2014年04月01日

関東ゲー音部がNESFES2014で演奏してきた話と、ライブのお礼 2014/04/01


いってきましたよ。

去る3/29、関東ゲー音部有志10名で、NESFES2014に混ざって演奏させていただいてきました。

NESBANDさん、EXCALIPARさんという超目玉バンドお二方とご一緒させていただくという、対バン冥利に尽きる展開。物凄い数のお客様においでいただき、露払いながら全力で楽しませて頂きました。皆様にも少しでも楽しんで頂けていれば幸いなことこの上ございません。

今回の演奏について、簡単に反省点とか感想とかまとめてみたいと思います。

今回の曲目は以下の通りでした。

1.光栄 三國志2より「三國志2 メドレー」オープニング 〜 蜀のテーマ 〜 一般君主のテーマ
2.光栄 信長の野望戦国群雄伝より 「時の調べ」
3.タイトー レイフォースより「Penetration」
4.任天堂 ドクターマリオより ドクターマリオメドレー
5.ケムコ スパイ vs スパイより メインテーマ
6.コナミ グラディウス3より 「Dead End Cell」
7.任天堂 マザーより「ポリアンナ」
8.アイレム スペランカーより オープニング 〜 メインBGM


驚くべき節操のなさ。どこを狙っているのかよく分からない全方位攻撃こそゲー音部の味!!のような気がする!!!いや、自分達がやってみたい曲を選んでいったら自然とこうなったわけですが。

今回、NESBANDさんもEXCALIPARさんもすばらしく「特化」したグループでいらっしゃるので、ゲー音部は敢えて「特化しない」ということをひとつのテーマとしてやってみました。一応、構成的には徐々に盛り上がっていく感を出してみたつもりではあります。

各曲について一言ふたこと。

三國志2メドレー:二胡・バイオリン・ケーナという、万国感あふれるメロディ楽器でお送りしてみました。途中の銅鑼連打がハイライト。二次会で、三國志2という選曲を超褒めてくださった方がいて欣喜雀躍。

時の調べ:戦国群雄伝の通常BGMにして、菅野よう子先生の超名曲。二胡とハモれて大変楽しかったです。

Penetration:バイオリンと二胡のハモり、というのがテーマ。驚くほど違和感なかった気がします。ハンドクラップ楽しい。前半はギター・ベース無し、後半はロック風にと、メリハリをつけてみました。

ドクターマリオ:セッティング中にネタばらししてしまってすいませんでした。チルとfeverで雰囲気の変わり具合が凄い。

スパイvsスパイ:まさかのNESBANDとのダダ被り。ただ、トランペット・サックス・二胡・ケーナ・バイオリンでスパイvsスパイを演奏するという、多分日本でも4つくらいしかないんじゃないかという演奏構成で、多少は独自色が出せたのではないかと自負しております。テーマは「シュール」。

グラディウス3:横で聴いてただけですが、サックスとトランペットのメロディとキーボード大暴れ。皆さんも盛り上がっていただけました。

ポリアンナ:今回唯一のボーカル曲。フィナーレに向かって突き進みます。

スペランカー:おなじみ。オープニングのギターデュオと定番のソロ回し。終わり良ければ全て良し。


個人的には色々反省点もあるのですが、次回に生かしたいと思います。

一方、EXCALIPARさんとNESBANDさんのステージは、単純に観客として楽しませて頂いたのですが、これがまたすばらしいの一言で。EXCALIPARさんは、FF5メドレーもさることながら、ロマサガのボスメドレーがもう個人的に大ツボ。NESBANDさんは、マツケンさんの凄まじいマニアックさのMCと演奏の完璧な融合。はっきりいってずるいと思います。


その後、二次会では、酒をかっくらったり皆で演奏したり。終盤、ゲー音部の面子がNESBANDさんの機材に触らせて頂いて大喜びしたり、皆でその場セッションをしたりが超楽しかったです。@skym333さんとダブルケーナで演奏できたりして大変満足。


そんな感じのライブでした。お客様、運営の皆様、ご一緒いただいた皆様、改めて誠にありがとうございました。また遊んでやってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック