2016年11月15日

私が好きなウイスキーのお話



ウイスキーをロックで飲むのが好きです。


しんざきの血筋は全員くまなく酒好きでして、当然しんざきの両親縁者も酒好きです。

しんざきの父は、昔は毎晩ビールの中瓶を三本空けていて、子どもの頃の私の仕事は「冷蔵庫から父の為に冷えたビールを運んでくること」でした。ビール係と呼ばれていました。

ビールをさんざん飲んでも、父は酔っぱらうでもなかったのですが、とにかく父が飲み終わるまでは食卓を立たせてもらえず、おかげで随分気が長くなりました。

なにせ物心ついて以来の慣習で、「そういうものなのか」と私は思い込んでいたのですが、今になって考えてみればあれは相当飲みすぎだったように思います。父はまだ壮健ですが、健康の為に控えているのか、最近はせいぜい缶ビール2本くらいになっているようです。それでも私がたまに帰省したりすると相当飲みます。

しんざき実家は、構成メンバー全員好きな酒が異なることが特徴です。


父がビール。

母がワイン、ないし焼酎。

兄が日本酒。

そして私がウイスキー。


何故こうなったのかはよく分かりません。たまたま、なのかも知れません。酒の在庫をお互いに争うことがないから、という事情だったかも知れません。4人の中では兄が一番の偏食、というか偏飲で、彼はどういう訳かビールを全く飲めません。そのかわり日本酒をすぱすぱ飲みます。他の3人は、自分の専門分野以外の酒もぼちぼち飲む、という感じです。


恐らく家族の中では私が一番酒に弱く、兄や父のペースに合わせて飲んでいると酔ってしまうので、家族で酒を飲む時には、私はもっぱらウイスキーをちびちび飲むようになりました。ハイボールは苦手で、専らロックか、ないしストレートで飲みます。

ウイスキーのいいところは4つありまして、


・美味しい
・香りがいい
・ちびちび飲める
・ちびちび飲めるので案外コストパフォーマンスがいい


辺りは衆目の一致するところではないかと思います。

そんな私が、今でも一番好きなのが「マッカラン」というウイスキーです。ウイスキー好きなら皆さんご存知かとは思いますが、とにかく香りが素晴らしく、どの瓶でも外れというものがないことで有名です。


私が酒を飲める年になって以来、父はずっと私と飲みに行く機会を狙っていたらしく、初めて外で飲むことになった時、「ウイスキー飲むならこれも飲んどけ」と言われてご馳走になったのがマッカランでした。多分シェリーオークの、 多分18年だったのだと思います。余りに香りがよくてびっくりしている私を、父がにやにや眺めている表情を今でも覚えています。

父との関係はなにやかやありまして、一時期は関係があまりよろしくなかったこともあったのですが、そのころからは色々と話せるようになりました。以来、マッカランは今でも私の一番のお気に入りの酒であり続けています。


私は普段夕飯時の晩酌をしないのですが、たまーに気が向いた時には、今でもウイスキーを傾けることがあります。アーモンドをかじりながらウイスキーをちびちび飲むと、MPの回復具合が物凄いです。エリクサーか。


ちなみに、一番好きなのはマッカランなのですが、実際のところウイスキーなら割となんでも好きでして、スコッチもバーボンもブレンデッドも好きですし、角もバランタインもハーパーもシーバスも山崎も竹鶴も大好きです。日本のウイスキーすげー美味しいですよね。山崎が世界一になったのも頷けます。


ただのウイスキー好きから、ウイスキーっていいよね、というお話でした。

大した話ではありませんが、今日書きたいのはそれくらい。

posted by しんざき at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック