2005年09月19日

レトロゲーム万里を往く その41 〜ゼルダの伝説〜

そして「ミンナニナイショダヨ」は伝説になった。


任天堂は恐ろしい。ファミコン最初期から現在に至るまで、任天堂というメーカー程、「面白そう」という要素をホントーに面白くしてしまう技術に長けているメーカーは存在しないであろう。

勿論コケることが全くない訳ではないのだが(バーチャルボーイとか)、ファミコン時代の数々の任天堂タイトルには、とことん「外し」が少ない。それは何でかというに、どのタイトルにも最低でも一つ以上の「遊びとして凄く楽しい」要素が含まれており、それがベースの部分でプレイヤーを飽きさせないからではないか、と私は思っている。もう少し言ってしまうと、任天堂のゲームは操作感がいいゲームがとにかく多いのだ。これは強い。

特に初期のタイトルを見るとそれがよく分かり、バルーンファイトにしてもマリオブラザーズにしてもアイスクライマーにしても、ゲームという以前の「おもちゃ的」な部分で遊ばせてくれるゲームだった。
1889年以来娯楽製品を作り続けている、そのとんでもねえ「遊び」に対する歴史が、この素地になっている様に思う。これはDSにもゲームキューブにも現れている。


・ゲーム内容について。

「ゼルダの伝説」。ファミコンにおける、アクションRPGの草分け。1986年2月、任天堂より発売。ディスクシステムとの同時発売であり、第二段となる謎の村雨城が発売されるまで、1ヶ月半はこれが唯一のディスクシステムオリジナルのソフトだった。

まさしく伝説のゲーム、というべきだろう。ディスクシステム初タイトルにして、とんでもねえ完成度と面白さを誇った名作である。で、下手をすると、1992年に「じゃんけんディスク城」でディスクタイトルが供給を止めるまでの間、このゲームを越えるディスクゲームは一本たりとも出なかったのかも知れない。このゲームが出ていなければディスクシステムはおそらくもっとずっと早く消えていた、ということも考え合わせると、一面呪いのソフトとも言える。


舞台は異世界「ハイラル」。広大な地上マップと、レベル別に9個に分かれた迷宮マップから成るゲームフィールドで、主人公の「リンク」は8つに分かれた財宝「トライフォース」の欠片を探して敵をぶった切ったり爆弾で壁を爆破したりたまに2コンのマイクに叫んだりする。

敵ボスは「ぶたさん」を凶悪にした様な風貌をしている「ガノン」。助ける対象がゼルダ姫。後のリンクの冒険やSFC版ゼルダの伝説まで、この設定は連綿と続いている。


視点はマップ見下ろし型。ワルキューレの冒険やハイドライドスペシャルの兄貴分と言っていいだろう。マップの広大さと奥深さ、アイテムを探す楽しみ、ルピーを集める楽しみ、ダンジョンを探っていく楽しみ。なにより主人公のリンクが「動かしているだけで面白い」という対象であった為、当時何人ものプレイヤーがディスクシステムを出しっぱなしにして親に怒られる憂き目を見た筈だ。外部機器(テープレコーダー)なしでセーブが出来る、というのも多分このゲームがファミコン初ではなかったか。あんまり自信ないが。


音楽も凄かった。ディスクシステムは内部に独自音源を抱えている。ファミコン単体では3音までしか同時出力出来なかったところ、一気にその制限がなくなったことを生かしきって、任天堂はそれまでのゲームからは想像も出来なかったタイトルBGMを創り上げた。あの鐘の音に惚れてディスクシステムの購入に踏み切ったプレイヤーの数だって、百や二百では利かない筈だ。フィールドの音楽からEDまで、今聴いても飽きない名曲揃いである。


・任天堂の鬼クリエイタ。

任天堂のこのゲームに対する力の入れ具合は、とにかく冗談ごとではなかった。新しいハードの売り出し。最初のタイトルの出来如何で、ディスクシステムの売れ行きは決まるのだ。既存のソフトでは出来なかったゲーム、という売り文句は絶対に欲しい。ディスクシステムで初めて実現出来る機能もたくさん盛り込みたい。

その辺の思惑が複数重なった上で、宮元茂氏を始めとした任天堂が誇る人材ズが、よってたかって作った結果出来上がったゲーム。それが「ファミコン初の本格RPG」であるところのこのゼルダの伝説だった訳である。そりゃあ伝説のゲームにもなるだろう。

以前のエントリーでも書いたが、このディスクシステムのアドバンテージを利用し切れたのが「ゼルダ」しか存在しなかった、というのが多分ディスクシステムの最大の悲劇だったのだろう、と思う。惜しいといえば、やはり惜しい。

とはいえ、ディスクで生まれたソフトの中には後の時代に続いたゲームも数々ある訳で。メトロイドにしても悪魔城ドラキュラにしても神宮寺三郎にしても、今でも元気に活躍している。

このゼルダにも直系の子孫がいる訳で、実のところ私は後続の「リンクの冒険」やSFC版「ゼルダ」に思い入れが結構ある。次回の万里ではその辺のタイトルを扱うことにしたい。


取り敢えず関連リンクを挙げておこう。

ゼルダの伝説資料館
アイテムから迷宮MAPまで、ゼルダ関係の資料なら大概こちらで大丈夫そうだ。つくづく、レトロゲームページを運営する方の整理能力には頭が下がる。


ということで、次回の万里はSFCに飛ぶか、もうちょっと後の時代のディスクゲームに行くと思う。いや、気が変わるかも知れないが。
posted by しんざき at 23:34 | Comment(13) | TrackBack(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
スーパーファミコンゼルダの伝説
でるでるでるでるついに出る
ゴージャス、今度の冒険!
リアル、君もここに体験!
あっと驚く謎解きアクション
なるほど、スーパーファミコン!
こちらず知らずの真剣勝負!
今宵のゼルダも絶好調!
スーパーファミコンゼルダの伝説
でるでるでるでるついに出る

と「ダッダーん、ぼよよんぼよよん」とかいうピップエレキバンのCMを修学旅行の出し物でやりました。懐かしい。
Posted by だむ at 2005年09月20日 02:19
>だむさん
何故君がその歌を全文暗誦出来るのかという疑問と、次回で書くつもりだったのにこの野郎というよくわからない逆恨みを一応同時に提起しておく。なかなかやるなこの野郎。
Posted by しんざき at 2005年09月20日 10:55
相変わらず空気読めなくてすみません。

23日行けませんよ悔しい。
1回コンサート行かないと、なんだか話題についていけなくなるんですよ。それで、ますます空気が読めなくなると。

Posted by at 2005年09月20日 20:43
ホントウハ「ミンナニ ナイショダヨ」ダヨ!
Posted by モリブリン at 2005年09月20日 21:01
>bariさん
おう。全く全然気にしなくて桶です。
っつーか、コンサートっつってもマニアックなジャンルの上基本的に単発なんで、特に空気がどうとゆーことも。暇な時があったら気の向くままに来てもらえればうれしいさ。

>モリブリンさん
おうΣ(・口・) 御大自ら指摘ありがとーございます。記憶違いだったか。こっそりかつ大胆に直しました。
Googleで検索してみると、ハが無い方が1000件越えで軍配ですね。なるほど。
Posted by しんざき at 2005年09月20日 21:11
今、ちょうどやっているところです。ゼルダの伝説(GBA版)。
ウィズロープ青に苦戦中です。
Posted by ろっく at 2005年09月20日 23:59
こんばんは。

ついに来ましたね!>ゼルダ

ファミコン版でやったのに結構忘れていて、
私はファミコンミニ版は全然進んでいません。
ヨメが自力で裏の1面まで行ったのには本当に
驚愕しましたΣ(゜Д゜)

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2005年09月21日 01:20
連続コメントすみません。

書き忘れましたが昨日アマゾンでワンダー3買いました。
今日不在通知が入ってました。
プレステ版です。新品で5400円くらいでした。
ラスト1本でした。

サターン版は何と中古で14000円!
プレミア付け過ぎでしょ。

後日記事にします。
やっぱりドンプルから極めるべきでしょうか。

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2005年09月21日 01:22
>ろっくさん
うおおおおウィズロープ青。レベル6で散々っぱらてこずった記憶が。強い上にあちこちに出てくる容赦なさがステキですね。がんばってください。

>USHIZOさん
>ワンダー3
14000円ッ!?Σ(・ω・ノ)ノ そんな品薄だったんですか!?>サターン版 移植の具合はよく知らなかったんですが、ワンダー3はいいゲームですねー。私なら黙ってルースターズかな。

>ヨメが自力で裏の1面まで行ったのには本当に
驚愕しましたΣ(゜Д゜)

攻略ページとかなしでですか!?すげえ。奥様なら素でワルキューレいけるかも知れないですね。
Posted by しんざき at 2005年09月21日 02:36
ブツブツ・・・
Posted by めあ2 at 2005年09月21日 23:27
>めあさん
つ【エサ】
Posted by しんざき at 2005年09月22日 10:19
>しんざきさんへ

こんばんは。

ヨメは大昔兄がやっているのを横で見ていたそうです。
それでもよく覚えてるな〜。

あと今日ワンダー3届きました。
自分の中で美化されていないかちょっと不安ではあったのですが、
ぶっちゃけCPシステム2基盤すげぇです。
本当に14年前のゲームかコレ。
これで私の3連休は全部潰れそうです。

コンサートには行けませんが(おい)頑張ってください!
それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2005年09月23日 02:36
>USHIZOさん
おー、ワンダー3良さげですね。3連休は楽しまれましたか。
っつか、CP2とF3には、正直今の基盤以上に凄みを感じますですよ。
Posted by しんざき at 2005年09月25日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック