2013年11月29日

ようやくクリアしたので、メタルマックス4を全身全霊でベタ褒めする


ものすごかった。

承前:メタルマックス4が、ゲーム開始当初の想定を遥かに、軽々と越えてきた件
メタルマックス2:リローデッドが余りにも面白いのでベタ褒めする


確かに、好みが分かれそうな部分があることは認めよう。アクが強い部分もあることは認めよう。元よりメタルマックスは万人受けするゲームではないが、余りにも違和感がなさ過ぎた2Rに比べれば、私自身、最初は色々と違和感を感じた。


だが、その上で、私はこう思う。このゲームは、もしかすると2Rを越えて、メタルマックスシリーズ最高傑作になった、かも知れない。


以下、個人的にメタルマックス4の凄いと思うところを書き連ねてみたいと思う。重要なものは混ぜていないつもりだが、一応ネタバレ注意。


○メタルマックス4の良好な点

広い。とにかく広い。もう何もかもが広い。
・歩き回れる範囲が広い。広いのに薄くない。むしろ濃い。あちらこちらの施設の数には度肝を抜かれる。
・その一方で、「ああ、こういう建物あるよね」という必然性がちゃんとある。
・クエストが広い。純然たるお使いクエストもあれば、突如始まる殺人事件もあり、しかも大体が殺伐としている。
・戦車改造出来る範囲が広い。シャシー特性やCユニットの特性まで改造出来るようになっており、大砲が広く、S-Eが広く、超改造が広い
・その為、戦車を強くするまでの道のりがバラエティ豊富過ぎ、「最強の戦車を作るには」というような最適解が非常に遠い、っぽい。まだ到底そこまで行っていないが。
・お金はいくらあっても足りない。
・人間を鍛えられる範囲も広い。ブーストが広い。装備の種類が広い。キャラクターメイクの自由度も(特に二周目以降)やたら広い。ついでに、汎用キャラを数十人は登録出来る。
戦車の特性がすげー増えており改造し甲斐がありまくることと、ブーストの調整で人間の育成の幅も超広くなっていることは特筆するべきだと思う。勿論、初期状態に戻すことも出来る。
金輪際リゾートの駐車場が広い。正直勘弁して欲しい。

あれだけ遊び易かった「メタルマックス2リローデッド」より更に遊び易くなっている。
・オートランの存在。長い距離の移動がすげー楽になっている。
・満タンサービスは簡略化されており、トランクルームでは整頓が出来るようになっており、鉄くずはまとめられるようになっている。
・インターフェースはめちゃくちゃ使いやすく、反応がよく、しかもカスタマイズ出来る。
・インターフェース面での、「ここが数少ない不満点」というのは、ほぼ全て解消されていると思う。
・3Dのキャラクターとフィールドも、インターフェースと超マッチしており、立体的な演出もあいまって物凄くよく出来ている。
・パーティのシステムが、12人程のメンバーから戦闘メンバーを選ぶ、いわゆる「馬車方式」になっている。その為、とっかえひっかえキャラクターを替えながら進める。
・楽になっている部分もあるが、当然その分装備代もかさむ。

・敵が容赦ない。賞金首と戦っている時別の賞金首が乱入、とか割と普通。2体+1体に挟み撃ちされて逃げられなくなることも。
・敵の攻撃が容赦ない。戦闘中にガンガン回復したりするのは愚か、解体を連発し始めてこちらの戦車が3台まとめて大破したり、倒しても倒しても増えたりする。
・しかし、何度か探りを入れてみて、攻略法を考え、それに基づいて装備や戦車をカスタマイズすれば、驚く程あっさりと勝利出来たりもする。まさに最高のメタルマックスバランス。
・一方、負けた時も「どこまでダメージを与えられたか」という「撃破指数」というものが表示される為、あとどれくらい戦力を整えればいいかが非常に分かり易い。勝てそうになかったら、一旦避けて進むようアドバイスされたりする(そして、大抵の場合実際に避けて進むことが出来る)
・今回、武器を改造出来るようになるまでがかなり長い為、普段は使わないような装備でもあーだこーだ工夫して使うことになる。この辺の頭の使いかたも楽しい。
・タマゴンが割とトラウマなんですが。あとボニエ&クライヤ。

・展開が容赦ない。ストーリー上割と重要そうなキャラでも、選択肢を間違えると死ぬ。普通に死ぬ。ごくあっさりと死ぬ。
・上記に関連して、世界観がとにかく殺伐としている。「死体?あーはいはい片付けとく片付けとく」というノリ。カイテン城の幽霊イベントのあのあっさり感には戦慄した。
・金輪際リゾートこわい。もうとにかく色々と怖い。
・メタルマックス特有の「殺伐とした世界観」については100点満点であると断言出来る。
・一方で、丸くおさまる系イベントについては割とほんわか風味であったりもする。
・ナンパ系イベントについては更に先鋭化している。話しかけて選択肢が発生する女性キャラについて、ほぼ例外なく「キミ、カワイイね」などの口説く台詞がある点については戦慄する他ない。
・一方、あっさり結婚出来そうなキャラとのフラグ立てが2Rより遥かに大変だったりする、っぽい。
・相変わらず、女性同士の結婚もごく当然のように発生する、っぽい。
・汎用女ハンターがかわいい。
・通常ボスの音楽と、カイテン城の音楽が大変お気に入り。当然「お尋ね者との戦い」も完備されている。

・今回も、開発者のサドっぷりは様々な点で遺憾なく発揮されている。
・「自由感のあるデスクルス」ことワインイベントが凄いたのしい。
・た、樽…お、押す…
・おい2Rやってれば「怪しすぎる荷物」は引っかかるに決まってるだろうがいい加減にしろ。
・あの、よく分かりませんがラッキーナさんの存在感がものすげえ増しているんですが、なんなんですかコレ。スタッフのどなたかがよっぽどラッキーナさん推しなんですか。
・一度仲間に入れると二度と外せないキャリーさんこわい超こわい。
・アビィさんと結婚する方法がよくわからない。
・ダーマスを狩りたい。
・ラトゥールのアイテム拾いが面倒くさ過ぎるんですが。
スクラヴードゥーは誰かなんとかしろとこの前言っただろうがァ!!!


うむ。ベタ褒めポイントについては大体挙げたぞ。

勿論、完全無欠という訳ではない。むしろ、アラを挙げればメタルマックス2Rより多いと思う。公平を期す為に挙げておく。



○メタルマックス4の評価が分かれそうな点

・アメコミ調の山本貴嗣氏デザインの固有キャラクターが、アニメでストーリーを語るという演出については、やはりどうしても好みは分かれると思う。まあ、序盤を除けば、それ程アニメ演出の頻度は高くないが。
・一方、アニメには字幕がない。その為、電車の中で騒音がうるさい時など、台詞を聴き損ねたりする場合もある。
・固有キャラクターのデザインについても、同じく賛否が分かれるだろうと思う。
・ただし、固有キャラクターが気に入らない人は、メタルマックス3準拠の汎用キャラクターだけで進めても、ほぼ不都合は発生しない(全体パーティには入れておかないと発生しないクエスト、というようなものは一応ある)。ヌッカの酒場にはゲーム開始から30分〜一時間くらいでたどり着ける。
・ちなみに、私のメインパーティはドラムカン、汎用女ソルジャー、コーラである。
・致命的なものには遭遇していないが、フラグ管理の問題っぽいバグはところどころにある。マルコのアレとか。
・「世界の広さ」が堪能できるようになるまでが若干長い。また、戦車系の車両が手に入るのはもうちょっと早くても良かった、気もする。最初はほぼバイクと車だけでやりくりすることになる。
・その為、特に序盤、メタルマックス独特の面白さが体感しにくい。
・私自身は「好きな物にお金を使うべき」という主義なのでDLCに抵抗はないし、実際今のレギュラーメンバーはドラムカンとコーラだが、DLCが嫌いな人は勿論いるだろう。
・ただし、「ウルフがDLCでしか手に入らない」みたいなのは完全にデマ。DLCは飽くまでおまけ要素、ないし展開を楽にする要素にとどまっている、とは思う。オンライン対戦があるわけでもなし、使いたい人はどんどん使って特段問題ないとは思う。


箇条書きだけで死ぬほど長くなってしまった。それでも全く書き足りない。


とにかく様々な点で「とんがっている」ので、好みが分かれる部分、初見で入りにくい部分があるのは正直否定出来ない。しかし、それでも、この広さ、この深さ、この完成度、この殺伐感はとても否定出来るものではない。

好みが分かれる部分まで全てひっくるめて、メタルマックス4が「メタルマックスシリーズの最新タイトル」として全く恥ずかしくない、いやそれどころかメタルマックスシリーズの看板を更に輝かせるゲームであることは間違いない、と思う。


重要なのは、この「まさにメタルマックス」というテイストが、「メタルマックス2」という下敷き無しに、全くゼロから再構築された、ということだ。3,2Rを経て、メタルマックスシリーズは今再び進化を始めた。私は、メタルマックス4の存在をそう受け止めている。だからこそ、4は「2R」を越える作品かも知れない、と私は思う。


メタルマックス3、2Rを経て、メタルマックスシリーズが完全復活したことに、心から祝福を送りたい。今後も、メタルマックスシリーズが進化し続けることを願ってやまない訳である。


今日書きたいこと、以上。
posted by しんざき at 19:44 | Comment(18) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい
Posted by at 2013年11月29日 20:02
広いのですか。丁度そういうゲームを求めていたところなので手を出してみます。
Posted by at 2013年12月01日 08:28
レビュー読んで今回は買うの辞めました。
ありがとう。
Posted by at 2013年12月01日 15:03
「買わなかったよ!」ってアピール必要?
Posted by at 2013年12月02日 10:43
毎回魂のこもったメタルマックスレビュー、楽しみにしています。

「4」は様子見だったのですが、買う決心がつきました。
ありがとうございます。
Posted by at 2013年12月02日 13:35
Googleで「メタルマックス4」を検索すると
関連に「メタルマックス4 葬式」「メタルマックス4 バイク」は出るのに
「メタルマックス4 攻略」は出てこない・・・
2Rや3と比べても十分面白かった上に細かい操作系など改善された良作だと思うのですが
ジャケットの「バイク?」がインパクトありすぎてジャケ買いどころか
ジャケ避けになってるのでしょうか?
(確かに私も一旦手に取ったものの買うかどうか数分迷った)
早期購入特典の差し替えジャケットは普通に犬と戦車でかっこいいのにもったいない。

どうせやるならメインキャラでは無く、賞金首のボニエが変身してクライヤが搭乗。
とかだったら反応も違っていたと思うのですが・・・
Posted by at 2013年12月03日 20:34
DLC限定盛りだくさんじゃん
Posted by at 2013年12月05日 11:15
過去作の中でワーストだと思う。
Posted by at 2014年04月01日 00:47
おおむね楽しめたゲームだったんですが

店舗特典に関してはもう少しどうにかならなかったのかと
趣味装備や中盤まで使える装備とかならともかく
最強装備(ロンメルタービン)を店舗限定にする意味がわからない
Posted by at 2014年04月04日 14:52
出来は良いのに売上が伴わない不憫なタイトル
Posted by at 2014年05月30日 15:17
売上に関しては、むしろあのパッケージで売れると思ったのかッッ!!と突っ込みたくなるので、なんとも。

あと、なんだかんだ言っても、グラはしょぼいし、しょっぱい。BGMやSEに関しても、音そのものじゃなくて、使い方が鈍臭いというか野暮ったい。
さも無くても、近頃はあきらかにスマホにゲーム環境が移行中なのに、そのスマホゲーにも絵でも見劣りするもん作ってて、「売る気有ったのか?」と問い詰めたくなる。

正直、今からでもロゴとパッケージをちゃんとリメイクして売り出せばそれだけで、更に売上3万ぐらい増えてもいいゲームだと思う。
Posted by at 2014年06月03日 06:11
とりあえず3R出してください。
4はゲームとしては良作だけどMMとしては駄作。
MMらしさが薄れている、主にイかれたセリフが少ないのと結婚エンドなしなのが。
Posted by at 2014年06月16日 21:44
せっかく買ったのでコメント。
当方長年のメガテン信者で、同じ大破壊後の物語としてMMはそそられていたが。

ゲーム屋に行く→ジャケ見て戻す→数ヶ月後、すっかり忘れてまた買いに行く→ジャケ見て戻す
を数回繰り返した。
結局ネット上に溢れるMM世界のAA物語に魅了されて目を瞑って買った。
ゲーム内容には納得のいく作品だが、ががが

あのジャケはまともな初心者なら絶対に買わないマイナスオーラが出てる。
絵の好みはそれぞれだが、絵師はどう考えてもマイナーで前面に押し出して売れる絵ではない。ファンの人には悪いが作風的に。
そしてあの最低クラスの構図のジャケ。
わざと外したにしても、80年代前半のしかもB級アニメな雰囲気では心底引く。

あのジャケに許可出した奴は次回作に絶対に入れるべきではない。
Posted by at 2014年08月27日 12:20
素晴らしいレビューですね
信者は頭おかしい事がよく分かる
4の中身がクソである事を端的に証明した素晴らしいレビューです。
Posted by at 2014年10月17日 17:33
一年近く経ってからアホなコメント書くとか頭おかし過ぎるだろ。
今回の4は良かったんでまたリメイクか新作遊びたいですね。
Posted by at 2015年01月09日 04:00
>一年近く経ってからアホなコメント書くとか頭おかし過ぎるだろ。
>一年近く経ってからアホなコメント書くとか頭おかし過ぎるだろ。
>一年近く経ってからアホなコメント書くとか頭おかし過ぎるだろ。
Posted by at 2015年04月04日 13:39
ブーメランぶりがすげぇw
こんな産廃良作扱いする奴らがどれだけ脳味噌腐ったクズかよくわかるわwww
Posted by at 2016年03月12日 03:28
老害2R信者うぜえ
Posted by た at 2016年07月03日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381493534
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック