2005年01月18日

今頃になってNHK騒動について雑感。

・・・あ、今日はもう帰ってもいいんですか?(挨拶)

ということで、土日とは二週間くらい無縁な暮らしをしている新崎ですよこんばんは。なんかオレ、高校の頃から割とギリギリの仕事しかしてない様な気がする。土日連日休日出勤で日曜が徹夜ってのは一体どうなんだ。そんな感じで最近ちょっと更新が不定期ですよすいません。

NHK騒動について一言。もう散々あちこちのブログで書いてあるだろうし、私がデータの修正とかSQLの書き直しとかに明け暮れている間に完全に時期を失した感もあるので、あまり書くこともない。ただ、朝日新聞とか毎日新聞とかに「公正な報道を」などといわれると激しく違和感を覚えるというか、お前ら人のことは言えるんですかコラ、という感はぬぐえない。意見としてはその程度である。ただなんというか、敢えてネットの議論に違和感を申し上げるとするならば、割とこういう向きの意見が多い様に見受けられることである。

http://onoda.blog.ocn.ne.jp/ma1866/2005/01/post_25.html

「勇気ある告発者」。なるほど、そうなのかも知れない。ただ、日本では「内部告発者」という響きだけで無条件に「大企業と対決する勇気ある人物」というイメージングがなされる傾向がある様に思え、そこには慎重に構える必要があるだろう。「公正なマスコミ」の世界は案外様々な政治的思惑が跳梁跋扈している世界であり、そして彼らはイメージ作りの達人である。

別に誰がどうということではないが、新聞やテレビといった大手マスコミの人間には、時折「我々は民衆を導く先覚者である」的なちょっと気持ち悪い心理的傾向が見られることがある(特に政治部の人間に多い)。情報発信力というものは一種の権力であって、ぶっちゃけていうと「持っていると偉大な存在になった気がする」ツールである。しかし勿論そんなものは気のせいに過ぎないのであって、記事を書いたり脚本を書いているのは一人の人間であり、そこにはその人間の思想とか立場というものが割とばりばりと絡む。

各論になるが、今回のケース。問題のシーンそのものは確かに、政治的にニュートラルな立場で催眠術にかかりにくい人間が見れば「一体何事だこりゃ?」と思える様な儀式的なものがあったらしい。そして、そういうシーンを喜んで作る様な、あまり政治的にニュートラルではない人がNHKの上層部にいたという話も聞く(まだ裏を自分で確認した訳ではないが)。この辺、もうちょっと時間があればまた詳しく調べてみたいのだが、長井氏におかれましてはその辺りどういう立場だったのでしょうか、という疑問はちょっとだけ沸いてくる。タイミング的にも、まるでNHKの某会長みたいな人降ろしの時流にのった様な感はぬぐえない。
まあ徹底的に政治的ニュートラルを放棄している様に思える朝日新聞の安部氏叩きは物凄い勢いで空振りに終わった感があるが、NHKの「報道の公正」を槍玉にあげるとするならば、その辺のニュートラルでない人々にも脚光を浴びせてあげる必要があるだろう。
まあ、「マスコミって意外とあてにならねえ」という意識をまたしても多数の国民に印象付けたという意味では、今回の騒動も結構無駄ではなかったのではないか、というのが私の感想である。

ところで、先ほどの「情報発信力は一種の権力である」という話だが、ブログというものにも割とあてはまる話なのではないかと思う。まあうちみたいな零細ブログが「えらくなった」とか勘違い出来る日は200年くらいは来ないであろうが、ブログを書く側もその辺は神妙に構えたいものだ。
posted by しんざき at 08:04 | Comment(2) | TrackBack(1) | 無謀的世評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
「勇気ある告発者」としたのは、自分の経験からして、若干の皮肉を込めたつもりです。
現職の立場で政治介入と会社の体質を告発して、得るものは何かあるのか?と思ったからです。不正は許せない?正義漢ぶっているだけではないのか。家族が泣きそうな気もする。会見で流した涙の意味もよく解らない。要は、社内で自分の意見が通らない、腹いせでぶちまけた、そんな気もします。マスコミの問題はまた別問題です。
Posted by 髭星人 at 2005年01月18日 10:55
コメントありがとうございます。

>現職の立場で政治介入と会社の体質を告発して、
>得るものは何かあるのか?と思ったからです。
>不正は許せない?
おっしゃる通りですね。ただそれはそれとして、本当にこの告発の目的は「告発」だったのか、ということ自体にむしろ疑問をもっております。

疑問その一。
何故今ごろ、このタイミングでこの告発が出てくるのか?(番組内容変更に関する裁判は2004年に棄却済み)

疑問その二。
何故朝日と毎日だけが、タイミングを測った様に一斉に批判報道を始めるのか?(しかも勇み足で自爆)

疑問その三。
http://www1.jca.apc.org/vaww-net-japan/ vaww-netとやらの発起人の名前がNHKプロデューサーに見られるのは偶然か?また、vaww-netがこの番組の内容変更に関して以前NHKに対して裁判を起こしているが、この際このプロデューサーの関与はあったのか?

こんなところでしょうか。まあなんにせよ裏がとれている話ではないのでまだ疑問の形に留めておきますが。
しかし、仕掛けそこなった報道祭りほどしらけるものはありませんな。
Posted by しんざき at 2005年01月18日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

番組への政治介入の真実は
Excerpt: NHK番組への政治介入を告発したNHK職員長井さんと中川、安倍両議院が真っ向から
Weblog: 髭星人
Tracked: 2005-01-18 10:39