2017年10月14日

文章を読む時脳内で声が再生される人、されない人

脳内で声がしません。


いきなり何を言っているのか、ついにトチ狂ったかと思われるかもしれないですが、いわゆる内言の話です。

どうも世の中には、文章を読んだときに脳内でその音声が再生される、つまり「文章を読む声がする」人と、しない人がいるようなのです。あなたはどうでしょう?今、脳内で声、してますか?

しんざき奥様は心理学畑の人で、もともと大学では心理学を専攻していました。で、何がきっかけだったのかよく覚えていないのですが、「内言というものがよく分からない、というか脳内で声が再生されるという感覚が分からない」という話をしたら、なにやらびっくりされたのです。

しんざきは、文章を読んでも、その文章を読む声が脳内で再生される、ということがありません。昔から、多分こどもの頃からずっとありません。文章は、「文字のかたまり」「情報のかたまり」としてそのまま頭に入ってきて、そのまま処理されます。声とは結び付きません。

それが普通というか、脳内で声がするとか怖、神のお告げやんそれ、みたいに考えていたところ、しんざき奥様にとっては「文章が声で再生される」という方が普通だった為、割と根本的なところで感覚が全然違っていて二人ともびっくり、というような次第だったのです。

ふと興味がわいてきたのでTwitterでアンケートをとってみました。投票という機能を初めて使いました。

まだ時間は残っていますが、おおむねある:ないが8:2くらいの割合で安定して推移していますので、多分これくらいの割合が妥当なんだろうと思いました。とはいえ勿論クラスタで偏っている可能性はあります。

なるほど、確かに「文章を読む声が脳内で再生される」人の方がかなり多いようです。とはいえ、声がしない人もそれなりの割合で存在します。

ちなみに、Twitterで質問をされたのですが、


・マンガや小説がアニメ化された時、声に違和感を感じることがないか?あるとしたら脳内で声を想定しているということでは。

→そもそもアニメをあまり観ないので、あまりそういう経験をしたことがありません。。。ただ、確かに、「この声合わない」みたいな感覚は分からないっちゃ分からないです。関係ないですが、闘神伝(初代)のカインの声をきいて「声ふとっ!!」とか思ったことはあります。


・何桁かの数字、例えば電話番号とかを覚えるときって、字面で覚えるのか?

→字面で覚えますね。。。幾つかの数字をワンセットで処理したりはするかも知れません。


・楽譜を読んでも音がしないか?

→すいません楽譜が読めません。。。ただ、例えば「ドレミー」とか書いてあってもドレミの音が脳内で再生されたりとかはしません。曲を思い出してその曲を脳内再生することは出来ます。


上のはあくまで私の感覚なので、多分人によって違うんだと思います。「オンオフの切り替えが出来る」という人もいれば、「読む時は声がしないけど、書く時は声がする」という人もいました。

この辺、人によって感覚が全然違うようで、なかなか面白いですよね。「文章を読む」という、すごく基本的なところでも、根本的なところで受け取り方が違うというのは、同じ人間なのに興味深いなーと思った次第です。

ということで、今日書きたいのはそれくらいです。









posted by しんざき at 07:34 | Comment(28) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
声が聞こえる人の方が多いのか、マジかよww
Posted by at 2017年10月14日 09:24
小説をじっくり読むときは、情景をイメージしながら読むので、頭の中に風景があるし登場人物がしゃべります。
深夜アニメを観て面白そうな原作を読むということをよくやっているからかもしれません。
Posted by at 2017年10月14日 11:27
こういったブログ記事や雑誌等の活字、床屋なんかに置いてある漫画を読むときは脳内で声が再生されることなくスラスラと読めるのですが、自分で買った本や漫画、よーし読むぞ〜と身構えて読み始めた記事などでは流し読みになって情報をちょっとでも取りこぼすことのないようにしようと無意識に躍起になってしまっているのか脳内で声が再生されることが多いです。
脳内で声が再生される場合は、読んでいる最中につっかえるとまた文頭から読み始め一言一句違えずに脳内の声を再生させようとして非常に時間がかかり、読後の疲労感も大きいため、実は良くないことなのではと感じながらも直せずにいます。
Posted by at 2017年10月14日 16:25
私は自分でコントロールできますよ。
それどころかちょっと疲れますけど好きな声優さんの声でテキストを脳内再生できますよ。
そういう人って多いんじゃないですかね
Posted by at 2017年10月14日 18:12
私の場合は、日本語は無意識に声が再生されている気がします。それが男性、女性の声というクリアなものではありませんが。
でも、英語では、一つの文章のまとまりを感覚的に理解している感じです。
この違いは母国語であるかどうかの違いなんでしょうか?
Posted by at 2017年10月14日 18:16
ぼくは、本の内容が、
頭の中で、映画やアニメみたいな映像になります。
Posted by at 2017年10月14日 19:00
セリフは確実に声で聞こえます。

アニメ化で声優がイメージと異なっていても、
それ以降はその声優の声で再生されます。

人格入れ替わり描写の場合、入れ替わり元の人が、入れ替わり先の人の声を出すときは、元の人が先の人の声を真似た声で聞こえます。
(これは、すげーな俺って思ったw)
Posted by at 2017年10月14日 20:09
私もある程度コントロールできるますね。
小学生低学年の頃は頭の中で声に出さないと読み取れてなかった覚えがあります。
高学年になって本を読む量が増えてくると、自然と声がしなくなっていきました。
このあたりで他の人より多少早く文章を読めている実感がありました。
その後アニメ原作のラノベや漫画を読むようになって、声優の声で脳内アフレコをしてるうちにコントロールできるようになっていった感じです。
今はニュース記事や業務関係、資格試験問題、あるいは流し読みをするときは声がせず、小説や漫画などをじっくり楽しむときには声がするようになりました。
Posted by at 2017年10月14日 20:38
認知特性って奴ですね。
結構面白い説でなおかつ納得出来る事だらけなので一度は触れてみるのも良いかもです。

私は脳内で音読しないと文章を読めないし、さらにその音声を元にイメージ・ヴィジョンを構築しないと物事を理解出来ないw

逆に現物さえ見れれば言語や聴覚で認識する時よりは速く正確に理解出来るんですが。
Posted by at 2017年10月14日 20:56
内容によってどっちもありです。
なので
「いつも声がしない」「いつも声がする」って二者択一にできるということのほうが理解できないのです。
音声が聞こえるタイプの文章もあれば、そうでないものもあります。
同じ小説というジャンルであっても、です。
Posted by at 2017年10月14日 21:10
慣れると脳内声優を切り替えられるぞ
Posted by at 2017年10月14日 22:10
これ、子供の頃音読してるかどうかが大きく
響かない人は本読むのが2倍位速い

むかし、彼女と一緒に本を読んでた時彼女は響かない派で読む速度が違いすぎ
一緒に読むのが不可能だと悟った
ただ理解力はどうも僕のが上だったのでどちらが良いかわからない
Posted by at 2017年10月14日 22:52
昔ファインマンさんっていうアメリカのノーベル賞取った科学者の読み物で、数字を数えるときに脳内で音が聞こえる人と、画像が見える人がいるっていうのが書いてあったのを思い出しました
音が聞こえる人は喋りながら音を数えられないし、画像が見える人はものを見ながら数えられないらしい
Posted by 名無しさん at 2017年10月14日 23:55
普段は聞こえていないけれど、脳内音声の話が意識下に昇ると聞こえてくる。
聞こえる(というか脳内発声の方が近い?)と読む速度が落ちるので追い払うのに苦労します。
脳内ループ音楽を追い払うのに苦労するのと同じ、意識するほど出てきちゃうという(苦笑
Posted by at 2017年10月15日 00:16
結構いらっしゃるようですが、私も両刀遣いです
情報媒体として読む時は声にしないし、味わいたい時は声にする感じです
論説文なんかは、そもそも文字か声かという以前に図や表に変換した方が早いですし
小説も声にしない方が速くは読めますが、速さよりも味わいたいので声と映像にします
Posted by at 2017年10月15日 01:03
吾輩は猫である。名前はまだない。

Hello John, nice to meet you.

付贅懸疣 渟膏湛碧 蓴羹鱸膾

floccinaucinihilipilification

महिलाओं के प्रवेश पर बोला बोर्ड- सबरीमाला मंदिर को नहीं बना सकते थाईलैंड



こうやって「読める文」と「読めない文」を並べてみると、読める文は文字単位ではなく単語単位で認識してること、読めない文は文字単位で認識するしかないことが感じ取れると思う。読めない文なんだから音がしないのは当たり前じゃないかと思うかもしれないがそうではない。それは数学の積分記号なんかを考えればわかる。積分記号を見ると頭の中で「インテグラルゼロから無限ディーエックスディーティー」とか声がするという人は少数派だろう。
Posted by at 2017年10月15日 01:42
最後が化けてしまって失礼。मह・・・はヒンディー語の文章だったのですが文字がうまく表示されなかった。
Posted by at 2017年10月15日 01:44
それって状況によって変わるのが普通なんじゃないの?

ここに書いている人もGoogleの検索結果を見てそれが音になっているとは思えないけどな。パラパラと眺めると何となく必要そうな所が目に飛び込んでくる。それで読めていないかといわれるとそうでもなくて別に普通に検索結果は読めている。でも音はしない。
逆にラノベとかを読むとセリフを話しているように聞こえる。描写が多い本の場合はセリフってより映像が普通は浮かぶ。映像が浮かぶ段階になると今度はむしろ文字とすら認識していないような感覚になる。感覚としては映画の字幕を見ている時なども同じような事が起きる。映画に引き込まれていくと字幕を読んでいる感覚はなくなりその人が字幕のように喋っている気分で見ている。字幕に意識を集中しなくても勝手に読めるというか。だから段階としては3つあると思う。

 1.Googleの検索結果状態
 2.脳内で音読していて声がある状態
 3.映画の字幕のように文字を完全に意識しない状態

だれもがこの3段階の読み方をそれぞれ使い分けているのではないだろうか。小説とかもGoogleの検索結果のように読もうと思えば読める。そして恐ろしく速く読めるし読み終わった後の文章の記憶も実はそんなに変わらない。じっくり読んでも全ての文面を覚えているわけではないので。ただ、そんな風に読むと面白くない。例えば漫画で絵を全部消してもセリフだけでそれなりにストーリーが分かる話しがあったとしても絵がついていた方が面白いので絵も普通はみると思う。面白さのために絵の部分を見る。同じように小説でも脳内に浮かぶ映像やセリフの音声を認識するために読むと思うんだ。てかそれがなかったら小説って糞つまらないと思う。
Posted by at 2017年10月15日 04:28
例えば ”ビックリする”の読み方で”ッ”の無音部分を短時間で読んだり 長く読んだりすると
何となく違いを頭の中で感じます。
聞こえない人はこの単語 ”ビックリする”の文字だけでの認識のみということですか?

そうなら違いは無いですよね。 だとすると私には驚きです。
Posted by えぺ at 2017年10月15日 11:17
人数比も英語圏での調査とほぼ同じですね。
http://gigazine.net/news/20160225-read-voice-in-head/
Posted by at 2017年10月15日 13:54
僕も普通に読書していれば脳内で声が聞こえることは一切ないですね
キャラクターや風景のビジュアルが頭に浮かぶこともかなり少ないです
昔から歴史小説などの俯瞰的な文章を好んで読んできたせいかもしれません
Posted by at 2017年10月15日 13:55
普通に読むと無意識に聞こえますね。
上のコメントでも上がっていますが、音読文化が影響していると思います。

ただ、速読を使うと聞こえなくなります。
Posted by at 2017年10月15日 18:45
どうやって考えるのですか?
私は例えばこれを書くときも、
一度脳内で「読み上げ」てから書いているのですが、
脳内にパッと入力後の文字列が浮かんでそれを入力する感じでしょうか。
だったらすごく便利そうで憧れます。
Posted by at 2017年10月15日 19:40
脳内再生、のレベルがどの程度かわかりませんが
耳元で台詞の朗読を聞くと同レベルだとするならば自分は「全く無い」ですね。
聞こえる人のほうが多いとは以外でした。
Posted by at 2017年10月15日 22:12
声がするとか信じられない。。
文章読むスピードで話されたらめちゃくちゃ早口になると思うけど、それを聞かされてる感じになるってこと?
Posted by at 2017年10月15日 22:29
声はしない派、だと思います。
抽象的な話ですが、脳内で文章を解釈するスピードが、一般的な喋るスピードよりも早いので、音声をあててるとまどろっこしいです。
とはいえ、音声としては認識している気がします。なんていうか、文章を音声ファイルに変換して解析するけど、再生はしない感じでしょうか。

ちなみに物語でも登場人物の声はあまりイメージしません。ただ、顔は外観は、無意識のうちに実在の俳優とかを配役してることが多いです。これを決められないと入り込めないですね。
Posted by g at 2017年10月16日 01:11
自分は通常は声で再生する派です。でも、ざっと目を通すような読み方をするときは、単語単位で目で追っていくので、再生はしていません。
Posted by at 2017年10月16日 10:24
小学校時代の音読教育の名残がある人が多いのかもしれない
Posted by at 2017年10月16日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: