2015年03月10日

「自分が結婚することによるメリット」もいいけど、「相手が結婚しないことによるデメリット」は考えないんですか


いや、なんていうのかな。元々、結婚なんて超個人的な問題ですし、そもそも結婚なんてメリット・デメリットでするもんじゃねえだろ、とも思うんですけど。


だからこそ、例えば男性視点、女性視点それぞれの「結婚することによるメリット・デメリット」みたいな記事に、かなり違和感を覚えます。


私は男性なので、特に「男性にとっての、結婚のメリット・デメリット」みたいな記事に強く感じるところなんですが、結婚って二人でするものなのに、なんで「自分にとってのメリット・デメリット」の話しかしないのかなあ、と。

敢えてメリットデメリットでいうなら、「相手のデメリット回避」というのはメリットに入んないんですか?と。相手が、結婚しないままでいることでどんな不利益を被るか?という視点の話をあんまり見ないけど、なんでですか?と。

もう少し言うと、私が考える限り、「男性にとっての結婚するメリット」より、「女性にとっての結婚しないデメリット」の方が遥かに大きいんじゃねえかと思いますし、「好きな相手のデメリットを回避出来る」というのは本来凄く大きな「メリット」なんじゃないのかなあ、と思ったりする訳なんです。少なくとも、私にとってはそうでした。



いや、男女のあり方に色んなあり方がある、というのは百も承知ですよ。別に、結婚しなきゃいけない、するべきだ、という話ではありません。
ただ、現在の日本社会で、仮に「家庭を作って、子どもを育てる」ということを一つの目標とするのなら、やはり結婚というあり方はそれなりに重要な要件になってきます。

そして、多分、上記目標を視野にいれるのなら、「結婚しないままでいる」ことによる不利益は、多分女性の方がより大きい。一般的な認識だと思うんで、ここではいちいち理由を書きませんが。


私が言いたいことはたった一つでして、結婚は二人でするものなのだから、仮に「結婚するべきか、しないべきか」という選択肢で悩むんだとしたら、自分のメリット・デメリットと同じかそれ以上に、相手のメリット・デメリットに軸足を置いて悩むべきじゃないのかな、ということです。「相手のデメリットを回避出来る」ことを自分のメリットとして捉えられるような人と結婚するべきだ、ともいえるのかも知れません。


短いですが、今日書きたいことはそれだけです。
posted by しんざき at 21:19 | Comment(18) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
たしかに自分に対するメリットで語られることのほうが大きいですね。
目から鱗でした。

>「結婚しないままでいる」ことによる不利益は、多分女性の方がより大きい。一般的な認識だと思うんで、ここではいちいち理由を書きませんが。
こちらも教えていただけませんでしょうか?
恥ずかしながらはっきりと浮かびませんでした。
知っておきたいのでご教示いただけると幸いです。
Posted by at 2015年03月11日 00:46
お互いにメリットがない結婚は続かないですよ。
Posted by at 2015年03月11日 07:53
めんどくせえ事言ってんなwwww
Posted by    at 2015年03月11日 08:18
要するに、「あたしが困るんだから結婚してくれよ、おまえの都合はどうあれ」ってことですよね。
Posted by at 2015年03月11日 08:47
>要するに、「あたしが困るんだから結婚してくれよ、おまえの都合はどうあれ」ってことですよね。
Posted by at 2015年03月11日 08:47

どこ読んだらそうなるんだ?
Posted by at 2015年03月11日 14:09
ようするに男は女へのチャリティー、施しとして結婚したくなるようであるべき、という訳だ。
女には公民権がなかった時代ならともかく、男女同権で男女共同参画な時代に「男は女の保護者であるべき」的な主張は無理ありすぎ。
Posted by at 2015年03月11日 17:24
「好きな相手のデメリットを回避できるメリット」「わたしのメリットデメリットと同じかそれ以上に相手のメリットデメリットを考える」
ますます婚姻数が減りますね
男女は平等で対等な存在ですから、もしも男性がそう考えるべきならば当然女性もそう考えるべきですから
結婚をするときに。


Posted by at 2015年03月11日 17:25
自分を奮い立たせる理屈としては有効かも知れません。
人間関係には倦怠期を突破する知恵が必要ですものね。
わたしは賛成です。
Posted by 児斗玉文章 at 2015年03月11日 19:39
好きな相手のデメリットを回避できるのがメリットなんだから無職の男性と結婚したら良いのでは?

…と女性に指南したら多くはきっとこう返ってくるんじゃないでしょうか。「そんな男を好きにならないから。」

男性だって同じでしょう。
生活費目当ての女性なんて好きになりませんから。
Posted by at 2015年03月12日 08:05
↑逆に言えば、男性も当然自分へのメリットがデメリットを上回ると考えてるから結婚するわけで、
自分へのメリットが無い相手と結婚する男性なんてまずいない。

それなのに「妻のメリットの為に結婚してやった俺」と思える、その途方もない自信と自己愛性が、なんかすげーなーと思いました。
Posted by at 2015年03月12日 10:37
なんていうか
打算的になりすぎるのって寂しいよね
Posted by at 2015年03月12日 16:11
そりゃ所詮他人だし、今後の人生に関わってくるからねw
最低限の打算すらなく結婚するような「恋愛脳」の人は
それほど多くないさ
Posted by at 2015年03月18日 19:50
>そもそも結婚なんてメリット・デメリットでするもんじゃねえだろ、とも思うんですけど。

この文がこの記事の内容8割占めてますわ(当社比)


>敢えてメリットデメリットでいうなら、「相手のデメリット回避」というのはメリットに入んないんですか?と。

ここでも「敢えて」と置いてますしの。
そして続きは理詰めの人に前向き思考を促せるよさげなアレですね。アレ。

くっ、語彙力が足りない
Posted by 昼休みer at 2015年04月03日 12:30
相手がメリットを教授することを自分のメリットと考えられないようであれば結婚なんてしないほうがいい
Posted by at 2015年04月03日 16:42
いいですね。私では思いつかない考え方です。

ただ、そう言う記事を読む人は相手いないと思うので、相手目線は実感できないとも思います。

相手を「会社」結婚を「就職」とすると、

「自分が就職することによるメリット」もいいけど、「会社が雇用しないことによるデメリット」は考えないんですか

何か高飛車です。全然印象違いますよね。
Posted by at 2015年04月09日 02:06
「結婚相手となり得る人がいる場合の結婚の検討」と「結婚したい場合は相手を探すところから始まる検討」が世の中にはあると思うのですが、これはおそらくわかってて後者を無視してる点が気にかかりました。

そりゃ結婚に至るような相手がいるなら、相手のメリット・デメリットも共有して検討するのが自然なことですが、いなければまず自分のメリット・デメリットを考えるのもまた自然です。

もっとも、個人的な見解では特定の相手ではなく当てはないけど誰かを彼氏彼女に欲しい、結婚したいという願望は不純なものを感じますが。
Posted by at 2015年06月20日 23:30
だいたい同意できます。
それで、思うのは結婚のメリットデメリットが、個人の問題だけなのかな? ということ。
単純に国益に影響しますよね、実際に少子化が問題になってますから。
男女問わず、メリットが感じられる制度として国が後押しするべきだと思いました。
Posted by at 2015年06月24日 13:17
元々「差別されてるザマス」と喚いてる側を無視して男が悪いとか(笑)
 その調子で一生道化しててください
Posted by ド庶民 at 2015年07月12日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【コラム】「相手が結婚しないことによるデメリット」なんて考えなくていい
Excerpt: こちらの記事。 「自分が結婚することによるメリット」もいいけど、「相手が結婚しないことによるデメリット」は考えないんですか http://mubou.seesaa.net/article/41..
Weblog: ぶっこ旬報 Ver.4.5 / -The Bukko's report -Ver.4.5-
Tracked: 2015-03-10 21:58