2005年09月06日

タイトーメモリーズ徒然 その2

人間は二つ以上のことを一遍にやれる様には出来ていない(真剣な顔で)


何の因果か、仕事が忙しくなるのと同調するかの様に人狼BBSがものすげえことに。ホント、どの村もこの村もドラマが絶えないことですよー。すげえなあこのゲーム。

そして仕事と人狼BBSと大航海時代とタイトーメモリーズとコンサートの練習と、いやまあ仕事以外は全部趣味に属することなのではあるが、というか仕事も半分趣味だな。まあいいや。

以上、ブログがからっきしな件に関する見苦しい言い訳。


ということで。言い訳も済んだところで、いつもの如くのらくらと書いてみよう。タイトーメモリーズ下巻について、引き続き。


アラビアンマジック

何この神ゲー。

いや、実をゆーと私このゲームやったことなかったのだが、なんとなく触ってみたらなんつーか。えーと。ゲームそのものの出来とは何ら関係のないところで恐ろしい程の味わいを見せてくれますよ。

ゲームそのものは召還魔法がついたキャプテンコマンドー・・・いやファイナルファイト、といった雰囲気なのだが。

とにかく召還される人々が神技の如きいい味を醸し出している。出現時も攻撃時も退場時も、ただひたすらに楽しそうなキモ笑い声をあげているランプの魔人であるとか。某ダ○シムを遥かに圧してインドの人の怒られそうな、腕が自由自在くねくね伸びたり折り畳まれたりする修行僧な人とか。特に、ランプの魔人の去り際、「ま〜はは〜」とでも描写すべき楽しげな笑い声には、一種の中毒性がある。

展開も割とブッ飛び気味でいい感じである。「王子達はオーソドックスな罠にはまってしまった!」なんですとーーっと見る間に主人公達が小さくなり、と思いきや何故か敵まで主人公達に合わせて小さくなっていた。何故。

TAITOのシュールさを受け継ぐブッ飛びゲー認定。


逆鱗弾

東亜プランの匂いが濃い、こてこてのB級シューティング。レイストやダラ外の様な緻密な世界観はないが、頭を空っぽにして縦シューをやりたくなった時にはこれがなかなかいい。難易度もそれほど高くない。お手軽ゲーである。ただ、自機の当たり判定が最近の縦シューとは比べものにならない程大きいので、そちらに適応した体だとポカミス・タコミス・突然死が大量に。ああ、どうせ私はヘタレさ。

ところでこのゲームはさりげなく音楽がいい。4面だったかな、メロディラインはほぼ共通なのだが、急にテンポアップする部分のBGMがかなりステキである。ご一聴あれ。



パズルボブル2

「パオパオ島に行こう!」を始めとして。もうなんつーか、私にとってはこのゲームって音楽ゲーなんですよ。パズル自体は私はヘタレなんで奥様に負けるのだが、のらくらと曲を聴きながらやっていると和む和む。これ、確かZUNTATAの、当時新人さんが作った曲だった様な。逆鱗弾とカップルでCDに入ってた気がするーよ。

レイストーム

PS版の移植っつってもアーケードモードだけかー。どーせならアレンジバージョンもやらせてくれればいいのに、とかブツブツ言いながら普通にプレイ時間を費やしている私はウザ信者。ただ、私がアレンジバージョンの曲マニアなので、音楽選ばせてくれたら最高だったのになーというのは正直なところ。

っつーか、このゲーム全体を通して、ミュージックモードがついてれば日本全国2000万のTAITO信者が自分の涙で溺死してましたYOってくらいのラインナップなんですよねー。いや、形式が形式だけにえれェ無茶なんだけど、一抹の残念さが。

ゲームの方は。もともとPS版の出来がかなりのモンなので、細かい部分以外はあんまり気になりません。こっちはそこまで腕は落ちてなかったけど、4面の戦艦レーザーではきっちり一回死にました。あとクレイジービット。キライだ、あんなウニ兵器。

現在はまだ6ボス止まり。っつかアラリックのバラマキ弾が避けられねぇ体になっている。早いとこリハビってEDが見てぇですよ。

posted by しんざき at 19:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
あれ。
日記がないから大航海時代は凍結中かと思ってましたよ。
つーか私が凍結中でございますよ。
新国家実装すら見届けてません未だ。
Posted by Zhao at 2005年09月07日 23:16
>Zhao師
いや、やっとりますですよ。ただ、今どっちかっつーとセカンドキャラの交易メインのプレイをやっとって、しかも生産職人なんで日記書いてもなんの面白みもないと。ぐはう。

ところで、ななれんしょー。いぇあ。
Posted by しんざき at 2005年09月09日 12:05
どうもこんにちは―・・・(夜勤帰りでクタクタ)
『レイストーム』、「宇宙戦艦」という部類に弱すぎる俺には究極のオアシスであります(笑)。
OPのマリウス級3隻が放つ「曲がるレーザー(タイトーSTGは本当にこの種の攻撃に拘ってますね)」、4ボス・ハンニバルの威容、マスターグレード・Ζガンダム無しには生まれなかった(笑)アラリックなど、SFメカにミーハーな身にはたまらないですよ、本当。
そういう嗜好が突っ走って、オリジナルで宇宙戦艦のデザイン(プラモデルのジャンクパーツをメーンに創り上げてしまう)までやってしまってます。最近のアニメやゲームには、ブリュンヒルト以上の「いい艦」が出てこないので、フラストレーションが溜まりすぎてます。
Posted by 水奈上大地22B at 2005年11月17日 14:44
ついでに書き記しておきますと、俺は横STG以外のジャンルへの順応性が低いです(苦笑)。
縦STGで一コインクリアできたのって、『蒼穹紅蓮隊 黄武出撃』や『シルフィード ザ・ロストプラネッと』くらいで。後者は「良く出来た『プラネット・ジョーカー』」でしたが(激怒)。
Posted by 水奈上大地22B at 2005年11月17日 14:56
>水奈上大地22Bさん
>縦STGで一コインクリアできたのって、『蒼穹紅蓮隊 黄武出撃』や『シルフィード ザ・ロストプラネッと』くらいで。後者は「良く出来た『プラネット・ジョーカー』」でしたが(激怒)。

私も縦はあんまり得意じゃないですよー。バトルガレッガ辺りからついていくのがつらくなりました。蒼穹はそれなりにやりこみましたが。
19XXくらいが丁度良かったなあ。
Posted by しんざき at 2005年11月19日 02:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック