2010年12月16日

子育てにおける、漫画やゲームについての私の考え。

それ程時事ネタを受けての話ではなく、以前からの抱負のようなもの。時事ネタとは離れた文脈で読んで頂けると幸い。


私自身は、漫画だのゲームだのを散々摂取して今日まで来た訳だし、いかがわしい知識や創作物にも時には触れることもあったと思うし、その上で今、こうしている。

それなりには大量のコンテンツを吸収してきたと思うし、それなりにはまともに育ったと思うし、育ててもらったとも思う。そういう点については、私は自信を持っている。


だから、私は、その自信を元に、二つのことを信じている。


子供にはちゃんと判断力があり、何か大人が「いけないこと」だと考えていることに触れたとしても、きちんと判断して、時には自ら軌道修正をして育つことが可能だ、ということ。

親がきちんと接すれば、子供からコンテンツを隠蔽するようなことをしなくても、多分ちゃんと育ってくれるのだ、ということ。



私には大した意見はない。ただ、色んな創作物やゲームを食べて育ってきた人間として、何か創作物やゲームに対して恩返しが出来ることがあるかというと、自分の子供にどう接するか、ということに落ち着く気がする。

大人が教えたがらないことでも必要に応じてきちんと教えて、Webにも漫画にもゲームにも触れたいなら触れてもらって、ほら立派に育ちました、って人に言えるような子育てをしたい。そんな風に思っている。

色々な情報やコンテンツに、偏見なく、かつ敬意をもって接する人になってくれればいいなあ、と。

多分それが、Webやゲームや漫画を食って育った私から、Webやゲームや漫画へのささやかな恩返しになると思う。

posted by しんざき at 14:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子どもたち観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
私は、ゲームはやりませんがマンガでしたね。小学校低学年で「バイオレンス・ジャック」観てましたから、確か月刊マガジンかな…。私も創作物によって人間のモラル的なものが影響を受けるのは微々たるものだと思います。それより実生活から受ける影響の方が、ずっと大きい。
Posted by u23 at 2010年12月16日 18:11
何がどうなるとダメという外堀をしっかり教えた上でなら問題ないと思いますが人生ではやがて情報源が
家族<友人
になる事も多くなることでしょう。その時に周りの人と自分との間に決定的な違い(育ち方や考え方)があると困惑するのは当人です。
何がいけないことか理解できたとしても迷ってしまう年頃ならしっかりと導いてあげられる人が必要です。暴力や性の高揚に気が付く前にその危険性を刷り込むのは容易ではありません。
ま、このあたりはしんざきさんの腕の見せ所ですね。
Posted by クロマル at 2010年12月17日 07:31
昔、漫画家の島本和彦氏が作品の中で叫んでいた事を思い出します。
「アレがダメ、コレがダメと取り上げるのではなく、自分がいいと思ったものをバンバン買い与える。言わば親と子の感動バトルだ!」
と。正確ではないかもしれませんが、概ねこんなカンジで。
Posted by napo at 2010年12月19日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック