2008年12月11日

誤読に関する誰かの言葉。

誤読されてるって、君の記事が?


・・・あー。レスポンスが返ってきたはいいが、君が意図した内容と全然違ったってか。

それどころか全然違うテーマの話を始められたって?あはは。


誤読かあ。そうかも知れないけど、多分そうじゃないと思う。君の言いたいことは言いたいことでちゃんと伝わってると思うよ。何言ってるのか分からない記事って、そもそもあんまり反応返ってこないから。

読んでる人は、ちゃんと君の記事から「読みたいこと」や「反応したいこと」を拾い上げてるんだよ。ただ、それが君の「言いたいこと」とピタっと重なる保証はどこにもないってこと。

回りくどいか。

なんていうんだろうな。君の言いたいことを100%拾って、それに沿って考えなくちゃいけないなんてルールはどこにもないっていうか。

イヤな言い方になるかも知れないけど、君の言いたいことは、別に読む人が読みたいことじゃないんだ。

読む人が読みたいことっていうのは大体の場合既にあってさ。君の記事がトリガーになって、「読みたいこと」が刺激される、っていうことの方がむしろ多いと思うんだ。で、その人の言葉は、当然「その人が読みたかったこと」をスタート地点にして展開される。君の言葉はスタートラインになれるかも知れないけれど、線路にはなれない。いや、まあ、なれることは滅多にない。


勝手?まあ、勝手っちゃ勝手かも。

自分が言いたいことがほっぽり出されて、全然違う話が盛り上がり出したら、「誤読するなー!」って口を挟みたくなる。気持ちは分かる。


でも、なんだろうな。それってそんなにいけないことかな。

新聞でも雑誌でも読書感想文でも、多分それって大体同じだよね。

ちょっとレベルが違う話かも知れないけど、飲み会でもなんでもさ、話から話にコロコロ転がっていくのが面白い場ってあるじゃない。一つのテーマに集中して考えなくちゃいけないこともあるかも知れないけど、大体の場合、Webって会議場よりは飲み会会場に近いと思うんだよね。

君の言葉は、確かに君の言葉だけど、Webに挙がった時点でWebのテキスト、Webの構成要素にもなる。まあ、手を離れる、っていうのかな。それがころころ、色んな人の考えを煽って回ったら、それはむしろ面白いことなんじゃないかなあ。


え、いや。別に「文句を言わずに黙って見守れ」って言ってるわけじゃないよ。君に文句があるなら、私、読みたいし。それ。


「いいたいことはこうなんだ」って何度言ってもいいと思うし、誤読されたと思ったら正していいと思う。誤読に基づいて批判されたら、全力でカウンターパンチをしてもいいと思う。ただ、「分かってもらえない」って嘆く必要は全然ないと思うんだ。


読む人を信じてもいいと思うよ。多分、結構、伝わってるよ。


そんだけなんだ。
posted by しんざき at 16:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
人は聞きたい話を聞く。見たいものを見るのと同じように。そんなことを考えてたら文章を書いてられないなあ。

結局のところ、世界が自分に合わせることは無く、自分が世界に適合していくしかない、という問題がミクロで発現した例なのかな。馬鹿を相手に文章を書いていると馬鹿らしくなるけど、それは文字通りにそういうものなのだと思う。

あと、新年会は行くの難しそうだ。すまぬ。
Posted by g3 at 2008年12月11日 23:56
いつも拝見させてもらっています。
今回の話、なんというか、
漫画やアニメの本編よりも、キャラクターやギミックに注目して
二次創作をする人たちを思い浮かべました。

概念モデルとユーザーモデルは、一致しないことの方が普通ですよね…。
Posted by at 2008年12月12日 17:40
>g3閣下
>結局のところ、世界が自分に合わせることは無く、自分が世界に適合していくしかない、という問題がミクロで発現した例なのかな。

世界に対して働きかけることは出来るけど、世界はなかなか自分に答えてくれない、という当然のことでもあるのかも。まあいちいち気にしませんが。

新年会了解。また東京来た時にのもー。

>名無しさん
>漫画やアニメの本編よりも、キャラクターやギミックに注目して
二次創作をする人たちを思い浮かべました。

二次創作に対する作家さんの考え、っていうのは本当に各者各様で面白いですよね。
また書いてみます。
Posted by しんざき at 2008年12月14日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック