2022年05月18日

車の運転滅茶苦茶怖いし、こんな怖いことをあの程度の教習でやらせていいのか、感も強い

先日、「車の運転は疲れるものなのかな?」というタイトルの匿名ダイアリーがブックマークを集めているのを見かけました。そんな過激な内容だとも思わなかったのですが、今見たら何故か消えていたので、アーカイブをリンクしておきます。


車を運転しない男性が、車を長時間運転してくれた彼女の感覚をいまひとつ実感できなくて不安になる、というような話でしょうか。「運転好きだけど終わった後は疲れる」というのはすごくよくわかるので、むしろ彼女さんの感想はごく当然で、深く勘繰るようなものでもないんじゃないか、と思いました。

以下は単なる雑感です。

しんざきは一応免許は持っていまして、旅行時にはちょくちょくレンタカーを借りて運転します。奥様がペーパードライバーなので、大抵の場合私が一人でずーっと運転します。1日数時間運転する場合も多いです。

上でも書きましたが、運転自体は好きです。

元々私の父が車関係の仕事をしていたということもあり、小さなころから車に乗る機会が多く、乗り物酔いとも無縁でした。「運転」という行為には男の子としての原初的な楽しみのようなものもあり、「自分の操作で好きな方向に乗り物が動く」という、ただそれだけで楽しさを感じることが出来ます。それに加えて、車それぞれにいろんな個性があり、運転している感覚も全然違うというのも面白い。オプション装備とか、更に男の子回路をくすぐってくれる要素もあります。


ただ、その上で運転しながら思うのは、「これよく考えるとめちゃくちゃ難易度高いし、恐ろしい行為だよな」と。


信号、歩行者、バックミラー、サイドミラー、道路標識、自車のスピードや状態、対向車、道路横の地形、道路上の障害物。運転中に目配りしないといけないポイントは山ほどあり、少しでも目を離せば何かしらのトラブルが発生する可能性がある。

更に、それらに視線を配りながら、自分が操作・管理をしないといけないポイントも山ほどある。ハンドル、アクセル、ブレーキは元より、ウィンカーやらヘッドライトやらバックライトやらサイドブレーキやらワイパーやら空調やら、これ人間が通常管理出来るUI規模なのか、と思うくらい管理しないといけないポイントは多いです。

もちろん慣れればこれらはある程度無意識でも出来るようになるもので、毎度運転する度上記のようにリストアップして対応しているわけでもないんですが、「慣れていればトラブルが減る」というわけでは決してなく、むしろどんな運転ベテランでも事故る時は事故ります。この時、全て自分の注意不足に由来する事故ならまだ納得出来るかも知れないですが、時には天災のような事故もあって、だからといって自分の責任がゼロになるわけでもない。

トラブルの大きさはよりどりみどりで、ただ物損だけで済めばまだしも、場合によっては人命が失われる可能性もある。当然、車には自分の家族も乗り合わせているわけで、家族が巻き込まれる可能性だってないとはいえない。基本的に、「何か起こった時」に責任をとれる範囲が、到底自分のキャパシティを越えているわけです。そりゃ保険には入るわけですが、お金で解決しない問題はどうにもなりません。

こうして考えると、改めて、「車の運転」ってめちゃくちゃリスキーで責任重大なことだなあ、とは考えざるを得ないんですよ。そりゃ、長時間運転すればどっと疲れます。むしろ疲れない方が不安です。

一方で、ここまでリスキーで重大なことに対して、「学び」「練習」の機会が限られ過ぎではないか、とは考えるところです。私確か一ヶ月くらいで免許とったと思うんですが、せいぜいそれくらいの研修期間で車には乗れてしまう。かつ、その後ずっと運転していなかったペーパードライバーでも、ゴールド免許で堂々と車に乗ることができてしまう。

これ大丈夫なのか、感ありますよね。そりゃ免許更新時の講習とか申し訳程度にありますけど、あれだけの講習で教習時の感覚なんて思い出せるもんか?

この辺、たとえば教習所でのペーパードライバー教習みたいな制度もあるにはあるんですが、結構なお値段がしてなかなか気楽に出来るものではないですし、もうちょっと「練習運転」が気軽に出来るような制度があるといいんじゃないかなあ、とは思った次第なんです。

自家用車さえあれば、免許試験場のコース開放なんかもあるんですけどね。車庫入れの練習とかもっと気楽にしたいんだよなあ。

皆さまにおかれましては、交通事故になど巻き込まれることも巻き込むこともなく、平穏無事な生活を送られることを心から願ってやみません。

今日書きたいことはそれくらいです。




posted by しんざき at 14:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月24日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/04/24

大体隔日でやってるんだけどこちらに載せるの忘れてました。ちなみに長男からは瞬殺でした。

【英文】
This line is located in Kochi Prefecture. It crosses from Nankoku City to Kochi City from east to west.

It is a streetcar line with a distance of 10.9 km and 33 stations. Most of the cars directly connect to the Ino Line.

The line has the shortest distance between stations in Japan. The distance between the stations is only 63 meters, making it the closest adjacent station.

When a school called Seiwa Girls' Junior High School moved into the area, a stop was built to improve convenience. However, the Ichijobashi stop, which was already next door at that time, was not abolished at the request of the residents, so the two stops are now very close together. It is a very rare sight to see one station right next to the other.

This part of the line was opened in 1908, which means that it has a history of a whopping 114 years. It is still an important means of transportation for the locals.






続きを読む
posted by しんざき at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月09日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/04/9

これも、「駅舎に直接泊まれる」という時点で分かったらしいです……
文章を作る時の書きやすさと、英文を最後まで読ませる判明ポイントの両立難しい

【英文】
This station is located in Hokkaido. It is an unmanned station with very few passengers, but to our surprise, the station building is used as a hostel.

There are many stations that have hotels attached to them, but this station is the only one in Japan where the station building itself is used as a hostel.

Therefore, although the station itself is unmanned, there are always people at the station because it is an inn. Depending on the season, you can enjoy barbecue or Genghis Khan on the station platform.

The railroad line on which this station is located is the JR Hokkaido railroad line connecting Hakodate Station to Asahikawa Station. The length of the line is 458.4 km, which is the longest in Hokkaido.

There are two routes from Oshamanbe Station to Sapporo: this line and the Muroran Line, and the Muroran Line is currently more prosperous. There is a proposal to partially convert this line to a third-sector company.

続きを読む
posted by しんざき at 08:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月07日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/04/7

最初の一行で分かったらしいです。なんで????あとSR1についての記載は情報が古いんじゃないかって怒られました。

【英文】
It is the first railroad line operated by a third-sector company that took over a conventional railway line leaving the management of JR.

It was initially established as a company to manage the line transferred from JR East when the Shinkansen bullet train line, which was built for the 1998 Nagano Olympics, began service.

Initially, the company was in a difficult business situation, and by 2001 it was more than 2.4 billion yen in the red. Later, a president from HIS was brought in to restructure the company's management, and by 2004 it was back in the black.

The line is located in Nagano Prefecture and was formerly part of the Shinetsu Main Line. It has 19 stations, covering a distance of 65.1 km, and the entire line is electrified.

Series 115 trains run on regular and rapid trains, and Series SR1 trains run on "Shinano Sunrise" trains.

The sightseeing train "Rokumon" is running, and there is a children's playground in Car 1, and you can also enjoy a meal in Cars 2 and 3. You can enjoy a relaxing degree while viewing the scenery of Shinshu from the windows.
続きを読む
posted by しんざき at 08:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

大変今更ながらなのですが、FF14暁月のフィナーレをつい先ほどクリアしました 22/04/02

何周遅れなんだ、というご意見はもっともですが、ここは元々レトロゲームブログなので周回遅れなど気にしてはいられません。なんか色々あるんだよ今年!!!!!!

で、既にとっくの昔にネタバレも公式から解禁されているということで、ラスボスが終わってスタッフロールが流れている間に、ネタバレアリアリの感想を叩きつけていこうと思います。未クリアの人はご注意ください。

【総括】
・面白かったです
・「ここまでの集大成」としては本当に素晴らしいシナリオだったと思います
・本当、「そこまで拾うのか……!?」というところまで、これまでのFF14の何もかもが回収されつくしていて、「何一つ取りこぼさない」という開発スタッフさんの恐ろしい程強い思いを感じました。
・ここまでやり込んだ人であればやり込んだ人である程楽しめるだろうなあ、という内容
・以前から、FF14って「過去のFFを楽しんだ人であればある程楽しめるように」という、シリーズのファンをいかに楽しませるか、ファンサービスの塊みたいな要素が強かったと思うんですが、それが「FF14」というスコープで全面発揮されているように思える内容でした
・「ファンサービス」という要素を含めて、ここまでのFF14を締めるとしたらこういう締め方以外はないだろうなあ、と思える内容。開発スタッフさん本当にお疲れ様でした

【若干思うところ】
・正直、「漆黒のヴィランズ」があまりに美しく終わり過ぎた感がありまして、そこを基点にする若干の思うところがないではないです
・いや、エメトセルク出てきたのは嬉しかったんですよ!?「きたーーーー!!!!」って思ったのも否定はしません!!
・けどね……けどですね、「まだエメトセルク出しちゃうのか……」って思った側面も全くないわけではないんですよね……実は5.1以降でもちょっと思ったんですが……
・エメトセルクは、あのヴィランズの最後の時点、「ならば、覚えていろ」のところで個人的には完成され過ぎていて、それ以降触りたいけど触りたくない、というような側面もないではないんですね……その点、光の戦士戦くらいの出方ならともかく、ここまでがっつり本人が出てしまうのかー、という思いはなきにしもあらず
・分かってるよ面倒くさいオタクだってことは自覚してるよ
・いや嬉しかったんだけどね!!ヒュトロダエウスとセットで登場とかね!!ずるいよね!!!!エルピス編超楽しかった!!!
・あと、ヴェーネスさんの行動の諸々はやっぱりちょっと納得できないんですよね……ハイデリンの評価が裏返るかなーと思ったんだけどやっぱあんまり裏返らなかった、というかハイデリンさん昔からこんな感じだったのか、みたいな
・なんとかする方法がなかったとしても、そこはやっぱエメトセルクやヒュトロダエウスに全部話すべきところじゃないのかなー……それで抱え込んで結果この結末というのは、「情報開示しようね!!!!!」感が強すぎて、漆黒のあの余りにも綺麗な終わり方に、わずかながらにせよ「なんだったのか……」という粗を作ってしまった気もするんですよね
・けどまあ、「古代世界での終末」については確かに謎のままだったので、そこを回収しようとすればこういう作りにするしかなかった、というのは理解出来ます
・あと、ウルティマ・トゥーレでの展開はさすがにややベタ過ぎるかなーとは思った(なんだかんだで綺麗ではありましたが)


【けどそんな細かいことはどうでもよくなったところ】
・最後の最後でのゼノスさん再登場はマジで死ぬかと思う程爆笑しました
・まさかの夕陽をバックにしてのステゴロは本当に予想だにしなかった
・ゼノスさんがぶん殴られて吹っ飛ぶカット、マジで本作最高の面白シーンだろ
・ゼノスさんはFF14最強のヤンデレ癒しキャラ
・ヤンデレなのに癒されるのマジ凄い

【素晴らしかったところ】
・BGMは本当の本当に最高でした。過去の色んなメロディがアレンジされてリフレインされるの好き過ぎる
・「鬨の声」のメロディが流れるところ鳥肌
・あとやっぱ、以前登場したキャラが総集合して皆で力を合わせる、的展開はなんだかんだで燃えますよね
・「よく読めばこの人だと気付く」という程度のほのめかしも、「君たちこういうの好きでしょ?」感があってうまいなーとつくづく
・ガルーダやスサノオまで会話シーンがあったのは感動した
アメリアンスさんがとても素敵なお母さんでした
・ハミングウェイたちってウサギだったんか……FF4の頃はなんか変な帽子かぶったおっさんかと思ってた……

何はともあれ大変楽しめました。また細かいところはもうちょっと遊んでから書きます。

取り急ぎ、今日書きたいことはそれくらいです。
posted by しんざき at 00:29 | Comment(1) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月02日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/04/2

今回はちょっと難しかったようです。確かに単語が難しいかも……「trudged」を「explored」とかにした方がよかったかなあ。
路線自体は分かったようなので本人は満足そうでした。


【英文】
This line is a JR Hokkaido line. It is nicknamed the "Hanasaki Line.

In 1896, in order to select a route for the construction of this line, a professor of the university trudged the route from Asahikawa to Kushiro. It was a great hardship to walk through the uncultivated land where insects were flying all over the place.

As a result, this route was opened to traffic in 1907. At that time, when this professor actually rode this route, he was laboriously told, "You must have been bored for 12 hours," to which he replied, "When I came here before, it took me 20 days. When I think back to those days, it seems like a waste to pass through this place in only 12 hours," he replied.

The line is 443 km long, and the entire line is non-electrified, with Kiha 261 and Kiha 40 series trains running on the line.

Among Hokkaido's railroads, there have been many accidents involving deer entering the tracks. As countermeasures against contact, we have installed an ultrasonic alarm that emits ultrasonic waves to prevent deer from approaching, and we have also installed boards that light up when the train's lights are on.




続きを読む
posted by しんざき at 08:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月31日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/03/31

私が昔実際に使っていた路線なのでその旨書いたのですが、「英文中にいきなりDadって出てくるから混乱したよ!!!」って言ってました。dadは父さんのことです。


【英文】
It was the first subway line to open in Nagoya City.
It crosses the city from east to west and is an important part of the city's transportation system. It is currently the most profitable public subway in Japan.

The name of the line was taken from the zoo located along the line. Although it is a subway, the three stations at the ends are elevated stations above ground.

The color of the train lines is yellow, but there is a mixture of trains that are entirely yellow and trains that are silver with yellow lines.

Nagoya has a well-developed underground shopping area, and various points of interest can be reached by walking underground, so it is said that "it is easier to understand going down underground than walking on the ground.

Some people even go underground when they lose their way.

This is also the route Dad used to take until he was in high school. On rainy days, he could take the subway from Kamisha to Hoshigaoka and then take a bus to the high school through the cemetery.



続きを読む
posted by しんざき at 18:36 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月29日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/03/29

特に毎日掲載の予定ではないです。今回は「最高速度が日本一遅い列車」の記述が観光サイトにしかなかったので、ソースとして大丈夫かな……?とは思ったんですがいいや間違ってたら突っ込みくるだろうと雑に訳してしまいました。一応大丈夫だったのだろうか……?

【英文】
This line is famous as "the slowest line in Japan in terms of maximum speed.

It is a tourist line built on a disused railway track and is served by a trolley train. The distance of the line is 2.1 km and there are 4 stations.

It connects Kyushu Railway Memorial Museum Station to Kanmon Kaikyo Mekari Station. It opened on April 26, 2009.

The maximum speed is only 15 km/h, allowing passengers to enjoy the scenery of the Kanmon Straits at a leisurely pace.

There used to be a freight line that carried limestone, cement, and other materials, but it ceased operations in 2005. The city of
Kitakyushu thought it might be possible to reuse the line as a tourist resource. The result is this line.

Inside the train, a conductor guides passengers through the history of the train and the town. It has become popular among children.



続きを読む
posted by しんざき at 22:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月28日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/03/28

淡々と載せていきます。今回は、「西鉄のどれか」というのはすぐ分かったけど、何線か、というのがぱっとは出てこず、割と悔しかったらしいです。

【英文】
This line is located in Kyushu. It is a short line with a length of 11 km and 10 stations. It is isolated, with no connections to other company-owned lines.

Originally, the line was built by a company called Hakata Wan Railway. It was taken over by the current operating company in 1942 during the war.

Therefore, the track width is slightly narrower at 1067mm. This is the only line of the same company that has different track widths.

All trains currently running on the line are 600 series. The trains are two-car trains all day long and run approximately every 10 to 15 minutes.

The line runs parallel to the JR Kagoshima Main Line. It is also characterized by the fact that it runs parallel to a freight line in the middle of the line.



続きを読む
posted by しんざき at 22:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月27日

中二長男の英語の練習の為に作っている和訳用英文を掲載していきます・22/03/27

引き続き載せていきます。ちなみに「路線当て」だけではなく「駅名当て」もあります。
この英文の場合、最初の一行で何駅か分かったそうです。

【英文】
On the JR Joetsu Line, there is a station where you have to dive the deepest tunnel in Japan to get down to the down platform.

The up platform is above ground, but the down platform is located deep in a tunnel under the ground. There is a height difference of 81 meters between the up platform and the down platform, and you have to climb down 462 steps. For this reason, this station is called "Japan's largest mole station.

Why did this station have to be built like this?

Originally, when the Joetsu Line was opened in 1931, it was a single track line that was used only as an up line. The station building is located at the entrance of the Shimizu Tunnel along the line.

When the line was converted to a double-track line in 1967, a new tunnel was dug for the down line, and it went much deeper underground. The downstairs platform was installed in the tunnel.

Therefore, it takes more than 10 minutes to get to the platform after passing through the ticket gate. There are benches in the middle of the stairs where you can take a rest.

There is also a lodge near the station where you can stay overnight on an experimental basis. It is gaining popularity because even beginners can easily experience camping.
続きを読む
posted by しんざき at 15:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加