2008年02月12日

「嫌うスタンス」にまつわる色々。

ふと気付いてみると、今の私には「嫌いな人」がいない。



ここ数日妙に色々と立て込んでいて、Webでのアンテナを下げていた折。職場で例によって他部署の同僚の愚痴を聞いている時、ふと違和感を感じた。

何でこの人は、そんな簡単に人を嫌いになれるんだろうなあ、と。


同じく、ちょっと仕事が立て込んでいて、現実逃避にブログをぶらぶらとしている折。多分同じ様な違和感を感じた。

何でこの人は、そんな簡単に人格否定の文言を形に出来るんだろうなあ、と。


ちょっと雑然とした話になりそうなので、まず先に思ったことをまとめておく。


・「人を嫌う為のコスト」というものがある様な気がする。そして、それは人それぞれ、結構差があるものである様な気がする。

・私に関する限り。ろくに知りもしない人を嫌いにはなれない。そして、ある程度その人のことを知ると、結構色々と面白い部分があるので嫌いになれない。

・それは私が「色んな人を深く知ろうとしている」ということを必ずしも意味しない。「嫌うに値する関係性」というものについて、私の価値基準がちょっとずれている、ということなのかも知れない。

・ただ、それ以前に、「嫌う用途」とでも言うものが根本的に違ってたりはしねえだろか、と後から考えついた。




順番にいこう、って言う程の内容でもないけど。

・「嫌うコスト」のお話。


「嫌いになる」ということにも、多分ある程度瞬発力というか、エネルギーが必要なんだと思う。

上記、愚痴を聞いた際にまず最初に思ったことは、「そんなに嫌いな人がたくさんいて、疲れないんかな?」ということだった。揶揄でもなんでもなく、正直、感心した。

「この人は嫌い」という設定を設けるというのは、「「嫌いなヤツと接触する機会を増やす」ということと同義だ。特に職場なんて狭い世界では、「こいつとは一生接触しない」なんてことが出来る訳がないんだから。「嫌う」ことによって生じるコストというのは、多分結構大きい。

この「コスト」というのは、物理的な意味も精神的な意味も含んでいる。「嫌うヤツと接触せざるを得ない」というのは物理的なコストだ。一方、「「嫌い」という感情を抱え込む」というのは精神的なコストになると思う。脳内メモリの中に憎悪を割り当てる、というコスト。感情のメモリスワップ。


誰かを憎む、誰かを攻撃するという感情には、勿論気持ちいい側面もある。「憎む」というエンターテインメントは、いつの時代も強力だ。ただ、それをあんまりさくさく多方面に広げてしまうと、流石に疲れるんじゃないか、とまずは思った。四六時中悪感情を抱えながら過ごすなんて、私にとっては考えただけでもうんざりする。



・「嫌う閾値」のお話。

ちょっとここから、「私の第一感」の話をする。第一感、なのだ。

このエントリーを書く前、私はこう思ったのだ。「それは嫌うに値する相手なのか?」と。

人間関係にも、当然関係性の段階というものがある。すれ違う時に挨拶をするだけの関係とか。会議の席上で話すだけの関係とか。Webで言えば、よくコメントやトラックバックを投げあう関係、離れた場所から読むだけの関係、とか。

Webの話で言えば、私の感覚はこういうことになる。何でWeb上のテキストをなぞるだけでその人のことを嫌いになれるんだろう、と。「人を表層で判断してはいけない」とか、そんな通俗道徳レベルの話じゃない。たかがテキストをなぞるだけの相手に、何でわざわざ感情をつぎ込まなくてはいかんのだ、というのが私の感覚なのだ。

Webのテキストをなぞりあうだけの相手には、「嫌いになる」という感情的なリソースを使うに値する関係性がない。

たとえ第一印象がいいものでなかったとしても、ある程度興味をもった相手であれば、「自分の中のメモリスペース」は勝手に拡張されていく。その人が書いたテキストを色々と追っかけてみたり。その人の自己紹介を読んでみたり。時にはコメントを投げてみたり。この辺、ある人を「知ろうとする」手順については、Webだろうがリアルだろうが大して変わりはしない。


で、ある程度「知った」相手は、大抵の場合、嫌いにならない。「掘り下げてみて」面白くない人なんて、滅多に存在しないからだ。


話は、ゲームの批評と似ている。

大して深くプレイしてもいないのに、よそのレビューや第一印象だけであるタイトルを「クソゲー」と称する向きを、私は忌む。プレイしたこともないバンゲリングベイを迫害するレビュアーよ、呪われよ。世の中に、「やりこんでみて」面白くないゲームなど、滅多に存在しはしないのだ。

やり込むところまで至れないゲームというのは勿論厳然と存在する訳で、そういったゲームには、そもそも私は近付かない。だから嫌いもしないし、語りもしない。


同じ様に、Webだろうが非Webだろうが、私は「嫌いになる」遥か以前で、その人との関係性を固定してしまう。だから私には、あまり「嫌いな人」がいない。

そういうことなのかなあ、と。嫌いになるかどうかの閾値の話なのかなあ、と、最初私はそう思ったのだ。

でも、これを書いてる途中で、ちょっと違う視点に気付いた。


・「嫌うスタンス」のお話。

以前、ちらっと似たようなことを書いた。
「敵」のもつエンターテインメント

そもそも、「嫌うコスト」というものを感じない人がいるのかも、と。というか、「嫌いになるコスト」よりも「嫌いになる楽しさ」を強く感じる人がいるのかも、と。これは単に好みの違いだったりするんじゃないか、と私はふと思ったのである。

適当な「嫌い成分」を補充するに当たっては、むしろ関係性は深くない方が都合がいい、のかも知れない。攻撃してもあとくされはないし、付き合いにくくなってもたかが知れている。「四六時中の悪感情」という程のものを抱え込む必然性もない。


つまり「関係性が深くないのに何で嫌えるの?」という考え方と、「関係性が深くないからこそ嫌えるんじゃん」という考え方の二種類があって、実はこれは人によって結構明確に違うんじゃないだろか、というのが、私の辿り着いた結論な訳である。



念の為に書いておくが、どっちがいい、という話でもないし、どうするべきだ、という話でも勿論ない。ただ、仕事に立て込んでいる隙間にふと感じた違和感を、言語化してみたらこうなった。そんな話なのである。

posted by しんざき at 19:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
私は城主と同じ人種であることを宣言してターン終了します(ハ
Posted by NOBIE at 2008年02月12日 22:06
愛憎は紙一重、どちらも相手を強く思うという点で似ているとは言うね。

用途の問題についてはその通りだと思う。人を嫌うことで楽しんだり、自己を確立するといった人間は結構いそうだ。後は定義の問題かと。

要するに感じが悪いとか気に入らないとかいったネガティブな印象について、即座に嫌いという言葉を当てはめてしまう。そうすれば簡単に人を嫌いになれる。認知が世界を定義付けるということかな。
Posted by g3 at 2008年02月12日 23:33
>>NOBIEさん
じゃあ私はブルーアイズを攻撃表示で。

>g3閣下
>人を嫌うことで楽しんだり、自己を確立するといった人間は結構いそうだ。

「○○が嫌い」ということを、どれだけアイデンティティ(一般的な意味での)の中に含んでいるのか、という言い方になるかとオモタ。

>要するに感じが悪いとか気に入らないとかいったネガティブな印象について、即座に嫌いという言葉を当てはめてしまう。

かも、ですな。別にそれが悪いことだとは思わないけど。とことんスタンスの問題なんじゃないかと。
Posted by しんざき at 2008年02月13日 16:18
初めてコメント致します。

人を嫌う事には「相手からの影響を拒絶・緩和する」という、自己防衛の側面があるように思います。
相手を、自分に影響を与える相手と認識すればこそ、嫌って遠ざけるのでしょう。
それ以前の段階で、嫌うにも値しない相手だとして相手との関係性を絶てば、嫌う必要もありません。

誰も彼もを感情に取り入れてしまうと、情報を取り入れるたびに「嫌い」を作ってしまうのではないでしょうか。
人間関係を精神的に取捨選択できるかどうか、という違いによるものと考えます。
Posted by クロ at 2008年02月13日 16:52
Web上だけの話、ということでしたら
私は「嫌う」というスタンスを取ってしまう人がいます。

以前、というより今も現在進行形でそうなのですが、
私のBlogの記事に毎回かなりの割合で、批判的なコメントを残す人がいます。
もちろんBlogの記事は、不特定多数の目に触れられ
コメントをされるという覚悟を持って書いています。
批判的なコメントはいつでもウェルカムです。

が、(長年携わっている私にとっては)そのコメント内容が稚拙で
モノを語るまでの基本的な知識が不足しているという状況で、
何度も何度も堂々巡りのコメント返信のやり取りを繰り返していると、
かなりうんざりするものがあります。
「確かに言いたいことは分かるのですが、
とりあえず最低限これとこれ、見ておいてくれればもう少しは話が出来るかと」という感じです。

ゲームの批評に例えるならば
「本当にプレイしたことがあるのか、実際にやり込んだことはあるのか
タイトル画面すら見ていないんじゃないか」
と聞きたい内容です。


その人のテキストは、ある程度の量の読むことになったので
「知った」相手にはなるのでしょうが、
似たようなコメントに似たような変身をすることを
何度も繰り返す手間を考えると
やはり「嫌う」というスタンスを取ってしまいます。

コストが増えるから…嫌いになる、というのもあるのかもしれません。
Posted by marmalade at 2008年02月14日 06:06
>クロさん
>誰も彼もを感情に取り入れてしまうと、情報を取り入れるたびに「嫌い」を作ってしまうのではないでしょうか。
>人間関係を精神的に取捨選択できるかどうか、という違いによるものと考えます。

そういうものなんでしょうか。いや、私があまりそういう情動を持たない人間なので、正直感覚がよく分かりません。

>人を嫌う事には「相手からの影響を拒絶・緩和する」という、自己防衛の側面があるように思います。

これは参考になります。
考えてみると、私は結構頑固なのかも知れな、い。

>marmaladeさん
>私のBlogの記事に毎回かなりの割合で、批判的なコメントを残す人がいます。

お疲れ様です。張り付かれちゃうと大変ですね。
「入り口としての理解」さえしてくれない人というのは厄介だろうなあ、と思います。

>「本当にプレイしたことがあるのか、実際にやり込んだことはあるのか
タイトル画面すら見ていないんじゃないか」

レトロゲームのレビューで一昔前に結構ありましたね。

>やはり「嫌う」というスタンスを取ってしまいます。

私なら、どうだろう。やっぱり、そこまで感情をつぎ込まないというか、自然と関係をシャットダウンする形になりそうな気はします。

一応。
http://mubou.seesaa.net/article/2558176.html
Posted by しんざき at 2008年02月14日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック