2018年01月12日

「チェイサー」の5巻がマジで面白い

超面白かったです。


いや、ゆーてもチェイサーは本誌に載ってる時は本誌買って全部読んでるので、話自体は把握してたんですが、やっぱ単行本という形でまとめて読むとまた格別だなあ、という話でして。

「チェイサー」自体については、下記記事で色々書いてるんでそちら参照してください。いや、今連載されてる色んな漫画の中でも、トップ3には余裕で入るくらい面白いと思うんですよ、チェイサー。


で、チェイサーは、勿論手塚治虫先生の同時代伝記とでもいうべき漫画であって、手塚先生の「チェイサー」である、同じく漫画家の海徳光一という人物を主人公としています。

チェイサーの面白さは、何と言っても「海徳先生が手塚先生を意識する時、「チェイス」する時のドタバタ感」という言葉に集約されると思うのですが、この5巻ではそこに重大な転機が訪れます。

つまり、少年漫画業界における手塚人気に陰りが出てしまい、一方海徳先生が「少年ジャンプ」で大ヒットし、作中の少年漫画人気では手塚先生を越えてしまうのです。

作中でも語られることですが、手塚先生には、一時期少年漫画業界での人気が低迷していたことがあります。1960年代後半から1970年代の前半、作風が厭世的になった頃ですね。

で、5巻の大筋はこの時期の話なんですが、海徳先生の方は、ちょうどこの時期に「俺のドラゴンボウル」というボーリング漫画を「ジャンプ」で描いて、これを大ヒットさせてしまいます。劇中、日本にボーリングブームを巻き起こした人物として、海徳先生は一躍時の人に。この辺り、実際にあったボーリングブームと絡めてくるあたりが、コージィ先生つくづく上手いですよね。

勿論この時期、手塚先生は「火の鳥」「奇子」「きりひと賛歌」なども同時並行で著していたわけであって、青年漫画の世界ではまだまだ物凄い存在だった訳なんですが、少なくとも少年漫画というフィールドでは、海徳先生は手塚治虫に完全に「勝って」しまう。

ところが、海徳先生の手塚コンプレックスは、解消されるどころか、うっかりすると更に悪化してしまうわけです。

元々手塚先生のインテリジェンスに憧れていたところのある海徳先生は、「おれのドラゴンボウル」が徹底して子ども向けの、いってみれば「おバカ」な漫画であることにコンプレックスを持ちます。「火の鳥」や「きりひと賛歌」を見て、「俺はこんなおバカなことを書いていていいのか!?」と葛藤しちゃうわけです。


この辺の葛藤の描写が、また上手いし超面白いんですよ。


この巻では、5巻におけるもう一人のメインキャラともいえる、ジャンプの編集者である日下(ひげ)氏が活躍します。彼のスタンスは単純明快。「少年漫画はインパクトと分かりやすさがなにより重要」「少年漫画で人気出たヤツが漫画業界で一番偉い」というのが彼の持論であって、時々ブレそうになる海徳先生を強引に引き戻すのは彼の手腕です。手塚先生のインテリジェンスに憧れて、「俺も少しはそういうのを描くべきなんじゃ!?」と迷う海徳先生を、「そっちにいかないでください!!」と無理やり引き戻すドタバタは素晴らしいとしか言いようがありません。「手塚賞」がジャンプに導入された時のやり取りなんかはもうニヤニヤが止まりませんでした。

日下氏は、「少年漫画にインテリジェンスなんて導入したら子ども読者を逃がすだけ」という思考で一貫しているんですよね。で、「俺のドラゴンボウル」が大人気なんで、彼としては何としてもそこを外したくない。あの手この手で海徳先生をおだてつつ、フラフラとインテリジェンスを追い始めようとする海徳先生を強引に引っ張り戻すわけです。


日下氏の、「「子どもっぽい」ことから逃げないでください!!」というのは、作中でもトップクラスの名言だと思います。


大体海徳先生、手塚治虫を意識するあまり、うっかりすると自作以上に手塚作品の方が気になっちゃうんですよね。一躍時の人となってしまった自作の人気に戸惑いつつ、むしろ「手塚治虫の凋落」という事象の方にショックを受ける海徳先生のキャラクターは、やはり今作最大の味です。俺のドラゴンボウル読みたい。


この辺、「少年漫画というフィールドでは手塚先生を凌いでしまった」海徳先生の戸惑いと葛藤、あと日下氏とのやり取りや日下氏の強引なフォローや路線誘導が、チェイサー5巻のハイライトであることは論を俟たないでしょう。日下氏という、一本筋の通った考え方というか、物差しが提示されるからこそ、海徳先生の葛藤や逡巡が余計に際立つんですよね。


で、5巻も終盤、「俺のドラゴンボウル」の人気にも陰りが見えてきた頃。手塚治虫はすっかり少年漫画業界での立場を凋落させてしまい、どの雑誌も手塚漫画を載せたがらない、というところまで来てしまいます。本質的には単なる手塚ファンである海徳先生すら、「少年漫画で生き恥をさらさないで青年漫画に集中してくれ」と言うくらいです。

さすがに海徳先生も、ぼちぼち「少年漫画では俺の方が上」という自信を持った時に、こんな話が伝わってきます。

「手塚先生がチャンピオンで連載を始めるらしい」
「チャンピオンの編集長が、「手塚の死に水は俺がとる」と言っている」

はい、この辺が、伝記ものの一番面白いところですよね。我々は、この後、チャンピオンに何が載るのかを知っている。

そう、「ブラック・ジャック」がついにその姿を現すのです。


というところで、5巻はここまで。いやーー面白い。面白いですチェイサー。展開もさることながら、単行本の引きのタイミングも絶妙。

取りあえず皆さん、「チェイサー」はまだ5巻しか出てませんし、読んでない人はちょっと騙されたと思って読んでみませんか?手塚治虫先生の伝記として読んでも、海徳先生という漫画家の出世物語として読んでも、ドタバタ感がすげー楽しめますよ。






気が向いた方は是非どうぞ。画像つけたいから貼ってますが、別に上のリンクから買わなくていいんで。


今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 07:25 | Comment(1) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

今そこにあるネット私刑、あるいはネタさえあれば私刑を執行したい人たち

こんな案件を観測しました。今方々で話題になっている、振袖業者の話です。


ひどい話ですよね。人生一度の成人式の日にこんな案件に巻き込まれてしまった新成人の皆さまは心底お気の毒だと思いますし、状況から見てもある程度計画的な倒産だった可能性は高そうです。

一方で、同じ「はれのひ」でも店舗によっては、社長に連絡がつかず、給与も遅配する中で新成人の皆さまのフォローを精一杯行ったスタッフの方もいらっしゃったようで、こういった現場を支えたスタッフに対しては、賞賛の念を禁じえません。偉いなーと思います。


何にせよ、これが詐欺案件に該当する可能性はかなり高そうであって、民事ないし刑事案件になって速やかに法的措置が取られ、被害者が適切な補償を受けられることを願って止みません。


ただ、それとは別に、「またかよ」と思った案件がありまして。


はてブで件の振袖業者の社長名について、facebookのエントリーをピックアップする記事を見かけました。

それを見て、ふと思いついて社長名をぐぐってみると、まあ出るわ出るわ。

「〇〇の顔画像や経歴は?」
「現在の居場所を特定!」
「〇〇の嫁・子どもについて」
「〇〇の住所や顔画像を特定!」
(〇〇は社長名)

みたいなタイトルの記事がずらっと。アクセス流したくないんでリンクは貼りませんが。

これ、明らかにネット私刑ですよね?

百歩譲って、当該社長が自分で公開しているfacebookの情報をピックアップするだけなら(既にネットに公開されている情報なので)まだわかるんですが、何の関係もない家族や、家族が巻き込まれかねない現住所に関して、悪意満々の論調でWebに公開することが、私刑以外のなんなんだって話なんです。


以前こんなことを書きました。


まず、

「無関係だろうがそうでなかろうが、私人が事件の容疑者や身内に私刑を行うのは犯罪」

ですよね?ここブレちゃいけないですよね?

これ、そもそも嫌がらせの電話を受けているのは、事件の容疑者と何の関係もない企業なので、それはそれでひど過ぎる話なんですけれど、「たとえこれが本当に容疑者の関係者だったとしても、あるいは容疑者本人であったとしても、個人情報を晒したり、嫌がらせの電話をしたりするのは犯罪以外の何者でもない」というのは当然の認識としてみんなが持っておかないといけないと思うんですよ。
「件の振袖業者の社長の住所」と称されるものが、本当に誤爆でなくて本人の住所だとすら現時点では全く判断出来ないと思っていて、その点もし誤爆だったらまた新しいスマイリーキクチ事件が起きることについて誰が責任とるんだ、とも勿論思うんです。

今更いちいち言うまでもなく、webに一度拡散された情報を消去することは極めて困難というか、大抵の場合不可能です。仮にデマだった場合には、勿論なんの関係もない人の住所が大量の人に拡散されて、「この犯罪者!!」という罵倒が、何も罪を犯していない一般人に投げつけられることになるのでしょう。これを理不尽と言わないでなんていうの、という話です。


ただ、仮に誤爆でなかったとして、「私人が特定個人の個人情報を晒すのは私刑以外の何ものでもない、単なる犯罪」だということを、しつこかろうが何だろうが、我々は確認しておかなくてはいけないと思うんですよ。

日本は法治国家であって、罪を犯した人間がいたとしたら、きちんと法に基づいて裁かれなくてはいけません。その為にはちゃんとしたプロセスもあれば時間も要ります。そういうのを全部吹っ飛ばして、「俺たちで叩こうぜ!!」とかやり始める向きを、私は醜悪だとしか感じません。

仮に何か情報提供をしたいことがあるのならば、それは少なくとも警察に対してするべきであって、ネットで不特定多数にさらすことで発生するメリットなんて何一つ、本当に何一つありません。

結局のところ、こういう人たちって、「叩きやすい対象」が出てきたタイミングで、「ほれきた!」と私刑を煽っているようにしか、私には見えないんですよ。


なんなんでしょうね、この、「燃やしやすい藁人形」を発見したとたんに、わーーーっと集まってきて「さあ皆叩け!!」って煽り始める光景。これものすっげえグロテスクだと思うんですが。

「嫁・子どもについて」なんて、もう明々白々に、「一族郎党まで迫害しろ」っていう意思表示以外の何者でもないじゃないですか。本人に対する私刑だって単なる犯罪ですが、例えば罪もない子息の情報を晒そうとすることに、一体どんな正当性があるっていうんでしょうか?それで自宅にじゃんじゃん電話がかかって、家庭の1個も崩壊すればそれで私刑をする人たちは満足なんでしょうか。


この、「たくさんの人の憤り」を利用して広告収入を稼ごうとする手法、なんとか滅びてくれないかなーと思うばかりなんですが。

せめてネット私刑だという指摘だけでもしておきたいと思って、本日記事を書いた次第です。

悪質な計画倒産案件や詐欺案件が減少するのと同じくらいに、ネット私刑が減少することを願って止みません。


今日書きたいことはそれくらいです。
posted by しんざき at 12:32 | Comment(7) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

今日のしんざきがゆるドミに行ってきたんですが「文絵のために」がやたら面白かったです 18/01/07

皆さんお疲れ様でした。


いやー今回も楽しかったですね。

今回はがっつり朝開催だったので、一日楽しくドミったり色々他のゲームをやらせて頂いたりしたわけでして、スイスドローの結果についてはまた改めてゆるドミ告知ブログの方でも書こうと思うわけなんですが。

一点、今回プレイさせていただいた「文絵のために」がやたら面白かった、というかシステムのすばらしさに軽く感動したのでちょっと紹介してみます。



いやこれですね、ゲーム開始当初は全く勝利条件も分からないし敗北条件も分からないんです。

「文絵のために」は二人でプレイする協力ゲームでして、三つのシナリオがあります。第一のシナリオ「文絵のために」はヒロインの文絵の死を避けるために主人公が奔走するループもの、という程度の事前知識はあったんですが、どんなゲームなのかはよくわかりませんでした。

で、このゲーム、プレイする二人がお互いに「相手の手札」をもって、その手札を順番に渡していくんですね。で、その手札を使用するか、それとも裏向きにして握りつぶすかは各々のプレイヤーの判断に任される。この時、カードの中身や使用判断については、お互い話し合ってはいけないんです。

で、上で書いた通り、ゲーム開始当初は何をすればいいかよくわからない。色んなカードを使うと何が起きるかを確認しながら、本当に二人で手探りで、ゲームの敗北条件、勝利条件を推理していかなくてはいけないんです。

文絵のためにすげえ面白かった

この加減が本当にものすっごい。「ループものアドベンチャーゲームのプレイ感」みたいなものが完全再現されてまして、一つ一つ、「これはフラグなのか?」「このフラグを立てるとどうなるんだ?」「このフラグは立てていいのか?」みたいなことを推理していくんです。

で、一回で文絵を助けられることってのはまずなくって、最初の内は大体失敗する。1ゲームは短くって、慣れるとせいぜい10~20分くらいで終わります。何度も失敗しながら、少しずつゲームの勝利条件を手探りしていく感覚が、まさにループものアドベンチャーゲーム。

ループものをアナログゲームで再現したゲームっていうと、他に「惨劇ルーパー」が思いつきますが、「文絵のために」はルール的にはずっとシンプルです。その代わり、一通りフラグの正体が分かってしまうと若干感動が薄れてしまう、という問題はあります。とはいえシナリオは三つありますし、何よりこれだけシンプルなルールでループAVGが再現できるのか…という感動がすごいので、これは一度味わってみられても良いのではないかと思います。

とにかく、ゲームを進めていくうちに分かっていく「そういうことだったのか!」感、また色んなループAVGのお約束をきちんと押さえている「分かっている感」は一見の価値あり。協力ゲーなんで、対戦ゲーが苦手な方にもおすすめ出来るかも知れません。ただ、アドベンチャーゲームについての最低限の経験はあった方が楽しめるかも。


その他、今回もしんざき長男が混ぜて頂いて色々遊んでいたんですが、なんか「テストプレイなんてしてないよ!」がやたら気に入ったようで、プレイしながらぴょんぴょんはしゃいでました。


ただこっちは私自分でプレイしてないんでちょっとコメントできません…横で見ている限りでは理不尽ゲーのような気がしたんですが、パーティゲーム的に盛り上がるゲームなんでしょうか。


まあなにはともあれ、今回も楽しかったですしまたやると思いますので、皆さんまた遊んでください。

今日書きたいことはそれくらいです。





posted by しんざき at 23:46 | Comment(0) | アナログゲームいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

webは結局権威主義へと帰着するのかも知れない

思考メモ。特に建設的な結論に着地するような記事ではないです。

こんな記事を読みました。

今の時代情報強者になるのはとても難しいと思った話(ダイエット編
いや、もう検索エンジンをどう使おうが正しい情報にリーチすんの難しすぎない?って話。

正直なところ、ここで書かれていることは大筋正しいと思っており、Googleの検索結果は現状、かなりの範囲においてひどいことになっています。

どの検索ワードでもこの検索ワードでも、

・何の根拠もないライフハックもどき
・どっかからのコピペつぎはぎ
・ワードサラダ的な意味が薄い記事
・twitterから適当に拾い集めたツイートまとめ

などが上位検索結果に目白押し。Googleがハックされ過ぎていて、広告目当て、PV目当ての大量生産記事が大氾濫しているというのは、既に今更の話でもあります。

そして、ぐぐってトップに出てくる無根拠な情報を、これまた無根拠に信用してよろしくないことになる人、というのもしばしば観測出来ます。医療のアレとかデマ関連のソレとか、まあ色々思い浮かべて頂けるかと。

かつては「ググレカス」と呼ばれていたところが、「ぐぐったら情弱」と呼ばれる日はすぐそこに見えている、というか正直そういう時代に既に片足突っ込んでいると思います。

勿論希望が全くないかといえばそういう訳でもなく、例えばGoogleは先日医療や健康に関連する検索結果を改善したことについて発表しまして、こういう動きがバンバン続いてくれればまだ状況は改善するかも知れません。ただ、残念ながら現時点では、大きく状況は変わっていないと言わざるを得ません。

こういう時代、重要なテーマに対して適切な情報を手に入れる為にはどうするべきかというと、多分現実的な方向性は大きく二つあって、

・Web以外に情報の裏付けを行うことが出来るアナログなノウハウを身に着ける
・信頼出来る個人や組織をフォローして、彼らが発信する情報を信用する

のどちらかになりそうなんですよね。

アナログなノウハウは、多分それはそれで重要だと思うんです。玉石混交って言えばアナログな書籍だって新聞だってそりゃ玉石混交ですが、世の中程度の差というものがあります。書籍は少なくともほぼ必ず編集者の手を経ていることは保証されている訳であって、玉石の混在率に関しては、少なくとも現時点のWebよりは遥かにマシです。「この出版社はヤバい」「この出版社はまあ安心」という見分けも、webよりはだいぶ難易度低いでしょう。

こういった、「Webだけに頼らない情報収集のやり方」については、どこかできちんと練習するべきだし、私自身ちゃんと子どもに教えてあげたいなーと思って、機会あるごとに一緒に図書館いって調べものしたりしてるわけですが。

ただ、そうは言っても時代の流れというもので、アナログなサーチ手段についても恐らくいつかは限界が来ます。そうなると、「信頼出来る組織・人」に情報の保証を求めるというのが、恐らく一番現実的な落としどころにならざるを得ないと思うんですよ。

例えば医療の情報について言えば、現時点で厚生省が発信している情報はほぼほぼ妥当でしょうし、信頼出来る医療機関、信頼出来る医師が出している情報をキャッチすることも可能でしょう。

「この人のいうことはまあ信用出来る」「この組織の書くことはまあ信用出来る」という形で、キュレーションを誰か、何かに仮託しつつ情報のフィルタリングをする、というのが、まずまあ妥当な落としどころなのかも知れません。


で、ここからがあんまり建設的でないくねくねした話なんですが。

「人」「組織」に信用を求めてそれをフォローするって、それ多分権威主義の入り口だよなー、ということが、私の頭からはどうも離れないのです。

勿論盲従する必要はないとはいえ、「この人のいうことは信用出来る」という、いってみれば「人」に対する説得力の仮託というものから、恐らく権威主義というものは始まったんじゃないかなあ、と。それって多分、かつて我々が、いや少なくとも私を含むWebの一部の人たちが、Webに求めたものからはかけ離れた形だよなあ、と。

かつて、権威主義を否定する夢をWebに託した人たちが、巡り巡って結局権威主義に帰りつくのか。


「誰もが同じ立場で価値ある情報を発信出来るweb」という一つの理想は、失墜したままもう戻ることはないのかな、と、一抹の寂しさを覚えるのです。

まあ、今は、Googleが検索結果の健全化をガンガン進めてくれることに期待しつつ、ゲーム系迷惑サイトとかNA某まとめとかできれば消滅してくれないかなーと神社に手を合わせるだけの日々なわけです。

今日書きたいことはそれくらいです。


posted by しんざき at 07:28 | Comment(6) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

漢文学習がどんな役に立つのか、なるべく簡単に解説してみます

こんな記事を読みました。


日本よ、この期に及んで「古文・漢文」が必要だというのか

何の罪もない高校生たちが、「古文・漢文」という暗記ゲームを強制され、不当にも人生を左右されている。

おれは実学至上主義者ではない。学問が、社会に対して有益である必要はこれっぽっちもない。(中略)「役に立つ立たない」じゃなくて「好き」で学べるのは素敵なことだと思うし、好きな人のためにそういった場を用意するのは社会の義務だと思う。

それでも、それでも、それでも、

やっぱり「古文・漢文」は必要ですか? 納得のいく理由があるなら、是非聞かせてほしい。


えーと、この人の言いたいことを簡単にまとめると、

・古文・漢文というのは暗記ゲームであって、伝統や教養以上の実学的な意味はない
・そんな科目を受験の科目に含めるのは不適当ではないのか

ということだと思います。

これは多分、「古文や漢文って何の役に立つの?」という、よくある疑問に還元出来るのだろうなーと考えます。


そもそもの前提として、「役に立つ/立たない」という軸を勉強する意義に求めることは適当か、という話は勿論あります。

知識は、それを身に着けることそれ自体に意義がある、役立つ役立たないなんて関係ない…そういう人はいますし、そういう姿勢は正しい、尊いものだと思います。

ただ、それを承知の上でも、我々は一度は、きちんと「役立つ/役立たない」という土俵に乗ってあげないといけないと思うんですよ。

以前、こんなことを書きました。

「こんなこと勉強して何の役に立つの?」と聞かれた時、言葉を尽くせない大人が知性を殺す

大体において、小中高で勉強する科目なんて、殆どが「実際にめっちゃ役立ちますよ」という科目ばっかりなんですよ。それは、トレーニングとして役立つということでもありますし、実際社会に出てからめっちゃ使う、というものもあります。それをきちんと言葉にして伝えることは、大人の義務でもあると思うんです。

ということでこの記事では、古文漢文の中でも特に漢文に絞って、「何故漢文学習が必要なのか」ということを書ければと思います。


1.漢文学習はどんな役に立つのか

最初に結論から書いてしまうと、漢文というのは

「伝統や教養を身に着けるついでに、論理読解力の経験がめっちゃ積めるという超お得科目」

です。

教養というものはそれ自体確かに重要であって、しかも更なる教養にアクセス出来るスキルを身に着けることはとてもとても重要です。漢文は、それ自体「次の教養へのアクセスポイント」であり得ます。唐詩選とか十八史略とか、教養抜きにしてもめっちゃ面白いですよね。孫子とか韓非子とか原文で読めるんですよ?超面白くないですか?


けどですね、漢文って決して「教養」だけのツールではなくて、実際にドすげえ教育効果を持っているんですよ。

それは、「極めて短いスパンで、物凄い効率的に「言葉の繋がり」を追っていく練習を積めること」。一種の「読解力ドーピングツール」なんです。この点についてだけ言えば、漢文は明らかに現代文よりも効率がいいと思います。

例えばですね、何がいいかな。論語にしましょうか。


不患人之不己知。患不知人也。


すげえシンプルな一文ですよね。人の己を知らざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患うるなり、って読むんですけど。

これだけでも、このたった二行だけでも、「どの言葉とどの言葉が繋がっているのか」「どの字がどの字にかかっているのか」をすごーくちゃんと読まないと読めない、ってこと、分かって頂けるでしょうか?


この「不」って字はどの字にかかるんだ?

「患」は動詞っぽいけど、主語は誰なんだ?

不己知ってのはどういう順番で読むんだ?何を知ってるんだ?何を知らないんだ?



これですね、漢文ってすごい情報の密度が高くって、いちいちきちんと「言葉の繋がり」を考えないと、ぜーーったい文章全体の意味を読み解けないようになっているんです。どの言葉がどこにかかっているのか、細かいレベルまで全部必要になる。

その割に中高くらいのレベルだと凄くロジカルで構造的に堅牢な文章しか問題に出ないし、言ってること自体はシンプルで類推が容易なんで、コツさえわかってくればパッパとロジカルに読めるようになる。ちゃんと慣れることが出来れば、冗談抜きで論語なんて白文で全部すらすら読めるようになります。

この学習効果、結構物凄いと思いますよ。「文章の論理構造を読み解く」って、読解の基本じゃないですか?現代文どころか、英語でも、数学でも、社会でも、理科でも、他のどんな分野でも使っていくスキルですよね。それをすごーーく短いスパンで、ものすごい密度で反復練習出来るんです。

当たり前のことですが、難しいことをするには訓練が必要です。ややこしい言葉を読み解くには、論理構造を読み解く経験値を積まなくてはいけません。その点、「言ってることは簡単なのに、ちゃんと論理構造を読み解く訓練にはなる」のが漢文です。

つまり漢文って、「超短期読解力養成ギプス」として使えるんです。漢文が分かるってことは、イコール「言葉と言葉の繋がりについてきちんと理解している」ってことと同義、と言えるんです。



同じ勉強するなら、学習効率がいい科目をどんどん勉強していくべきですよね?

だから、科目としては本来すごーく重要だと思いますよ、漢文。教養にもなるし読解力のドーピングも出来る。超お得セットだと思いません?


漢文勉強することの直接的なメリットって他にもありまして、

・中国語がかなりの精度で普通に読めるようになる
・熟語の構造が分かって、難しい熟語の意味が推測しやすくなったり、類語や対義語が覚えやすくなる
・日本の古めの言語もある程度スムーズに理解できるようになる

この辺はかなり大きなメリットだと思います。特に3点目とか、法学部なら普通に昔の判例とか、法律文書読むのに使ったりするんじゃないですかね?法律文書なんてただでさえややこしい文章多いし、他の学部ならともかく、法学部だったら普通に漢文馴染むと思うんですが…。

あと、例えば「将来」みたいな熟語について、ああ、これは将に来らんとすの意味だな、みたいなことがナチュラルに分かって内心ドヤァ出来ます。


2.漢文学習の不幸な誤解

ただですね、冒頭増田も不幸な誤解をしてると思うんですけど、世の中、漢文のことを「暗記科目」って思ってる人って何故かすごい多いんですよね。これ、不幸なことだなーと。

確かに、漢文って読めるようになるまでに覚えたほうがいいことってありますよ。句法とか句形とか、不読文字とか特定語彙の解釈とか、まあある程度はですね。

悪いことに、中高程度の漢文だったら、暗記だけでかなりのレベルまで点とれちゃうんですよね。だから、学校教育も、「受験対策としての暗記漢文」みたいな感じになりがちなんだと思うんですけど。

レ点がどうとか一二点がどうとか、本来些末なことっていうか、漢文それ自体に必要なルールじゃないんですけどね。本来は、例えば簡単な白文から見ていって、「なんとなくこういう意味」「なんとなくこういう繋がり」みたいなところから、漢文っていう言語体系、漢文を読む楽しさを徐々に学んでいく、みたいなやり方の方がいいと思うんです。

実際、私が塾で「漢文さっぱり分からん」っていう子を相手する時は、「一回今まで授業でやってたルールは全部忘れよう」って言って、「なんとなく言葉のつながりを想像しながら白文を見ていく」ところから始めていました。それでしばらくすると「あ、漢文って案外難しくないじゃん」ってわかってくれた生徒も割といるんで、時間さえあればそっちの方がいいと思うんですよ。まあ、実際のカリキュラムではそうもいかないんだということは分かるんですが。

あと、「これ三国志に実際出てくる文章だよ!!正史だけど!!!」みたいな授業も、三国志好きな子には結構盛り上がりましたねえ。楽しみながら勉強できるといいんですけどね。

おそらく、冒頭の増田も、「ひたすら暗記する漢文勉強」しかさせてもらえなかったんじゃないかなー、と勝手に想像します。そういう教育自体には、改善の余地なしとは言いません。

ただ、「漢文は不要か必要か」って話に限っていえば、私は「明らかに必要」だと思います。だって効率いいもん。教養にもなるし。



まあ、なにはともあれ、私が言いたいことを簡単にまとめると

・漢文は教養になるうえに読解力のドーピングが出来るお得ツール
・読解力は全科目で重要なので、漢文の学習価値も割とハイレベルだと思う
・その他のメリットも割とある
・けど学校での学習形態には改善の余地もあるかもね

くらいになります。よろしくお願いします。


あ、古文についても色々似たようなことは言えるんですが、まああまりに長くなるので今回はこれくらいにしておきます。

今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 22:25 | Comment(17) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかスマホで不倒城見た時の広告が激しくなってるような気がする

どうもしんざきです。今日から元気に出社です。皆さん元気ですか?

以下はただの日記というか愚痴です。


私、いつもブログ書く時大抵PCから作業するし、自分のブログも基本PCからしか見ないんで、あんまりスマホでの表示とか気にしてないっつーか、注意してみてないんですよ。

ただ、この年末から正月はPC使えないタイミングが多かったんで、スマホでぽちぽちアクセスしてたんです。

そしたらまあ、なんか自動挿入されてる広告やたら増えてないですか?前こんなありましたっけ?

いや、以前は、画面真ん中くらいから下にスライドしていくフローティング広告が死ぬほどうざくって、どうもその広告はなくなったみたいなんで、その点は誠にありがたいことなんですが、なんか最初にブログ表示した時画面全体に広告が出たり、画面下の広告が大増殖してたり、見方によっては以前より悪質になっているような。

webの広告の何がイヤって、「書いた内容と何の関係もないコンテンツを画面に強制的に割り込ませる」のがイヤなんですよねー。しかもそれがエロ関係の広告だったりしたら頼むから死んでくださいと思わざるをえない訳です。

ただ、seesaaさんも収益を挙げないといけないでしょうし、こういう広告ないとやっぱりサービス継続出来ないのかなーとか。13年もseesaaでやってきたんで今更引っ越すのも面倒ですし、是非サービス継続は頑張って頂きたいんですが。不倒城の広告でどれくらい収益が上がってるのかよくわかんないんですが、その分払いますんで広告消してください、とかダメですかね?

しかしまあ、seesaaさんも永遠にサービス継続出来るかっていうとそういう訳でもないと思いますし、いざという時のブログ退避の可能性というか、退避方法の模索みたいなものはしていかないといけないかなーと思いつつあります。検索順位とかクソどうでもいいので、URL変わってもそれ程問題はないんですけどね。ただ引っ越しの手間だけがひたすら面倒くさい。

まあなんにせよ、seesaa様には広告非表示の有料オプション実装の可能性をご検討頂きたいなーと、そんな風に思うわけです。

一旦それくらいです。

posted by しんざき at 07:53 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

銀河英雄伝説の10巻でなぜか私が一番ぶわっとくるところ


この話、以前友人としたところ、「え、そこ?」みたいな反応をされたので、ちょっと書いてみたくなりました。

皆さん、銀河英雄伝説は読まれましたでしょうか?田中芳樹先生につきましては、勿論毀誉褒貶ある作品もあるのですが、まず「銀河英雄伝説」全10巻 + 外伝4巻が名作であることについては、議論の余地がないところかと思います。10巻のラストとか、読み終わった後の余韻すごかったですよね。


で、銀河英雄伝説は、勿論割とカジュアルに人が死ぬ小説でして、田中先生は「作中からキャラクターが退場する場面」を描き出すことに定評がある作家なので、言ってみれば「泣き所」みたいなものも劇中あちこちにあるのですが。

何故か、私が一番ぶわっとくるところというか、私の一番の泣き所って、キャラクターが死ぬところではないんです。

それは、10巻の劇中、作中最後の大規模会戦であるところのシヴァ星域会戦が終わった後。


「戦艦ユリシーズは生き残った。ついに最後まで生き残ったのだ」


というたった一文。

私、なんかここで妙にうるっと来てしまいまして。これが何でかなあ、と。


なんというか、長い物語がついに終局を迎える感慨、その感慨がユリシーズに集約されている見事さ、とでもいうのでしょうか。

ユリシーズは、勿論作中では最も長い期間登場し続けた戦艦の一隻でして、初登場は1巻のアムリッツァ会戦です。「トイレを壊された戦艦」などというありがたくない仇名もつけられつつ、作中でもイゼルローン組の一種の象徴というか、精神的支柱のような扱いも受けています。色々紆余曲折もあるのですが、最終的には、帝国の旗艦ブリュンヒルトに対する、イゼルローン軍の旗艦のような扱いになっていました。

で、まあ、銀英伝においては数々のキャラクターが落命するのですが、それと同様、戦艦もまあ数多く沈むわけなんですよ。ヒューべリオンも沈みました。アースグリムも沈みました。リオ・グランデもク・ホリンも沈んじゃったわけです。

ただ、銀英って、10巻以前まではあんまり、「艦」に積極的に思い入れを抱かせるような描写ってあんまりないんですよね。勿論、トリグラフの話とかパーツィバルの話とか、艦の話自体はちょこちょこ出てくるんですが、それを展開的にそこまでクローズアップはしていない、というか。艦を感情の焦点にするような描写ってあんまりない、っていうか。

それが、この10巻の終局、最後の最後に、ブリュンヒルトでもベイオウルフでも、勿論ケーニヒス・ティーゲルでもない、「ユリシーズが」最後まで生き残った、というのが。ああ、戦い抜いたんだなあ、と。

本当に終わるんだなあ、と。ここまで頑張って生き残ったんだなあ、と。


読者が「物語の終わり」を感じるポイントって、多分人それぞれ違うと思うんですけれど、私にとっては文句なくこの一文だったんですよね。別段泣かせどころでもなんでもない、むしろ描写としてはさらっと、激戦の後日談程度の話しかされていないんですが、そんなさり気ないところにこの「最後まで」という一文を盛り込んでくるのが。

田中先生、本当にこういう一文が上手いなあというかなんというか。私にとって、長いシリーズの中でも最もお気に入りの一か所になっているわけなんです。


銀英伝、今年の4月から改めてアニメ化されるらしいですね。私、アニメに対してはあまり感受性が強くないんですが、これを機に今まで原作を読んでいなかった人も、ふとした機会に手に取って頂けるといいなあと。またおいおい、お勧めエントリーでも書こうかと思う次第なわけです。


今日書きたいことはそれくらいです。

posted by しんざき at 20:54 | Comment(2) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

何故パワーアップすると脱いでいくのかが理解出来ない

着衣指向原理主義過激派としては、「脱ぐな、着ろ」という熱い思いが胸に去来することを否定できないわけです。

新年からいきなり何の話をしているのか、ついに本格的にとち狂ったかと思われるかもしれませんが、ソーシャルゲームやOTCGのカードの話です。

私の観測範囲内ですと、いわゆるソーシャルゲームやらOTCGでは、「カードがパワーアップするごとに、何故か露出度が上がっていく」という文化が、かなり一般的に定着しているように見えます。例えばカードのレベルを上げたり、カードを進化させる時に、そのカードの画像自体もマイナーチェンジするわけですが、その時ほぼ一方通行的に、キャラクターの露出度が上がる方向に衣服が変化していくのです。

これ、対象キャラクターが男性でも女性でも、大きく傾向が変わらないように思います。

およそ、ソーシャルゲームのキャラクターは、「あなた何でそんな恰好で外出歩いてるのん?」という程度に露出度が高いキャラクターがしばしばみられるのですが、それがパワーアップするとさらに脱いじゃう訳です。元から腹やら背中やら出してたところ、「水着かよ」「下着かよ」「布かよ」みたいな服装に変動していくキャラクターも全く珍しくありません。

何故なのか。

一般的に考えて、「パワーアップ」と言えば攻撃力やら防御力やらが上がる方向に行くべきであることは議論を俟ちません。もちろん、軽量化によって速度が向上するという可能性を否定はしませんが、衣服の布切れを削って乳を半分見せたとして、それが素早さにどう貢献するのかは正直よくわかりません。

普通なら重武装になるだろ、と。お前なんで半裸で戦場立ってるねん、と。わざわざ弱点増やして、うっかり台所に立ったら油がハネて火傷しかねない恰好になることにどんな意味があるのか、と。パワーアップしてフルアーマー化するZZガンダムを見習って欲しい。すごい勢いで見習って欲しい。

一点強く思うのが「寒いやろ」という点でして、これが真夏の設定ならばまだしも、うっかりすると全然冬場でも、どう考えても5秒で風邪ひきそうなスタイルにパワーアップしていることをだれも止めないわけです。誰か言ってやってください、「着ろ」と。


これは飽くまで私の嗜好の話なのですが、私は着衣原理主義過激派と呼ばれる派閥に所属しておりまして、「露出度は低ければ低いほどエロい」「具体的に言うと、プレートメールを隙なく着込んでいるくらいが一番エロい」「サムスはエンディングでも脱がないで欲しい」といった諸点で表現できるわけです。


着ている時、そこには無限の想像の、あるいは創造の余地が残される。


着衣派にとって、「服」とはそれ自体がキャンバスであって、自らの創造の翼をはばたかせるためのフィールドなのです。

然るに、「パワーアップする度に露出度が上がっていく」というのは、ただそれだけで創造の余地を次々はぎ取っていく暴挙に他ならず、嗜好を抜きにした一般論で考えてもなんで脱いでいくのかよくわからない、という話なわけです。

私は主張します。

脱ぐな、着ろ、と。

パワーアップ着衣というものが何故ないのか、と。

なんならご褒美着衣というものがあっても良い、と。着衣麻雀上等だ、と。


確かに、一般的なソーシャルゲーマー諸氏にとっては、脱衣が着衣よりも勝っているのかもしれません。ですが私自身は、彼らに着衣のすばらしさこそ知って欲しい。ソーシャルゲーム開発者の皆様には、ぜひご褒美着衣というもののご導入を一考いただきたいと、それだけを考えて当エントリを10分くらいで書きなぐっているわけです。

皆様、ぜひご検討をよろしくお願いいたします。


末筆になりましたが、新年らしさというものを2800キロメートルほど後方においてきた記事を書いてしまって申し訳ありません。本年も旧年に10倍する適当さで適当に書きなぐっていこうと思いますので、皆様適当によろしくお願いいたします。

今日書きたいことはそれくらいです。


posted by しんざき at 17:14 | Comment(19) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

大晦日のしんざき 2017/12/31

年の瀬ですねえ。

ということでただの日記なんですが、しんざき家、毎年年末年始の行動は大体決まっておりまして。

年末は私方の祖父母と、実家なり、どこかしらホテルや旅館などで過ごして、年始に奥様方の実家に移動、お正月の間は奥様方ご実家で遊ばせていただくことが常となっております。

まー長男も長女次女も、年末年始の間はさんっざんかわいがってもらってツヤツヤになるのが毎年定番でして、今年もかわいがってもらっているわけですが、まあそんなこんなでこの年末は竜宮城ホテル三日月に投宿しております。


まあ小さい子がいる家族連れの為にあるような宿でして、いろいろと子どもが遊びまくれる施設がたくさんあることが素晴らしい。しんざき家夜眠る時間は結構厳密なんですけど、大晦日は一応好きなだけ起きていていいということになっておりまして。ただ、屋内プールやらキッズガーデンやらですっかり体力が消耗し切りましたので、多分22時くらいには勝手に電池が切れるのではないかと予想しております。

まあ、皆がそろって元気に年末を迎えられるのが何よりありがたいことでして、来年もこんな感じでやっていけたらなーと思う次第です。

で、不倒城も今年と変わらず、来年も非情な適当さで適当にやっていこうと思っておりますので、皆さんよろしくお願いします。よいお年をお過ごしください。


いったんそれくらいです。





posted by しんざき at 19:25 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

人をするっと褒められる人は、もっと自分の凄さを自覚した方がいい

実を言いますと、元来「褒める」ことがあまり得意ではありません。

私はどうも、人を褒める時にちょっと余計なことを考え過ぎてしまう嫌いがあるようで、

・これは適切なポイントへの褒め言葉になっているだろうか
・社交辞令ではなく本心から褒めているということがちゃんと伝わるだろうか
・却って嫌味に聞こえたりしないだろうか
・上から目線の言い方になっていないだろうか

といったことが、ついつい頭の中に浮かんでしまいます。

これらは、まあ無理なく気にすることが出来たら気にするに越したことはないんでしょうが、考え過ぎても色々とアレです。結果的に、褒め言葉を言いたいところで言い逃してしまったり、あれこれ考え過ぎて却って逆効果になってしまったりということは珍しくはありません。

私は、以前から「好きなものについては手軽気軽に好きと言うべき」であるとか、「褒め言葉は口から出せば出すほどいい」みたいなことを言っており、そうしているつもりではありますが、それはある程度努力してやっていることです。自分に言い聞かせている、とも言います。


ただ、世の中には、本当にするっと、何の衒いも迷いも照れもなく人を褒めることが出来る人がいるんですね。


殆ど反射的に、ノータイムに褒め言葉が出てくる人。ごちゃごちゃ考えなくても、自分の感嘆をそのまま口から出すことが出来る人。そういう人と話していると、冗談抜きでするすると褒め言葉が出てくるわけなんです。「〇〇すごいなー」って、そう一瞬で言えるお前がすごいわーー!!って思います。

つまりそれは、

・「良い」と思ったポイントを短期間で見つけることが出来る発見能力
・発見したポイントについて、短期間に言葉に出来る言語化能力
・言葉にした自分の嗜好やスタンスを、周囲に開示出来る素直さ

を兼ね備えている、ということであって。

「するっと褒められる」って、多分スキルなんだなーと。あるいは才能なんだなーと。決して、軽くみられる話ではないと思うんですよ。


例えばSNSでの話なんですが、勿論画面の向こうのことは見えませんので、そこに表示されている褒め言葉がするっと出てきたものなのか、あるいは考え抜かれたものなのかは分かりません。

ただ、絶対量の話で言えば、本当にすぱすぱ自然に褒め言葉をテキストに出来ている人というのはいて、そういう人を見る度に、私はすごいなーーと思います。

ただ、そういう人って、案外自分の凄さを分かっていないというか。少なくとも、「褒められる」ということを自分の凄さの一つとして認識している人って滅多にいないような気がしているんですよね。


いや、繰り返しになりますけど、それ凄いですよ。「いいところ」を見つけて、それを言語化出来て、かつそれを迷いなく開示出来る。誇りに思っていいくらいのスキルだと思います。

「人をするっと褒められる人」は、自分が凄いことをやっているんだと、またその凄いことで周囲を幸せにしているんだと、誇りに思って頂きたい。

そう考えた次第なのです。


で、まあ、ミドリガメが急にランドタートルになったりは出来ませんので、そういうスキルを持った人は凄いなーと思いつつ、私自身は引き続き努力して、なるべく素直に褒め言葉を言語化していきたいなーと思う次第なのです。


それくらいです。


posted by しんざき at 12:29 | Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加