2022年07月26日

今日のしんざきのOuterWildsプレイメモ 22/07/26 (DLC攻略中) (ネタバレ注意)

思考メモの為のOuterWildsDLC攻略日記です。
ネタバレが含まれると思われるので、OuterWilds・およびDLC未プレイの方には推奨しません。














DLC-7

航行記録と、今までのスライドのスクショをよーーーく見て考える。

やっぱまず気になるのは塔みたいな建物だなー。先住種族が塔を指さして、それから遺物を持って降りていくシーン。航行記録を読んでみると、「しばらくするとランプは消えて、隠し通路が現れた」とか書いてあるやん。んー、これはつまり、例の壁画がある場所で灯りを消せばいいということかな?

ということで塔に行ってみる。ランプを消す方法が分からなかったので、拾い集めて外にぽいぽい投棄する。すると、絵があるスペースの奥に入れて、そこに下に降りる階段が……!!おおいいぞいいぞ、推理がこういうばっちり推理が決まった瞬間大好き、と思ったら先住種族の遺体がたくさんあるーーーー!?!?こええ。

真ん中に焚火。全員、灯がついた遺物を手にもっている。これは、例の夢の世界っぽい場所の中に入ってるということ……?体は死んだけど意識は生きているとか、そういうことか?

その後、遺物を持ってうとうとしてみると、鐘のような場所からワープした時とは違う場所に出た。

水辺の上に東南アジアみたいな木造りの家。空を見上げると大きな土星のような星、ってことはこれ先住種族の故郷の星系ってことか!?うおーーーーわくわくする。宇宙服着てないっぽいけど、これ体はどうなってるのかな。

20220723165845_1.jpg

あちこちの蝋燭には遺物で灯がつけられるっぽい。遺物で集中することによって短距離ワープが出来るような仕組みもあった。その後、ずーーーんと音がして、「あ、これ、大きな橋が壊れた音か」ということも気づく。夢世界にも現実世界の影響が出るのか。

あちこちうろついていると、また「カンカンカンカン」という警戒音がして目が覚めた。

ここまでで分かったこと。

・遺物は夢世界(仮)に入るための道具
・壁画がある塔に地下通路
・先住種族が遺物を持って何人も夢世界に入っている?夢世界に行けば先住種族とコンタクト出来る?
・ただ、警戒音の下りを考えると、必ずしも先住種族に歓迎されているわけじゃない気がする……むしろはっきりよそ者として警戒されているんじゃ?
・遺物の「集中」を使うことで、蝋燭に灯をつけたり、短距離ワープの道具でワープ出来たりする
・遺物から火が消えると元の場所に戻る
・夢世界も現実世界の影響は受けるっぽい。つまり、時間が止まっているわけではない

確認したいこと。

・壁画がある部屋は、塔以外にも幾つかあった。そちらはそちらで同じようにワープの起点になるんだろうか?
・夢世界で時間切れを迎えるとどうなるのか?

まだ燃え殻諸島も隠れ谷も水池も「探索出来る場所が残っています」になってるので、夢世界だけではなくそっちも探索しなくては……

それにしても、流れ者の中では全体的に「暗さ」が有効利用されてるなあ……いや、このゲーム全体の話だけど、「暗い」ということがギミックそれ自体に組み込まれているよな。さらにそれにくわえて、流れ者のギミックが「灯りをキーにして色々動く」になっているから、余計暗闇が強調されてるような気がする。

DLC-8

航行記録確認。この前いった場所は「星灯りの入り江」というらしい。地底湖と星灯りの入り江か。日本語訳がところどころ字抜けしているのが気になる。

遺物を拾った廃屋のすぐそばに、同じく壁画の部屋があった。ランプを投棄して隠し扉を降りると、やはり焚火を囲んだ先住種族の遺体。うとうとして夢世界に入ると、また別の場所。こちらは「覆われた森地帯」というらしい。

うーーーん。これ、夢世界に入ってみると遺体が消えてるのが、当たり前だけど意味深だな。夢世界に入った後先住種族が何をしているのか。

というかこれ、仮に「肉体から一時的に離れて夢世界に行く」のが遺物の効果だとすると、もうこの先住種族たちには戻るべき体がないってことだから、夢世界の中で灯が消える = 死ってことになるんじゃ……?

あちこち探し回ってみるが特に進展なく時間切れ。

DLC-9

隠れ谷。この前ぱっと見「幽霊物質で入れないんだな」と思った場所、普通に幽霊物質の横すり抜けられるやん!スライドリールを見つけるが新しい内容は無し。というかこの前ここで見たんだっけ?うーん、自分がどこに行ってどこにまだ行ってなかったのかよくわからん。

ここにも壁画があって、「あ、いけね、遺物持ってきてなかった」と思ったのだが近くに遺物が置いてあった。親切設計。

行ってみると、隠れ谷と同じような地形で、向かい側の谷に集合住宅みたいな建物がある。しばらく周囲を探索していたら、いつの間にか橋があって向こうに渡れるようになっている。

あれ、この橋最初からあったっけ?

なんか招き入れられているみたいで怖いなーと思いつつ正面へ渡ってみる。うーん、生活感はあるような気がするんだが、何もない……?ところどころショートワープが出来るだけ、か?というか時々声?息?みたいな音がして滅茶苦茶怖いんですが!!!!!!!!!!!!アンコウを思い出して軽くトラウマ。恐怖演出ってもしかしてこの辺のことなのかなあ。

あちこち歩き回ってる間に時間切れ。

うーーん、ちょっとずつ解像度が上がってきたような気がするんだが……まだいまいち色々繋がらない。後から考えるとこの「分からない」時間ってすごく貴重だと思うんだけど、それでもちょっと我ながら勘が悪すぎる。

まだ燃え殻諸島も水池も未探索の場所があるのでもうちょっと探索してみる。

posted by しんざき at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック