2017年06月05日

熱血物語SPが最高過ぎたので箇条書きでベタ褒めします

硬派真EDルートクリアしたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!おっしゃーーーーーーー!!!


いやもう本当に最高でした。最高でした。素晴らしかったです。熱血物語SP。まだ遊びつくしてないけど。

魔法が正直ちょっと合わなかったのでどうかなーと最初思ったんですが、蓋を開けてみるとこれ以上ないくらい「熱血物語」が描き切られていました。これはもうリメイクとすら言わず、スーパーパワーアップして帰ってきた熱血物語。現代によみがえった、「完全版ダウンタウン熱血物語」と言ってもいいくらいの出来だと思います。少なくとも、「昔ダウンタウン熱血物語が好きだった人」がこのゲーム買って損することは一切ない、とまでは断言していい気がします。

WVW69kW5euAMxJAq-V.jpg

以下は感想箇条書き。

・とにかく「動かしているだけで気持ちいい」アクション感とレスポンスの良さ
・最初弱いだけに、くにおがパワーアップするごとにどんどん増していく爽快感
・ダウンタウン特有の、「ごちゃごちゃ乱闘」とでも言うべき独特の気持ちよさ
・徹底的に各キャラクターを掘り下げたシナリオ展開
・正直、「まさかそこでそんなネタを拾うのか!?」と思ったことも一度や二度じゃありませんよ
・必殺技のバリエーションが滅茶苦茶広い
・けど、「セットした優先順に使える」というシステムなので、どの必殺技も腐らない。色んな技を試しまくれる
・棒術スペシャルがやけくその様に強い
・封印しようかなー、と思ったけど硬派最後の冷峰戦も正直死ぬほど大変だったので多少使った
・軟派では棒術スペシャルは封印した方が面白いと思います
・アクションゲーム下手っぴーだとは言え、まさか10回近く最後の冷峰戦(硬派)にチャレンジする羽目になるとは思いませんでした。装備ちゃんと整えてればもっと楽だったのかなあ
・軟派でも最序盤は結構苦戦するので、いきなり硬派にいかないことを強く推奨します
・旋風脚でまとめて敵を吹っ飛ばすの超楽しい
・ダンクスペシャルでハメるの強くないですか。タイマン限定だけど
・FC版にあったサウンドがFC音源で聴けるの最高じゃありませんか?
・特にダブルドラゴンのテーマがFC音源、アレンジ音源とも死ぬほど熱い。熱すぎて死ぬ。
・というか硬派の四天王、鬼塚、ダブルドラゴン兄弟あたりはどれもめちゃくちゃ強くって、冷峰戦はおにぎりがいくつあっても足りませんでした
・いつでもおにぎりを使えるとはいえ、四天王相手は一瞬でも気を抜くと普通に一撃死があり得る
・硬派もちづきのニトロシステムに引っかかると一瞬で死ぬんですが
・アクションゲーム好きな人にとっても滅茶苦茶やりごたえがあると思います
・飯を食うシーンでいちいち入る感想や解説が面白い
・サブキャラクターもすげーバリエーションが広く、「ダウンタウンの住人たち」って感じで歩き回っているだけで楽しい
・熱血行進曲やほかのダウンタウンで出てきたキャラクターも山ほど登場していてファンとしては嬉し過ぎる
・同人二人組とか、うがじんとか、あとスリーキャッスルのお姉さんたちとかもいい味出してたと思います
・けど、いちいち説教した後に喧嘩売ってくるあのホストどもはなんなんだ?
・仲間がいるシーンで、仲間がちゃんと頼もしい。「いつの間にか死んでた」みたいな、ベルトスクロールでありがちな感じでは全然ない
・もちづきがすげーいいヤツだった。あと、原作では「何このフリーザ様?」って感じだった小林が、ちゃんと掘り下げられていてとても味があるキャラになっていた
・長谷部がものすごーーーく正統派ヒロインをやっていて、長谷部派の私としてはうれしい限りでした
・長谷部かわいい
・どうでもいいが、「制服前開けでサラシを巻いている」というりきの格好にマミは疑問を抱かないんだろうか
・ただ、フラグ立てが分かりにくい点だけは改善してほしいなーと思いました。どのイベントやったか覚えてられない


ぜえぜえ。うん、大体言いたいことは言ったぞ。

とにかく、全編「熱血物語が大好きな人が作ったんだろうなーー」ということが分かりまくる展開ばっかりで、本当に語っても語りつくせません。「もしかすると、当時熱血物語を作った人は、本当はこういう展開が書きたかったんじゃないのか…!?」とさえ思ってしまう展開が満載。本当素晴らしい。

強いて難点をあげると、

・イベントをどこまで消化したかがとにかく分かりにくい。図鑑とは別に、その周回での消化イベントが分かる仕組みが欲しかった
・早送りは出来るものの、イベント自体はスキップできないので何周もしてると多少面倒
・序盤のくにおはちょっと弱すぎるような気もする。マッハキックくらいは最初から使えてもよかったかも
・序盤に「運」を上げることを知らないと、敵が全然お金を落とさなくて必殺技買えなくて軽くハマる

くらいでしょうか。

「熱血物語が好きな人」か、「ごちゃごちゃしたベルトスクロールアクションが好きな人」であれば、ほぼほぼ遊んで損をしない出来になっていると思います。皆さんいかがですか熱血物語SP。


あと、どーーーーしても言いたいことがあるんですが、それは真EDルートのネタバレを含むので、未プレイの方には推奨しません。折り畳みますので、ネタバレがあってもいい方だけこの先を読んでください。







・最終冷峰戦の展開が激アツでした!!!!!いやもう王道なんだけど、本当に王道なんだけど、だからこそ!!熱い!!!
・やっぱり、「かつて戦った強敵たちとの共闘」って展開は王道中の王道ですよね
・上条と山本が滅茶苦茶頼りになって笑うしかなかった。本当に、くにおと一緒に成長したよねこいつら、って感じ
・白鷹の二人はそのまんま過ぎて面白すぎました。西村いい味出してるなー
・ただ、ごだいだけちょっとかわいそうな気がした。いやまあ結果オーライっちゃそうなんですが
・真EDルートも好きなんですが、四天王それぞれとの会話が掘り下げられる、熱血物語4ルートも結構よかったです。終わった後の長谷部との会話もあるし、両方見ることを強く推奨。
・小林と戦った後のセリフ大好き。ああ、小林ってこんなにいいキャラだったんだ、って思いました。
・山田がちゃんとラスボスをやっていて、しかもちゃんと強くって、ファミコン版でのあのぽっと出感は一体なんだったんだ…!!!と戦慄
・総合すると「最高だった!!!!!!!」の一言です



ということで。まだFODDを全然やってないのでこれからやりこんでみます。

今日書きたいことはそれくらいです。



posted by しんざき at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック