2016年12月04日

【civ6プレイレポート】北条時宗先生と目指す皇帝科学勝利・その1

どうも、しんざきです。相も変わらずciv6をやっております。

何回かciv6もバージョンアップしまして、ユニット削除時の換金がなくなってスキタイ馬肉経済は出来なくなったり(けどあいかわらず騎乗ラッシュは鬼)、遠隔伐採が出来なくなったり、CPUの科学力が上がりやすくなったり、色々とバランスも改善しつつあります。このさきの追加文明とか楽しみですね。

まだ90時間くらいしか遊べてないんですが、「結局のところ都市数が正義」という真理は強く認識しておりまして、初期拡張でたくさん都市を抑えればどの勝利ルートを通っても大体の場合上手くいく、というのがciv6におけるセオリーであろうと思われます。区域が強くてそこまで人口伸ばさなくても都市がちゃんと機能するのと、隣接ボーナスや周辺パネルボーナスのおかげで密集してれば密集してる程強いんですね。

そこで今回は、北条時宗先生をお迎えして、まずはcivの登竜門といえるであろう皇帝ランクに挑戦してみようと思います。

時宗.png「家康とは格が違うところを見せてやろう」

civ4の頃の日本の内政能力はひどいもんでしたからね。。。

今回のコンセプトは「civ6の特徴を素直になぞって素直に勝ちましょう」ということで、特段変わったことはせず、

・近所の文明を初期弓兵ラッシュで潰して広い立地を確保
・その後食えたら弩兵ラッシュにスイッチしてもう一文明くらい潰す
・その後は適当に防衛しながらぬくって科学勝利

という方針でいってみます。設定は「速度:速い マップ:パンゲア 大きさ:小さい」その他デフォルトです。

以下、画像が多いのでおりたたみます。


日本_1.png

北条時宗さん。家紋のせいで、海外では「ゼルダボーイ」という通称で著名。実際には三つ鱗なんですけど。

時宗.png「トライフォースよりもこっちの方が1000年近く早いぞ」

いやそんなことで張り合わないでください。

時宗さんは、元寇の頃に鎌倉幕府の執権になられまして、モンゴルの襲撃を撃退したということで著名な方です。フビライがいればライバル関係になると思うんですが、今回はまだモンゴルが登場してないですね。コンゴに、いや今後に期待しましょう。

時宗さんの固有能力は「神風」。内容は「海に接した陸上タイルにいる陸上ユニットがstrength.png戦闘力+5のボーナス、浅瀬タイルにいる海洋ユニットが戦闘力+5のボーナスを得るまた兵営、聖地、劇場広場(区域)の建設にかかる時間が半分になる」という能力。正直言うと空気。

しかし、日本の固有能力である「明治維新」は「別の区域に隣接している区域は通常の隣接ボーナスを追加で得る」という能力で、要するに区域をくっつければくっつける程強くなる、みたいな感じで今作の区域ゲーの恩恵を存分に受けられる能力です。

時宗.png「正直何故明治維新と神風がセットになっているのかよくわからんのだが…」

気にしない方がいいです。エレクトロニクス工場も、どうせ工場は早い内に建てる必要があるので生産力+4は単純に嬉しいです。

時宗.png「侍も意外に使い勝手が良いぞ」

アップデートが出来ない上に解禁技術が行き止まりな子はちょっと。。。

時宗.png「えーー」

ということでさくさく開始して参りましょう。

開始地点はこんな感じです。

日本_02.png

時宗.png「正直資源にそこまでうまみがないので、これだけではなんとも言えんな」

まあ序盤のボーナス資源と高級資源は十分ありがたいんですけどね。都市スパムが重要なので、初期立地よりも周辺の立地の方が重要なのは間違いないです。あとは食べやすい文明が手頃な位置にいるかどうかですね。

生産は「斥候→投石兵→投石兵→労働者」でいきまして、弓術ブーストと都市国家ボーナスを欲張って狙っていきます。

時宗.png「テクノロジーは周辺資源の改善技術→畜産→弓術→陶磁器→筆記」というところだな。今回は採鉱と灌漑をとっておけばよかろう」

周辺文明次第ですが、初期ラッシュを狙うなら速い内からがんがん弓兵を作っていかなくてはいけないですね。皇帝レベルなら、弓兵が4〜5体と戦士が1〜2体いれば、近場の文明は十分落とせます。

というところで、北に都市国家であるハットゥシャ、西に中国を発見。

日本_03.png

時宗.png「ハットゥシャの一番乗りボーナスをもらえたのは僥倖だな」

序盤の科学力ブーストは非常に嬉しいですね。生産力ボーナスの方がよりありがたいですが」


日本_05ハットゥシャ.png

ハットゥシャのボーナスは首都とキャンパス区域の科学力。宗主国になっていれば、未取得の戦略資源まで一個もらえます。

時宗.png「あと中国が割と近いな」

序盤のラッシュ先第一候補ですね。

日本_04_中国.png


中国の指導者は始皇帝。労働者を遺産建設につぎ込むことが出来るという文明特性で、かつてのマヤのパカルもかくやといわんばかりの遺産厨。解禁後は万里ばっかり作っている印象がありますが、恐らく今回は遺産を作る暇もなく日本に滅ぼされる運命。

時宗.png「一太刀で終わらせてやるとしよう」

というあたりでその2に続く。
posted by しんざき at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | civ6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444574676
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック