2017年07月19日

長男(10歳)のゼルダプレイを見ていて気付いたこと

1.道はガン無視する。というか、道の存在をあまり気にしていないように見える。
2.地図上で目標地点が表示された場合、そこに「まっすぐ」向かおうとする。
3.通行人に話しかけられることに多分気づいていない。
4.ミニチャレンジが発生した場合は律儀にクリアしようとする。
5.敵を見ると基本的に倒しにいく

この辺に気付きました。

まず1点目なんですが、長男、はじまりの台地を抜けた後すぐに、まっすぐカカリコ村に行ったみたいです。

ここで「まっすぐ」というのがポイントで、展開的な「まっすぐ」ではなく、文字通り物理的な一直線。

ハイラル.png

そこまで細かく見てないんですが、多分はじまりの塔から時の森に降りて、その後橋を使わないでハイリア川を渡って、モルセ湖の横を通ってサハスラーラ平原側からカカリコ村に到達したみたいです。(インパの家を「村の一番手前」と言っていたのでサハスラーラ平原側からカカリコ村に入ったのは多分確定)

なので、双子山の塔はおろか双子馬宿もポックリンもガン無視してますし、ヴァシ・リャコの祠も素通りしてます。こういうルートもありなんだ、とむしろ感嘆。あとルートを後から推測するの超楽しい。

で、もう一点気づいたこととして、長男「道」をあんまり気にしてません。というか認識してるか怪しい。

これは多分、長男がRPGをやるのが初めてだということもあると思うんですが。RPGにおける「道」って、本来はガイダンスなんですよね。この道通りに進めば色々楽だし色々わかるよー、という。だからゼルダでも、始まりの台地を降りて道沿いにいけば、祠もあるし塔もあるし、しまいには自然と馬宿にたどり着ける、というようにできている。

けれど、その文脈というかお約束って、前提としてある程度RPGをやってる人にしか分からないわけです。だから、長男にとっては道は「なんか地形の色が違うところ」でしかない。だから道はガン無視するし、目的地が表示されたら一直線に特攻する。


この辺は、今までのゲーム経験からしても全然解釈が変わるところなんだー、と感心しきりですし、そういう遊び方でも全然問題なく進められるゼルダのキャパシティすげえな、と改めて思ったわけです。

あと、長男ボコブリンを見ると取り敢えずぶん殴りにいって、ぶん殴った後方向を失って右往左往、みたいなのも二、三回ありました。多分その内地図の重要性に気付くと思います。

まあ、長男がもし困ってたら何かしら助け船を出そうかなーとは思いますが、取りあえず困ってなさそうだし楽しそうなので自由にやらせておこうと思った次第です。


いやー、それにしても、他の人のプレイ見てるの楽しいですね、ゼルダ。私もまた最初からやろうかと思ってしまいました。


取り敢えず以上です。



posted by しんざき at 12:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチのチビは始まりの大地で
たった一人のオジイに切りつけたり火のついた枝で威嚇したりリンゴを乗っけてみたりしています、延々と
たまにちょっと遠出しますがすぐ戻ってきて
オジイとイチャコラしています
Posted by 読者 at 2017年07月19日 14:29
ハイラル近衛騎士名物直進行軍!
Posted by at 2017年07月19日 20:08
よし
進路は北北東じゃーーっ!!
Posted by   at 2017年07月20日 10:18
ふと思ったのが、ゲームの経験関係なく、道と認識できていないんじゃないか説。
昨今の子供はああいう獣道というか、コンクリートで舗装されていない道というのを見た事があるのかなーと。
全然見当違いな事言ってたらすみません。
Posted by at 2017年08月09日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック