2009年04月09日

レトロゲームでよく見かける現実では使わない言葉:ネタ元編 その2

ということで残り書くぜ!

・「PUSH START.」

スタートボタンを押せ。特にアーケード界隈ではありとあらゆる色んなゲームで見かけるが、初出は多分アタリゲーなんじゃないかなあ。なんとなくだけど。

・「ワシは宇宙の帝王ザカリテ」

シルフィード。ワシじゃなくて私だったっけ?「喋る」というただその一点のみにおいてゲーム業界の歴史に残った言葉。
類語として「ぞんびはんたーっ!」がある。嘘だが。

・「たわむれは終わりじゃ」

源平討魔伝。一応ラスボスたる頼朝の台詞なのだが、当該出現シーンはどう見ても遊んでいる(主に開発者が)。
「殺してしんぜよう!」の義経さんの方がヤる気満々でかっこよかったと思います。

・「ながいたびが はじまる…」

スーパーモンキー大冒険。このゲームも理不尽度で有名になったが、実際のところ、これより理不尽なゲームは幾らでもある。有名になっただけマシな方じゃないかと思う。

・「おびただしい りゅうけつ!」

ヘラクレスの栄光。台詞的には、なんとなく「くびをはねられた!」の眷属の様な気がする。殺伐具合がいい味出してる。初代では「脱ドラクエ型」を標榜していたと思うが、IIは割と素でドラクエだった。IIIで盛り返した感じだったかな。

・「カメェェェッー!」

FF5よりエクスデスさん。FF系の悪役は、どういう訳か台詞回しというより奇声・怒声・笑い声などで記憶に残るものが多い。「ファファファ」とか「ウボァー」とか。

・「WARNING! A HUGE BATTLESHIP GOLDEN OGRE IS APPROACHING FAST!」

初出はダライアスだが、ゴールデンオーガはダラ外にしか出てこない。ボス前で演出される怒涛の緊張感。今更だが、ダライアスシリーズのボスネーミングをした人は本当に偉大だと思う。イカが「ネオンライトイリュージョン」というセンスに素で感動する。

・「エモノガイタゼ!」

ラストハルマゲドン。当時、私の中では女神転生(デジタルデビルストーリー)の眷属だった。

・「ヘルナンデスくんのおうごんのみぎうでだーっ!」

キャプテン翼にも同じ台詞があったかも知れないが、もってきたのは「ファミコンジャンプ」のラストバトルの方。この一言で北斗神拳伝承者が瀕死になる光景は、当時衝撃的だった。

・「殺してしんぜよう」

源平討魔伝より、義経さん。ここのBGMはつくづく素晴らしいと思う。

・「わたしのびぼうまではまねできなかったようね!」

ストIIのどれかでの春麗の勝ち台詞…の筈だ。これだけ記憶がはっきりしないまま書いた。もしかするとストIIではなくADKなりデコなりSNKなりのどれかだったかも知れない。
関係ないが、「同キャラ対戦というものを勝ち台詞でどう解決するか」ということに対するアプローチは、それだけで独立エントリーが書ける程深い。多分その内書く。

・「Continue?」

数限りないゲームで。あんまり関係ないが、「ゲームオーバー後もコイン投入によってゲームを続けることが出来る」という概念は、ゲームの歴史の中でも割と最近出来たものの筈だ。少なくともゲームセンターという業態が完全に確立してからじゃないだろうか。その内調べてみる。

・「PLEASE ARTHUR,COME BACK HERE WITH THE BRACELET AND RELEASE ME.YOU ARE MY ONLY HOPE.」

超魔界村。訳すと「もう一周して腕輪とってこいや」となる。プリンセスほっといて帰っちゃダメですか?

-------------------------------------------------------

以下はコメントやはてブから適当に抽出。テーマは「ぐぐらない」なので間違えたことも書いてるかも知れない。


・「ざんねん!! わたしのぼうけんはここで おわってしまった!!」

シャドウゲイト。これもなんか随分有名になってしまったが、個人的には「アキラ」の方が色々とひどいと思う。

・「アンキモ、アンキモ、アンキモ!」

美味しんぼ。上記のアキラもだが、この頃の原作つきAVGには、色々とトチ狂ったものが多い。孔雀王もなかなかのものだった記憶がある。

・「タフすぎて そんはない」

アタリのピットファイター。類語は残虐行為手当(違うかも知れない)。これをメガドライブで出したことに全ての意義があると思う。


・「アツイゼ  アツイゼェー  アツクテ  シヌゼェーッ!」

ブラッディウルフ。類語は「ナイフデ タノシモウゼェー!」デコゲーは全体的に、ゲームの本筋とは関係ないところで記憶に残っているタイトルが多いが、ゲーム自体も出色な出来のものが多かった。ブラッディウルフがそうであったかどうかは保証しないが。


・「ガムが ついたら くるがよい」

メタルマックス(多分初代)。「単に邪魔なだけ」のアイテムがRPGに出てくるというのも、当時は結構新鮮だったと思う。

・「いまのあんたが いちばん みにくいぜ」

サガ。あれ、サガIIだっけ?このシリーズは、主人公に設定がない割に印象的な台詞が多かった様な気がする。台詞回しのシンプルさというか、やや投げやりな感じは後のロマサガに通じている。

・「ミンナニハナイショダヨ」

ゼルダ。厳密には「ミンナニナイショダヨ」が正しい、らしい。ドアの修理代と対極にあるイベントである。


・「きみ いいからだしてるね ゲッターチームに はいらないか」

スーパーロボット大戦、多分GB版初代。類語は「いいわ いうとおりにする」(違うかも知れない)スパロボα辺りからしかやったことがない人が、GB版やったらどう思うんだろうか。ちょっと興味がある。

・「オレサマ オマエ マルカジリ」「コンゴトモヨロシク」

女神転生。後者はデジタルデビル物語の頃からあるが、前者の初出は大分後の筈だ。真II辺りだろうか。「マルカジリ」のインパクトがすばらしい。


・「all your base are belong to us」

ゼロウイング。実は深い意味があるんじゃないかとかんぐってしまうが、多分単純に英語が分からなかっただけなんだろうと思う。


大概長くなったのでこの辺で。
posted by しんざき at 13:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
超魔界村のをYahoo翻訳にかけたら

「ブレスレットでARTHUR,COME背中をここで喜ばせてください、そして、リリースME.YOUは私の唯一の望みです」

とまんまルー語になってしまいました。
けっこう精度良いはずなんですけどねえ。
Posted by 寿屋 at 2009年04月10日 13:01
『殺してでもうばいとる』も仲間に入れてください(笑)
Posted by バーニィ at 2009年04月10日 14:34
こんにちは。大変ご無沙汰しております。
私も超魔界村のをExite翻訳にかけたら

「アーサー、ブレスレットとRELEASEメイン州と共にここに戻ってください。あなたは私の唯一のホープです。」

と出ました。
Exiteは現在翻訳エンジンの精度を上げたと聞きましたが
あながち嘘ではないようです。

私はWizとメガテン用語が脳裏にこびりついてますf(^^;)
「コントラ デクストラ アベニュー」
とか。

それでは、失礼しました。
Posted by at 2009年04月12日 16:10
↑名前書き忘れました(´・ω・`)
Posted by USHIZO at 2009年04月12日 16:11
翻訳エンジンは、翻訳した内容をさらに元の言語に翻訳→また和訳って繰り返すともっとカオスなことになりますよ!なりますよ!
Posted by しんざき at 2009年04月14日 00:44
マピロマハマディロマト!
とか
勝っても負けてもドンドンドン
とかも思い出してあげてください・・・

再翻訳>
ニコ動でポケモンのモンスター名を再翻訳ってありましたねー。
Posted by napo at 2009年04月16日 04:25
>napoさん
そういえば全然関係ないんですが、某オンラインゲームでニポポラッサルという名前をみつけたんですが、ナポさんではないですよね?
Posted by しんざき at 2009年04月16日 12:28
「わたしのびぼうまではまねできなかったようね!」
↑サムライスピリッツ(1作目か2作目)のナコルルかもしれません
Posted by at 2009年04月16日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック