2013年12月30日

創世記における着衣エロについて、ないし着衣エロに関する様々な論点



今から物凄くくだらないことを書くので、時間にかなりの余裕がある人、端的に言うと極めてヒマな人以外、ここから先を読み進めることはお勧めしない。


『創世記』に曰く。アダムとイブは善悪の知識の木の果実を食べた結果、自分たちが裸であるということに初めて羞恥を感じ、イチジクの葉で腰を覆った。

その結果、神はアダムとイブに罰を与え、死すべき定めを与え、楽園から追放なされた。


上記からわかることはひとつ。神は着衣エロを理解されなかったということである。


実際のところ、初めて全裸に羞恥心を感じて葉っぱのきれっぱしを身に着けた女の子とかご褒美以外の一体なんなのかといわざるを得ないのだが、まあ勿論これは単なる私の邪推というか妄想なのであって、神は人妻に対して興味が薄かったのかも知れないし、もうちょっと布地の量が多い方が好みだったのかも知れない。どちらかというと後者の可能性の方が高いと私は思う。


私が考える限り、性的な意味で全裸が着衣に勝る点など何ひとつない。


端的に言ってしまえば、全裸とは行き止まりであり、そこから先に進むことは出来ない限界点である。全裸をそれ以上脱がすことは出来ない、という言葉が全裸の弱点を端的にいい表している。

その一方、着衣に限界点はない。服がある限り、その下の空間には無限の想像の余地が残る。着衣とは無限なのである。

そこから考えると、「つなぎ合わせたいちじくの葉っぱ」というものは、想像力を煽るツールとして聊か貧弱だと考えざるを得ない。コスプレAVの途中脱衣を目撃した男性客のようなもので、神としては「なんなのその中途半端な着衣は?ビジネスホテルとかでよく見る中途半端なエロビデオなの?原罪なの?」という感覚であったのかも知れない。

人間の格というものは想像力で決する。そして、レベルが高いものであればある程、鑑賞する対象として露出度が低い服装を好むというのは学術的に証明されているような気がする事実である(ソースは民明書房)。もっともレベルが高い層になると、プレートメールを着ている人を見るだけで鼻血を出すらしい。


これは、単に「全裸か着衣か」「肌の露出が多いか少ないか」というだけの話ではなく、「露出度の恣意性」という話にも着地が可能だ。


例えば、私は「裸エプロン」というものに余り魅力を感じない。単に露出度が高いから、というだけの話ではなく、「裸エプロン」というものそれ自体に、日常における必然性を感じないからである。端的に言うとわざとらしい。

「恣意性」というのは、もうちょっとベテランの人にとってはたいした邪魔にもならないのかも知れないが、私程度のレベルにおいては、いまひとつ想像の妨げになる。これは私の不徳というか修行不足のいたすところであって、その為私は、一般的な「コスプレ」というもの全般に対する親和性が余り高くない。

これが、たとえば「海の家においてアルバイトをしていた幼馴染が、水着を着たまま手早くエプロンをつけて何か作ろうとしているのがたまたま裸エプロンに見えた」というような日常的必然性があるのであれば悪くない。というかなかなかいいですねと思う。


つまるところ、最終的に「エロには想像力によるブースターが必要不可欠であり、そこには「適度な着衣」と「日常感」という二つのキーワードが重要になる、という、物凄く読む時間も書く時間も無駄にした感の強い結論に落ち着くわけである。良かったですね。>私


今日はこの辺で。
posted by しんざき at 23:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
想像を煽ることがやたら持ち上げられるけども、着エロもまた繰り返されればその先の想像以前に「どうせ見えない」という慣れと諦めがやってくるわけで、言い換えてしまえば想像「しないといけない」という限界があるとも言えるのでは。
何というかある種互いが互いを補い合っており結局は消費のバランスの問題に行き着くような気がしますね、属性に優劣貴賤なしですよ。
Posted by at 2013年12月31日 00:04
裸エプロンに必然性はあるという指摘をしておきますと、
素っ裸でキャッキャウフフしてそのまま寝ちゃって、次の朝起きて「とりあえずご飯作るね〜」と素っ裸のままエプロンだけつけて台所に立つ彼女、その後ろ姿に感じる日常感・愛情感・そこはかとないエロスがポイントになりますので、
しんざき様におかれましてはその点ご理解頂けますと幸いでございます。
Posted by a at 2013年12月31日 10:04
エロスを勝敗で語るとは……甘い、甘すぎる
Posted by at 2014年01月10日 18:23
>上記からわかることはひとつ。神は着衣エロを理解されなかったということである。

イエスでも聖書で殴りかかるレベル。
Posted by at 2014年05月24日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック