2009年12月12日

もしドラえもんが猫型ロボットではなく寿司屋の板前型ロボットだったら

・ひみつ道具を出す時の掛け声が「へい!まいど!」で統一される
・押入れから新鮮な魚と酢飯の匂いがする
・ひみつ道具のデザインは基本的に寿司
・「しょうがないなあのび太くんは」などが「しょうがねぇなあのび太くんは」などのべらんめぇ口調に統一される
・「ガリ」「ムラサキ」などの専門用語を若造が使うと機嫌が悪くなる
・武器系のひみつ道具が包丁に統一される
・SFの略が「Sukoshi Fushigi(すこし不思議)」ではなく「Sushi Futomaki」になる
・ひみつ道具はポケットから出すのではなく取り敢えず握る
・スモールライトだろうがどこでもドアだろうが握る
・とにかく握る
・あんまり関係ないけどドラえもんのひみつ道具はどの辺がひみつなんだ?製造過程か?
・意外と腕っ節が強く喧嘩っ早い側面もあるのでのでジャイアンを自前で打擲したりする
・ちなみにどこでもドアのデザインは巨大なホタテ貝
・ほんやくコンニャクは当然ほんやく寿司、暗記パンは暗記寿司になるが、使い方の都合上教科書や参考書が酢飯まみれになる



などの様々な弊害が発生するので、ドラえもんは猫型ロボットでよかったなあと思いました。


ちなみにこの思考実験は色々なパターンで可能で、例えば他にも

もしドラえもんが猫型ロボットではなく流浪の格闘家型ロボットだったら

・大体において自分より強いヤツに会いにいこうとする
・貧乏なので基本的にひみつ道具が買えない
・のび太の泣き言は基本的にブロッキングする
・ジャイアンやスネ夫の攻撃なども基本的にブロッキングする
・とにかくブロッキングする
・海底鬼岩城のポセイドンとかデマオン様とか、大体の長編では自前で真昇竜拳辺りで粉砕してしまう
・一方ネズミではなくクモを怖がる
・ヨガ使いに意外と弱い


とか、最初のケースよりちょっと困った感じになる。これは困る。


実際のところ、子供向けキャラクターが成功するかどうかの基準のひとつに「お絵かき歌で描きやすいかどうか」というものはあると思う。アンパンマンも然り、ドラえもんも然り、ミッフィーもキティちゃんも然りだ。

その点でタヌキというか猫的なデザインには極めて戦略的な眼目があるのではないかと私には思え、改めてドラえもんのキャラクター造形の見事さに感嘆することしきりである。


ちなみに、私がドラえもんを描くと「このドラえもん、絶対二人くらい殺してるよね」とかひどい誹謗を受けがちな残念なドラえもんになることが多い。おかしいな、美術の成績はそんなに悪くなかったんだが。

posted by しんざき at 22:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ナニゴトですかもっとやれwww

>・「しょうがないなあのび太くんは」などが「しょうがねぇなあのび太くんは」などのべらんめぇ口調に統一される

のぶ代で是非……。
Posted by Tat at 2009年12月13日 01:58
ビジュアルイメージが『ど根性ガエル』のウメさんなのは確定的に明らか。
Posted by さるたに at 2009年12月13日 02:29
色々噴いた。
オープニングソングは「スシ食いねェ!」でお願いします!
Posted by しょうた at 2009年12月14日 03:37
えと、マジレスは却下かな?(^^;)
ちなみに「ひみつ道具」の「ひみつ」は、軍事とか大人規模のビジネス方面でしょう。
マンガ「ぽこにゃん」原作をアニメ「ドラえもん」に使ったときなんですが、
「高価な石像をのび太たちに壊された。弁償して貰う。それがダメならドラえもんをよこせ!」という悪人に対して、石像を修理するための道具は使いませんでした。しかし真相がわかって逆襲するときには道具を使いまして。
Posted by てんてけ at 2009年12月14日 23:48
>tatさん
のぶ代さんが話すとどんな内容でもきちんとドラえもんになりますよね。人間国宝級。

>さるたにさん
場合によっては味っ子系の板前でも相談にのります。

>しょうたさん
>オープニングソングは「スシ食いねェ!」でお願いします!
監督に伝えておきます。

>てんてけさん
>「高価な石像をのび太たちに壊された。弁償して貰う。それがダメならドラえもんをよこせ!」という悪人に対して、石像を修理するための道具は使いませんでした。しかし真相がわかって逆襲するときには道具を使いまして。

ドラえもん意外と黒い。
Posted by しんざき at 2009年12月15日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック