2008年08月28日

大阪ガスサービスショップの話が気になった件。

ちょっと気になる話があったのでメモ。

GIGAZINE:大阪ガスサービスショップを家の中に入れてはいけない
はてな匿名ダイアリー:ギガジンさん、間違っています!!!

GIGAZINEの人が提起している問題点は幾つかあって、主眼は

1.ガス点検後、ガス給湯器内部の配線に破損が発見されたこと。
2.大阪ガスとは直接関係ない業者が、大阪ガスの名前を紛らわしい形で使って営業していること。
3.大阪ガス本体の対応にも問題があったこと。


の三点になると思う。

1番について。問題点は、「ガス点検の人がマッチポンプでやったのだとしたら超絶大問題だし、見過ごしたのだとしても十分大問題」だということだろう。

まずこれは、GIGAZINEの中の人が時間軸をもう少し明瞭にするべきだったと思う。ガスの点検が行われて、破損が確認されたのはそれぞれいつだったのか。他に破損が発生する要因は存在しなかったのか。文中、「担当した人間は先月末で退社した」という発言があるから、それなりに間は空いているみたいだけど。

実際に画像を見て、GIGAZINEさんの疑いが妥当なものなのかどうか、というのは私にはよく分からない。ただ状況から見て、脊髄反射的にガスサービスショップの人を疑ってしまう、というのは無理からぬところである様だ。となると多少の釣りテクを使いたくもなるだろう。

2番は問題といえば問題だけれど、割と色んな業界で頻繁に見られる問題だとは思う。(勿論、だからいいという訳ではない)

3番は抽出されていた会話の抽出具合がやや恣意的に思えたので保留。

一点気になった。
そしてこの際に渡している「名刺」ですが、調べてみると、点検後などに故障した際、この名刺の本人に電話することによって、その人のノルマ達成に貢献できるとのこと。
これ、どう調べられたのだろう。件の代理店がこんなことまで教えるのかな。ちょっと疑問。


第一感ではよく分からない話だなあと思っていたら、ガス業界の中の人と称する人から反論があった。これが上記リンク先、はてな匿名ダイアリーの記事だ。

これはこれで、「何で増田(はてな匿名ダイアリー)で書くんだ」という意見が出るのは当然だと思うけれど、この人が大阪ガスの人間であればともかく、「ガス業界の中の人」ということしかわからない時点では仕方がないと思う。というか、いきなり立場を明かしてこんな内容書く方が無茶だろう。はてなですげー盛り上がったエントリーに対して反論する場所が増田、というのも、閲覧される機会のことも考えると分からないでもない。説得力が減衰するのは仕方ないだろうけど。

ただ。
まず、「メンテマンが売り上げを稼ぐためにわざとコードを損傷させたのでは?」と強くお考えのようですが、「そんなことは絶対に無い」と断言できます。
こう断言する根拠が
ガス業界の人間が、コードの損傷のような火事につながる瑕疵を見逃すことはありません。

なぜなら、「火事が起こった時点でその家はオール電化になるから」です。(特にLPガスエリア)
これ、というのはちょっと弱い様に思った。短絡的な人というのはどこの業界にもいるし、1が2になったから次は3、という見通しを立てない人だってたまにいる。

個人的には、大阪ガス本体から反論が出ることを期待しているんだけれど、基幹系大企業にそういうことを期待するのは望み薄だろうなあ。

取り敢えず経緯を追ってみようかと思う。


---------------------------------------------------
追記 08/28 13:01

GIGAZINEさんの記事、大阪ガスへのインタビューについて。折角録音してあるのならインタビュー全文を読みたい、と思った。いかにも叩かれそうな部分だけ太字で抽出して書き出すのは公正な態度とは言えないだろう。更に、「現行犯であなたは見たわけではない」という発言があったとして、それが即「犯人は大阪ガスサービスショップではない、おまえらだろう?」なんて意味になるのもおかしい。これだけ読むと、たとえ単純に確認をしていた発言だったとしても、相手をクレーマー扱いしている様な印象をもってしまう。

ちょっと煽りテクを使い過ぎだと思う。

posted by しんざき at 11:04 | Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
で 自分がそのような目にあったら
1.業者を信じて泣き寝入り
2.マッチポンプだろ クレーム
さあ どちら?
Posted by み at 2008年08月29日 12:45
>みさん
クレームはともかくまず飛んできて直してもらう、って選択肢はないんですか?
Posted by しんざき at 2008年08月29日 13:32
はじめまして。
点検日時と破損の発見日時を公表していないのは
おかしいですよね。どちらもわかっているのに、
なぜ伏せるのか?
点検担当者が辞めた月にはこだわっているくせにw
それと、誰も給湯器に近づいていないという根拠が「2階にある、1階は普通の住宅より天井が高い」ですが、建物の全景画像がないのでは根拠として受け入れるわけにはいきませんね。
それに、給湯器の横に風呂洗いの柄つきスポンジのようなものが映っているのですが、それは誰が
いつそこに置いたのでしょう?
記事を書いた人でなければ、給湯器に近づいた人がほかにもいるということですが。
うちも大阪ガスサービスショップの点検を受けましたが、名刺以外にも大阪ガスの「あんしんガイド」というパンフなどももらいましたよ。
パンフの裏には大きく大阪ガスの事業所のサービスダイヤルが書かれているのですが、GIGAZIN氏の家では受け取らなかったのでしょうか?
名刺しかないなら、名刺の電話番号にかけるかもしれませんが、サービスショップや事業所の電話番号を書いたものが手元にあれば、そちらにかける人もいるわけで、わざと破損させ名刺を置いていくという手段は個人のノルマ達成には
あまり有効ではないですね。
Posted by けら at 2008年08月29日 14:30
はじめまして。
某都市ガス系列のLPガス会社員だった者です(現在は退職)。

>>ガス業界の人間が、コードの損傷のような火事につながる瑕疵を見逃すことはありません。
>>なぜなら、「火事が起こった時点でその家はオール電化になるから」です。(特にLPガスエリア)
>これ、というのはちょっと弱い様に思った。短絡的な人というのはどこの業界にもいるし、1が2になったから次は3、という見通しを立てない人だってたまにいる。

私の経験ではほぼ100%火事後再建の家=オール電化です。
ガスは本当に信用がありません。自分の経験では「ガス=危ない=次は電化」と考えているお客様が過半数です。
火事後もガスなんていう人は「大家族で電気じゃおっつかない」とか「ガスでないと料理がまずいから」などそれなりの事情がある人だけでしょう。

あと、ガスは都市ガスだろうとLPだろうと需要家数(お客様の数)が1軒増減するだけで一喜一憂するぐらい敏感です。こういうことをするサービスショップは簡単に契約を打ち切られます。
火事なんか起こされた日には一体何百軒他社にされるか電化にされるかわかったモノではありません。小さなLPガス業者なら即廃業、都市ガスでも売り上げに深刻なダメージが来ます。おまけにガス原因の火事でけが人や死者が出たらサービスマン・サービスショップの責任者・経営者の3人以上が業務用過失致傷か致死で警察に連れてかれます。そんな事ガス関係者は痛いほどわかっているはずなので見逃すことはないと断言できます。

Posted by そとみちますた at 2008年08月30日 04:18
>けらさん
>なぜ伏せるのか?
おっしゃっている疑問点はどれももっともだと思いますし、私も引っかかります。
ただ、それがイコール「GIGAZINEさんの記事はウソだ、妄想だ」ということには繋がらないとは、思います。もうちょっとクリアにして欲しいなあとも思いますが。


>そとみちますたさん
>そんな事ガス関係者は痛いほどわかっているはずなので見逃すことはないと断言できます。

どんな人間集団にも、「そんなことをしたら確実に逮捕されるじゃん」とか「そんなことをしたら悪影響が出るに決まってるじゃん」といった、普通に考えると分かりきったことを何故かやってしまう人がコンマ何パーセントかは含まれている気がするんですが、ガス業界にはそんな人は一人たりともいないでしょうか。人間が1万人いたら、一人二人は「普通の人と思考回路が違う人」がいる様に思いますが。

情報提供はありがとうございます。勉強になります。
Posted by しんざき at 2008年08月30日 08:21
おはようございます。
ここで電源コードとパイプの外装について
検証されています。
http://anond.hatelabo.jp/20080828235807
私も建設関係者に聞いたところ、パイプ用断熱材は元々切れ込みがはいっているものだそうです。
この検証結果が合理的で妥当だと思います。
最初からカッターナイフで切った人などいないのなら、大阪ガスや消防署などの対応が不明瞭だったのもうなずけますねw
Posted by けら at 2008年08月30日 08:52
>点検日時と破損の発見日時を公表していないのは
>おかしいですよね。どちらもわかっているのに、
>なぜ伏せるのか?
事故が起きたのはGIGAZINさんの編集さんの「ご実家」。日時をはっきりさせれば個人の特定がある程度容易になります。そりゃ、いくら編集さんでも嫌でしょう。
自分が編集で実家でこの事故が起きたとき、何処まで公表できるか想像してみて下さい。
Posted by アプロ at 2008年08月30日 16:11
アプロさん>
それはおかしいですね。
自分の実家を隠すためなら、他人を犯人だと断定しているのに、日時すら書かない、証拠も根拠も出さなくて良いのですか?
ではここで私が「アプロが犯人だ」とぶちあげてもいいわけですよね?日時も証拠もいらないのだから、アプロが***した!と物が壊れた画像をつけて流しても良いことになりますねぇ。
それにGIGAZINは文中で検査から発見まで2ヶ月経過していることを書いてしまっているのですよ。それなら日時を隠す必要はないはず。
この検証サイトをご覧になってください。
GIGAZINが「被害」だと主張している事象がただの自然による劣化である可能性のほうが
高いのです。
「被害」でなく、カッターナイフで切った犯人もいない、だから日時もロクな証拠も出せないと
いうことじゃないですかね。
http://anond.hatelabo.jp/20080828235807
Posted by けら at 2008年08月31日 10:15
アプロさん>
>自分が編集で実家でこの事故が起きたとき、
>何処まで公表できるか想像してみて下さい。
ふーん、最初から公表が目的だとお考えですか。
この事象自体、公表する必要がどこにあるのか、教えていただきたいですねー。
電源コードがちぎれかけてました、水道管の外装から切れ目が見えました、ただそれだけのことでしょう?
人の仕業だと思うなら、犯人は検査員だ!と大騒ぎして記事にする前に、警察に行くべきだったと
思いますけどねw
Posted by けら at 2008年08月31日 11:17
>GIGAZINさんの編集さんの「ご実家」。
どうして編集さんだとわかんの?
GIGAZINの中の人?
Posted by at 2008年08月31日 16:32
>けら
なぜGIGAZINE本体へ言わないの?バカなの?
Posted by at 2008年08月31日 22:01
GIGAZINE上じゃコメント書き込めないから、
こっちで業者が必死で弁解してるのが笑えるぅ!
GIGAZINEの記事に対して細かいこと突っ込むのは良いけど、
犯罪の片棒担いでる風に思われるから、
やめた方がいいよ。

見守るのが一番。

まぁ、盛り上がって、TVとか、取り上げられるようになるのが、
解決の早道かも知れないけど。
Posted by うふふ at 2008年09月01日 14:16
管理人置いてけぼり感が楽しいです。
ギガジンさんからは続報が来てますね。なんか記述がぼやっとしていた理由については納得。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080901_osaka_gas_service2/

他はまた書きます。
Posted by しんざき at 2008年09月01日 14:31
業者乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

9/1記事が更新されて被害届けが受理された件が掲載されています。続きが気になる方はご覧になってみては。
Posted by 名無し at 2008年09月01日 14:35
はははー被害届受理されてねーじゃんwww
GIGAZINE、理由は「被害」じゃないからだよ。
Posted by at 2008年09月02日 00:23
GIGAZINEの記事は確かにかなり偏ってはいると思う。
大阪ガスサビ以外にも出来うる事だろう、と言う考えが欠如してしまってるし、憶測が先だってい過ぎる。

けど、ハテナのガスサビ屋の方の話も自己の思い込み先行で説得力が無い。
まぁ、突然犯人扱いで大阪ガスサビ丸々悪者扱いされたから、それも仕方ないのかもしれないが

>売り上げを稼ぐことができるのも、その家がガスである場合に限られます。
>火事が起こった時点でその家はオール電化になるからです
>火事の危険を押してコードを破壊する動機がありません。
>(大抵コードの破損はコードの交換で済んでしまいます。たいした金額になりません)

と言ってるが、売り上げノルマがあって解雇や減俸が迫っていたとすれば?
何も無ければ売り上げを稼ぐ事も出来ないですよね。
火事を起こさない自信があったとすれば?(前にもやっていて大丈夫だったとか)
コードの破損でコードを交換後、機器にも異常がありますって言えば素人にはわかりませんよね?

機器を丸ごと交換すれば大きな売り上げですよね?
自分の会社の人間だからといって、そんな事する人間は居ないってw
全社員の名前と性格等を把握されてるのでしょうか?


後、けらさんの出されたハテナ検証も

断熱材のテープと点検からの経過期間については正しいかもしれないですが、
コードについてはカッターではないとしか言ってませんので、ニッパーとかでしょ。
自然にあの様に切れるコードだったら、そんな欠陥品を採用している大阪ガスに問題ありでしょうし、
耐久年数を過ぎているなら、点検しながら交換を申し出ないサビセンの落ち度です。


全ての話が憶測だらけで・・・私も含めて^^;
ただ、GIGAZINEは
【大阪ガスサービスショップを家の中に入れてはいけない】
ではなく
【電気やガスの点検員が来たら、必ず立ち会おう!】という位のタイトルを付けるべきですね。
怒りに任せて書いた感が丸出しで、ちょっと・・・w

あ、そうそう ガスサビ屋さんの

>あと「大阪ガスでは無くサービスショップの人間が大阪ガスのマークをつけて訪問する」ことを問題視されていらっしゃいますが、これに関してはあまり問題ないと思ってます。

これは世間一般では、かなり問題視される行為ですよね
何かあった時に、責任は取れないけどうちの看板は背負わせてますって・・・
アホですかと言われますよ。
Posted by タウリン at 2008年09月02日 12:19
ガスに対する危機感はものすごく持っていると思うけど。
ある程度責任を持たされている層ならともかく、下っ端にはそんな意識ない人間結構いるけどね。
会社が大きくなれば大きくなるほど、全体ではなく自分の関わる部分だけで判断する奴も出てくるし。

大体サービスマンはガスの供給する立場の者じゃないんだろ、機器のメンテをする会社だと読んでいたのだが、その会社の者が自社の利益ではなくガス供給会社の利益を考えて行動していると仮定しなければならない理由が見えない。
文章から給湯器の破損=メンテ先の減少が成り立つかはただの先入観でしかないし。

ある程度大きな会社が、下請けに頼んでいる会社に自分の会社の名詞持たせていることは結構ある。後パートの営業員にもね。
其の会社だと正社員も派遣もパートも社員ですって言うな。
その方が通りがいいからだろうけど、おかしいと思う。
Posted by 大阪ではないガス屋 at 2008年09月02日 22:22
重罪を犯してまでやるメリットが
さっぱりみあたりません。
Posted by がうがう at 2008年09月06日 17:05
ま、実家の母も、テレビのリモコンがおかしくなって、近くの電気屋呼んだら、その電気屋の次男坊がきて、リモコンを新しいのに交換させられた(テレビの購入も強く言われたがそれにはのらなかった)。でもすぐにまた同じ問題が起きて、電気屋にリモコンを持っていったら、長男が「あ、これ電池切れです」と電池交換してくれてあっという間になおちゃった。ということがあったけど。ま、せいぜいこのくらいのレベルであって、命に関わるようなことまではしないと信じたい。
Posted by がうがう at 2008年09月06日 17:14
そもそも、給湯器の電源がちぎれたくらいじゃ火災は起こらないと思う、というか起きちゃいけないんじゃないかと。
屋外に設置することを考慮した物なので、給湯器メーカも当然そのくらいの対策はしているでしょう。
そういう前提であれば、この手口は結構お気楽に使えてしまうのでは?
Posted by どんちゃん at 2008年09月11日 15:20
うちのケースですが、大阪ガスサービスショップに縁あって介護保険を使って手摺の設置を依頼しました。出入りのサービスショップ担当者に声をかけ、サービスショップの福祉住環境コーディネーターが見積もりしてくれました。ケアマネージャーにもコーディネーターが電話連絡してくれ、ケアマネージャーも信用して、意見書をサービスショップに送ってくれました。その後コーディネーターが役所に出す申請書に印鑑をもらいにきました。捺印するときに、施工事業者の欄が、空白になっていましたが、意見書(個人情報)も送っているので、よもやそこにサ−ビスショップと違う業者名が書かれて、役所にだされてしまうなんて思いませんでした。後から手摺がぐらついてきたのでサービスショップに連絡しましたが、コーディネーターの言っていることが、おかしいのと最初に声をかけた出入りの担当者が、退社していたことが発覚し、役所に情報開示してもらいいろんな事がわかってきました。この件について、また続きを書ければとおもっています。
Posted by ガスが好き at 2008年10月08日 22:51
>ガスが好きさん
続報を期待しております。
Posted by しんざき at 2008年10月09日 17:29
役所で申請書類を見て、申請書のまず施工事業者の欄が違う業者の名称に、見積書はサービスショップの福祉住環境コーディネーターがくれた見積書と部品の機種数量取付工事費まで全く同じ要するに合計金額も円単位まで同じ、でも違う業者の名称が入っていました。階段の工事計画書には、補助板(梁)を取り付けた後に手摺を取付けと書かれていましたが、見積書には階段部分の補助板の部品は計上されておらず、実際は階段手摺に補助板は設置されていません。ぐらついてきた原因は、十中八九この梁が入っていないことでしょう。領収書のコピーも提出されており原本照合済のゴム印が押されてます。私の母が介護保険被保険者なので、母が支払いしました。私の兄が家にいたので私は立ち会いませんでしたが、支払いして領収書を母が受け取っているのを台所越しに見えたそうですが、領収書を確認してあげなかったそうです。母は領収書はちょっといるからと、持って行かれてそれっきり返してもらってない。領収書の内容はちゃんと見ていないので違う業者になっていたかどうかも判らないとのこと。集金もサービスショップのコーディネーターが来ていました(兄がいたので)が、この一点だけは、サービスショップ側は、コーディネーターは集金時いたが、あくまで、申請書に記載されている業者の代表者が集金してます、向こうの代表者とうちの担当コーディネーターは顔が似てるんですとかいってます。介護保険の担当ケアマネージャーは大阪ガスサービスショップから、意見書をおくるにあたり、見積書(大阪ガスサービスショップの名称と担当福祉住環境コーディネーターの名字入り)と工事計画書をFAXで先に送ってもらっており見せて頂けました。申請書に記載されている施工事業者は、最初に声をかけた出入りのあったサービスショップの社員がサービスショップの社員でありながら、副業で席をおいている業者であることもわかりました。おまけにその業者はサービショップと過去に取引があったそうでサービスショップのこの件の窓口になってくれている担当者の上司と業者の代表者は面識ありだそうです。長々書かせていただきました。今日はこの位でいったんしめさせて頂きたいと思います。この件どこまで争うか私自身はっきりと落としどころを見いだせていない状況です。
Posted by ガスが好き at 2008年10月23日 22:47
サービスショップの担当上司は、うちは見積もりをしただけと最初は取り合ってもらえませんでした。(実は住宅改修の契約書を交わしてなかったのです)
これは、サービスショップだけとやりとりしていても解決しないかもと大阪ガスのショールームに行って事情を説明してみました。
(サービスショップに頼んで工事してもらったのに、違う会社が工事したことになっていて、階段の手摺がぐらついているのになおしてもらえなくて困っている)
この件は、大阪ガス本社に必ず報告しますと確約してくれました。
ショールームの方は「どちらがやったかはともかく お年寄りが使う階段の手摺がぐらついているのはとても危険です 修理しなければいけません」との事。

次の日サービスショップから電話があり、大阪ガスショールームに相談したのが効いたようで修理にむけて前向きな態度にかわっていきました。

そういえば、工事当日朝一番サービスショップのコーディネーターが家に来て「もうすぐ来ますので」といってすぐ帰りました。30分程して「おはようございます」とあいさつして2人入ってきて工事やってたけど、あの2人 名乗ってなかったし、名刺もおいていかなかった。申請書類の中に、工事前と工事後の写真があったけど工事前の写真はコーディネーターが、手摺を設置するところの写真を撮らせてくださいと言って私の目の前で、撮ってました。工事後の写真もサービスショップの人が撮ってたよと兄が言ってます。おまけに、この家は兄名義になっておりコーディネーターが持ってきた住宅改修承諾書に兄は署名捺印しています。ただ、日付の欄だけは空白です。私の方は、申請書に捺印するとき日付を書き込もうとしたのですが、コーディネーターに日付は書かないでくださいと止められ空白のまま。申請書は
介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書というものです 20万円限度1割負担で助成金を支給するというもの
申請者、被保険者は母ですが、受領者という欄があり下記注意欄に受領委任をしない場合は、上記受領者欄の記入は不要です。とあります。私が捺印(母の目の前で)してあげたときその欄も空白だったにもかかわらず役所に出される前に記入されてだされていることに私はものすごく憤りがわきました。
Posted by ガスが好き at 2008年10月25日 12:06
すみません 最後言葉が少し足りませんでした。
受領者が後から記入されていた件ですが、もちろんあの業者と代表者の名前が入っています。
Posted by ガスが好き at 2008年10月25日 20:10
>ガスが好きさん
情報ありがとうございます。参考になります。

ただ、現状ここのコメント欄に書いて頂いても多分それ程多くの人の目には触れないと思います。折角長文で書いて頂いた内容がもったいないので、ご自分のブログか、あるいははてな匿名ダイアリー辺りで書いて頂くのはいかがでしょうか。
Posted by しんざき at 2008年10月25日 20:25
>しんざきさん
コメントありがとうございます。
書き込みすること自体初めてのことで
ここにこのような書き込みをするのはマナー違反
なんじゃないかとよくよく考えると思いました。
ここを利用されている皆様すみませんでした。
ブログはやったことがありません。やりかたもわかりません。
ご迷惑をおかけしているようでしたら、管理人様どうぞ早急に削除してください。よろしくお願い致します。
Posted by ガスガ好き at 2008年10月25日 22:48
>ガスガ好きさん
あー、別に迷惑ではありませんし、特にマナー違反でもないと思います。管理人はてきとーな人間なのであまり細かいことは気にしません。

ただ、折角書いて頂いた情報がここだけにしか表示されていないと勿体無いなーと思った次第であります。
Posted by しんざき at 2008年10月26日 08:33
了解しました。ありがとうございました。
書けるかどうかわかりませんが、はてな匿名ダイアリー どういうものか、のぞいてみます。
Posted by ガスが好き at 2008年10月26日 22:57
私が同じ立場なら、例え目撃しても証拠写真でもない限りは黙って修理して貰いますがねえ
もちろん費用は私の負担で
それが社会人としての常識というものでしょう
第三者が一目で分かるような証拠もないのなら疑う事さえ失礼だと思います
Posted by 通りすがり at 2008年12月13日 04:13
GIGAZINE「2008年の全記事アクセスランキングトップ10」から色々たどって、ここへたどり着きました。

ギガジンとこちらのコメントを読んで、子供のころに我が家があった消防がらみの庶民向け詐欺を思い出しました。

小学校高学年だった兄と齢80の祖母(娘である母のところへ遊びに来ていた)が留守番中に起きたことでした。

詐欺行為が明らかになった後、背中を小さくして、母に「ごめんね、ごめんね」と誤り続ける祖母と、泣いていた兄の姿は、今でも忘れられません。

警察は「勘違いした方が不注意」と取り合ってくれませんでした。

8月末のネタに今さらな上に、大阪ガスとは何も関係ない書き込みでスミマセン。
Posted by 通りすがり2人目 at 2009年01月01日 05:17
GIGAZINEさんの記事を読み、こちらも読ませていただきました。
13年間という短い間でしたが、在籍した会社で愛着があるので辛いという気持ちが大きいです。

私がいた頃もサービスショップとお客様とのトラブルはありました。
トラブルがあると、大阪ガスの社員がお客様の所へ出向いて再度の修理を行っていました。
それから、サービスショップの社員は入れ替わりが多かったように思います。
割とすぐに退社する人が多かったように記憶しています。

それから、大阪ガスはオール電化への危機感は持っていました。
今はたぶん、もっと大きくなっていると思います。
サービスショップの社員が、どう感じているかは分かりません。
大阪ガス自体はオール電化に対しての危機感は持っていました。

良い対応をしたケースが増えてくれることを、元女子社員として願っております。
Posted by 元大阪ガス女子社員 at 2013年06月30日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック