2005年01月27日

「今週、妻が浮気します」は二匹目のどじょうになり得るか。


「雅楽多blog」様より。

予想通りというか、二匹目のどじょうですか。当たんのかなあコレ。「生き方のコツ」系の本が当たった時も凄かったけど、楽に編集っつか制作が出来て目新しくてそれなりに売れそう、って条件からするとこれからしばらく後追いが続きそうですな。

電車男の方も、実は公称程は売れてないんだけどなにしろ新ジャンルだし今後もあるんでってことで、かなり水増し発表をして煽ってるって噂を業界の知人から聞いたのだが(まあある程度の水増しはデフォルトとはいえ)、どんなもんなのだろう。新ジャンルというか、確かに読者に定着すれば美味しい分野である。

「編集者の自殺」とぐっちさんはおっしゃっていて、それに関しては同感なのだが、まあ企画力と煽りだけで売っている本は別にこのテのものだけではなく、編集者が努力を放棄している様に見られる本も「電車男」を嚆矢とする訳でもないとは思う。言い方を変えると、「電車男」だけを見て編集者全般を非難するのはやや気が早い様に思える。編集者が仕事してない本は他にも世の中に山ほどある。単に、この本程タッチが新しくない為、注目度も低く売れ行きも悪く世間にバれていないだけの話だ。逆にいうと、編集者がこれだけ仕事をしていないのにそこそこ話題になったという意味では、「電車男」の存在にはそれなりの意味というか特殊性というか、煽りの上手さがあったと思う。

企業にしてみれば書籍も商品、要は売れたモン勝ちなのであって、実際現況を見れば「売れるジャンル」の希求には切実なものがあるのだろう。売れさえすれば編集側は文句を言われない。「ある編集者のノート」様がいみじくも書かれている通り、「売れる素材を探してくるのも編集者の仕事の内」であるのだ。

ジャンルとして確立されるかどうかは、言うまでもなく二冊目にかかっている。電車男の宣伝に釣られた人が、この本に手を出すかどうか、企業から見ればそこが勝負だ。編集者仕事しろボケ、と言うのはその結果を見定めてからでも遅くはあるまい。

ただ、この「浮気」の本が売れるかどうかと言われれば、個人的にはなんとも微妙な予感がする。
「電車男」は確かに話として面白いが、素材だけで勝負出来る程面白いか、と言うと実際のところそれ程でもない。様々な場所で指摘されているだろうとは思うが、あれは2ちゃんねるという場所の特殊さがあってこその話題性だ。人気が実際どれだけあったのかは知らないが、宣伝の方はそれこそ縦横無尽に「2ちゃんねる」という言葉を振りかざしていた。通常目に触れる機会がない場所での一種異様な盛り上がり方が、「電車男」の売れ行きの一助になっていたことは疑いあるまい。

そして、この「今週、妻が浮気します」の方にはその武器がない。この本が何かを武器とするならば、それは「電車男」という書籍の「残像」にならざるを得ない。他人の私生活に対する興味という素材に、ネットでのやり取りというスパイスがどこまで彩りを添えられるかが問題になるだろう。まあこの本が売れようが売れまいが、今後も出版界がこのジャンルを盛り上げようとするならばある程度の売上が発表される筈なので、個人的にはそこに注目したい。

そういえば書きながら思い出したのだが、以前はてなの規約改定で「ユーザーの著作物をはてなも利用することが出来、ユーザーはそれに対し対価を求めない」みたいな物凄い規約が盛り込まれて大騒ぎになった、という様な事件があった気がする。あれ結局どうなったんでしたっけ。このテの出版物発行の為の布石だったとしたら面白いですな。ブログ間抗争とかがいきなり出版されたりして。
posted by しんざき at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック