2006年07月15日

今日のしんざき 06/07/15

・ソーラン節って実は名曲じゃね?

とか最近ちらっとだけ思った。いや、民謡には元来名曲が多いのだが。

ソーラン節の凄いところは、

・メロディにリフの概念が組み込まれている(ヤーレンソーランソーランソーランの部分)
・展開が3パートに分かれていてメリハリがあり、耳に残り易い
・音符の起伏が激しくメロディアスで、聴く者の注意を喚起しやすい

という辺りであろう。どうでもいいが、リフってホントにそーゆーものだったっけ。違う気もするけどまあどうでもいいや。ちなみにライブ専門要員のことではない。

ということでソーラン節を一度じっくりと聴きなおしてみるとよいのではないかと思う。


・今日も仕事。帰りに三国志大戦。

黄布デッキでしか勝てない体になっている様な気がする。

SR董卓など引いてしまったので、試しに「暴力的に強い」と言われている蜀涼槍入り暴虐デッキとか組んでみたのだが、勝てる気がしねえ。蜀単相手とかに余裕で打ち負けるのは一体何故だ。っつか皆対策を完璧にやりきっている様な気がする。

で、黄布デッキに戻した途端三国志大戦始まって以来初の8連勝。なんか13州になりました。意味がわからん。

ちなみに、現在の私のメインデッキはこんな感じ。

他SR呂布 劉表 張梁 金環三結 他周倉 献帝

戦い方は、基本は開幕で張梁か金環に一発殴ってもらって、後はひたすら呂布を中心に守りつつ、たまに献帝や金環で端攻め攻城を狙う感じ。
呂布が強すぎますよ呂布が。でも相手に妨害とダメ計が2枚以上いると帰り支度をしたくなります。夏侯月姫ホウ統R姜維とか勘弁。

目下、大風業炎戒めデッキとかにも興味はあるのだが、手元にSR周瑜だけで周姫がいない。引けんものか。SR太史慈とかSR呉夫人とか引いても使わないんですけど。
posted by しんざき at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
一つだけ言わせていただく。
私のリフ様は立派に司祭となり、ガーネフも1撃で葬り去りました。
Posted by napo at 2006年07月16日 22:42
>napoさん
>私のリフ様は立派に司祭となり、ガーネフも1撃で葬り去りました。
その場合のガーネフの末期の言葉が聞いてみたいです。
Posted by しんざき at 2006年07月18日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック