2010年05月19日

今日のしんざきが中野ドミ会にいってきた件について・予選編。 10/05/19

いってきましたよ。

運営の皆さん、遊んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。大変楽しくドミれました。

なんだか過去最高に出来がよく、実力不相応な結果を残すことが出来ました。余りに実力不相応で、今書いておかないとこの先二度と自己顕示欲求を満たす機会がなくなりそうな気がしたので、レポートを書いてみます。長文なので折りたたむ。

午前中音楽の方の練習をした後、13時20分頃になかのZERO到着。ちらほらと見知った方が…と思ったら、なんか参加者の3分の1くらいは木曜ドミニオン会やゆるドミ会などでお会いしている方々でしたどうもありがとうございます。思わずキャベツ太郎を探してしまいました。

肩慣らしに1、2戦遊ばせて頂いた後、大会開始。今回は5回戦で、1位が6点、2位が3点、3位が1点、4位が0点という点数制です。
また、レポートの参考には@luckymanganさんのまとめ、及びさまざまなめりっとでのまとめを参考にさせて頂いております。

1戦目のサプライがこんな感じ。
堀、中庭、村、倉庫、金貸し、泥棒、巾着切り、公爵、前哨地、幽霊船
うわーー私公爵苦手なんだよなあ。

普通に見てとると、中庭ステロイド(アクションカードを1,2枚とって後はコインプレイ)、金貸しで軽圧縮をしながらコイン重視で回すプレイ、巾着切りステロイドあたりが目につく。あとは幽霊船も強そう。

最初は無難に金貸しで圧縮しつつ、どこかで幽霊船をとって回すかと思っていたら、自分の前の手番の方がなんと泥棒を選択。これはコインプレイにいけないと判断し、急遽村→巾着切り→巾着切りの仮想コインで5金を稼ぎ、公領と公爵をとっていくプレイに予定変更。掘・倉庫と幽霊船も組み合わせて、とにかく村重視で巾着切りを回していく。

途中までは上手く回ったのだが、掘で泥棒を防ぎつつ幽霊船プレイをした人に追いつかず、ぎりぎりの二位。公爵場苦手意識継続中!


2戦目のサプライはというと。
停泊所、木こり、漁村、見張り、民兵、共謀者、海の妖婆、鉱山、書庫、ハーレム
なるほど、今回は事前にサプライを主催者側で決定したということだったけど、色んなメタが回るようになってるなーと。ちなみに、すずめさんやはくしさんと同卓だった気がする。

書庫は民兵のメタカード。見張りは海の妖婆対策として最適。停泊所・漁村と共謀者で共謀者デッキというのも考えられる。後から@izmktrさんに教えて頂いて気付いたのだが、鉱山で銀貨をハーレムに変えるという戦略も可能だったみたいだ。

民兵がいるということは、常に手札は3枚になると考えなくてはいけない。となるとあまり銀貨を増やしても意味がない(銀貨金貨金貨にしないと属州に届かない為)。となるとドローと仮想コインは必須。

とはいえここは呪いをまいて周囲のお邪魔をするプレイが強いだろうと判断、初手は見張り→海の妖婆を選択。以降、適度に漁村と共謀者を混ぜて仮想コインを稼ぎつつ、呪いをまきながら8金を得るという戦略に進む。

結果から言うと、妖婆の競走相手が少なく、呪い撒き勝ちでなんとか一位。割とぎりぎりでした。

3戦目は、
手先、真珠採り、願いの井戸、大使、役人、男爵、銅細工師、市場、研究所、宝物庫
ここにきて@manameさんと同卓。対戦前、向かいの女性が「まなめさんってもしかしてあのまなめさんですか?」と質問をして、まなめさんが「ああ、はい」と言うと何故かいきなり笑い転げるという、大変ほほえましい展開を見られたのが最大の収穫でした。思わず隣の席で優しい笑顔を浮かべてしまいました。初手まなめさんにダメージ!

戦略としては、男爵ステロイド、大使圧縮、役人ステロイド、宝物庫固め、研究所固めあたりが目につく。素でやれば大使プレイに分があるかと思ったが、事前にizmktrさんが「まなめさんが攻撃カード使いまくり」とか話していたのを思い出し、今回もまなめさんが大使にいくのではないかと予想。屋敷が配られることを想定すると、男爵プレイの方が強いかも知れない。

そこで銀貨→男爵を選択。とれる時に研究所をとってドローを確保し、常時男爵で4金を出していくという戦略をとる。これが当たり、同点二人ながらもかろうじて手番勝ちの1位。まなめさんから屋敷を配られた分競り勝つという薄氷の1位でした。勝因はまなめさんのHPが開始前の展開で減っていたことですねきっと。

4戦目は
 灯台、抑留、大広間、貧民街、改築、偵察員、海賊船、島、商船、貴族
今度は、同じく攻撃カードだいすきっこの@pessoさんと同卓ですよ。

貧民街海賊船か、偵察員貴族大広間、あとは抑留をいれての改築プレイが目につく。商船ステロイドもありかな。おそらく属州が切れる前に、島、貴族、大広間あたりが切れて終わるだろうと予想。

今回、誰か一人でも改築プレイにいけば、抑留トークンが勝利点カードに乗るので偵察員は間に合わないだろうと予想。ここは敢えての貧民街海賊船を選択。早めに属州を買っての逃げ切り勝ちを狙い、最悪多少呪いをとっても海賊船パワーならなんとかなる!

予想通りというか、@pessoさんが抑留改築プレイを選択。海賊船に抑留トークンが乗るまでに、なんとか海賊船二枚と貧民街を確保成功。あとはひたすら海賊トークンを溜めまくる。

これがなんとか間に合い、最終的に属州の上にトークンが2つ乗るものの、かろうじて逃げ切り勝ち1位。もうお一人は偵察員プレイでした。


5戦目は
地下貯蔵庫、工房、執事、密輸人、鍛冶屋、祝宴、鉱山の村、魔女、改良、船着場
3戦目と同じくまなめさんが同卓。これは魔女と改良で殴り合いになるなーきっと。で、呪いとあと二山切れ、多分鉱山の村と公領辺りが切れるパターンだ。本来なら鍛冶屋ステロイドが安定なんだけど、呪いがばら撒かれるとちょっとしんどい。

初手は銀貨-祝宴を選択。祝宴は当然魔女に変える。あとは鉱山の村も混ぜつつ可能な時に改良をとり、ひたすら呪いを破棄しながら魔女をうつだけの簡単なお仕事。随所で鉱山を爆発させつつ属州確保を狙う。

なんとかかんとか属州を3枚確保することに成功し、またしても同点二人、手番差でのぎりぎり1位。今回はとにかく手番に助けられてます。

ということで、予選は2位、1位、1位、1位、1位という出来すぎの結果でした。この時点でゆるドミ会優勝経験2回の@re_neさんと同点の27点、決勝卓あとの二人は誰かなー?と思うと、前回優勝者にして木曜ドミ会の大将@retletさんと、ゆるドミ会優勝経験者@pittrapさんですよ。よしちょっと待とうか


なんか物凄く見慣れた風景というか、凄く頻繁にプレイした覚えのある方々と決勝卓を囲むことになったわけですけど、ちょっとこの面子でまともに勝ちにいける気がしないんですけど。決勝でしんざきがとった戦略とは…?!という辺りで以下次号。
posted by しんざき at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アナログゲームいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック