2005年04月07日

真・三国無双4はまだまだ終わらない。

順番はもうテキトーだが、夏侯淵、徐晃、張コウ、甘寧、孫堅、ホウ統、関平クリア。内、張コウは奥様の手による。というか、もう後曹操をクリアすれば袁紹と左慈先生が出て全キャラ揃うのだが、曹操は現在奥様に任せっきりで、他キャラをのらくらと遊んでいる。なんだかんだ言って2より大分やりこんでるな。2からいきなり4だったので最初は違和感があったが、慣れてみると史実に忠実な5面構成というのもかなりイイ。個人的にはもうちょっとぶっ飛んだ展開でも文句はないのだが、おおむね評判はいい様子である。

・夏侯淵

なんか随所の動きが黄忠おじいちゃんと似ているのだが、ちょっと劣化している印象。C1がおじいちゃん程は使えねえという点でもかなり落ちる。赤壁で4武器がとれるので、後は無双覚醒しまくりでさくさくと(というよりはぼこぼこと)進むことは出来るが、あんまり強いと思う攻撃はなかったなあ。通常攻撃の範囲がそれ程狭くないことがせめてもの救いか。

台詞回しは非常にステキな感じ。喋り方もあいまって、いい味出したおっちゃんになってます。官渡で美しい人を倒した後の会話にはなかなか受けた。


・甘寧

わーーつええ。という印象。C5の鬼性能もさることながら、使い道がないチャージ攻撃がC2くらいしかないこと、「難しい」だと4武器の覇海が最初の面でとれてしまうことなどなど、開発陣の甘寧びいきを実感せずにはいられない。いいんスかコレ。苦戦する様な場所がねえよ。
あと、2でもやった遊びですが、玉璽をとった後○ボタンを押しっぱなしにすると、全体マップの半分くらい突破する様な勢いで移動出来ます。なかなか楽しい。馬とりに戻るのが面倒くせえけど。

凌統を先にやってしまっていたこともあり、ストーリー的にはそんなに面白みがなし。最初の黄祖軍のままの方が面白かったりするかも知れない。今回割と、対になる武将を一人設定されてストーリー作られてる武将が多いですね。


・ホウ統

台風おじいちゃん。無双が全自動洗濯機。基本的に無双だけ使ってれば勝てるというか、むしろ無双以外やることがないんですけど気のせいですか。通常攻撃とチャージが、どれも判定細いわ当てにくいわ割り込まれやすいわでエラいことになってます。C4とC6、あとジャンプチャージが工夫すれば使えないことないかな、という程度。修羅だと使った瞬間死亡だけど。

その代わり、活丹+4武器で無双がさくさくたまる様になると、途端に鬼の様な強さを発揮。拠点前でテキトーに無双打って暇潰してると2000人斬りとか普通にやってます。おじいちゃんすげえ。

シナリオ展開はふつーー。流石にこの人ばっかりは史実通りにすると二面で終わってしまうんで、白帝城まで長生きせざるを得ませんな。なんか今回のプレイだと定軍山で味方が片っ端から夏侯淵に狩られてしまって、最後は劉備につきっきりで護衛せざるを得なくなったりしたが、苦戦したのはこれくらいか。


・関平

関羽の養子。なんかバンダナにつんつん頭だと高校生くらいに見えるが、モデル3とか4だといきなり年齢層が跳ね上がる。C3とC4の強さと攻撃範囲で、オヤジより大分強いんではないですか説が有力。4武器も強いし。シミュレーションの方の三國志だとあんなに地味キャラだったのになあ(確か正史でも)。どこでどう評価が変わるか分からん。

ストーリーは。星彩との絡みもあって、なかなかいい役どころ。性格も少年漫画の主役という感じだし。夷陵では陸遜とのイベントまであったりする。実はハン城の関羽イベントが見られるのって関平だけですか?


・張コウ

美しい人。奥様のプレイ。自分では動かしていないが、ハタで見ている限りではかなり強そうだ。攻撃範囲も広いし攻撃速度も速い。ただ、奥様がやたらとC4のサイコクラッシャーですっ飛びたがるのと、未だに補給拠点の中で迷うのがどうかと思う程度である。2だと4武器に斬属性がついていて気持ち良かったのだが、あれがなくなっているのが少々残念。

シナリオ展開はいい味出しすぎ、チョウチョ飛ばし過ぎという感じ。2と性格は変わっていないのだが、なんか飛ばし具合にかなりの拍車がかかっています。っつーか確か街亭の戦いとか、史実ではこの人50とか過ぎてた様な覚えがあるんですがなんなんでしょうかこの裸族っぷりは。すげえよ張コウ。夏侯淵との会話も含め、台詞回しもハマり過ぎ。張コウ軍の人々が何時の間にか美の人たちになっているのもいつも通りですか。
posted by しんざき at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック