2007年08月20日

浦沢直樹は、「短距離ランナー系」漫画家なんではあるまいか。

今回のテーマ、タイトルだけ。よく言われる話なのかも知れんがまあいいや。

といっても、別に浦沢直樹が短編に長じているんじゃないか、と書くつもりはない(パイナップルアーミーは割と好きだけど)。むしろ逆で、「シリーズもの長編の一冊目」を面白く描くには、彼は出色の腕前を持っているんじゃないか、という話だ。

などと思ったのは、ekkenさんのこの記事を読んだからである。
2007 6月後半から7月に読んだ本
初期のころは「このコミックに日本SF大賞か星雲賞を!」などと思っていたのだけど。
まあ作品自体が面白いかどうかは人それぞれだから置くとして。

思うに、浦沢直樹は「面白そうな序盤を描くこと」に関しては天才的な才能をもっていると思う。もう少し限定的に書くと、「設定の生かし方」及び「伏線の散りばめとストーリーとの絡ませ方」が非常に上手いんではないか、ということになる。

私の想像だが、浦沢直樹自身(編集者さんかも知れないが)、当然この「上手さ」を自覚しているのだろう。だからこそ、最近の浦沢漫画が「伏線自体をテーマにした」作品ばかりなのだ。序盤面白いことが保証されている、ということ程編集サイドにとって心強いものはない。

それに対して、伏線の展開・収束に関しては若干バランス的に劣るから、結果として終盤のパワーが序盤に比して落ちるのではないか、と私は思ったりするのだ。

この傾向は、20世紀少年やMONSTERどころか、YAWARA!の頃から既にあったと思う。YAWARAの場合は、物語のテーマが伏線自体にはなかったから問題を生じなかったけど。

だからこそ、「そろそろMASTERキートンみたいな、伏線自体はテーマじゃない漫画を描いてくれないかなー」と私は考える訳である。


で、それと比較してみたくなるのがジャンプ系の漫画家だ。例えばドラゴンボールや幽白に関してよく言われることだが、「序盤とそれ以降の展開が全く違う漫画」をどう位置づけるべきなのかに関して、私は首傾する。

編集者さんサイドの動きの方が大きいのだろうとは思うのだが、少年漫画誌のあるゾーンにおける漫画は「長距離走破に向けてスタミナを温存すること」を常に外部から求められた作り方をしていると思う。展開に頭を悩ませる必要がない格闘系に走りやすいのは、その一つの顕れに過ぎないのではあるまいか。


一方で、冨樫義博という人に短距離走をさせてみたらどういう訳かレベルEが完成しちゃいました、というのが95年〜97年のジャンプだったんじゃないかと思うんだけど、色んな意味ですごいですよね冨樫さん。ハンター再開するって本当かいな。

posted by しんざき at 12:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
>一方で、冨樫義博という人に短距離走をさせてみたらどういう訳かレベルEが完成しちゃいました

レベルEは名作だと思います。

ハンターハンターはシナリオとか絵コンテだけ描いて、アシスタントに丸投げぢゃあダメなんですかね、やっぱり。
敵を強くしすぎて収拾できなくなっちゃったけど、でもスーパーサイヤ人3みたいな強引な展開はイヤだとかそういうことで2年近く悩んでいるのかな?>冨樫さん
Posted by たこぽん at 2007年08月21日 18:00
>たこぽんさん
>レベルEは名作だと思います。
同感であります。3冊で終わってよかったような、残念なような、でもやっぱ良かったんだろうなあ。

>アシスタントに丸投げぢゃあダメなんですかね、やっぱり。
富樫さんってそもそもアシ使ってないとか聞いたことあるんですけど、どうなんでしょ。
Posted by しんざき at 2007年08月23日 01:14
嫁さん(元漫画家)いるし、今の画風はアシを使わなくて済むように編み出したんじゃなかったかな。
Posted by 珠樹 at 2007年08月24日 11:07
>珠樹さん
ああ、嫁さんってセーラームーン描いてた人でしたよね。作画とか手伝ってるんでしょうか?

画風というか、ジャンプに載っている作風に関しては、ちょっとやり過ぎだろ、とか思うこともありますけど。
Posted by しんざき at 2007年08月25日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック