずいえるんじゃなかろうかと思う。


長くなったので、所感、以上。
posted by しんざき at 02:20 | Comment(9) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰とは言わないけど、いつまでも新刊が出なかったり、オチが全部適当だったりする漫画家とか、
誰とは言わないけど、落書きのような原稿を本誌に掲載することをなんとも思わなかったりすぐ急病で連載を止める漫画家とか、
ちょっと売れるとそういうことを平気でするような漫画家さんたちはプロとしてどうかと思ったので、
持ってた本はすべて処分しました。
関係あるようでまったく関係ないコメントで申し訳ない。
Posted by ぽ。 at 2008年06月10日 13:35
この話って、端的に言っちゃえば下請けイジメと一緒じゃないですか?
あと、漫画誌業界(漫画業界、ではない)が限界に来ているのがこういうところに現れてきている、とも言えるのかもしれませんね。特に週刊誌。

ぽ。さま>
確かにプロとしてどうかと思いますが、そういうささやか(?)な反抗が出来るくらいがむしろ健全なのかな、とは思います。
売れない時代に虐げられていたら、売れた後に反動が出ても仕方ないでしょう。


そのうち、漫画家が編集を刺す事件が起きたりして……
Posted by NOBIE at 2008年06月10日 22:57
雑誌自体売り上げも減ってきて、編集側も色々必死なんでしょうが
漫画のあとがきでたまに書かれる、編集者の人とのわきあいあいとした会話とかって実は珍しいことなんでしょうか

最近は一部雑誌のことばかり話題に出てますけど他の雑誌の内部はどうなってるのか
一般人には分かり辛い領域ですからね、疑問の尽きない話題です
Posted by aA at 2008年06月11日 00:53
>ぽ。さん
>誰とは言わないけど、いつまでも新刊が出なかったり、オチが全部適当だったりする漫画家とか、
誰とは言わないけど、落書きのような原稿を本誌に掲載することをなんとも思わなかったりすぐ急病で連載を止める漫画家とか、

なんか、誰といいまくりの様な気もする。

>NOBIEさん
>この話って、端的に言っちゃえば下請けイジメと一緒じゃないですか?

あー、はい。まさに同じ構図だと思います。
というか、漫画家さんを「下請け業者」と考えている編集者さんもいる、というのが問題、なのかなあ。

>aAさん
>漫画のあとがきでたまに書かれる、編集者の人とのわきあいあいとした会話とかって実は珍しいことなんでしょうか

別に珍しいことじゃないと思いますよ。
記事中で念押ししている通り、上記の話は一般化しない方が無難です。
Posted by しんざき at 2008年06月13日 21:55
城主>
>というか、漫画家さんを「下請け業者」と考えている編集者さんも
>いる、というのが問題、なのかなあ。
いや、「編集(=出版社)=発注元、作者=下請け」という図式自体は不自然ではない(はずな)ので、そこが問題ではないとは思います。
むしろこの図式があまりにあてはまるので、「編集の作者イジメ」が「発注元の下請けイジメ」と一緒なんじゃないかな、と思った次第。
こーいう関係で本当にうまくやるなら「対等な付き合いをして一緒に協力して仕事する」か、「下請けに丸投げ、文句は一切言わない」かの二択でしょうねぇ(後者はそれはそれで問題、ってかダメダメですが)。
Posted by NOBIE at 2008年06月20日 00:14
かなりお久しぶりです。トラボケ以来でしょうか。

漫画読者として思うことを書いていたんですが、漫画作者として不倒城さんがいたことを知らずに驚きながらうなずきつつ読んでおりました。

なるほどねー。

追伸:トラボケもまた始まるようです。
では<(_ _)>
Posted by zukunashi at 2008年06月20日 22:54
>NOBIEさん
>むしろこの図式があまりにあてはまるので、「編集の作者イジメ」が「発注元の下請けイジメ」と一緒なんじゃないかな、と思った次第。

確かに、下請けと発注元が歪な関係になること自体は、いずこも同じですね。
ただ、漫画家-編集者の関係の場合、ユーザー(読者)から見ているイメージと内側の意識があまりにかけ離れている為、今回みたいなことが起きるとお祭り騒ぎになるんじゃないかと。

>zukuhashiさん
大変ご無沙汰しております。

>漫画読者として思うことを書いていたんですが、漫画作者として不倒城さんがいたことを知らずに驚きながらうなずきつつ読んでおりました。

あ、すいません、私はまあ、昔ライター・出版業務に携わっていたことはいたんですが、漫画作者という訳ではございませんです。私が漫画を描くと多分抽象落書きという新ジャンルが開けると思います。
Posted by しんざき at 2008年06月23日 11:06
>いや、「編集(=出版社)=発注元、作者=下請け」という
> 図式自体は不自然ではない(はずなの)で、そこが問題では
> ないとは思います。

そうなの?
雑誌は球団で、作者は選手、編集は球団職員(担当編集は球団が付けたマネージャ)だと思ってましたよ。勿論、選手による球団の掛け持ちも不可ではないし、チームプレイは皆無に近いのですが(合作や師弟関係による育成・デビューはあり)。

編集者は漫画家のフォローにおいてのみ価値を持つのだから。
Posted by 芭蕉 at 2008年07月30日 13:00
>芭蕉さん
>雑誌は球団で、作者は選手、編集は球団職員(担当編集は球団が付けたマネージャ)だと思ってましたよ。勿論、選手による球団の掛け持ちも不可ではないし、チームプレイは皆無に近いのですが(合作や師弟関係による育成・デビューはあり)。

そういう構図の出版社もあると思いますよ。

ただ、大きな出版社であればある程、「漫画家は下請け業者」みたいな意識で仕事をし勝ちなんじゃないかと思います。多分。私は大きな出版社で働いたことがないので断言は出来ないですが。

Posted by しんざき at 2008年07月30日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100021301
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック