2008年12月05日

携帯ゲーム機がシンクライアント化するという未来はくるのだろうか。

【ゲーム×コンボ】ニンテンドーDSiマジコンが登場!
『ニンテンドーDSi』では、数種類あるマジコンが一切使えなくなっており任天堂は完璧な対応をしているのだ。マジコンのせいでゲームソフトが売れなくなるという危機を食い止めようという対策なのだ。
これで完璧かと思われた『ニンテンドーDSi』に早速対応したマジコンが登場。
ただし『ニンテンドーDSi』はネットワークによるファームウェアバージョンアップができるため、このようなマジコンにもすばやく対策ができる。まさに“いたちごっこ”である。
なんかこういうの見てると、端末固有のIDだけがちがちに暗号化しちゃって、ゲーム供給は全て配信で行うとか、最終的には端末はそれこそ表示系と入力系だけにしてゲームは全てクラサバ、とかやらないとどうにもならないんでないかとか思ってしまう訳だが。

そこまでやらないにしても、端末固有IDによるゲーム開始時の正規認証とか、それくらいはやってもバチがあたらない様な気がするけどなあ。とりあえず、通信環境は今より整備しないと難しいか。


ゲームメーカーにちゃんとお金が落ちる仕組みは非常に重要だろうと思うので、この辺についてはまたつらつらと考えてみる。
posted by しんざき at 18:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PSPやPS3のネット配信では割と近いことやってますね。
ゆうなま2など、ダウンロード販売のソフトを何本か買ってみたのですが、Playstation Network のアカウントとPSPの端末情報を紐付けて管理してるみたいで、単純コピーしてもネット経由で認証登録してないPSP上では起動しません。PS3は1台しか持ってないですがw、たぶん同じ仕組みかと。

そのうち端末IDや紐付け情報を偽装するhackなんかが出てきそうですが。。
Posted by いつどこ名無し at 2008年12月07日 01:11
>いつどこ名無しさん
ネット接続が前提となる遊び方なら、当然考えられることですよね。

>そのうち端末IDや紐付け情報を偽装するhackなんかが出てきそうですが。。

携帯電話をクラックすることはなかなか難しいらしいですし、その点は何か方法があるんじゃないかと思います。
Posted by しんざき at 2008年12月09日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック