2009年04月01日

「笑い声」という演出の傲慢。

よく言われることなのかも知れないが、バラエティ番組の背景音として流される「笑い声」は、番組制作者が視聴者及び出演者を信頼していないということの一つの端的な例である様に思った。

背景音として笑い声を挿入するということは、「笑うポイント」というものを明示するということである。視聴者に「ここは笑うところですよ」という点を伝え、誘導する。音声による笑いの雰囲気作り。いや、効果的な演出といえばその通りなのだが。

意地の悪い見方をすれば、これには二つの意味が含まれる。

・笑うポイントを明示する必要がある→笑うポイントを読解出来ない視聴者が大多数である、と製作者が判断しているという意味。

・笑うポイントを明示する必要がある→出演者の技量では、音声抜きでの笑いを引き出すことは出来ないであろうと製作者が判断している、という意味。

正直、あまりいい印象がない。製作者には、演出抜きでも笑わせてやるという自信、あるいは演出抜きでも笑ってくれるだろうという信頼が欠如しているのではなかろうか。

私はそっち方面にあまり詳しくはないが、サイレント映画やサイレント漫画というものは、作る側にとっても視聴する側にとってもすっげえ難しいものであるらしい。サイレントものが名作である為には、製作者と視聴者の間に、「伝える」ということに対する高度な協調が必要だ。

そこから考えると、今のテレビ業界には、サイレントもの名作の境地を目指すということこそ必要なのではあるまいか。


結局何を言いたいかと言うと。

・チャップリンすげえ。
・トーキー前の時代の映画は何本かしか見てないが、そういえばなんとなく8ビット時代のゲーム作りの情熱と同じ様なものを感じた。制限されるが故のエネルギー、って結構大きいんじゃないかなあ。
・ヒッチコックいいですよねー。この場合サイレント関係ないけど。けど考えてみれば、農夫の妻とかミュートで観てみれば同じなのかも知んない。

なんかそんな感じです。

posted by しんざき at 23:54 | Comment(12) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
人が笑っているとつられて笑いやすい、という効果を安易に利用しているだけな気がします。

私も基本的にいい印象はないですが、演出としては進化なのかなあ、とも思わなくもないです。
Posted by しょうた at 2009年04月02日 07:14
初めまして。

楽しく拝見させて頂いております。

笑い声による誘導は、過剰なテロップもそうなのですか、頭のお悪い方にも番組を楽しんで貰おうという弱者救済の意味が強いと思います。

みんなで観られるバリアフリーなお笑い。

そう考えるとあまり不快に思わず観られると思います。

私は無理ですが。
Posted by 通りすがりの吉岡と申します at 2009年04月02日 20:31

テロップもそうなのですか→テロップもそうなのですが

でした。

携帯からで失礼しました。
Posted by 通りすがりの割にはストーカーの様にblogを監視している吉岡 at 2009年04月02日 20:51
http://www.heartlogic.jp/archives/2008/05/post_488.html
『録音笑いがあるとテレビの視聴時間が伸び、満足度も高まるというデータがあるとしている。この録音笑いは「社会的証明」の代表的なものである。』

人間の本能を利用した方法。以下の動画を見ていると笑いが出てきませんか。
http://www.youtube.com/watch?v=_Ha-ZrUPJ_E
http://toraqta.blog83.fc2.com/blog-entry-2865.html
Posted by at 2009年04月02日 21:42
もともとは、アメリカのシットコムで使われた
手法ですから相当歴史があります。
Posted by 完全防水 at 2009年04月02日 23:33
はっきり言うと今の日本のお笑いて何が面白いのかサッパリわからん。
笑い声誘導なしでホントに笑える芸持った人間がどれだけいるのか疑問だ。
Posted by at 2009年04月03日 11:31
じゃあみなきゃいいのにとおもいます
いまどきてれびなんて
こんあところでいってもしゃあないけど

Posted by at 2009年04月03日 12:31
演出の力で笑わせるってのも悪いことじゃない気が。ケースバイケースでしょうが。
個人的には笑い声が追加されてる番組が普通のことになってるので、改めて快不快を感じることは稀です。
Posted by ドルチェ at 2009年04月03日 14:44
笑い声のSEって邪魔でしかない。
本当に面白い場合、笑い声に気が回ってシラける
場合がある。
マジでウザイ。
Posted by at 2009年04月04日 19:05
笑い声のSEって邪魔でしかない。
本当に面白い場合、笑い声に気が回ってシラける
場合がある。
マジでウザイ。
Posted by おうと at 2009年04月04日 19:05
録音笑いを好意的に捉える人はそうはいません。
これはこの手法の発祥地であるアメリカでも同じこと。
それなのに何故不評なはずのこの手法が未だに使い続けられるかというと、単純に効果があるからです。
どれだけ個人が不快感を表明してみても、総合的に見て効果があるならそりゃあ使い続けるわな、という話。
人間は意外と入力に対して機械的に反応してしまうものです。
Posted by at 2009年04月06日 23:19
「笑い声」の是非みたいな流れになってるけど、制作者の意識の問題を言ってるんじゃないんですか?

個人的には制作者の意識以前に、テレビ局の視聴率至上主義の結果なんだろうな、と思いますが。
Posted by sage at 2009年04月11日 03:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック