2014年04月01日

関東ゲー音部がNESFES2014で演奏してきた話と、ライブのお礼 2014/04/01


いってきましたよ。

去る3/29、関東ゲー音部有志10名で、NESFES2014に混ざって演奏させていただいてきました。

NESBANDさん、EXCALIPARさんという超目玉バンドお二方とご一緒させていただくという、対バン冥利に尽きる展開。物凄い数のお客様においでいただき、露払いながら全力で楽しませて頂きました。皆様にも少しでも楽しんで頂けていれば幸いなことこの上ございません。

今回の演奏について、簡単に反省点とか感想とかまとめてみたいと思います。

今回の曲目は以下の通りでした。

1.光栄 三國志2より「三國志2 メドレー」オープニング 〜 蜀のテーマ 〜 一般君主のテーマ
2.光栄 信長の野望戦国群雄伝より 「時の調べ」
3.タイトー レイフォースより「Penetration」
4.任天堂 ドクターマリオより ドクターマリオメドレー
5.ケムコ スパイ vs スパイより メインテーマ
6.コナミ グラディウス3より 「Dead End Cell」
7.任天堂 マザーより「ポリアンナ」
8.アイレム スペランカーより オープニング 〜 メインBGM


驚くべき節操のなさ。どこを狙っているのかよく分からない全方位攻撃こそゲー音部の味!!のような気がする!!!いや、自分達がやってみたい曲を選んでいったら自然とこうなったわけですが。

今回、NESBANDさんもEXCALIPARさんもすばらしく「特化」したグループでいらっしゃるので、ゲー音部は敢えて「特化しない」ということをひとつのテーマとしてやってみました。一応、構成的には徐々に盛り上がっていく感を出してみたつもりではあります。

各曲について一言ふたこと。

三國志2メドレー:二胡・バイオリン・ケーナという、万国感あふれるメロディ楽器でお送りしてみました。途中の銅鑼連打がハイライト。二次会で、三國志2という選曲を超褒めてくださった方がいて欣喜雀躍。

時の調べ:戦国群雄伝の通常BGMにして、菅野よう子先生の超名曲。二胡とハモれて大変楽しかったです。

Penetration:バイオリンと二胡のハモり、というのがテーマ。驚くほど違和感なかった気がします。ハンドクラップ楽しい。前半はギター・ベース無し、後半はロック風にと、メリハリをつけてみました。

ドクターマリオ:セッティング中にネタばらししてしまってすいませんでした。チルとfeverで雰囲気の変わり具合が凄い。

スパイvsスパイ:まさかのNESBANDとのダダ被り。ただ、トランペット・サックス・二胡・ケーナ・バイオリンでスパイvsスパイを演奏するという、多分日本でも4つくらいしかないんじゃないかという演奏構成で、多少は独自色が出せたのではないかと自負しております。テーマは「シュール」。

グラディウス3:横で聴いてただけですが、サックスとトランペットのメロディとキーボード大暴れ。皆さんも盛り上がっていただけました。

ポリアンナ:今回唯一のボーカル曲。フィナーレに向かって突き進みます。

スペランカー:おなじみ。オープニングのギターデュオと定番のソロ回し。終わり良ければ全て良し。


個人的には色々反省点もあるのですが、次回に生かしたいと思います。

一方、EXCALIPARさんとNESBANDさんのステージは、単純に観客として楽しませて頂いたのですが、これがまたすばらしいの一言で。EXCALIPARさんは、FF5メドレーもさることながら、ロマサガのボスメドレーがもう個人的に大ツボ。NESBANDさんは、マツケンさんの凄まじいマニアックさのMCと演奏の完璧な融合。はっきりいってずるいと思います。


その後、二次会では、酒をかっくらったり皆で演奏したり。終盤、ゲー音部の面子がNESBANDさんの機材に触らせて頂いて大喜びしたり、皆でその場セッションをしたりが超楽しかったです。@skym333さんとダブルケーナで演奏できたりして大変満足。


そんな感じのライブでした。お客様、運営の皆様、ご一緒いただいた皆様、改めて誠にありがとうございました。また遊んでやってください。

2013年12月15日

今日のしんざきと、ゲー音部ustライブ終了のお礼 13/12/15

無事終わりました。

なんだかのべ1500回以上のご視聴を頂いたようで、光栄という他ありません。お聴き苦しい部分、お見苦しい部分もあったかとは思いますが、ご視聴頂いた皆様、本当にありがとうございました。少しでも楽しんで頂けていれば幸いです。ちなみに、演奏した側としては大変楽しかったです。

毎度のことながら、リクエストを頂く数に対し、時間的にもレパートリー的にもお応え出来る範囲が限定されるのは大変申し訳ないところで、特にこだわりがあるであろう方の細かいリクエスト程その場で演奏しにくいのは構造上困った点であります。

一方で、「こんなリクエストも演奏出来ないのか!!ええい、俺がやってやる!」という方やそれ以外の方のゲー音部参加も歓迎です。ゲーム音楽が好きな方はお気軽かつ無差別に参加するといいと思いますですよ!関東ゲー音部について言えば、次回は早速12/22にあるらしいです。

ゲー音部
ゲー音部関東BBS

ちなみに、個人的なことを書けば、今回私以外の家族4人が直前一週間でノロウィルスに罹患したこともあり、正直参加が厳しいのではないかと危ぶんだところ、なるべく私にうつさないようにと尽力してくれた妻のおかげもあり、辛うじて感染せずに出演することが出来ました。一緒に演奏してくださった皆様、当日映像配信やPA調整に大活躍してくださった皆様と共に、大変感謝しております。


演奏した曲についての細かいことはまた改めて書くかも知れませんが、まずはお礼まで。

2013年12月12日

ゲー音部ustライブで演奏する曲のゲームタイトルについて好き勝手書いていくよ・後編

ゲー音部ustライブ はちゃめちゃ大放送
【演奏告知】12月14日、ゲー音部でUstライブやります

引き続き好き勝手なこと書きます。
アレンジ予定のタイトルについてのみ触れていますが、勿論随所随所でリクエスト対応が混じりますので、詳細は上記URLをご参照頂ければ。


8.ファイナル○ァンタジーより 魔女の洞窟

とくれせんたぼーび。

この曲がゲーム中でも屈指の人気曲であることは皆様よくご存知かと思うんですが、某3作目の名アレンジサントラ、「悠久の風伝説」でもしれっとこの曲が入ってるのご存知でしょうか。
トラック5の「陰と陽の攻防」にインビンシブルの曲が入っているのですが、この最後のところで普通に使われています。私、このせいで「3作目のゲーム中にもこの曲が使われてる」って脳内で勘違いしてましたよ。

それはそうと、まほうのじゅもん サッサカサッなこの曲については、軽快なメロディをオカリナやバイオリンに乗せて、今にもホウキが踊りだす感じで演奏される予定です。ホウキが踊りだすところまでがハードルです。ご期待ください。


9.ういろうメドレー(カプコン産)

洋画ファンタジーのアレです。

一時期、ファミコンで随分、洋画のゲーム化が流行りましたよね。ゴーストバスターズとか、ラビリンスとか、グレムリンとか、ランボーとか、スターウォーズとか、ホワイトライオン伝説とか…って、ホワイトライオン伝説は邦画でしたっけ?忘れました。

「映画のゲーム化」というのは、元が実写である分漫画や小説のゲーム化とはまた違った味わいがありまして。カプコン産ういろうであるところのこのゲームの場合、元々はアーケードの横スクロールアクションSTGの同名ゲームが下敷きにあった訳で、かなり普通のアクションRPGっぽくアレンジされていたんですが、それでもグラフィックからBGMからめちゃくちゃ気合入ってました。結構ハードの限界に挑戦してたんじゃないでしょうかアレ。

今回は、その気合が入ったBGMからメドレー形式でお送りしたいと思います。ゲー音部ならではのアレンジ演奏をお楽しみいただければ。


10:RF-SWITCH演奏

RF-SWITCHだと…?一体何名人なんだ…。

すいません、実は今回、何の曲を演奏されるのかの事前情報が私のところにもありません。ただ、きっと手加減知らずの演奏を見せてくださるのではないかと思います。


11:艦これメドレー

あの超人気ゲームのBGMが生演奏で!!!いや、なんかゲー音部内での提督率がもの凄いんですが。
艦これ、面白いらしいですね。いや、実は私、モンハン4やらciv4やらメタルマックス4やらにかまけていて手を出せていないんですが、Webのカルマというべきなのか、どんな艦娘がいるのかについては存じ上げてはおります。鳳翔さんが可愛いと思います。

今回の演奏メンバーは4人、少数精鋭でお送りします。事前練習も相当凄いことになっていたので、現役提督の皆さんは是非ご期待ください。


12:光栄産航海するゲームIIメドレー

光栄の最高傑作だと私は思うわけなんですが。

まだ見ぬフィールドを開拓する楽しさも、お金を稼いで富豪になる楽しさも、戦力を整えて敵を叩きのめす楽しさも、未知の発見物を見つける楽しさも、絶品という他なかったと思います。何より、「世界地図」という、いかにも馴染み深い世界を舞台に、それでも「見知らぬ土地」として冒険するというのが、物凄いワクワク感をかもし出していたと思うんですよね。

で、BGMは言わずと知れた菅野よう子先生な訳ですが、元々のメロディの難易度が凄い上、今回はアレンジ担当である@hit_metalpageさんのサドっぷりが遺憾なく発揮されておりまして、超かっこよくて超難易度高い演奏をお送り出来るのではないかと思っております。

ゲームを彩った様々なモチーフを、「あっ、この曲か!」という思いと共にお届けできればと思います。ご期待ください。

しんざきもケーナで参加します。


13:ファイナル○ァンタジーIVより 水の町の曲

土のクリスタルがあったところですよね。女性兵士の服装がエロかったような記憶があります。

このシリーズの曲の特徴って、私が考える限り「静と動のメリハリ」だと思うんです。
思いっきりハデハデしく、かっこよさとノリに全開で振っている曲もあれば、ただひたすら穏やかに、情緒と優しさに溢れた曲もある。

この曲は、ゲーム中でも屈指の「穏やかで染み渡るようなメロディ」に寄ったBGMだったと思います。ライブももう終盤ですが、ここらでほっと一息、体力ゲージを回復頂ければと思います。


14:オホーツクに消ゆメドレー

体力ゲージを回復したと思ったら連鎖殺人だよ!!!
いやまあ、BGM自体はそんなに激しくはないんですが。

「オホーツクに消ゆ」は、ポートピアの流れそのままに、ファミコンにおける「正統派刑事ものAVG」という一つの既定路線を形作った、言わずと知れた名作です。多分なんですが、「プレイヤーが、助手に命令することで捜査を進めていく」というシステムが完全にスタンダードになったのもこの頃だったんじゃないでしょうか。

今回は、ゲー音部の中でも特に移動距離が長いという遠征組を中心に、オホーツクから3曲をメドレー形式でお送り致します。


15:ミネルバトンサーガ EDテーマ

やはり最後は堂々と。

私はこのゲーム、FCRPGの中でも屈指の名作だと考えているのですが、全編を貫くメインメロディも、同じモチーフの中に様々な展開を用意していて、まるでゲームそのもののメリハリを体現しているかのような名メロディではないかと思います。

長時間に及ぶライブのフィナーレを飾るにふさわしい演奏をお送りできればと。ご期待ください。



ということで、以上長々と書いて参りました。曲・ゲームの内容もさることながら、何よりも「まず演奏者が楽しむ」というところから、「聴いている側も楽しい」というところまで繋いでいければ、と思っておりますので、皆様お時間あれば是非ご視聴ください。

では今日はこの辺で。

2013年12月07日

ゲー音部ustライブで演奏する曲のゲームタイトルについて好き勝手書いていくよ・前編



ゲー音部ustライブ はちゃめちゃ大放送
【演奏告知】12月14日、ゲー音部でUstライブやります

そんなこんなで、Ustream放送でライブをやる訳ですが。

当然、ゲー音部ではレトロゲームやレトロでもないゲームから演奏曲を選んでいるわけでして、何のゲームのことなのか分かる方も、何がなにやらさっぱり分からない方もいらっしゃるかと思います。

そこで、曲目からそのゲームについて、しんざきが好き勝手レビューっぽいことや、演奏内容についてや、そうでもないことを書いてみたいと思います。よろしくお願いしますです。

1.ディスクシステムメドレー

といいつつ、いきなりメドレーな訳ですが、中のタイトル挙げていいのかなこれ。一曲だけ挙げるとすれば、とりあえず私が考えるところの「FC最強のシューティング」はやります。超熱いです。

ディスクシステムには勿論名作が多いわけですが、それと同じくらい名曲も目白押しです。ただ、残念ながらあまりメジャーどころではない曲が多い。今回は、そんな曲も皆さんに再確認していただければと思うわけです。

しんざきもケーナで、最後の方にちょろっとだけ混ぜさせて頂いています。


2.野菜の国のアドベンチャーゲーム

ハドソン初期のアドベンチャーゲームな訳ですよね。

アドベンチャーゲームというジャンルは、勿論パソコンから発祥した訳ですが、「シークワード(キーボードから適当に文字列を打ち込んで正解の単語を探す)」という方向から「コマンド選択総当り」という方向に、ゲーム史を振り返ってもここまで大きな、そして理にかなった方向転換はなかなか少なかったんじゃないかと思うのです。

そんな中、元々のシュールなゲーム内容から、「かわいらしい絵柄」「ポップなキャラクター」「のどかなBGM」というおまけまでつけて大転身を成し遂げたこのゲームは、まさにファミコン業界のシンデレラ、といえるのではないかと思います。

今回は、メインメロディにオカリナ、キーボード、バイオリンを据えてお送りいたします。のどかな中にもキラリと光る展開をお楽しみください。

以下は関連リンク。

レトロゲーム万里を往く その69


3.キャプ○ン翼2

うん、こういう伏字あんまり意味ないですよね。分かってはいます。

「良いキャラゲーかそうでないか」の境目って、「そのキャラクターを使う必然性」という軸があるんじゃないかと思うんです。

そのゲームは、そのキャラを使わなくても成立するか?そのキャラが出ているからこそ光るポイントはあるか?

そういう意味で、このシリーズってファミコンの中でもトップクラスに「そのキャラクターじゃないと出来ないキャラゲー」だったと思うんですよ。必殺シュートとかシネマ演出とか、オリジナルキャラクターでやってもそこまで盛り上がりませんしね。まさに、彼が撃つからこそサイクロンな訳だし、ネオタイガーショットなわけで。

そんなわけで、今回はかなりかっこいい感じのアレンジでお送りすることになると思います。お楽しみに。

以下は関連リンク。

レトロゲーム万里を往く その5



4.アイドル八○伝 EDボーカル曲

ぶっ飛んでましたよね。

アドベンチャーゲームについては上でも書きましたが、ファミコンのアドベンチャーゲームって、一時期結構「何でもアリ」感にあふれていたと思うんです。東方見聞録とか、時の旅人とか、ミシシッピーとか、京都財テク殺人事件とか。

「アドベンチャーゲーム」という箱は、ゲームとしてはそれなりに作り易いジャンルだった、と思います。重要なのはテキストとスクリプトであって、ゲームシステム自体にはそれほど大きな工夫を必要としません。後々には色々工夫したゲームも出てきたけれど、まだこの頃は「シナリオと雰囲気で勝負!」とか「キャラクターで勝負!」とか「一発ネタで勝負!」とか、色んな意味でフリーダムだったと思います。

そんな中でも、かなりトップクラスの色物ネタを中核としているこのゲーム。ゲームは割と脱力系シナリオですが、だからこそ演奏で脱力はさせません。「これでこそ」のボーカル曲にご期待を。



5.聖剣伝説L○M EDボーカル曲

コンシューマー業界全体を見回しても屈指の名ボーカル曲だと思うんです。

このシリーズには勿論名曲がてんこもりな訳ですが、特にこのタイトルは、どのシナリオを中心に進めるかによって、雰囲気ががらっと変わります。あるシナリオでは、激戦の末に。あるシナリオでは、ささやかな恋と、ちょっとしたすれ違いの末に。そしてあるシナリオでは、種族全ての生きる意味と共に。

ただ、どのシナリオを経てのEDだったとしても、全てを問答無用で「素晴らしい記憶」に変えてしまうのがこの曲のパワーだと思うんですよね。このゲームは、いわゆるモザイクシナリオ形式のゲームで、そこまで一本筋道だった、映画のような展開は存在しません。それでも、このエンディングテーマは一本の映画を見終わった後、以上の感動を与えてくれたと思います。

そんな感動を、ささやかでも皆様にお届けできれば。しんざきもケーナで参加します。



6.竜を育てるゲーム2 フィールド曲

うん、この前書いたんだ、すまない。

このゲームのBGMってとにかく雰囲気がものすごくって、この曲については「草原に佇んでいたら、ふとどこからか聴こえてくる旋律」とでも言うような、風情の塊のようなメロディだと思うわけです。放送でその雰囲気を再現するべくがんばります。

しんざきもケーナで参加します。



7.侍のような人たちが戦うゲーム EDテーマ

やあ (´・ω・`)

ようこそ、極限空間へ。この防御崩し(引っ張り)はサービスだから、まずは無限連続技を食らって死んで欲しい。

うん、「斬紅郎」なんだ。すまない。天草四郎のしゃがみ蹴りも3発までって言うしね、気絶したら生きて帰れるとは思ってない。

でも、このタイトルを見た時、君はきっと言葉では言い表せない「一遍背後とられたら終わり」みたいな気持ちを感じてくれたと思う。

バランスのとれた対戦格闘にあふれた世の中で、そういう絶望感を忘れないで欲しい。
そう思って、このタイトルを選んだんだ。

じゃあ、剣聖破沙羅を使おうか。



全然関係ありませんが、このゲームのスタッフロールBGMは、「和風ジャズ」とでもいうべき超かっこいい名曲なのでご期待ください。覚えてる人あんまりいないかも知れないけど。しんざきもケーナで参加します。


長くなったので一旦この辺で。続きは改めて書きます。

2013年11月30日

【演奏告知】12月14日、ゲー音部でUstライブやります


やりますですよ。

ゲー音部Ustライブ はちゃめちゃ大放送


--------------------------------------------
○日程

2013年12月14日(土)
第一部:16:00〜17:30
第二部:20:00〜22:00
※終了時間は多少前後する場合があります

--------------------------------------------
○てきとうなタイムスケジュールと演奏する曲(時間は大体です)

-第一部-
1.ディスクシステムメドレー
2.野菜の国のアドベンチャーゲーム
☆.その場で視聴者から頂いたリクエスト曲を数曲(16:20くらいから)
3.キャプ○ン翼2
4.アイドル八○伝 EDボーカル曲
5.聖剣伝説L○M EDボーカル曲
6.竜を育てるゲーム2 フィールド曲
7.侍のような人たちが戦うゲーム EDテーマ
☆.その場で視聴者から頂いたリクエスト曲を数曲(17:20くらいから)

-第二部-
8.ファイナル○ァンタジーより 魔女の洞窟
☆.その場で視聴者から頂いたリクエスト曲を数曲(20:10くらいから)
9.ういろうメドレー(カプコン産)
10:RF-SWITCH演奏
11:艦これメドレー
☆.その場で視聴者から頂いたリクエスト曲を数曲(21:00くらいから)
12:光栄産航海するゲームIIメドレー
13:ファイナル○ァンタジーIVより 水の町の曲
14:オホーツクに消ゆメドレー
☆.その場で視聴者から頂いたリクエスト曲を数曲(21:50くらいから)
15:ミネルバトンサーガ EDテーマ


※リクエスト受付方法は当日発表します
※ちょっと前から事前受付もするかも!告知ページをご確認ください


--------------------------------------------
ゲー音部は、昔のゲーム曲やそんなに昔でもないゲーム曲を皆で演奏しましょう、的な音楽集団で、私もちょくちょく参加させて頂いてケーナ吹いたり飲んだくれたりしてます。

で、12月14日に、Ustreamでのライブ放送を実施する予定です。

ライブ放送自体は、色んなゲームの曲をアレンジ演奏する他、その日、その場で頂いたリクエスト曲を、時間の許す範囲でその場即興演奏したりします。まあ、割といつもやっているような感じです。

ちなみに、私自身は、最初のディスクシステムメドレーと、17時前後から3曲くらいと、あと21時過ぎに1曲参加する予定で、あとリクエスト曲の演奏にも混ぜて頂くかも知れませんが、リクエストについてはその場次第なのでどうなるもんかさっぱり分かりません。


結構素敵な曲とかマニアックな曲とか、あとLOMといえばあの曲、みたいな曲も演奏したりしますので、お時間あればお聴き頂いたり、リクエストを頂けたりすると幸いでございます。よろしくお願いします。

関連:
ゲー音部

2012年05月20日

ゲームミュージック・チャレンジャー2に出演してきた件 12/05/20

ケーナ吹いて来ましたですよ。


ということで、5/19は18:45より、国本剛章先生主催のゲームミュージックLIVE、「ゲームミュージック・チャレンジャー2」に、「ゲー音部」の一員として出演してまいりました。

当日は100人を越えるご来場を頂きまして、またUST配信でも一時3000人程の視聴を頂いていたそうで、お蔭様で多くの方に演奏をお届けすることが出来ました。ご来場の皆様、動画配信をご視聴下さった皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

会場では、座席が十分な数確保出来なかったということもあり、多くの立ち見の方が発生してしまったこと、また時間が押してしまったことについては申し訳ございませんでした。反省しきりです。


ということで、演奏の話や、別グループの方の話などを、出演者というよりは会場にいた人間の一人として書いておこうと思いますです。


EXCALIPARさん

すげかったです。

主にFF・DQの音楽を、ロックバンド形式で演奏されている方々。当日は、DQ5戦闘DGMメドレーに、ファミコンの名作「ドラゴンボールZII 激神フリーザ」という変化球(演奏は変化球どころか超ガチでしたが)の後、FF5のメドレーがこれまた素晴らしい。

オープニングとして「遥かなる故郷」が入っている辺りがもう分かられまくっているという感じでもあるのですが、随所随所にフェイントをかけて入ってくる古代図書館のテーマ、エクスデス戦から始まるラスボスBGMの盛り上がり、さらには最後の「親愛なる友へ」と繋がる収束のさせ方までを、物凄い演奏技術で聴かせまくってくださり、正直鳥肌ものでした。

最後の「ヴァルキリープロファイル」まで含めて、ガチのロックバンドがゲームミュージックを演奏するとこうなるのか、という恐るべき感動を味あわせて頂きました。ありがとうございました。


○ゲー音部

身内な訳ですが。

今回はA〜Eの5つのグループに分かれて演奏したゲー音部、私は「琴・二胡・ケーナ」という、和中洋の民族楽器を集めてみました的アコースティック部隊であるDチームでケーナを吹かせて頂きました。あと、Eチームの最後の曲、「遊々人生」でもちょこっと。

セットリストはこちらからご参照頂けると。若干の身内要素やおふざけなどもあり、お気になった部分もあるのではないかとは思いますが、力のこもった演奏をお届けできていれば幸いです。

私自身が吹いたケーナ曲は以下の通りでした。

Dチーム転換中
信長の野望「オープニング」
三國志「呉のテーマ」

Dチーム
大神 「太陽は昇る」
元祖西遊記スーパーモンキー大冒険
FF3「Roaming Sheep」
天外魔境U 「フィールド」

大神はとにかく入りでもっていく様頑張りました。途中のロングトーンの吹き方を色々と試してみましたので、録音など出ましたら良かったら。メリハリのある曲なので、音の一つ一つが曖昧にならないよう気をつけました。

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険は、後半で物凄い連符の嵐があったのでアドリブを交えつつなんか頑張って吹いてみました。ブレスの位置をざっくり決めていたのですが、暑くて&酸素が薄くて思ったより息が続かず、ブレスの位置が色々ずれてつじつま合わせをする羽目になったのが失策。

Roaming Sheepはボーカル曲なのでケーナはむしろマイク入れなくていいかなー、とか思ってたら意外と拾われてたとかなんとか。

天外IIは吹いていて超楽しかったです。途中ケーナソロになるところ以外は、あんまりケーナの聴かせ方として意識していないというか、ケーナの飾りを抑え目にしてみました。

周囲が高音量の電子楽器ばかりで、ケーナの音が対抗出来るか不安だった為、屋外で普段吹いているPA不要の吹き方でやってみたのですが、後ほど「ケーナの音超通ってた」と皆様から言われまくったので、どうも無用の心配だったようです。むしろ音がでか過ぎなかったか不安です。

お楽しみ頂けていれば幸いでございます。

身内褒めになるのはなんなので細かくは書きませんが、各チーム、個人的に超印象に残った曲を書いておきます。

Aチーム
熱血高校ドッジボール部メドレー
ナイツ「DreamsDreams」

Bチーム
リブルラブルメドレー
サイキックフォース「Burning Storm」

Cチーム
ダライアス外伝 「Self」

Eチーム
サンダーフォースX 「Legendary Wing」



○国本剛章バンド

そして今回のメイン、国本先生のバンドです。

皆様の演奏が素晴らしいのは当然のことなのかも知れませんが、とにかく圧倒的なステージ創りで、最初から最後まで飲まれっぱなしでした。

私は管楽器奏者なので管楽器の方に特に注目させていただいていたのですが、特に@kentaro_saxさんのサックス、@nami_flさんのフルートには、テクニックだけの話ではなく、なるほど管楽器を聴かせるというのはこういうことなのか、と思わせて頂きました。

最初のスターソルジャーや迷宮組曲は当然のことながら、特に「羊たちの丘」?のサックスが素晴らしく、非常に印象に残りました。また聴きたいです。


取り敢えず、個人的な感想は以上ということで。

いずれまた別の機会もあるかと思いますので、皆様、是非また遊んでください。

2009年11月02日

今日のしんざきによる演奏のお知らせ 09/11/02

リリースの際に軽くトラブって明日も出勤することになった昨今、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

なんか色々エントリーを書きかけですが、取り敢えず演奏のお知らせです。7日と8日に、それぞれ全然別の場所で、30分くらいボランティア演奏をします。

7日は小田急線経堂駅で演奏。なんかボランティアイベントでの演奏みたいですよ。

日時:11月7日(土) 12:45〜13:15
場所:小田急線経堂駅、「ほほえみ経堂」
この辺らしいです。
料金:イベント併設のステージでの演奏らしいので無料
人数:5名
演奏グループ:「Todos los Hermanos(みんな兄弟)」5人くらいの演奏です。グループ名即興。

8日は毎年出演している、池尻大橋東山社会教育館での「館祭り」。サンファニート集団「ロス・ガラパゴス」での演奏です。

日時:11月8日(日) 14:30〜15:00
場所:東急田園都市線池尻大橋駅、「目黒区東山社会教育館」
拡大しないとちょっとわかりづらいかも。
料金:お祭りなので無料
人数:多分7人

こちらはイベントのWebページがありました。こちらです。なんだか今回はトリ前ですよ。トリは毎回太極拳らしいけど。

取り敢えず、お時間ある方はよかったらどうぞー。どちらも、ケーナを吹いたりMCをしたりしている人が私です。

一旦以上で。

2009年09月26日

コンサート開催のお知らせ:09/09/26

ということで、9月26日になにやらコンサートを開催する予定ですよ?

フォルクローレコンサート
日時:9月26日(土曜日) 15時30分開場、16時開演
場所:目黒区東山社会教育館 第三研修室
東急田園都市線池尻大橋駅、東口から徒歩7分。
商店街沿いに歩いていって、堤歯科という歯医者さんの角を右折。角を登りきって、左へぐるっと回り込むと見えてきます。
地図へのリンク
料金:無料
席数に限りがある為、なるべくこの記事のコメントか、 chuseku@gmail.com よりご予約頂けると助かります。
出演グループ:「Adelfa」「ネクター」「Chuseku-kuna」

フォルクローレというのは。南米のアンデス地方の民族音楽です。ケーナやサンポーニャ(管楽器)、チャランゴ(弦楽器)、ボンボ(打楽器)など特有の楽器が使われます。広く知られている曲では「コンドルは飛んでいく」があります(当日演奏予定)。多彩なリズム、音色、旋律が特徴的です。

面白いコンサートに出来ればなあと思っておりますので、よろしければお誘い合わせの上足をお運び頂ければ。

2009年05月30日

五月祭で街頭演奏をするお話・再掲

以下の日時・場所でロス・ガラパゴスのサンファニート主体街頭演奏をする予定です。ご用とお急ぎの無い方は、よろしければお気軽においでください。

日時:5月31日(日) 12:00〜
場所:東大本郷キャンパス 図書館前(赤門と正門の間くらい)
アクセス:地下鉄丸の内線の本郷三丁目駅か、南北線の東大前駅が近いんじゃないかと思います
料金:街頭演奏なので無料
雨天の場合:ある程度雨が強い場合は中止

今日はこれだけ。金土と山梨にいってきたので、明日はその話でも書きます。

2008年09月15日

コンサートに出演する話と、コンサートにいってきた話 08/09/15


まず先に告知。いつも通りといいますか、どういう訳か秋に演奏機会が多い「ロス・ガラパゴス」が今年もサンファニートを演奏します。

1.期日:9月27日(土) 15:30開場 16:00開演、二時間くらい
2.場所:東京大学駒場キャンパス 新学生会館2F第一集会室
3.料金:無料
4.地図:下記
komaba.gif

なんか今回は5グループくらい出るらしくってごった煮っぽいですが、一応キャリアが長い人多めなので聴き答えはあると思いますですよ。ガラパゴスが一番土くさそうってことは保証します。フォルクローレとかペルーとかボリビアとか東大駒場キャンパスに興味がある方は是非どうぞ。

ちなみに、しんざきは多分二つ目のグループでケーナ吹いてます。今回はメンバー10人中、弦が実に8人(兼任もいるけど)という恐ろしいことになっています。キラパジュンか。


それはそれとして。


・「臨界点」のコンサートに行ってきた。

荻窪は「ルースター」ノースサイド。学生の頃からお世話になっている、某ソルジャーな方が主催されているグループ「臨界点」の単独ライブ。やたら楽しかったです。あと乳幼児連れが非常に多かったです。

臨界点の演奏を観にいく時って、演奏の広がり具合やこちらの襟首をつかんで揺さぶってくる様な迫力も勿論楽しみなのだが、毎回炸裂するクリエイティビティというか、突っ込めるもんなら突っ込んでみやがれといわんばかりのノーガード演奏が聴く側の脳髄をわしづかみにして離さない訳である。自分で書いててよく分からなくなってきたが。

オリジナル曲もさることながら、既存曲のアレンジについても相変わらずキレ味が凄かった。テンペスタのピアノアレンジはまだ続きがありそうな感じで、また聴いてみたいなあ、と思ったりもした。

一点、ルースターのライブは居心地がいいんだけど、見せ方が難しいなあと。演奏している姿も含めてコンサートだから、後ろの方でも何か「見える」やり方があればいいなあと思ったが、まあこれはどこの舞台でも起きる問題か。

あと自分で叩いてて私の手拍子はうるさくないかどうか不安だった。手拍子についてまた改めて考えてみよう。

取り敢えずそんな感じ。

2006年06月25日

今日のしんざきと演奏会のお礼とか 06/06/25

どーも。しんざきです。

昨日は千歳烏山にて、サークルの定期演奏会にゲスト出演とかしてきました。

いやもう私もOB5年目とかで、大概年長さんではあるのだが、今回は更にそれを上回るOB練とかも出演されてたりして、なかなか楽しく演奏させて頂けました。しかし、今大学いちねんせーとか今18歳か。パーマンは知らんのかもなあ。会話を成立させる自信があまりない。

取り敢えず、今回演奏した曲は

・Por la grandesa del amor(スペル適当)
・Tierra Aymara(カルチャキス)
・Urpillay(Tupay)

の三曲。まあアレです、私はカルチャキスのケナーチョ曲が演奏出来ただけでも満足です。グループ全体の出来としてはそれなりだったかな。

トリのグループの二年生が上手かった。あと、カルルナス(超OBグループ)は反則的なスゴさだった。

終わった後は飲み。定期演奏会後の飲みというのも何年振りやら。

九月にはまたサンファニートメインのコンサートがあるので、事前に告知致します。よろしければ。


・個人的メモ。

You Tubeより。一部で評判の動画。

曲が気に入りました。

2006年03月01日

コンサートのお知らせ・再掲

何故世の中はもう三月なんでしょう。
私の二月は一体どこに消えた?

ということで再掲。


1.期日:3月5日(日) 16:00開場 16:30開演、二時間くらい
2.場所:東京大学駒場キャンパス 新学生会館2F第一集会室
3.料金:無料
4.地図:下記
komaba.gif

とゆーことで、3月5日にミニコンサートを開催します。今回も参加グループ数は4つ、現役の若手に、我々サンファニートグループ「Ros Garapagos」。うさみそさんのグループにベテラン「ヨーキーズ」というラインナップになっております。

入場無料ですので、フォルクローレに興味がある皆さんは気が向いたらお気軽にどーぞ。一応直前にまた書きますけど。

チュセククナもそろそろ出たいんだけど、ギター弾きが雪に埋もれてるのと、女性ボーカルがもうすぐ国外逃亡するのがネックなり。その内またお目見えします。


2006年01月11日

3月5日・コンサート開催のお知らせ

コンサート開催のお知らせですよこんにちは。

1.期日:3月5日(日) 16:30開場 17:00開演、二時間くらい
2.場所:東京大学駒場キャンパス 新学生会館2F第一集会室
3.料金:無料
4.地図:下記
komaba.gif

とゆーことで、3月5日にミニコンサートを開催します。今回も参加グループ数は4つ、現役の若手に、我々サンファニートグループ「Ros Garapagos」。休憩を挟んで、うさみそさんのグループに占めはベテラン「ヨーキーズ」というラインナップになっております。ヨーキーズの演奏が楽しみであります。

入場無料ですので、フォルクローレに興味がある皆さんは気が向いたらお気軽にどーぞ。一応直前にまた書きますけど。

チュセククナもそろそろ出たいんだけど、ギター弾きが雪に埋もれてるのと、女性ボーカルがもうすぐ国外逃亡するのがネックなり。その内またお目見えします。

2005年10月24日

久々に街頭演奏をした件について。

23日は街頭の日でした。

某うさみみソルジャー氏の呼びかけで、なんだかなんとなく演奏したそうな人々が吉祥寺は井の頭公園に集まり、14時くらいからがりがり街頭演奏をやってましたよ。8人くらいだったかな。

比較的人気の無い場所に陣取って、そこまでは気合を入れず仲間内感覚でだらだらとやろーとか思っていたらば、なんだか思惑と外れて途中かなりのギャラリーを頂き。15時くらいまではかなり本式の街頭演奏をやっとりました。久々だった。

以下箇条書き。

続きを読む

2005年09月20日

フォルクローレコンサートのお知らせ、及び近況。

再掲。管理人が趣味でやっている南米民族音楽のコンサートが23日(金)に開催されます。
詳細は以下の通り。

1.期日:9月23日(金) 16:30開場 17:00開演、二時間くらい
2.場所:東京大学駒場キャンパス 新学生会館2F第一集会室
3.料金:無料
4.地図:下記
komaba.gif

続きを読む

2005年07月31日

しんざきの今後の演奏予定。

はい、土日は自宅で曲決めでしたよ。エラい過密スケジュールでした。しかも全部オレの家。なんだったんだ一体。

それはそうと、サンファニートですよサンファニート。しんざきは9月23日にコンサートに出演します。全部で3グループの出演なのですが、この時私が出るグループが丸ごとサンファニート。あ、サンファニートってのはペルーとかエクアドルの方のリズムの名前です。バイオリンとかマンドリンとかが入って、繰り返しが多い構成が特徴。
続きを読む

2005年07月24日

フォルクローレグループ「Iitico」合宿に関する諸々について。

さて、管理人はケーナ吹きである。音楽活動などやっておる。

南米民族音楽であるところのフォルクローレなど演奏しているグループに所属しておるのだが、その内のひとつ、(一部で)伝説となっているグループ「Iitico(いいちこ)」の練習合宿が昨日まで、長野は広野で開催されておった。

参考URL
いいちこ公式ページ

いいちこのどの辺が伝説かというと、結成されてから既に8年目というキャリアを有しているというのに、その間コンサートで演奏したのが僅か3回だけというメタルキング並のそのレア度であったりもする。今回何年ぶりだか良くわからないコンサートを開催しようかどうしようかと計画しているに当たって、練習の為に合宿まで開いてしまうというそのKIAIっぷりには瞠目するべきものがある。

本エントリーでは、二日間に渡るIiticoの練習合宿に関しての模様を記そう。その熱意溢れる練習合宿の迫力に、読者諸氏もご注目頂きたい。
続きを読む

2005年03月20日

コンサートとブログの相似。


先日のエントリーで、「書きたいという欲求」と「反応が欲しいという欲求」について触れたが、考えてみるとあれは殆どあらゆる文芸・芸術表現にあてはまるんではないかという気がしてきた。いや、更にもうちょっと掘り下げて考えてみると当たり前なのだが。

私はケーナ吹きである。ケーナというのは南米の縦笛である。尺八に似ている。尺八に似た楽器で色々と吹く。普段は南米の民族音楽を演奏するが、吹こうと思えば陽水だろうが日本むかしばなしだろうがドラえもんだろうが大抵の曲は吹く。演奏依頼は常時募集中です。

さて、コンサートを開くという行為もブログと似ている。コンサートは、「ケーナを吹きたい」「演奏したい」という欲求と、「お客さんに聴かせたい」という欲求の双方があって始めて成立する。どちらの欲求が欠けていてもあまり良いコンサートにならない点も、人のコンサートをみると刺激されて演奏欲求が高まる点も似ている。
続きを読む

2005年03月07日

コンサートのお礼。

3月5日の駒場ミニコンサートにおいでくださった方、ありがとうございました。皆さんのお蔭で、我らがチュセククナも楽しく演奏が出来ました。

お蔭様で大盛況といいますか、会場の後ろの方に立ち見の方々が大量に出てしまったのがむしろ心苦しかった訳ですが。取り敢えず、皆様の拍手とメンバー全員に心から感謝。

取り敢えず今回のコンサートのスリリングだった点列挙。

続きを読む

2005年02月21日

昨日のいいちこ練習記録

参考URL
http://mubou.seesaa.net/article/1340173.html

13時、練習開始時刻。開始当初、集合メンバー数0。

13時15分、しんざき到着。ものも言わずにその辺に転がっていた「銀と金」を読み始める。

13時45分、サンポ吹きM氏到着。携帯品、「Superいいちこ(焼酎)」。練習開始。取り敢えず酒を飲む。

13時55分、ボーカルY嬢到着。携帯品、「いいちこ(焼酎)」。さらなる練習開始。無言で酒を飲む。

14時0分、ギター弾きS氏到着。携帯品、「黒糖焼酎(焼酎)」。本格的な練習開始。問題なく酒を飲む。

15時00分、酒を飲む。演奏曲「Imillitay」のKeyについて論争。ボーカルが嫌がるキーで演奏しようということに満場一致で決定。

16時00分、酒を飲む。演奏曲「コンドルカンキ」のKeyについて論争。チャランゴを押さえる際、手が痛くならない様なキーで演奏しようということに満場一致で決定。

16時30分、酒を飲む。Superいいちこ消費完了。演奏曲「TodosJuntos」の存在を完全に忘れていたことに気付く。気付かない振りをすることに満場一致で決定。

17時00分、酒を飲む。スタンダードいいちこは次回持ち越しということに満場一致で決定。息があったグループだ。

17時30分、コンサートで演奏しない曲を物凄い勢いで吹き散らして練習完了。

17時過ぎに部室にいらした現役の皆様、すいません。ほんっとすいません。一応酒盛りと好き勝手演奏だけじゃなくて練習もしてました。
このエントリーをはてなブックマークに追加