2015年12月23日

ここ最近のしんざきと、西荻ゲームパワーでギターを演奏してきた話とかMHXの進捗とか 15/12/23

どうもしんざきです。ここ最近は、長女次女(4歳)が児童館にはまっておりまして、しょっちゅう連れていってはボールプールで遊び倒したりしています。

以下は最近の日記など。

○西荻ゲームパワー・クリスマススペシャルにいってきました

いってきました。

毎年恒例、クリスマスSP。ゲー音部の重鎮@fc_runner_AKさんが主宰する、酒飲みながらだべったり、ゲームをしたり、オープンマイクで演奏したりネタをやったりする集まりです。

今回オープンマイクで参加したのは、恒例の2グループ「三兄弟」と「麺類は飛んでいく」。

三兄弟では、いつも通り、私、@hagefatさん、@fc_runner_AKさんの3名に、その場で(全く曲目を伝えずに)ドラムを募集して引っかかってくださった@kobu178さんの4名構成。本番一回合わせの精神だ!!!

・SFC版ジョジョの奇妙な冒険・フィールドBGM
・SFC版シムシティ・村のテーマ
・FC天地を喰らうII・攻城戦のテーマ

の3曲を演奏させて頂きました。ジョジョは、ゲームとしては色々とアレな評判ですが、フィールドBGMはかっこいいの一言。シムシティは今回微妙にアドリブメロディのソロ回しなどしてみました。天地IIは、いわずと知れた戦闘シーンの名曲。ロックマンIIIと同じコンポーザーさんだそうで、確かにどことなくロックマンを思い出させるメロディラインです。

一方の「麺類は飛んでいく」は、ケーナも吹かれる@noodle_menさんと私のグループなんですが、今回特別ゲストにケーナを吹き始めた@rikahrnさんをお迎えして、しんざきギター・麺さんピアノ・りかさんケーナのサプライズ構成をお送りしました。
曲目は

・聖剣伝説3・Decision Bell
・太陽の神殿OP

ギターを弾く(ようなそぶりをする)のに必死で他お二人の音がほとんど聴けてなかったのがやや心残りでしたが、サプライズ構成は今後もいろんな可能性を追求していきたいですね!

その他、クロノクロスのMagicalDreamersをゲリラ演奏したり、こぶさんの「ゲームをプレイしながらそのゲームのBGMを演奏」という技に「一体どういうことなんだ…」状態になったり、ガーディアンヒーローズ大会でどさくさに紛れてランディで優勝したり、様々に楽しいイベントでした。

付き合ってくださった皆様、ぜひまた遊んでやってください!


○最近のモンハンクロスの進捗について

しばらくお守り掘りにこもって、溜め短縮 + 4のスロ3というなかなかの良おまを入手しましたので、ぼちぼちクエスト進行に戻ろうかと考えております。

当面の目標は荒鉤爪ティガレックスを狩って荒鉤爪装備を作ることなんですが、ちょっと戦ってみた感じ流石に超強力で、装備強化の必要を感じました。

当面作りたい装備がこんな感じ。

■女/剣士■ --- 頑シミュMHX ver.0.9.1 ---
防御力 [233→419]/空きスロ [0]/武器[1]
頭装備:三眼のピアス [3]
胴装備:ザザミRメイル [3]
腕装備:ドボルアーム [0]
腰装備:ハイメタUフォールド [0]
脚装備:ドボルグリーヴ [1]
お守り:龍の護石(溜め短縮+4) [3]
装飾品:抗震珠【1】×4、耐震珠【1】×2、抜刀珠【1】×5
耐性値:火[-7] 水[6] 雷[1] 氷[-5] 龍[3] 計[-2]

耐震
抜刀術【技】
集中

上記を作るために、獰猛化モンスターというものを狩り始めたところです。取りあえず獰猛化クックと獰猛化ゲリョスはそんなに苦戦しないで倒せましたが、ここから大変そう。獰猛化ザザミを狩らないとなあ。

あと、ドボルベルグと戦ってみたらソロで25分もかかったので、攻撃力的にも若干の底上げの必要を感じております。手近なところで、蝦蟇の大包丁でも作ってみようかと。出来れば集中・切れ味+1・抜刀技装備も作りたいところなんですが、こちらはちょっと道のりが通そう。

まあ、なんにせよ非常に楽しんでおります、というところで。


今日書きたいことはこれくらいです。




posted by しんざき at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

今日のしんざきのモンハン進捗 15/12/18


若干のネタバレが含まれますので一応ご注意ください。


○HR6になりました。

集会所☆5でガムートさんやタマミツネさんをしばき倒しまして、一応HRが6になりました。

ギルカはこんな感じです。


装備の方は、後述しますが現在炭鉱夫装備です。

ちなみに本気装備の方はこんな感じ。

武器:チェーダアルザバル
頭:マフモフS
胴:ラングロS
腕:ラングロS
腰:レギオス
足:マギュルS


これにスロだけのお守りを装備して、抜刀珠をつめて集中・抜刀技にしてギルド大剣運用にしてます。防御は327。これで、まあ集会所☆5はソロでもそこまで苦労しませんでした。

☆6までのモンスターは正直ソロで辛いヤツあんまりいませんでしたが、恐らく今回二つ名モンスターが前回で言うギルクエに当たるんだろうと予想しております。通常のモンスターはむしろだいぶ楽になっているような印象。ガララアジャラにエリアル大剣で戦えるようになったんでそう思うだけかも知れませんが。

荒鉤爪装備が欲しい関係で、まもなく荒鉤爪ティガレックスで詰む予定です。

以前から言っている通り別にソロ縛りでやっている訳ではなく、マルチも好きなのでお友達の方は遊んでやってください。


○お守り炭鉱夫に就職しました。

ということで、うわさの「たんと掘れ燃石炭」が出たのでお守り掘りをはじめました。

目標のお守りは短縮+5スロ3か抜刀技+5スロ3のどっちかです。

「たんと掘れ燃石炭」は、ネットで有名なのでご存知の方も多いと思うんですが、ポッケ村のイベントクエを進めると出てくる☆6の火山採取クエストです。燃石炭10個目標がクエのターゲット。

猫の秘境探索術を発動させて、秘境→6→8と掘っていくと、運がいいとそれだけで古びたお守り3,4個持った状態で燃石炭が10個貯まります。貯まったら即戻り玉。貯まらなくても、7→9→10→2と降りながら掘っていくと、ほぼ燃石炭は溢れます。

パーティで挑むと報酬含めて大量の古びたお守りが手に入るらしいんですが、ソロでやっても平均5,6個〜多いと10数個の古びたお守りが鑑定出来るような印象です。手軽に出来る試行回数で勝負。

その他カブレライト鉱石や獄炎石のような鉱物素材も売る程貯まりますし、龍歴院ポイントもやたら貯まるという至れり尽くせりな仕様。

尚、装備はこんな感じ。

武器:スロ2
頭:メルホアU
胴:ロックラックS
腕:メルホアU
腰:ロックラックS
足:ロックラックS

これに狩人珠と祝福珠を詰めて、採取+2・ハンター生活・暑さ無効・精霊の気まぐれ・運搬の達人を発動させてます。画像は冒頭参照。一応ギルドガード装備も作れるようになったけど素材が多くて面倒で・・・

まあ当面、他クエストの進行を止めてここでお守りカツンカツンやって過ごす予定ですのでよろしくお願いします。


今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

今日のしんざきとモンハンの進捗について 15/12/08

どうもしんざきです。最近、次女に「○○ちゃん」と話しかけると「パパちゃん」と帰ってきます。

以下は最近のモンハンクロスの進捗。

○取りあえず村のエンディングを観ました

☆5で出てきた緊急クエをクリアしまして、取りあえず村クリアということになりました。

詳しいことはネタバレになるので書きませんが、エンディングを観て改めて思ったんですが、今回、やっぱり敢えて「ストーリー性」は薄くしてあるなあ、と。今までのモンハンであったような、「村に迫ってくる危機」「住民の危機感と、ハンターに対する信頼感」みたいな要素は、今回あんまり描写されません。いや、全く描写されないわけではないんですが。

恐らくこの辺は、前回書いたように、お祭りゲーという部分にスポットライトを当てるために意識してこういう作りにしてるんだろうなあ、と感じます。ストーリー性を重視する人には残念かもですが、個人的にはこれはこれでアリ。いやまあ、エンディングが始まった時には何が起きたのかと思いましたが。

それはそれとして、「お前も出てくんのかよ!!」というキャラクターは引き続き続々と登場しております。MH3Gのあの二人組も出てきました。懐かしい。

○装備をバージョンアップしてみました

村の☆6でセルレギオスが出できたので、何回か狩ってこんな装備にしてみました。

頭:レギオス
胴:マギュル
腕:レギオス
腰:レギオス
足:マギュル
武器:チェーダアルザバル(セルレギオス大剣)スロ1

これに短縮珠と抜刀珠を二個ずつ詰めて、集中と抜刀技が発動しています。多分、村で作れる範囲では、このスキルが大剣のゴールではないでしょうか。

ということで、まだ村☆6のクエは残っているんですが、ぼちぼち集会所にいってみようかと。流石にこの装備だと集会所☆1で敵はいないので、完全ソロで早々にHR2にはなりました。新たに出てきた村人依頼をこなしていこうかと考えている所存。

取りあえずそんな感じです。
posted by しんざき at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

モンハンクロス・序盤についての感想と現在の進捗


今村の★3です。最序盤から序盤くらいにはなったっぽいので、ここまでの感想と現在の進捗を書きます。


○今回の採集クエ・小型モンスター狩猟クエはニャンターで行くのが絶対的なオススメです

クロスは村序盤の採取クエが多めなんですが、これニャンター前提バランスなんじゃないかという疑いが。

今回、ハンター/にゃンターの切り替えということで、オトモをPCのように動かすことが出来るモードがあるんですが、ニャンターの特長として、

・採取の際にピッケル・虫あみなどが不要
・アイテムを使用することが出来ない。クーラードリンクやホットドリンクなどが不要
・スタミナゲージが存在しない→スタミナ切れが発生しない為、走りっぱなしで移動出来る
・ハンターより採取が速いような気がする
・戦うことも出来る(オトモ装備で攻撃力も高くなるらしいが、序盤はいまいち)


というようなものがあります。これら特徴がひじょーーーに採取クエにマッチしているんですね。

基本走りっぱなしでいいので、広いフィールドも苦にならず、採取行動が非常にスムーズ。荷物をもっていく必要がないので、たくさん採取が出来る。仕草も見ていて面白い。今回採取装備ないのかなーと思っていたんですが、これなら当面採取装備不要かも知れません。

攻撃も出来るので、小型モンスターくらいの相手はふつうにいけます。もしかするとオトモ装備次第では大型モンスターもいけるのかもしれないですが、まだそこまではやってないです。

なお、採取自体、今回はボタンおしっぱで済むようになっているので、非常に楽にはなっています。

採取クエ面倒くさい、という人多いと思うんですが、そんな方にこそニャンターがお勧めです。お守りいつ掘れるのかしらん。
なんかニャンター専用のクエもあるらしいんでその内やってみようと思います。


○今回、前作ほどストーリー性が強くない感じです

4や4Gでは、「我らの団」や筆頭ハンターたちとの絡みがかなり強く打ち出されていまして、クエストの途中で彼らが色々喋ったりとかも結構あったんですが、今回はそういう要素があんまりありません。お祭りゲーで大量にキャラが出てきている分、メインになるストーリーは敢えて薄くしているように見えます。P2Gくらいの頃に戻ったともいう。

ストーリーが強めな方がいい、という人には物足りないかも知れませんが、狩り重視の人にはこっちの方がむしろいいかも知れません。私はどっちかというと後者寄り。



○スタイルは相手によって切り替える感じになりそう

ギルド大剣をメインに使いつつ、エリアルとブシドーを試しているんですが、エリアルかなりの勢いで別ゲーです。空中溜め攻撃を入れまくれるようになるとかなり楽しい。が、私の腕では正確に部位破壊を狙ったりが難しく、飛びすぎてため攻撃が当たらなかったりということもしばしば。上手く立ち回れるようになってくると、攻撃の殆どを空中溜め攻撃で構成出来そうなんですが。

多分、相手によってどのスタイルがいい、とか色々使い分けの必要が出てくると思うので、もうしばらく固定せずに色々試してみようと思います。


○展開が進むにしたがって、旧作キャラがぽこぽこ出てくるのが楽しい

ポッケ村、ユクモ村、ココット村それぞれに、旧作キャラが入れ替わり立ち代りどんどん出てきます。今回拠点としては登場しない、モガ村やミナガルデ、ドンドルマの連中まで出張ってきているのが非常に懐かし楽しい。

旧作キャラクターたち、それぞれ「自分たちのハンター」について語ってくれたりもするんですが、かつてのプレイヤー自身の活躍を思い起こさせる部分もあり、旧作プレイヤーには非常に嬉しい演出目白押しだと思います。モガ村の村長がユクモ村の足湯に浸かってるの面白すぎる。


○取りあえず集中 + 攻撃小の装備を作ってみました

村序盤で集中つけようとすると、多分皆多かれ少なかれ似たような装備になるとは思うんですが。

頭:ジャギィ
体:マギュル
腕:ファンゴ
腰:ジャギィ
足:マギュル

これに短縮珠[1]を二つ詰めて集中 + 攻撃小です。

集中攻撃小

見た目もそんなに悪くないですね。

実はエリアル大剣をメインにするかどうかちょっと考えていたんですが、これ作ったから当面ギルド主体になりそう。やっぱり集中があるとないでは全然違いますね。

武器は4の経験から、安定と信頼のテツカブラ大剣。まずは、これで☆5くらいまで走ってみようと思います。

今日書きたいことはそれくらい。
posted by しんざき at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

正直なところ、今の時代ってゲーム好きには天国に近いと思うんだ


・STG、格ゲーなども含めて、面白い新作ゲームが出続けている
・ダウンロード販売の一般化やSteamなどの存在により、ゲームの入手性が大幅に上がっており、プラットフォームも多様化している
・バーチャルコンソールやセガ3d復刻アーカイブスなどを始め、過去の名作を今の実機でプレイする環境が整っており、ラインナップも増え続けている
・ループゲームやライトなゲーム、シンプルなゲームを遊ぼうと思えば、スマホアプリでも面白いゲームがごろごろ転がっている
・通信環境が整っており、通信対戦も既に現実的な遊び方として実現している
・通信環境が整っている関係で、ゲームタイトルによっては追加のアップデートが行われてバグが改善すること、コンテンツが拡充することまである
・ゲームの社会的立ち位置も、まだまだ低い面もあるとはいえ、昔よりは遥かに高い


こんだけ材料がそろっているとなると、これやっぱり冗談抜きでゲーマー天国なんじゃないかと。少なくともプレイする側にとって天国なことは間違いない。


ゲーム系の話の中で、「○○(ジャンルの名前が入ることが多い)衰退」とかいうテーマでわーわー議論になることってありますけど、ちょっとだけでもアンテナを上げれば、面白いゲームって数知れず出続けてるんですよ。ちょっと懐かしいゲームをやりたくなったとしても、昔のように中古ショップを血眼になって探し回るのではなく、簡単に昔のゲームにアクセス出来る経路が無数にある。


もちろん開発側や小売側に立ってみれば、多様性が大変さを呼ぶという側面もあるのはわかりますが、少なくともゲームを遊ぶ側が、「ゲーム業界衰退した」とかいうのはなんか違うよなー、と。それは自分のアンテナとか、あるいは感受性の衰退なんじゃないかと。


ゲーム衰退論をひねり出してる暇があったら、面白いゲームタイトルを一作でも掘り出した方が建設的なんじゃないかなーと、そんな風に思ったわけです。
posted by しんざき at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

モンハンを初めてプレイする初心者さんに伝えたいこと、あと初心者さんに布教する時に気を付けたいことについて


モンハンクロスを遊んでおります。


昨日最序盤での感想を書いたんですが、今のところ非常に楽しくプレイ出来ております。

私はP2Gからのハンターなんですが、P2G時代やそれ以降のフィールドやらキャラクターやらが大量に復活しており、懐かしキャラのオンパレード、モンハンシリーズの同窓会という風情。流石、「クロス」の名にふさわしいいろんなシリーズタイトルの交錯感。お祭りゲームと考えて相違ないと思います。

その他にも、例えば採取はボタンおしっぱで異常に楽になっていたり、チュートリアルの「もう一度聞きますか?」の罠がなくなっていたりと、細かいところの改善点も数多く、非常に遊びやすくなっていると感じます。序盤こそ採集クエストや小型モンスターの狩猟クエストが多く、若干煩わしい部分もありますが、ぼちぼち手ごたえのある大型クエも出てきました。

で、今回も、シリーズ初登場の要素であるとか、シリーズをやっていない人にもキャッチーな要素とか色々あります。芸能人を多く使ったCMも、多くの人にとってキャッチーなものでしょう。

その為、恐らく「モンハンクロスで初めてモンハンをプレイする人」であるとか、「モンハンクロスを未経験者に布教して、一緒に遊ぼうと引率する昔からのシリーズファン」という人も、今回多く発生するものだと予想します。

で。モンハンというゲームには、「初心者の人が、ふつうにやってると楽しみに気づきにくい部分」であるとか、「「上級者が初心者を引っ張り込む、引率する」という場面において、他のゲーム以上に気を使わなくてはいけない要素」といったものが多々あります。今回は、その辺について書いてみたいと思います。



○モンハンというゲームには、多分大きく分けると二つの楽しみ方があると思います


つまり、「コミュニケーションツールとしてのモンハン」と、「難易度の高いアクションゲームとしてのモンハン」です。

モンハンというゲームは、大枠としては、「クエストを受けて、でかいモンスターと戦う」というのがそのメインパートとなります。大剣だの、スラアクだの、ヘビィボウガンだのひっさげて、でかい龍とか熊とか雷ワンコとかとドンパチするわけです。超楽しいです。

その際、一人で挑むことも出来れば、複数人数で協力して挑むことも出来ます。友達と一緒にプレイすることも出来るし、ネットで知らない人と一緒に狩りにいくことも出来ます。


で。普通のオンラインRPGだと、複数人数で挑むとその分ボス敵が強くなったり、一人で挑むと敵が弱くなったりするんですけど。モンハンの場合、こういう区別がありません。つまり、大人数で挑んでもボスが強くならないので、大人数であれば大人数である程戦闘が楽になるんですね。言ってしまうと、多人数で挑むボス戦とソロで挑むボス戦は別ゲーです。


大人数でわいわいやりながら、みんなで協力してボス敵を倒すのはとても楽しいです。また、素材を集めていい武器や防具を作る為に、多人数で効率よくボスをやっつけていくのもそれはそれで楽しいです。


ただ、もう一つ、「一人で強力なボス敵に挑んでギリギリの勝負をする」というのも、楽しめる人にとってはひっじょーーに楽しいので、一つこっちが楽しめるかどうかも試してみませんか?という話なのです。



○「アクションゲームとしてのモンハン」を楽しむとはどういうことでしょうか

ソロで挑んだ時、モンハンの敵ボスたちはどいつもこいつも超強力です。


例えば無双ゲーみたいな、爽快感重視のアクションゲームと違う点として。モンハンには、「攻撃するタイミングをよく考えないと敵に勝てない」という特徴があります。

モンハンの敵ボスは、基本的に常にスーパーアーマー状態でして、プレイヤーがどんなに攻撃しても、お構いなしでもっと痛い攻撃を返してきます。

以前、こんなエントリーを書きました。手前みそですが、ちょっと引用してみます。
モンハンをプレイしている方はお分かりだろうが、このゲームの95%程はいわゆる「ボス戦」で構成されている。そして、このゲームは「攻撃機会の見極め」ということを徹底的に行わないとボスに勝てない様に出来ている。ボスには必ず「攻撃出来る時」と「攻撃出来ない時」が設定されており、攻撃出来る時以外に攻撃するとどかーんと吹っ飛ばされる。そういうゲームだ。

相手が何をしていようがお構いなくヒャッハー、とかやっていると、ハンターはジンオウガどころかアオアシラにすらてこずる。ましてレイアレウス希少種辺りが相手だと、回復薬グレートがアイテムポーチいっぱいあっても足りやしない。
モンハンが俺に教えてくれたこと

で。上記のようなことは、モンハンに慣れた人にとっては当たり前のことなんですが、慣れてない人にとっては意外と分かりにくいことなんですね。早い話、「まず敵の動きを観察しましょう」ってことなんですが、普通のゲームで「敵が出てきたから、まず逃げ回りながらじっくり相手の出方を見定めよう」とかやらないじゃないですか。まず攻撃コマンド選びますよね。

「相手の攻撃を見切って紙一重で回避。そして相手の隙に攻撃を叩き込む」とかいうと、すげえかっこよくないですか?実際、強力なボス相手にこれが出来るようになると物凄く気持ちいいですし、積み重ねて強力ボスを倒せると脳汁が出るくらい達成感があるんですが。

この楽しみ方、最初の「入り方」をうっかり間違えちゃうと、全然気づけないまま終わっちゃったりすることがあるんですよ。その落とし穴が、「上級者の引率」だったりするんです。


上で書いた通り、モンハンの「一人プレイ」と「多人数プレイ」は別ゲーです。多人数プレイでのボス戦は、特に序盤、多くのケースでゴリ押しが利きます。みんなでドカドカ殴ってるだけで、攻撃機会がどうとかそこまで考えなくても、サクサクボスが倒せちゃったりするんですね。

勿論、それはそれで十分楽しいんです。そこがモンハンというゲームのすごいところなんですが。



ただ、「アクションゲームとしてのモンハン」の楽しみ方に全然親しまないままゲームだけどんどん先に進んじゃうと、往々にして「アクションゲームとしてのモンハン」の楽しみ方を習得する機会を失ってしまったりするんです。

協力プレイでどんどん先に進んで、素材だけは揃う。強い武器を作る。そうすると、序盤の村クエなんかはもう武器の威力だけで相手にならなくなる。けれど、高レベルのクエは多少武器が強くてもどうにもならないから、ひとりで挑むことはずっと出来ない。

結構ありがちな状況だと思うんですよね。


一昨年ですが、はてな匿名ダイアリーにこんな記事が載ってました。

私はこうやってモンハンが嫌いになりました
1:やりこんでいる友達に誘われて一緒に遊ぶ
2:ハンターランクが低いと一緒に遊べないからと言われて、色んなクエストに引っ張り回されてハンターランクを上げる
3:十分にハンターランクが上がる
4:友達のやりたいクエストに参加するも、装備が全然整ってない&相手の動きがよく分からないので、ひたすら敵の攻撃をよけて、即死しなかったら回復するだけのゲームになる。友達だけが楽しそう。
5:この状態からひとりで遊ぼうと思っても、未着手のことが多すぎて何をやったら良いのか分からなくなる←いまここ
この状態をどうにかしようと思っても、ひとりではどうにもならなくなっているので、結局その友達にお願いしないと進めないゲームになっている。本来何十時間かけて進むはずのところを数時間で強行されたツケを支払うの俺かよ。

トラックバックではなんか批判してる人もいますが、この人、正直ぜんっぜん悪くないと思うんですよ。ただ、「アクションゲームとしてのモンハン」への親しみ方を学ぶ機会を、最初の時点で失ってしまっただけ。もしかするとモンハンというゲームをもっと楽しめたかも知れないのに、その機会を奪われてしまっただけ。


勿論、「そもそもアクションゲームとしてのモンハンに向いてない」という人、います。たくさんいます。正直、ソロでチクチクと強力なボスと戦うの、結構大変です。ワンミスでどかーーんと体力を奪われて、何度もクエスト失敗して、途中でイヤになっちゃうという人も当然いると思います。


けど、そんな逆境に打ち勝って、試行錯誤を積み重ねながら達成感を得ることに、魔的な楽しみを見出してしまう人も勿論いるんです。この楽しみを覚えると、人によってはソロ廃人と呼ばれる部類になって、超強い敵ボスをどうやって一人で倒すか、ということに血道を上げたりするようになります。

皆でわいわい遊ぶのも、モンハンの楽しみ方。が、一人でちまちまと達成感を積み上げていくのも、立派なモンハンの楽しみ方です。


少なくとも、「そっちの楽しみ方」への入り口だけでも確保しておくの、悪くないんじゃないでしょうか。そんな風に思うわけです。


で、モンハンは、「初めて遊ぶ人」がアクションゲームに慣れるための経路をちゃんと用意してくれています。それは、「集会所ではなく村クエから遊ぶこと」

ベルナ村、ポッケ村、ココット村、ユクモ村などの受付嬢から受けられるクエをどんどんこなしていくことによって、最初の内は無理なく、マップをうろついて採集をしたり、素材を集めて武器を作ったりという基礎の基礎を学びながら、段々と強いボスと対峙していくことが出来ます。たとえ友達に誘われて始めたとしても、集会所を進めるのをちょっと待ってもらって、まずは村クエをある程度進めるのがかなりのおススメです。




○上級者の人は上級者の人で、「引率」の仕方を考えられるとステキですよね

上の匿名ダイアリーほどの話はかなり不幸な例だとは思いますが。それにしても、パワーレベリングの是非というものは、パワーレベリングに全く制限がないモンハンにおいては特に大きな問題となります。

勿論、ある程度慣れていてさっさと素材を集めたいとか、そういうスタンスの人に対して遠慮する必要は全くないとは思いますが。少なくとも、本当に初プレイで、モンハンのことは右も左も分からない、という人については、ある程度「引率」のやり方を考えてあげるのが、清く正しいモンハンプレイヤーのあるべき姿だと思います。


例えば、自分が使ったことがない武器種の初期武器で一緒に試行錯誤してあげたり、であるとか。例えば、攻撃機会をなるべく初心者さんに作ってもらって、自分はサポートに回るであるとか。


しんざきの場合は、始めにモンハンを布教してくださった先輩が、非常に「わきまえた」人だったので、モンハンの魔的な楽しみ方への入り口を失わないで済みました。一モンハンプレイヤーとして、モンハンの色んな楽しみ方について、可能性を奪われないプレイヤーがどんどん増えていくといいなーと、そんな風に思うのです。

あと、関係ないですが今回もエロ装備は作れるんでしょうか。エロ紳士は頑張っていただければと思います。

今日書きたいことはそれくらい。


モンスターハンタークロス -
モンスターハンタークロス -
posted by しんざき at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

モンハンクロス始めました・最序盤についての感想

始めました。

モンスターハンター クロス

いつも通り村クエから手をつけることにしておりまして、★2の緊急テツカブラまでやってから、採取をしつつ各村の依頼クエをゆるゆる片づけてるような感じです。攻略情報はほとんど何も仕入れておりませんで、まだほぼ初期装備です。

以下はここまでの感想箇条書き。

・面白いです。
・狩技とかスタイルとか聞いて、もうちょっとライトなゲームになるのかなーと思っていたんですが、やってみた感じはほぼ今まで通りのモンハンでした。随所随所でちょっと強力な攻撃/回避が出来る、という程度の違い。
・といっても、代わり映えしないかというとそうでもなく、例えばエリアルスタイルなんかは全然操作感が違っていてなかなか楽しいです。
・初期武器はいつも通り安定の大剣を選択。今はギルドとエリアルを使い分けて色々試行錯誤してます。ブシドーはまだあんまり使ってない。ストライカーはもうちょっと狩技増えてからかな。
・ポッケ村・ココット村・ユクモ村が拠点で登場していることを含め、昔のシリーズタイトルのキャラがあちこちに顔を出しているのが楽しいです。4のキャラバンの連中とか、モガ村のアイシャとか。まさかヘルブラザーズまでいるとは思わなかったですが。
・ユクモ村や雪山懐かしい。そういう意味で、過去作好きの人にもお勧めかも。
・オトモの仕組みが4とだいぶ違っていてまだよくわからない。試行錯誤中です。
・ぼちぼち装備作りたい。大剣はテツカブラ大剣とかいいんでしょうか。防具は取りあえず集中つけたい。

上記のような感じです。

例によってしばらくはソロ生活だと思いますが、どこかでご一緒したらみなさんよろしくお願いいたします。



posted by しんざき at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

将棋ウォーズで初段になりました

なりました。

将棋ウォーズ151116.png

この前始めた将棋ウォーズなわけですが。一級に上がってからは勝ったり負けたりで、しかも最後の試合は序盤タコミスをしてどう見ても負け試合のところ相手の時間切れに救われるという、なんともしまらない感じでしたが、まあ目標達成は目標達成なので良しとします。一応、棋神降臨というものは一回も使っていません。

しかし、前回も書いた通り、私定跡の勉強とか基礎を全然やってないので、序盤以降完全に出たとこ勝負になります。流石にその場しのぎ将棋だとこれより上にいくのはちょっと厳しそうだなーとも感じております。息子さんにも将棋教えてあげたいし、もうちょっと体が空いたらちゃんと勉強してみようかしらん。まあ、真面目にやるなら将棋ウォーズよりも将棋倶楽部24の方がいいような気もしますが。

なにはともあれ、一旦Hearthstoneに戻ろうと思います。よろしくお願いいたします。
posted by しんざき at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

カルドセプトの完全新作「カルドセプト リボルト」が発売決定した!!!!!

最新作「カルドセプト リボルト」が発表されました
シリーズ最新作『カルドセプト リボルト』3DSで2016年発売!開発は大宮ソフト、音楽は伊藤賢治

うおぁーーーーーーーーーこれは、これは素晴らしい。素晴らしすぎる。
本作は『カルドセプト』シリーズ最新作となるタイトルで、開発は大宮ソフトが、音楽は伊藤賢治氏が担当。200枚以上の新カードが追加されるほか、システムやルールの改良が行われます。
もうこの一文の時点で既に圧倒的期待感しかない。約束された勝利。

とりあえず、前作カルドセプト3DSは本当にすごいゲームだったので、未プレイの方は今からでも予習の為にプレイしておくべきだと思います。下記は昔書いた記事。

カルドセプト3DSが凄いと思ったのでベタ褒めしたり初心者の人にお勧めしたりする

しんざきは主に風ブック使いなのですが、ガルーダ様はご健在なんでしょうか。楽しみです。

もうすぐモンハンクロスは来るし、そのあとダラバーCSは来るし、更にそのあとカルドセプトまで来るとなっては、これはますます健康に気を付けないといけないと思いました。

取り急ぎ以上です。
posted by しんざき at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

なぜか勢いあまって将棋ウォーズなどというものを始めてしまった件 15/11/06


始めてしまいました。

日本将棋連盟公認 将棋ウォーズ

Hearthstoneも継続中な上に、まもなくモンハンクロスも出るというのに大丈夫なんでしょうか。心配です。

将棋ウォーズは、スマホ・ブラウザでプレイ可能なオンライン将棋対戦アプリ。囲いや戦法を使うとカットインが出まして、得意戦法・得意囲いが称号として表示されたり、そのカットインがコレクションされるコレクション要素なんかもあり、よく考えられてるなーと感心することしきりです。将棋倶楽部24よりだいぶライトな感じですね。

しんざき自身は、かつて陸上部の部室になぜか卓球台と囲碁盤・将棋盤が置いてあったのがほぼ将棋経験黎明期でして、その後ちょこちょことネットで将棋など指すこともありました、という程度の腕前。


現在は主にAndroidスマートフォンでプレイしておりまして、最初は「3分切れ負け」のルールがてっきりデフォルトと思いこみ、3分切れ負けでしばらく戦っていたんですが、どう考えてもシューティングゲームだったので10秒将棋に遷移。

15分とか30分持ち→秒読み10秒とかの将棋しかしたことがなかったので、思考回路がなかなか切り替わらなくて当初苦労しましたが、なんか段々慣れてきました。それでも油断すると時間切れ負けとか頻繁にやらかします。

とりあえず初段を目標にやってみようかと思いまして、現在は39勝39敗の勝率五割で一級です。ただ、一級から初段への壁が流石に分厚いようで。

将棋は正直完全に下手の横好きで、手筋の勉強とか全然したことないので、初段になるにはある程度ちゃんと勉強しないといけないよなーと思っているところです。秒読み将棋だと、その場で考えてる時間がほとんどないので余計に手筋が重要なんですよねー。ただ、いい機会なので定跡本の数冊も読んでみるかと思っているところ。

現在のところ、得意戦法はゴキゲン中飛車、得意囲いは片美濃ということになっているようです。かなり適当にやっているので得意戦法というのも憚られるところですが。原始棒銀くらいしかやり方を知らない。


まあ、Hearthstoneや大航海時代オンラインと並んで、ゆるゆるとやってみようと思います。idはshinzakiですので見かけたら手加減してください。
posted by しんざき at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

ギルティギアXrd紗夢で出来るようになりたいこと 私用メモ

ちょこちょこやってます。

現在の戦績はこんな感じ。
http://www.ggxrd.com/pg2/member_profile_view.php?user_id=8256

70戦46勝、8段。今のところそこまで強い人たちが集まるゲーセンにいってないので、勝率の割に段位は低いです。インチキ段位と考えていただいて間違いないです。

以下、いろんな動画とか掲示板を漁って、今後出来るようになりたい・練習したいコンボ、テクニックの自分用メモ。

ネタ元はこの辺です。
XrdR 紗夢 コンボレシピ
GGXXBBS

○祓斧を絡めたコンボ
今のところあんまり祓斧が使えてない。特にホチPKがないと今回コンボが伸びないっぽいので練習したい。

・特逆鱗>(5K)>5S>2HS(1)>ホチPP>朝凪
・特逆鱗>(5K)>5S>2HS(1)>ホチP(持続当て)K>JS jc>JSJHS>3段

・ガト>爆蹴K>朝龍刃RC>朝凪>キャラ別朝凪消化コン>ホチPP締め
参考:http://www.nicovideo.jp/watch/sm27414489

例:対ソル
爆蹴K>朝龍刃RC>朝凪>5K>5S>2HS(1)>ホチP(持続当て)K>朝龍>5S>2HS(1)>ホチPP

特に
5S>2HS(1)>ホチPP
ここは安定させたい。

○投げRCを絡めたコンボ
投げRC>朝凪S>6Kjc>SPSjc>HS>龍劔朝逆

○その他
・6HSヒット確認鳳凰
多分出来てると思うけど確認兼ねて練習したい。

・起き攻めにめくり特殊劔

・高速中段ループ
これ。


・ジョニー相手の立ち回り
ジョニーほんと無理です。死ぬ。地上戦でも空中戦でも負ける。どうすれバインダー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27459435
kqnさんすげー。


とりあえずそれくらい。
posted by しんざき at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

かつて「ステージエディット」が必要として、しかし果たせなかったものが、今、我々の眼前にある。

スーパーマリオメーカーを初めて遊んだ。



私は、昔からのゲーマーとして、様々な「ゲーマーの夢」が叶う光景を見てきた。


「もっと、アニメみたいな画面でアニメのキャラクターを動かしたい!」 叶った。

「広いフィールドで、色んなことが出来るようなゲームが遊びたい!」 叶った。

「友達や、世界中の色んな人と対戦ゲームをしたい!」 叶った。

「自宅のゲームが、そのまま外で遊べるようなゲーム機が欲しい!」 叶った。


およそ、ゲーム業界程「ユーザーの具体的な夢が次々と叶えられてきた世界」というものは、他に存在しないのではないだろうか。かつてのファミコン小僧たちは、「未来のゲーム」に様々な夢をみた。そして、ほんの20年か30年程で、その夢は次から次へと叶えられていった。


そして、多分私は、また一つ「夢が叶った」光景を観た、と思う。


それは、「俺が作ったステージを手軽に保存して、皆でわいわい遊びたい」という夢だ。


断言しよう。かつて、ナッツ&ミルクを、ロードランナーを、バトルシティを、エキサイトバイクを、レッキングクルーを遊んだファミっこたちは、ひとしく同じようなことを考えた筈だ。


折角作ったのにステージが保存出来ねえ!!と。(データレコーダーを持っているユーザーなど滅多にいはしなかった)

わざわざ友達呼ばねえと感想が聞けねえ!!と。

他の人が作ったステージも遊びてえ!!と。



ステージエディットはとてもとても楽しい遊びだった。私たちは、ナッツ&ミルクで「ナッツが放っておいても海に落ち続けるステージ」を作った。エキサイトバイクで「ジャンプ台が次から次へと連続しているステージ」を作った。

クソステージもあれば、自分でも神ステージだと思ったステージもあった。自分で好きな様にステージを作れる遊び程面白いものはそうそうなかった。

だが、それを完成させるためには、三つの大事な要素が必要だった。


つまり、保存と、共有と、感想だ。


早い話、自分が作ったステージを手軽に保存したかったし、他人が作ったステージも含めて共有したかったし、「むずい!」「楽過ぎる!」「おもしれー!」「つまんねー!」と言い合って楽しみたかった。

しかし、この簡単な三条件を満たす為には、ファミコン時代当時はかなりの苦労を必要とした。初期ソフトではそもそもステージの保存に特別なインフラが必要だったし、共有してわいわい騒ぐには友達を呼んで自宅で遊ばなくてはいけなかった。


そして、あれから30年が過ぎた。


もちろん、「作ったステージを保存して、共有するインフラ」という点では、今までそういうものがなかった訳ではない。例えばRPGツクールで、例えばBMSで、例えばいくつかの同人ゲームやPCゲームで、例えば一部のスマホゲームで、例えば倉庫番で、エディットステージは共有されてきた。


ただ、スーパーマリオメーカーのような、「メーカーの公的なインフラで」「コメントが得られやすく、分かり易いUIで」「誰もが親しんだゲームを、様々な新しいギミックで」「他人が自分のステージを遊んだ形跡をダイレクトに確認出来」そして何より「大勢のユーザーが世界中で同時に遊んでおり、彼らと一緒に遊ぶことが出来る」ゲームは、他に存在しなかった。かつての、ファミコン初期のステージエディッターたちの「夢」をここまで完全に叶えたゲームは、他に存在しなかった。


また一つ、全くの意外な形で、ファミっことしての私の夢が叶った。そして、次叶うのはどんな夢だろう、と私は夢想するのだ。


スーパーマリオメーカーを初めて遊んだ時、かつてナッツ&ミルクで作った数々のクソステージが昇華されたような、そんな奇妙な錯覚を感じたのだ。それも、「夢が叶った」ゲーマーの副作用とでもいうべきものなのかも知れない。


今日書きたいことはそれくらい。

スーパーマリオメーカー [オンラインコード] -
スーパーマリオメーカー [オンラインコード] -


関連エントリー:
レトロゲーム万里を往く その99 ファミコン少年がゲームに夢見ていたこと
posted by しんざき at 19:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

Hearthstoneで初めてレジェンドになった

やったーーーーー。

Hearthstone Screenshot 09-30-15 03.28.47.png

ということで、先月からHearthstone再開しまして、色んなデッキを試しつつ通勤時間中に細々とプレイしていたのですが、先ほど駆け込みでレジェンドになりました。そこそこ長いことやってて初レジェンドです。

Rank5までは割と早めに到達できたんですが、Rank3からリーチかけてRank2に上がろうとするところで、何故か決まってPatronウォーリアにたたき返される、というループを7回くらい経験しまして、いい加減心が折れそうになりましたが、どうにかRank2に上がってからはほぼストレートでレジェンドまで到達できました。

やはりRank5に上がってからの苦戦っぷりが筆舌に尽くしがたく、毎月安定してレジェンドになれる方々はホンットーーにすごいなーと実感した次第であります。

ちなみに、デッキは色々と変遷したんですが、最終的にはaggroなんだかミッドレンジなんだかよく分からない中途半端なsecret paradinを使ってました。コスト的にはミッドレンジ寄りな割りに、divine favorが一枚刺さってる辺りに中途半端さが現れていると思います。

secret_paradin.png

最初の手札でミッドレンジっぽく動くかaggroっぽく動くか決めて、secret keeperさんを育てられそうなら序盤からsecret貼りまくって、そうでなければMisterious Challengerの登場準備に徹する、というような動き方をしてました。

Misterious Challengerさん超強い。彼とsecret keeperさんのお陰でレジェになれたようなもんです。

この後は、なんかControl warriorが楽しそうなのでウォリをちょっとまわしてみよーかと思っております。

今日書きたいことはそれくらい。
posted by しんざき at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

ついに!!!紗夢が!!!使えるようになった!!!!ということでGuilty Gear Xrd始めました

ついに!!!紗夢が!!!使えるようになった!!!!



ということで、長年「紗夢が使えるようになったらギルティ復帰する」と言い続けていたのですが、24日のアップデートでついに紗夢が使えるようになりましたので、有言実行ということで、今日早速新宿いってGG Xrd遊んできました。

丁度同じような感じで、「勘を取り戻そうとしている昔からの紗夢使い」っぽい人がプレイしていたので、何戦か対戦もさせていただきました。いやーー。やっぱ楽しいですギルティギア。一番やってたのはXXの頃ですけど。

・プレイ感覚的には青リロに近い
・全体的に必殺技の隙が少なくなっている、ような気がする
・通常技の判定は昔より若干弱くなっている、ような気がする
・というか通常技は青リロの頃とだいぶ変わっている。しゃがみS、相変わらずカウンターヒットすると相手よろめくんだけど判定昔ほど強くない。代わりにレバーいれHSとか強くなってるみたい
・とりあえずは通常技の研究と、Xrdならではのシステムの勉強からだなあ。あの、たまに動きがゆっくりになるやつって何のシステム?

ということで、超久々に格闘ゲームをやりこみたくなってきた気分です。まずはWikiとか漁って独自システムの研究でもしようかと思います。

取り急ぎ、先行GG Xrdプレイヤーのみなさま、よろしくお願いいたしますです。

posted by しんざき at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

ダライアスバーストAC家庭用移植がきた!!!!!!!!!!!!!

ふううおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」をPS4、PS Vita、Windowsで発売!

多分PC版とVita版両方買うと思います。

あとはもう19XXの家庭用移植とニューマンアスレチックスの家庭用移植と銀河英雄伝説IV EXのリメイクと大航海時代IIの完全移植が実現すればもう思い残すことはいっぱいあります。
posted by しんざき at 07:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

個人的トップ10ゲームとか10本じゃ全然足りないので100本くらい挙げてみました

私が「超好き」と言って問題なさそうなゲームタイトルを思いつく限り羅列しているだけの記事ですので、情報的価値は一切ありません。リメイクものは加えていませんが、シリーズタイトルは個別としています。

「超好き」の基準は、「このゲームについて語ろうと思えば最低30分くらいは余裕で語れる」としています。ダライアス外伝なら3時間はいけます。

以下、大体好きな順です。

・ダライアス外伝
・レイストーム
・ダライアスバースト
・Gダライアス
・ダライアス
・レイフォース
・ガンフロンティア
・メタルマックス2
・ナイトストライカー
・迷宮組曲
・バブルボブル
・奇々怪界
・R-TYPE
・ミネルバトンサーガ
・Wizardry3(ファミコン版)
・大航海時代II
・Guilty GearXX
・ブレイジングスター
・ザナック
・マジカルドロップ2
・ティンクルスタースプライツ
・重装機兵ヴァルケン
・風来のシレン4
・メタルマックス
・ファイナルファンタジー3
・CAPCOM VS. SNK2
・信長の野望 武将風雲録
・Wizardry2(ファミコン版)
・キャプテン翼
・19XX -THE WAR AGAINST DESTINY -
・銀河英雄伝説IV EX
・ぷよぷよ通
・バトルガレッガ
・Civilization4
・ファイナルファンタジー3
・モンスターハンター4G
・エースコンバット04
・ソロモンの鍵
・蒼穹紅蓮隊
・ファンタジーゾーン
・メタルマックス3
・メタルマックス4
・ドラゴンクエスト3
・マーヴルスーパーヒーローズ
・サムライスピリッツ 斬九郎無双剣
・ニューマンアスレチックス
・中華大仙
・ドラゴンスレイヤー英雄伝説
・キャプテン翼2
・三國志IV
・エースコンバット05
・ファイナルファンタジー6
・イースII
・聖剣伝説Legend of Mana
・エリーのアトリエ
・ウルフファング
・ハイドライドスペシャル
・サンサーラ・ナーガ2
・ヴァンパイアハンター
・ドラゴンズクラウン
・サラダの国のトマト姫
・アフターバーナーII
・イース
・三国志大戦
・風来のシレン
・エターナルメロディ
・パルテナの鏡(3DS版)
・ジーザス
・源平討魔伝
・ドラゴンクエスト2
・ロマンシング・サ・ガ3
・ガーディアンヒーローズ
・Hearthstone
・モンスターハンターP2G
・ザ・キング・オブ・ファイターズ '95
・カルドセプト3DS
・イーアルカンフー
・大航海時代オンライン
・バルーンファイト
・忍者くん 魔城の冒険
・ジョイメカファイト
・アイスクライマー
・クルクルランド
・ラグランジュポイント
・SDガンダム ガチャポン戦士2 カプセル戦記
・聖剣伝説3
・バトルシティー
・アルゴスの戦士(ファミコン版)
・ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣
・ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会
・メタルスレイダーグローリー
・ロックマン3
・ロックマン2
・伝説のオウガバトル
・くにおくんの時代劇だよ全員集合
・ワルキューレの冒険 時の鍵伝説
・桃太郎伝説
・超絶倫人ベラボーマン
・聖剣伝説II
・疾風魔法大作戦
・ドルアーガの塔
・サマーカーニバル'92 烈火
・落っことしパズルとんじゃん!?
・塊魂
・ツインビー
・わくわく7
・クロスソード

あれ、これ100本でも足りなかったんじゃあ。
posted by しんざき at 13:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

今日のしんざきと最近の大航海時代オンライン、Hearthstoneのお話 15/05/13

ということで、大航海時代オンラインと、再開したHearthstoneが専らです。


○最近の大航海時代オンラインのお話

色々やってます。

◆めっちゃ速い船を作って頂いたので冒険が超捗りました

前回書きましたが、商会長に高速仕様のロングスクーナーを作って頂きました。

それに加えて、サブ垢の兵器技術上げを行いまして、OPスキル「軍船偽装」などというものを使えるようになりまして、ダッチインディアマンからスキル敬称してサブ垢の商用大クリッパーにつけてみたところ、もう捗る捗る。紅海や東アジア辺りのNPCにも殆ど絡まれなくなりました。

その勢いで、インド→東南アジア、東アジアのクエストを大量にこなし、発見物も1900を越えました。なんだかんだで冒険は、テキストにも読み応えがあるものが多いので、色々やりつつあちこち駆け回る感が面白いですね。


◆ガナドールも試してみました

噂の赤トロンプさんともやり合ってみました。

突撃 11 + 4 戦術 5 + 2

くらいの白兵スキルでも、これも同じく前回書いた強襲用ガレアスで、白兵にさえ持ち込めれば赤トロさんにも勝てる感じでした。白兵に持ち込む前、精鋭艦隊を護符で落としてる間にうっかり沈むこともまだまだありますが。

取り敢えず今は冒険優先ですが、その内もうちょっと本腰入れてガナドールをやって、海事75くらいになったら大型船を新調したいなーなどと思っております。


◆この後の予定

・前回のアカデミーが散々だったので、逸失カードを一通り取り戻して次回アカデミーに参加してみる
・沈没船地図がかなり溜まっているので沈没船もあちこち回収する
・久々にバトルキャンペーンなどに出てみる
・サブ垢で造船上げなどに挑戦してみる

これくらいを考えております。


○最近のHearthstoneのお話
◆暫く休んでたんですが、スマホ版が出たのを機会に再開してみました

やはり移動中のちょっとした時間にも気軽に出来るのはいいですねー。

手始めにMechMageを使ってみていたのですが、その後BRMを一通りクリアしまして、DragonParadin、Midrange Druid、GrimPatronWarrior、DradonWarrior、BRM zooなどなど、色んなデッキに触ってみました。

で、今はDragonWarriorがかなり指に馴染んでまして、当面使い込んでみたいなーと思っているところです。

デッキレシピはNemukeさんのブログを参考にさせて頂き、色々いじくってます。

勝率90%で中国サーバーレジェンダリー1位! プロの編み出したDragon Warrior

GrimPatronWarriorも面白いんだけど難しい。とにかく難しい。正直1ターンの時間が足りなくなります。PatronWarrior対策にNozdormuはいかがですか。

◆ゆるふわHearthstone会に息子さんと一緒に参加してきた
先日もちらっと書きましたが、参加させて頂きました。息子さんきゃっきゃ喜んでました。

朝の10時半に武蔵小杉は川崎市生涯学習プラザにお邪魔しまして、午前中からHearthstone三昧でした(主に息子が)
皆さま大人力を発揮して頂きまして、息子も勝ったり負けたり楽しんでおりました。前日に作ってあげた、BRM仕様のface hunterをえらく気に入った由。まあ分かりやすいですよね。

お昼に近所のピザを食べて、Arena講義を見学して、ゆるふわカップが始まるくらいで、夕方に差し掛かったので失礼して帰宅。充実しまくりの一日でした。


今日書きたいことはそれくらいです。
posted by しんざき at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

今日のしんざきがG3最終「高難度:モンスターハンター」を大剣ソロクリアした!!!! 15/02/22


やりましたーーーーーーー!!!ということで自慢記事。



最大の鬼門だったジンオウガ + ブラキディオス同時を、途中で合流されて二乙しつつもなんとか15分針で突破。



ゴアマガラが割とさくさくいって、残り19分で極限セルレギオス。



そして、戻り玉使いまくりのチキンプレイとはいえ、なんとか残り02:42でクリア!!!!

っしゃああああ!!「モンスターハンター」ついにソロクリアしたーーーーーーー!!!!

いやーー。超苦労しました。上の戦歴で見るとなんか一回リタイアしただけのように見えますが、実際には落とし穴や怪力の種がもったいなくて三乙後に何回かリセットしてますので、多分通算7,8回は三乙してます。とにかくブラキ + ジンオウ同時が超きつい。


高級耳栓が必要なのはティガとゴアだけなので、最終的にスキルは「切れ味+1、抜刀技、集中、耳栓、弱点特攻」でいきました。下のような感じです。武器は大安定のアーティラート極限攻撃強化。

■女/剣士■ --- 頑シミュMH4G ver.0.9.6 ---
防御力 [526→743]/空きスロ [0]/武器[1]
頭装備:ウカムルXサクパケ [2]
胴装備:カイザーXメイル [2]
腕装備:ミヅハ真【大袖】 [2]
腰装備:クシャナXアンダ [3]
脚装備:ラギアXグリーヴ [2]
お守り:神秘の護石(聴覚保護+5,溜め短縮+2) [3]
装飾品:短縮珠【1】×3、抜刀珠【2】×3、痛撃珠【3】、抜刀珠【1】、防音珠【1】×2
耐性値:火[-12] 水[0] 雷[-4] 氷[10] 龍[-12] 計[-18]

集中
弱点特効
耳栓
斬れ味レベル+1
抜刀術【技】
*氷やられ小無効
-------------------------------

・ティガは、丁寧に振り向きに抜刀を合わせて即横にころりんのセオリー通り
・疲れたら溜め3を何発か入れて、5分針
・ティガが倒れたらすぐ、ブラキの出現位置の辺りに落とし穴をセット
・40秒くらいしたら、怪力の種→けむり玉→抗竜石剛撃
・ブラキはすぐ落とし穴に嵌めて溜め3ループを3セット
・とにかくけむり玉を絶やさないよう気をつける
・それでもジンオウガに気付かれて阿鼻叫喚
・なるべくブラキを盾にしつつ、隙間隙間で抜刀を当てていく(ここだけで余裕の二乙)
・なんとかブラキを倒して、一度戻り玉で態勢を立て直す
・ジンオウガは落ち着いて、大きな隙に溜め2や溜め3を当てていく
・ジンオウガを倒したらシビレ罠もセットしておく
・ゴアマガラはシビレ罠で溜め3二回。後はいつも通り懐に飛び込んで抜刀切りタイム
・残り19分あるので、時間を全部使い切るつもりで極限セルレギオスには超チキンプレイ
・万能湯煙玉も使うけど、裂傷喰らって煙が遠かったら基本戻り玉
・ちくちく足を斬ってなんとかクリア!!!

こんな感じでした。


なにはともあれ、これで古文書クエは全部ソロで終わりまして、一応個人的なMH4Gの目標も全て達成です。140ラージャンが楽しくなってきたのでもうしばらくはちょくちょく狩ろうと思いますが、ぼちぼち他のゲームもやろうかと。

次にやるタイトルは、

・3DSムジュラの仮面
・レジェンドオブレガシー
・3層で放置してた新世界樹2
・久々にHearthStone

辺りのどれかから迷い中です。
とはいえ、お声かけ頂ければMH4Gでパーティ狩りもしたいので、なんかお困りのクエがあったらお誘いください。

ということで、今日はこの辺で。
posted by しんざき at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

最近のしんざき家のゲーム事情 15/02/20


長男(7歳)がゲーマーへの道を歩み始めているような気がします。

進め!キノピオ隊長をおまけまで一通りクリアした長男は、同級生の女の子の内でちょくちょくスーパーマリオ3Dワールドを遊ばせてもらっていたようなのですが、懐かしの「貸し借り」を発動して、キノピオ隊長と交換でスーパーマリオ3Dワールドを借りてきました。


懐かしいですよね。ゲームの貸し借り。私も子どものころよくやってました。実は、「子どもに、ゲームをどんなタイミングで買ってあげるか」という点で多少悩んでいまして、まあ誕生日とお年玉くらいだよなあ、けど年二本しか新しいゲーム遊べないってのも可哀そうかなあ、とか色々考えていたところだったので、「そうだ、そういえばこの解決法があった」と得心した次第です。その点、小中学生に買ってあげるゲームは物理媒体のものに限ると思います。


で、スーパーマリオ3Dワールドを、私、奥様、長男の3人で遊んでみたら、長男は「パパやママと同時プレイ」というのがやたら嬉し楽しかったらしく、「明日も朝6時にテレビ前集合ね!」と宣言されて今朝は奥様ともども普通にたたき起こされました。なにこのガチ勢。

スーパーマリオ3Dワールドをやってみて思ったことですが、


・奥行があるマリオは初めてなので、思ったより手こずる。目算が狂ってクリボーとかノコノコを踏み損ねることがある
・ステージのバリエーション、ギミックの豊富さは本当にものすげえ
・音楽、マップデザイン、雰囲気もろもろ、遊園地のようなにぎやかさで子どもにもキャッチー
・グリーンスターがどこに隠れているか、どうやって取得するか、という点は結構謎解き要素が強い
・難易度は思ったより高い(ただし、私が途中参加でworld4から始めたのでそう思ったのかも知れない)
・割とキャラクターが死にまくるデザインだが、一定回数死ぬと無敵アイテムが出てきて相当クリアしやすくなる
・というか、ジャンプのタイミング、というかジャンプの飛距離と地形の関係が案外シビアで、割とよく落下する
・けど、誰かが死んだあと、戻ってくるまで若干間をおくことが出来る→苦手なところを他の人がクリアしてついていく、みたいなことが出来る
・この辺り、皆で遊ぶパーティゲーム的なバランスもよく考えてある
・総じて、大人も子供もバランスよく楽しめるデザイン、という点では流石任天堂という他ない
・ところでキノピオっていつの間にかカート以外でもプレイヤーキャラに昇格してたんですね。個人的にはマリオUSA以来です
・夢工場ドキドキパニックのイマジン一家とはなんだったのか


というような感じです。

長男も、今のところはゲームと他のことのメリハリやTPOの把握もちゃんと出来ているようですし、奥様とのコミュニケーションにも役立っているようなので、目を悪くしないかだけは気をつけながらゲームを楽しんでくれればいいのではないかと思っております。



◆一方しんざきのゲーム事情なんですが

ギルクエ140ラージャンソロもある程度安定して(注:4回に1回くらいは一応クリアできる、の意味)きたので、G3の古文書クエの全ソロクリアを目指し始めまして。

残っていた

「白銀の地は崩壊す」(強化ウカム)
「剥蝕する原渦の外套」(強化ゴア)
「頽廃の沼」(強化ゴグマジオス)

の三つをひーひー言いながらなんとかクリアして、ついに最後の「モンスターハンター」に挑戦し始めました。

ご存じの通り、「モンスターハンター」は、闘技場を舞台に

1.狂竜化ティガレックス
2.狂竜化ブラキディオス + 狂竜化ジンオウガ同時(柵使用不可)
3.ゴア・マガラ
4.極限化セルレギオス


を連続狩猟するというなかなか頭おかしめなクエストです。これをなんとか大剣ソロクリアしようと頑張ってますので、クリア出来たら自慢させてください。


以上、よろしくお願い致します。

posted by しんざき at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

三国志大戦の思い出


呂布ワラ使いでした。

2015年1月16日、三国志大戦3がネットワークサービスを終了し、3594日間にわたる歴史を閉じました。


大戦3終盤はもう、時折ちょこちょこ遊ぶだけでしたが、私もなんだかんだで9年近くこのゲームを遊んでいたわけで、ちょっと足跡的なものを振り返ってみようと思います。

といっても、私の三国志大戦の足跡は、実際のところ物凄くシンプルです。なにせ、ほぼ一種類のデッキしか使っていないので。


私が三国志大戦を始めたのは、2006年1月のことです。当時、先行して大戦をしていた私の兄から、「三国志大戦をやれ。そしてSR孫策を引け。主にオレの為に」という言葉と共にデッキとダブりカードを提供され、一番最初に組んでみたのはこんなデッキでした。

R趙雲(精神統一)
Rホウ統(連環の計)
R魏延(反逆の狼煙)
R徐庶(落雷)
U張飛(大車輪戦法)

蜀単です。今見返してみても、これはこれで、それなりにバランスがとれたデッキだったと思います。始めたばっかりなので全然勝てませんでしたが。

どうもSR運はそれなりにあったようで、その後、初めて引いたSRカードはSR大徳劉備でした。そのもう少しあとにSR馬超も引きまして、それで組んだデッキがこんな感じです。

SR大徳劉備、SR白銀馬超、UC陳到、C張松、Rホウ統

この流れでしばらくは蜀単をやっておりまして、5品くらいまでは蜀一本でやっていたようです。

ICカードが二代目になって、忘れもしない2006年2月24日に引いたカードが、「他SR呂布」こと天下無双呂布。

武力は最強の10!!知力は最低の1!!!単純なぶつかり合いでは敵はなく、一方相手の妨害計略やダメージ計略や伏兵を食らったら一瞬で蒸発する、実にシンプルなカードです。

SR呂布の計略は、その名の通り「天下無双」。武力が28にどかーーんと上がり、速度もどかーーーんと上がり、兵力も回復し、槍にはぶっささって大ダメージを受け、おバカさんだった知力も申し訳程度に上がる、まさに呂布が無双する為の計略です。

天下無双呂布で戦場を制圧し、残った1コス軍団で攻城してリードをとる。私にはこのコンセプトが一番分かり易かったようです。


SR呂布、C張宝、C劉表、C張梁、他UC周倉、C裴元紹


組んだデッキは、いわゆる「呂布ワラ」ないし「黄布デッキ」。C劉表の「指鹿為馬の計」で相手の計略持ちの知力を下げて、呂布を始めとする低知力高武力軍団で攻め上がるデッキです。妨害計略やダメージ計略がないデッキにはやたら強く、Rホウ統には泣いて謝る。大体そんなデッキでした。


この「呂布ワラ」が妙に手に馴染みまして、色々とパーツを変えながらも、とうとう三国志大戦3の終了まで、9年近く似たようなデッキを使い続けることになりました。

以後、私の三国志大戦生活は、大体において、「その環境でどのようにSR呂布を軸とする方法を考えるか」が主体になりました。

時には、C劉表が弱体化してダメ計対策が出来なくなったら、SR張角の「太平要術」で呂布を復活させるデッキを試してみたり。

時には、「師の教え」を使った知力のドーピングを試してみたり。

時には、降雨落雷デッキとの折衷を試してみたり。

時には、C張魯を導入して「五斗米道」で呂布を復活させるデッキを試してみたり。

時には、呉からカン沢を招へいして推挙無双(推挙の計略で呂布の知力を上げて、妨害対応力を上げると共に天下無双の持続時間を底上げする)を試してみたり。


三国志大戦3の最後の時点で、最終的に私がメインで使っていたデッキはこんな感じです。


SR呂布、C張魯、C張梁、C裴元紹、C程遠志、UC成公英
軍師:GC陳宮、GR禰衡 or GSR王異



軍師は殆どC陳宮の知略昇陣一辺倒で、それ以外を使ったことは数える程もありません。狙うは知略天下無双。通じれば勝ち、通じなければ負け。そんなもんでした。

このデッキで征群覇王までたどり着いた後、皇帝に到達することなく、私はしばらくの間三国志大戦を休止してしまいました。休止の理由は、双子が生まれて、極めてゲーセンに行きにくくなってしまったことでした。結局証は80くらいだったでしょうか。


先月、三国志大戦サービス終了の知らせを聞いて、私はしばらくぶりに、上のデッキをもって近所のゲーセンを訪れました。プレイし納めのつもりでした。

超久々の全国大戦。元々単純なデッキであったこともあり、腕は思った程落ちていませんでしたが、それ以上に、当時の私が苦戦したような人達はとっくの昔に皇帝以上にいっていたのでしょう。私は、陳宮 + 呂布の知略無双コンボを武器に、運よく3連勝、討伐成功を飾ることが出来ました。


「裂帛の気合いを見せよう!!」


実際には兵書ありのセリフだった訳ですが。私にとっては、呂布を支え続けた陳宮が、グランドフィナーレを歌ってくれたように思いました。



三国志大戦シリーズの稼働期間は3594日。

長い長い間、私たちを楽しませてくれた素晴らしいゲームと、そのゲームを作ってくれたSEGAに敬意を込めて、最後の「呂布ワラ」は大切に保管しておこうと思います。


三国志大戦、お疲れ様でした。

posted by しんざき at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | レトロでもないゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする