2006年05月12日

PS3の値段とSCEIの狙いを真面目に検討してみる。


さてさて、どんなもんだろう。

また久夛良木社長のインタビューか、と実は思わないでもない。何でこの人は好き好んで技術者風を吹かせたがるかな。

インタビュー内容にはまあケチをつけ飽きたんでおいといて、ちょっとSCEIの狙いを推測してみよう。


以前にも書いたが、SCEIには「若年層ユーザーから軸足を外す」という指針がとっくの昔に出来ているのかなーという気はする。このインタビューもなんかまあ、そんな感じ。別に「若年層=購買力がない」とは一概に思わないが、発売ソフトとか見てるとなあ。

ゲームユーザーとして「子供」をメインターゲットにしない、という点に対する是非は取り敢えずおいとこう。

購買力のあるユーザーをメインの客層に設定する、という方針自体は別に悪くないと思うのだ。薄利多売のビジネスモデルからの脱却を企図している面もあるのかも知れない(これは最近、結構あちこちの業界に見られる傾向な気がする)

ゲームにおける薄利多売モデルについては勿論任天堂が主役で、これについてはまたその内振り返ってみたい気がするんだが、問題はゲーム業界で「高利寡売」のモデルが成立するかどうかだ。

購買力の高いユーザーの確保には当然囲い込みが必須な訳で、ゲームユーザーに対する本式のCRMなんてほんまに可能なん、とか思う。流通から販売形式まで全部ひっくり返せば出来ないではないかと思うが・・・あ、このシミュレートもちょっと楽しそうだな。

まあいいや。話を戻すと、家庭用ゲーム業界で「購買力の高い」層を今まで通りのやり方でメインターゲットにするには、

1.購買力が高い層が、ゲームにお金を使ってくれるかどうか。
2.購買力が高い層が遊ぶゲームは、その内PCと食い合うことになるんではないか。


という二つの問題が立ちはだかっている様な気がする。

1はまあそのまんまで、購買力が高い層に「暇つぶし」以上のゲームを求めている人がどれだけいるのかという話で、暇つぶしだったら携帯ゲームで十分じゃんという流れになりはせんかという件。

2はまあそんな綿密な話でもないんだが、購買力が高い層っていうのは当然PCを持っている確率が高い訳で、その層が娯楽に使う時間っていうのはPCとの食い合いになるんじゃねぇかという点。

ゲームという一点をとっても、PCでゲームをするっていうことに対する心理障壁みたいなもんが最近はだいぶ薄くなっている様に思う。ハンゲームのシェアって今どれくらいなんだっけ。PCがメインの暇つぶしに十分なり得る昨今、果たして「購買力のある」層の時間は家庭用ゲームに流れるのか。いや、これはとっくの昔に既出な問題かも知れないが。

以上な訳で、つまり私の結論はこんな感じになる。

・SCEIは、購買力のある大人ユーザーをメインの顧客ターゲットに据えつつある様にみえる。

・その層を相手にして商売するには、現行のゲーム・及びゲーム業界の形態からはちっときつくなりつつある様に思う。

SCEIが、何かしら新しいモデルを用意してくると予想出来る(これはゲームの供給システムの話かも知れないし、ゲームそのものに関わってくるものである可能性もある)


というか、隠し玉が全くないとすると結構キツくね?という印象なのだが。取り敢えずお手並み拝見。


ちなみに、「寡売」のモデル自体はPCゲーム業界(特にエロゲー)がある程度成立させているとは思う。久夛良木社長のお話にはPC業界を意識していそうな発言が多々みられることもあり、PCを時間の使い道にしている層の確保を企図している、っていう側面はある程度あると思う。

まさかエロゲーの供給システム(よく知らんが)を模倣するつもりなんぞはないと思うが。なんでしょね。


関連エントリー:
ゲーム業界は子供に語りかけているのか、という話。
プレステ3にまつわる色々とバカゲーの薦め。

posted by しんざき at 17:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
私も雑誌ちらっと見ましたけど、PS3の印象としては、ネットとの接続や他の映像・音楽コンテンツとの連携なども「前提」のようで、んでゲーム"も"できますよってな感じに見えましたね。というより、寧ろ「娯楽専用PC」なのかな?(値段としてはローエンドのPCよりPS3の方が高いけど(笑))

PS3は、私もきちんと理解できている訳じゃないですけど、性能機能を考えたら相当コストパフォーマンスの高い優れた機械だとは思います。
でも仮にそれを理解しても結局必要性を感じなければ買おうとは思わない訳で、しかも6万強という値段は「乗せられ」ただけでパッと買える金額ではないので、「これもあれもこんな凄いこと(体験)も簡単にできる」が分かり易く実感させられるか、つまり発売前のCMの出来なども大きく売り上げに左右するんじゃないかなぁ・・・多分ゲームの凄いCGを見せただけじゃコケそう。

PCを使いこなしている層からは「だったらPCでええやん」、PCは仕事などで限定的に使うのみでオフでは面倒な機械類は触らない層からは「何だか凄そうだけどよく分からないしややこしそう」、コアなゲームファンからは「ゲーム機としては高過ぎ」・・・みたいな中途半端なことにならなきゃいいんですけどね(苦笑)
Posted by ncd108 at 2006年05月30日 08:58
>ncd108さん
>PS3は、私もきちんと理解できている訳じゃないですけど、性能機能を考えたら相当コストパフォーマンスの高い優れた機械だとは思います。

いや、実際のところ、ゲームのハードってどれもかなり安いと思いますよ。というか、「安くせざるを得ない」業界からの脱却をソニーが企図してるのかなー、とかなんとなく思ったりしました。

>んでゲーム"も"できますよってな感じに見えましたね。というより、寧ろ「娯楽専用PC」なのかな?
>コアなゲームファンからは「ゲーム機としては高過ぎ」・・・みたいな中途半端なことにならなきゃいいんですけどね(苦笑)

そうなんですよねー。この辺、「世間からPS3がどう見られているか」「SCEはPS3をどう売りたいのか」って辺りにちょっと溝がある様な気がします。
私の予想としては、今のままだと7:3くらいで「半端なことになる」かと。SCEの次の一手に期待です。
Posted by しんざき at 2006年05月31日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック