2005年02月03日

だらだらとした近況と、yahooブログの転載機能について。

そういえば今日は節分だった。すっかり忘れていた。というか二月になっていたということを認識していなかった。いつの間に1年の12分の1が過ぎているのだ。私は許可してないぞ。

とはいえ、仕事の方もこの二週間程の名状し難い状況からはどうにかこうにか脱出し、ここ最近は人並みより大分遅い程度の時間で帰宅出来る次第である。いやホント、夜勤と言われて会社に行ってみたら何故かそのまま36時間くらい寝ずに障害対応に追われたりとか、そーゆーことはしばらく勘弁してもらいたいものだ。

ここ二週間の私の仕事お片付け表を見ると、普通にのらくらと半年くらいでやっていた仕事量とあまり変わらない様に見える内容が記されており、一体14日間私に何が取り憑いていたのかかなりの率で疑問に思う。誰だ一体。ライナス・トーバルズでも乗りうつっていたのか。

ところで、「絵文録ことのは」様yahooブログの話を見かけた。私はyahooブログに関してあまり認識していなかったのだが、読んで驚いたというか絶句したというかなんというか、一言で申しまして正気ですかyahoo。

>Yahoo!ブログを開設しているユーザーがログインした状態でこの転載ボタンを押すと、
>なんとその記事がまるまるすべて自分のブログに転載されてしまうのだ!


詳細はことのは様を読んで頂ければ瞭然なのだが。いや、なんというか、著作権の問題とか転載に関しての問題とか、近年結構盛り上がっているというか注目度が上がってきた様に思っていたのだが、yahooはなにか、それにある種のアンチテーゼでも提出するつもりなのだろうか。

どんな機能にも目的はある。例えば我がseesaaは最近、更新インターフェースをちょっと使いにくくしてくれた引き換えに、「 「QRコード」コンテンツの追加」という、携帯を使わないユーザーには1ナノグラムの恩恵も施してくれないステキ機能を追加してくれた。これはモバイルユーザーに対する利便性を高め、ユーザー数を増やそうとする試みだと推測出来る。

そこで、yahoo!ブログの転載機能に関して最大限好意的に解釈してみようのコーナー。

問題です。yahooブログには、他人のブログから記事を丸々転載して、しかも追記が手軽に出来る訳ではない機能があります。さて、どんな利益があるでしょうか?

解答:自分で文章を書かない転載ブログが増えます。

・・・ダメだ、どう好意的に考えてもこの機能がヤフログをどう利するのかが分からん。無断転載の是非を置いたとしても、丸々転載が増えるということはその分オリジナルの文章の率が純減するということであって、まともな書き手はむしろヤフログを敬遠するのではないか?あるいは、どこのブログを見てもある一定の有名ブログの記事が読めるということで、そのブログの知名度をより高めることが出来る、とでも期待しているのだろうか?
謎だ、謎過ぎるyahoo。yahooの意図は人を懊悩させます。梶井です。

ということで、yahooの開発者が何を期待しているのかお分かりの方、良かったら教えてください。
それはそうと、ことのは様での記述。

>というわけで、Yahoo!ブログでちょっと試しに作ってみたのは、「転載!木村剛」というブログだった。

ここに爆笑。いやいや、いい感じで弁護士の視点ですね。

------------------------------------------------
追記 05/02/03 22:40
今ざっとyahooブログの規約に目を通してみたら、お定まりとはいえ

>著作権者の許可を受けずに著作物を公開するなど、第三者の知的財産権を侵害したり、
>侵害を助長すること

禁止事項にこんな項目があったのだが、これは一体どうなんでしょう。というか、転載機能を使った時点でこの条項に抵触したりはしないんだろうか。
やはり謎だ、yahooブログ。恐るべしyahoo。
posted by しんざき at 22:31 | Comment(8) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
とりあえずまねしとこうぜ、っていう生き方には共感を覚えます。
Posted by だむ at 2005年02月04日 01:35
関係ないブログを日々組み合わせて
一つのストーリィを作れということでは。
辻褄あわせの練習に。

そういうの、ゴーストライタのしんざきさん得意そうですね。
Posted by いす at 2005年02月04日 13:19
>だむさん
そんなあなたにはゴーストライター道を極めることなどお勧めします。真似重要。

>いすさん
>関係ないブログを日々組み合わせて一つのストーリィを作れということでは。
おぅ。そんなパズル的な使い方が。アナグラムみたいで面白いかも知れないですな。
さすがに修正無しでつなぎ合わせてみた経験はないですが。
Posted by しんざき at 2005年02月04日 19:30
ヤフブロはまだあまり評判が良くないみたいですねー。
うちはエキブロ一筋なので浮気はしませんが(笑)
Posted by バント at 2005年02月06日 14:03
僕が利用しているgooブログでは、そのような転載機能はないけれど、あいかわらずアクセスランキングの多くに、ニュースマルゴトコピペブログが見られます。

きっとそんなブログを作ってランキング上位になることで、「人気ブロガー」とほくそえんでいるのかも知れませんが、なんとも低次元な話だな、と。
Posted by えっけん at 2005年02月06日 17:19
>バントさん
エキブロ一筋、漢を感じます。流石は企画王者ですね。素晴らしい。私はサイコロ振ったらseesaaが出た、みたいな出自ですが引越し面倒なので結局一筋だとは思いますが。

>えっけんさん
>ニュースマルゴトコピペブログが見られます。
うげ。ニュースだとどうしても盗作っていう意識が薄れるんでしょうか。ソースとかは書いてるのかな。確かに、転載が大氾濫しそうなジャンルですね。
Posted by しんざき at 2005年02月07日 01:26
はじめまして。問題のYahoo!からまいりました。

先輩諸氏のご指摘の通り,記事がまともに書けないユーザーが増えています。
モラルの低下を引き起こし,そんなブロガーもランキングの上位にいるような状況です。

遅まきながらで失礼かとは思いますが,警鐘を鳴らす記事で,リンクにて紹介させていただきました。
Posted by at 2005年09月07日 22:22
>麦さん
コメントありがとうございます。うーん。Yahooブログには普段あんまりお邪魔していませんが、そうですか。

今度ヤフログ中心に巡回させて頂きます。
Posted by しんざき at 2005年09月09日 12:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

転載機能は危険!
Excerpt:   Yahoo!ブログの転載機能については,当初から腑に落ちないところがありました。 転載することによるメリットもないわけではありません。 しかし,最近ぼくは「転載機能は危険だ」とはっきり感..
Weblog: ■■ブログの種(たね)■■
Tracked: 2005-09-07 22:14

◆文章を書かないブログ(転載)
Excerpt:   [http://blogs.yahoo.co.jp/xxxx_sweet_love_xxxx/POLL/yblog_poll_result.html?fid=146857&no=96464..
Weblog: +らぶCOMPANY.COM+
Tracked: 2005-09-27 21:19