2019年09月22日

今日のしんざきと、首尾よく子どもたちが私の知らないコンテンツをたくさん拾ってきてくれるようになった話 19/09/22

長男:相変わらず信長の野望DS、たまにスプラトゥーン2、あと信長の野望から派生して見つけてきたらしく、「信長の忍」に最近ハマっています。


戦国もの4コマ漫画。一応存在は前から知っていまして、あ、この人の絵見覚えあるなーと思ったら近代麻雀で雀荘のサエコさん描いてる方でした。あと、前回書いた「峠鬼」を長男に読ませてみたら「面白い」「ちょっと蟲師みたいな感じ」と、ほぼ私と意見が一致しました。子どもと漫画の趣味が合うの超楽しい。

本人中学受験をするつもりで塾とか通ってまして、色々勉強もしながらなんで土日あまり遊んでられないのがちょっと可哀そうなんですが、まあそれも今年限りなので、受験終わったら謎解きとかも色々連れてってあげたいと考える次第です。

長女:なんか最近怖い話が好きらしく、子ども向けの怖い児童小説や漫画にハマっています。おばけずかんとか、あとちゃおの何かとか。


長女怖がりなんでこういうの嫌いなのかなーと思っていたんですが、逆に怖がれるコンテンツが好きになりつつあるようです。

長女は以前まではそこまで本を読まなかったんですが、最近は順調に読書にハマっており、夜寝る前も往生際悪く本を読み続け、電気を消そうとしたら「待って!今のページ覚えるから!」と言いつつセコくページをめくろうとする、と昔の自分を思い出すようで大変よろしいと思います。

次女:漫画及び児童小説。漫画で言うと、最近「本好きの下克上」がお気に入りで、図書カード持ち出して自分で買ってました。本好きの女子大生が、本を読む習慣が全く定着していない世界に転生してしまうお話。もとはラノベなんでしょうか。


私も読んでみたんですがなかなか面白く、原作も読んでみたいなーと思いました。転生ものっていっても本当に色々あるんですね。

児童小説で言うと、「氷の上のプリンセス」を読み漁っているようです。


これ、品薄なのか人気なのか、既刊がなかなか本屋に売ってないんですよね…結構あちこち本屋巡りをして探したりしていて、あー私も昔そういうことやったなーと感慨。


上記、どれも「私はもともと知らなかったコンテンツ」であって、以前からこうなるといいなーと思っていた、「本好きになった子どもたちが、私の知らない本や漫画を私に教えてくれる」という状況が実現しつつあります。超楽しい。

子どもと趣味の話をしまくれるというのは親として大変エキサイティングな状況でして、自分の古い感性を錬磨出来る機会でもありますし、単純に視点を広げるチャンスでもあります。今後も順調に濫読家に育ってくれて、本の置き場所や収納スペースに悩みまくれるようになると更によろしいなーと考える次第な訳です。

一旦それくらいです。

posted by しんざき at 10:19 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
しんざき様、はじめまして。Yahoo!ニュースのトップに挙がっておりました「ねとらぼ」の記事を拝読致しました(キン肉マンマッスルタッグの話)
世代ドンピシャということもありますが…めちゃめちゃ面白かった。なんの捻りもない愚直な感想で恐縮ではございますが、素直な感動を伝えたくブログにお邪魔致しました。
リアクションはいりません、頑張って下さい。ブログも読ませて頂きます。失礼致しました。
Posted by ラピ at 2019年09月23日 16:47
本好き下克上、ノベルは女の子には割とおススメです。うちの中学生娘がはまってます。
他になろう系でうちの子らがはまったのが、転スラと蜘蛛ですが。この二つは原作から漫画化した漫画家さんの構成力編集力すごい上手いです。文章だとどうしてもクドくなってるところを略して面白エッセンスは外してない。原作に思い入れあると、画像化に違和感あるあるが普通ですが、この二つには素直に感服しました。
子供らが勝手に面白コンテンツ拾ってくれるようになると楽しみですよね。うちはまだまだですが。。
Posted by なおまつ at 2019年09月24日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: