2016年10月26日

完全に行き当たりばったりでciv6プレイレポを書いてみる その3

引き続きプレイレポをお送りいたします!

ところで、impressのciv6紹介記事を今更読みました。


今回のcivで、今までと何が変わって何が変わっていないのかについては、こちらの記事に全部まとまっているので是非ご参照ください!いや、プレイする前に読めって話ですが。

例によって画像が多いので、以下は折りたたみます。
さて、前回は、宣戦布告からえらい時間が経ってからドイツ軍が襲来したところまででした。若干のんきなバルバロッサ作戦です。いや、うちローマだから地政学的にはイタリアなんですが。グッバイ三国同盟。

といっても、civシリーズは例年「CPUが戦闘下手」という特徴を持っておりまして、難易度のせいもあるのか、あるいはCPUが複数ユニットを同時に扱うのが苦手なのか、意外と防衛がしんどくありません。あんまり1つのユニットに集中攻撃しようとしてこないので意外としのげちゃうんですね。

civ6_レギオンつええ.png

あとなにしろレギオンがつええ。画像はヒッタイト・チャリオットを蹴散らすレギオンの雄姿です。
レギオン2体と弩兵1体、槍兵1体を駆使してなんとかかんとかドイツ軍を撃退。そしたらドイツの方から和平を申し出てきました。

civ6_ドイツと和平.png

ドイツ指導者のフリードリヒ1世さん。ヒゲがこわい。

まだ反転攻勢に出られるほど戦力が充実してないので受諾。てめえの首は預けとくぜ!

ということで、どうにかこうにか蛮族対応も落ち着いて、ドイツの襲来も退けて、さてそろそろ勝利へのビジョンを考えないとな、というところなわけです。なにせまだ、どの勝利条件を目指せばいいのかもさっぱり決めておりません。

勝利条件を確認してみたところ、

勝利が遠い.png

今のところどの勝利条件も遠い感じ。ショボーン感強いです。まあ細かい勝利条件もまだ頭に入ってないんですが。

とはいえ、civの華といえば「テクノロジーが進んだユニットで相手の旧世代ユニットをフルボッコにして制覇勝利」であることは疑いありません。さっきのドイツとの小競り合いをみる限り、戦争ならこちらに一日の長がありそうでしたので、ここはやはり制覇勝利を目指すことが王道であろうと判断。

どんなユニットを目指そうかなーと技術ツリーを漁ってみたところ、

civ6技術ツリー_射石砲.png

「鋳造」で開放される都市攻撃が可能そうな射石砲と、

civ6_野戦砲.png

「弾道学」で開放される野戦砲が強そうな感じです。更にその向こうには、「鉄鋼」と「大砲」の文字も見えています。うむ、これは往年のカノンラッシュにあたるものに違いない。

そこで、今回のプレイの目標を

野戦砲や大砲を作りまくってカノンラッシュで制覇勝利

と定めてみたいと思います。まあやってる内に戦争のコツも分かるだろう。

取り敢えずの動きとしては、

・科学力を高めて研究を加速
・必要な技術のブースト条件を満たして研究をブースト
・各都市の生産力を高めて軍事ユニット量産に備える

の3点とします。

今回技術交換がない代わりなのかどうか、色んな技術に「ブースト条件」が定められておりまして、条件を満たすと研究が半分進むんですね。例えば火薬のブースト条件は「武器庫を建設する」ですし、鋳造のブースト条件は「弩兵を2つ所有する」です。

そうと決めれば、ということで内政に移行。未だぷちぷち発生しつづける蛮族を退治し、たまに蛮族前哨地を潰しつつ、火薬→鋳造→弾道学の技術ルートを目指します。

現在の政府.png

ちなみに、現在の政府は「寡頭制」。すべての陸上ユニットが得る戦闘力ボーナスが強力です。

civ6_今の都市の様子.png

今のところの都市の様子。鉄の確保の為に、第5都市のメディオラムヌも建設しています。各所に製材所や鉱山を作り、生産力を上げていたところ、

civ6_ニュートン獲得.png

偉人獲得。まだ偉人のルールがよくわかってないんですが、その時代時代の対象偉人がランダムに出てくるみたいです。大科学者ニュートンを採用出来ました。

キャンパス区域に即図書館と大学を作れる、研究ブーストにうってつけの偉人です。これはありがたい。オスティアにキャンパス区域をつくってさくっと発動。

一方、なにやらドイツから非難声明が来ました。

ドイツの非難声明?.png

理由が言いがかり過ぎる。

今回は、非難声明を出してから宣戦すると、周囲から好戦的とみなされるペナルティが軽減されるそうで、これはドイツがうちに宣戦してくる前触れと考えるべきか。軍事の整備を急がないといけません。っていうかドイツ、アメリカとも戦争してるっぽいんですが大丈夫なんでしょうか。

そんなこんなで、ついに硝石を確保出来ました。これでマスケット兵や射石砲も作れそうです。

civ6_硝石ゲット.png

維持費がかなり不安なんですが、交易路を作ったり市場を作ったりして吸収予定。

さあ、ここから制覇勝利に舵を切れるのか、軍事ユニットを量産して維持費は大丈夫なのか!?

という辺りで次回に続く。

posted by しんざき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | civ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443131967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック