2005年03月21日

システムトラブルとKUROZUKA

今日はテーマが特にない日記。

ブログがどうとか言っている間に、今日は15時半頃取引先というか客先から電話があり、異常が生じるケースがあるぞこの野郎という感じの連絡をもらった。それからしばらくノートPCにかかりきりになって17時半頃ようやっと、お客先にいらっせる先輩SEさんと連絡をとりつつ解決の目処がたった。勘弁して欲しい。

お蔭で行くつもりだったコンサートに行けなかったぜチクショウ。というか「アンデスの調べ」なんですけど。

「一見コンピューターの様に見せかけて実は土台は人力」という点がシステムの弱点というか宿命であって、バグは絶対に生まれる。間違いなく生まれる。問題はそれにどう対処するかであって、最近の私は対処ばかりがどんどん上手くなっている様だ。というか、近来殆ど間違いツブし専用の人になっている様な感がある。

それはそうと、近所の貸しビデオ屋にふらっと入ったら、中で漫画もレンタルしていた。貸し本というとエラく古臭いイメージがあるが、こんな店が近所にあるとなかなか都合がいい。

そこで漫画を四冊借りてきた。「ギャラリーフェイク」の1、2巻、「KUROZUKA」の1、2巻。
ギャラリーフェイクは通して読んだことがなかったのだが、揃える程スペースに余裕がある訳ではないのでぼちぼちと借りて読んでみようかと思う。「KUROZUKA」は最近オースーパージャンプでたまに目にしていて、気になっていたのだが内容を良く知らなかった。なかなか面白げな雰囲気。しかし、この作者さんは鬼の様に絵が上手いな。

ということで、今日アンしらに行ってきた人、もしいたら感想聞かせてください。
posted by しんざき at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
行って来ましたよ。久しぶりの後輩に「何しに来たの?」とか言われながら(泣)。

22期が全員で、「リーブレー」とセダを歌っていたところに時代の流れを感じました。
Posted by だむ at 2005年03月22日 15:41
>だむさん
>22期が全員で、「リーブレー」とセダを歌っていたところに時代の流れを感じました。
おあ。22期って1年だよね? いきなりあの曲を、しかも全員ボーカルでやっちまうとはなかなか豪快な。

>久しぶりの後輩に「何しに来たの?」とか言われながら(泣)。
そういう時は、「オレのチャランゴをてめえらに聞かせてやりに来たんだよ若造どもーーーっ」と叫びながらステージに乱入してカブールを弾き狂うのはどうかと思います。
Posted by しんざき at 2005年03月22日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック