2016年01月06日

長男のプラレール趣味がなんかすごくなってきた(ような気がする)


長男(8歳)は、以前から電車好きであり、プラレール好きです。「東急の運転手さんになる」というのが彼の将来の夢らしいです。

昔から、リビングの床をプラレールのレイアウトで埋め尽くすのが彼の趣味でして、レゴとプラレールとその他おもちゃが組み合わさった構造体をばばーーっと作ってしまいます。

長男が作った渋谷駅

これは私が撮った写真なんですけど。こういうのほんの一部でして、

長男作

こんな感じの、色々なおもちゃと組み合わせた箱庭を、かなりのスピードで作ったり片づけたりできます。本人的にも、「ぼくはプラレールが得意」という自信になっているようです。それについては元より大したもんだと私は思っていますし、本人にもそういってるんですが。

最近、なんか奥様のデジカメで、自分が作ったプラレールの写真を撮り始めました。

PA080224.JPG

P1040168.JPG

P1040169.JPG

私、写真については正直さっぱり知識がないんですが、8歳の小学生が撮った写真としては、わりといい感じの写真のような気がします。

というか、「自分で考えて、写真という表現手段を手に入れて、しかもいい感じになるように工夫している」というのは、本当に評価するべきところだと思うんですよ。今のところ、単にデジカメで写真とってきゃっきゃ喜んでるだけですけど。


たまーに、電車趣味っていうと色々言われることありますけれど。こういう時、おもちゃ遊びだろうがプラレールだろうが、親としては「本人が真剣にやっている遊び」に水をささず、すごいと思ったところは素直に褒めて、見守ってあげるべきだと思うんですよね。


彼の他の様々な活動とともに、どんなことになっていくのか、今後とも観察していきたいと思った次第。

今日書きたいことはそれくらいです。
posted by しんざき at 19:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て・子どもたち観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
しんざきさん、はじめまして、かう゛ぇと申します。

Twitterにあがってたコンピュータおばあちゃんの話から飛んできたんですが・・・

じつはLEGO関連のブログをしていまして、
http://legohouse.seesaa.net/article/432110591.html
ちょうどLEGOとプラレールという記事を書いたところでした。

子どもの発想というのは素晴らしいですね(^^
拝見したところ、駅のイメージだと思いますが階段の使い方が秀逸だなと思いました。

また僕自身はLEGOが好きでやってますので、できればレゴトレインに進んでいってくれたらと思いますが、プラレールとLEGOの創造性の組み合わせというのは子どもの可能性を伸ばす入り口という意味でぴったりだなと思った次第です。

さらにカメラワークもなかなか(笑)
たくさんの可能性があるなと感心しました(^^
Posted by かう゛ぇ at 2016年01月08日 07:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック