2007年09月27日

「取り敢えず、SE」マジ危険。

身の回りにSE志望の若者がすげー多い。大学の後輩とか、数件就職の相談に乗ったりしたが、皆さん軒並みSEである。なんつーか、ちょっと複雑な気分になった。

一方、昔いた会社の同期に、SEから離職してSE以外の仕事に就いた人がすげー多い(多分離職者中8割くらい)


人は何故、IT業界に疾く来たりて疾く去るのか。SEという職種に関して、何か重大な錯覚があるんじゃないか、という気がしてならない。

一言で言うと、技術職に憧れてSEを目指すと間違えることが多い、とかそういうことなんじゃないかと。

以下、同僚と話したりして思ったこと、箇条書き。まとまってないので後から整理するかも。


・「IT業界の労働条件がそれ程良くない、会社によっては底辺」というのは、昨今割と有名である様な気がする

・つまり労働条件に関しては、SEを志望する際にある程度計算に入っている筈である

・無論、労働条件の悪さは重大な離職理由になり得るが、「思った様な仕事じゃなかった」という話もよく聞く

技術職だと思ってIT業界に入ってみたら違いました、みたいな人がかなりいるんじゃないか?

・文系出身でも技術が身につけられる、みたいな志望理由を割と聞く。まあ全くの間違いとは言わないが、えーと。

・そもそも、「技術」という言葉に対して、具体的にどんな内容を想像しているのかがいまいち曖昧。PGになりたいの?と聞くと、どうも違うみたいだし(というか、PGに関しては逆に悪いイメージがある人が多い気がする。どっちかで完結する職じゃないと思うんだが)

・勿論会社にもよるけど、イメージしている様な技術が身につく仕事ばっか出来る訳じゃないデスよ。というか、いわゆるSE中の何十パーセントかはそもそも技術職じゃないんじゃ(略

・っていうか、技術職としてのSEにちゃんとなれるかどうかってのは運次第(及び、携わるプロジェクトと本人の才覚次第)だよね、という事実は広く知らしめるべきなんじゃないか?

・技術職出身の上司が上手い具合に仕事を振れない、というケースもたくさん聞く。これも一因かも。

・仕事を振るより自分でやっちゃった方が遥かに速い、というのは正直分からんでもない。振るのも仕事の内だからマネジメントはちゃんとやるけど。

・「IT業界は人手不足」といううたい文句は10年以上前から言われてるけど、これも一種の都市伝説というかなんというか。人手不足なのは確かだが、足りないのは(Googleで検索するとたくさん引っかかるので略)


今更何書いてんだ、といわれると困り顔になる。

----------------------------------------------
(追記 07/09/29 10:32)
ちょっと追記。

最大の問題は、技術職への憧れと、いわゆるIT技術というものに対する認識違いなんじゃねえかなーとか思い始めた。「SEになりたいけど、PGはちょっと」みたいな言葉にそれが表れている様な気がする。

もうちょっと考えてみるかな、と。
posted by しんざき at 17:26 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
>今更何書いてんだ、といわれると困り顔になる。

 そこ、困らずにちゃんと書くのがしんざきさんのブロガーとしての「仕事」なんじゃなかろうか、とか高圧的なことを書いておきます(笑)

 今、うちの職場にもSEさんが出入りしてますが、技術というよりもマネジメント、マネジメントよりもマーケティングセンスが欲しいなあ、とか思います。まあ、調整能力と推進力ですね。これはどの業界でもそうでしょうが。

 私は文系ですが、OSなり基本的な言語が固定された時点で、常人が「技術的に解決できること」というのは限られているように思います。
 なので「SEとして華々しい成果を上げたい」というのは「ロックスターになりたい」というのとあまり違わないのではないかと。
Posted by LSTY at 2007年09月27日 22:48
>LSTYさん
こんにちは。そういえば、LSTYさんのHN、私の心の中ではついつい「リスティ」という読みで読んでしまうんですが、LSTYさん的にNGではないでしょうか。

>そこ、困らずにちゃんと書くのがしんざきさんのブロガーとしての「仕事」なんじゃなかろうか、とか高圧的なことを書いておきます(笑)

おっしゃる通りです。すいません、最近円高が続いていてつい弱気になってしまいました。今更エントリーと言われた時の対処法を考えておきます。

> 今、うちの職場にもSEさんが出入りしてますが、技術というよりもマネジメント、マネジメントよりもマーケティングセンスが欲しいなあ、とか思います。まあ、調整能力と推進力ですね。

協業さんってことですよね。よそに出向するSEさんだと、やはり職場での調整能力って必須になってきますね。
こういうところ一つとっても、SEに要求される能力って状況次第で多種多彩だなーとか思います。

>なので「SEとして華々しい成果を上げたい」というのは「ロックスターになりたい」というのとあまり違わないのではないかと。

そうなのかも知れないです。というか。
「SEとしての華々しい成果」っていうものが、私のイメージする「いわゆるSE」の仕事ではあまり思い浮かばなかったり。
Posted by しんざき at 2007年09月28日 15:04
ちは。みくしぃ日記じゃなかったのね。

自分も肩書き上SEらしいのですがやってることはコーディネーションばっかりです。正体不明のcore解析したり、トレース眺めつつ寝落ちたり(をぃ)、ディスクへのデータ配置間違えてるのをちくちくと発見して嫌味言ったりしたいのに、です。

んで、いろんなSEが居てもいいとは思うけど、プログラムの読み書きさえも厭う人が一人前のSEとして勤まるとは思わないです。得手不得手という以上に「その程度のことに取り組もうとしない」ことがです。
Posted by yek at 2007年10月02日 09:48
>yekさん
どうもですー。コメントありがとうございます。

>トレース眺めつつ寝落ちたり(をぃ)、

あー、あるかも←ダメな例

>んで、いろんなSEが居てもいいとは思うけど、プログラムの読み書きさえも厭う人が一人前のSEとして勤まるとは思わないです。得手不得手という以上に「その程度のことに取り組もうとしない」ことがです。

おっしゃる通りだと思います。ただ、どういう基準なのかよく分からんのですが、いざ「プログラムの読み書き」を始めてみると、「向いてない」とさくっと判断する人が割といる様で。

プログラムに向いてない人なんて存在しない、と私自身は思ってるんですが。
Posted by しんざき at 2007年10月02日 19:39
自分もSE目指してましたが、挫折しました。
正社員の中途採用では、もう無理そうです。

#しりとり参加ありがとうございます。
Posted by 終日禁煙 at 2007年10月08日 10:36
こんにちは。SEです。

ウチはコンサルへの転職者が多いね。
他業界と半々ってトコか。
うちの会社は部門によって同じSEでも上流から下流までやることがだいぶ違うんで、人それぞれ全然事情が違いますな。

とりあえずピラミッド構造は無くなりそうでなくなるとは到底思えないのが実情ってとこでしょうか。
Posted by bari at 2007年10月08日 19:00
>終日禁煙さん
む、なるほど。
ちなみに、SE志望された理由ってどんな点ですか?

>bariさん
SE→コンサルって流れも結構あるのかな。うちは、誰とは言いませんが、K木嬢がその道でした。

>とりあえずピラミッド構造は無くなりそうでなくなるとは到底思えないのが実情ってとこでしょうか。

なくならない気がするなー。ピラミッドっていうか、何かキャリアパスも絡んで変な構造が出来ちゃってますな。
Posted by しんざき at 2007年10月09日 22:25
>ちなみに、SE志望された理由ってどんな点ですか?

学生時代から、コンピュータに携わる職に就きたいという願望がありました(今でもそうです)。

HTMLのコードを書くのは、今でも好きですよ。

プログラムのコードを書くだけの人も、
データ入力でキーボードを叩き続ける人も、
自分にはちょっと違うかなということで、消去法でシステムエンジニアになろうかなぁと。
でも、あれって営業に近いですね。
お客さんのところに行って、お客さんの要求どおりの仕様を実装させるソフトウェアを開発して納品するまでがSEの仕事だと思ってます。

ちなみに自分は文系の大学を卒業しました(専攻は情報系です)。
Posted by 終日禁煙 at 2007年10月11日 08:07
>終日禁煙さん
>でも、あれって営業に近いですね。
お客さんのところに行って、お客さんの要求どおりの仕様を実装させるソフトウェアを開発して納品するまでがSEの仕事だと思ってます。

そうですね。ただ、その辺ホント配属されるプロジェクト次第で、お客さんとの交渉なんて殆どしない「SE」という人もいるみたいです。

運次第、なのかなあ。
Posted by しんざき at 2007年10月12日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック